部下に「嫌い!」と思われる上司の特徴とは。該当する上司はいますか?

この記事はこんな人におすすめ

  • 会社で部下をもつ人
  • 会社で人間関係に悩む人
  • 上司が嫌いな人

上司と部下の人間関係は難しい

僕が人材会社にいて、転職希望者の話を聞いていた頃、もっとも多い退職理由は、「上司と相性が合わない」でした。

退職理由の5割程度が「上司との人間関係」とも言われています。

なぜこんなにも人間関係に悩んでしまうのでしょうか。

今回は部下にうざいと思われてしまう上司の特徴をまとめましたので、参考にしてみてください。

自分が今、部下を率いている人は、当てはまる項目があれば、直したほうがいいです。

世の上司に対する意見

結構辛辣な意見が多いです。

辛辣な意見だけでなく、上司を褒めているツイートも探したのですが、仕事面で褒めているツイートはほとんどなく、

・差し入れくれた
・趣味があう

などばかりでした。

世の中には上司に不満を持っている部下の方が多いのかもしれません。

嫌いな上司の特徴

嫌いな上司1:「俺の時代はさ、・・・」と昔の自慢話をする上司

嫌いな上司の特徴1つ目は、昔の自慢話をすることです。

これは40歳を超えて8年以上その会社に在籍し続けている上司にありがちです。

僕の勤めていた会社にも2人ほど該当する上司がいまして、その上司とサシで飯行くのが辛くて辛くてしょうがなかったです。

聞きたくもないどうでもいい昔話されて、その話を少しでも広げるために、僕が、その昔話で広げれそうなポイント見つけたら質問で切り返していくんです。

地獄ですよ、もう。(笑)

聞きたくない話を自分で広げるんですから、「何でつまんない話を広げてるんだ、僕は・・・」と自己嫌悪に陥ります。

百歩譲って、その自慢話がおもろかったらいいんですけど、このタイプの上司の話は、つまらないケースが多いです。

さらに、タチ悪いのは、昔と今を比較してくる上司です。

昔話だけならまだ許せます(許せませんw)が、「昔はもっと厳しかったのに、今は優しい時代になった。なのに、今の若者はなんでできないんだ?」などと卑下してきたら、もうグーパンくらわせてOKです。

つまらない話と説教のコンボは耐えられません。

嫌いな上司2:改善案も出さずにただ叱る上司

嫌いな上司の特徴2つ目は、改善策もなくただ叱る上司です。

例えば、部下が営業目標達成できないときに、「なんで達成できない?やってないからだろ?やれよ!」とだけ言って、特に改善策も何もなく部下に根性論を振りかざす上司は、めちゃめちゃ嫌われます。

さらにこうゆう上司がいうのが、前述した「俺らの時代は、何がなんでもやったよ?」と、昔は、やってましたアピールをしてきます。

営業って目標達成が全てみたいなとこも確かにありますけど、それだけを追求し、その過程を大事にしないと、上司と部下の距離は離れていくばかりなので、一緒になってどうしたら営業目標が達成できるのかを親身に考えるようにしましょう。

その上司も本心では怒りたくないけども、上司のさらに上司から「数字!数字!」と詰められて、精神的にまいってしまい、部下に言ってるケースもあります。

上記のケースの場合は、会社の風土や体制の問題なので、すぐには改善されないため、合わないと感じたら退職するのもアリです。

1度でも、上司が部下に対して、このような態度を取ってしまうと、その部下との関係は、ほぼ修復不可なので気をつけてください。

部下が今後一切、その上司に心を開くことはないでしょう。

嫌いな上司3:仕事の価値観や情熱を押し付ける上司

嫌いな上司の特徴3つ目は、仕事の価値観や情熱を押しつけてくる上司です。

これも「昔はさ〜」と自慢話をする上司にありがちなのですが、「残業するの当然だから、残業しろ」「俺は仕事に対して●●と思ってる?お前もそうだろ?」みたいな価値観を押しつけてくる上司がいます。

その上司と部下では、仕事や会社に対する考え方や時代が全く違うのに価値観を強要されると部下は、非常に不愉快です。

ちなみに、僕の嫌いな上司の価値観は、「上司が退社する前に退社するなんてありえない」とかうんこみたいな考えです。

その上司より早く帰ろうとすると「帰るの?」とか聞いてくるんですよ。

問答無用、「帰るよ」。

嫌いな上司4:仕事の振り方が雑すぎる上司

嫌いな上司の特徴4つ目は、仕事の振り方が雑すぎる上司です。

特に気をつけるポイントや重要事項を何も言わず、とりあえずやっておいて!と部下に仕事を振り、部下がある程度、その仕事を完成させ、上司に確認を求めると、なぜか死ぬほど上司にダメ出しされるパターンです。

部下からすると、「いや、仕事振る時にそれ言っとけよ」の一言に尽きます。

適当に仕事振ったくせに、ダメ出しされると腹立つんですよ。

上司が仕事振る時、そのダメ出しポイントを共有しておいてくれれば、こんなことにはなりませんよね。

これが続くと100%その部下は会社辞めます。

嫌いな上司5:やたら飲みに誘ってくる上司

嫌いな上司の特徴5つ目は、やたら飲み会に誘ってくる上司です。

特に女性社員からの共感が多い意見です。

先ほども少し触れましたが、嫌いな上司からの飲みの誘いは地獄です。

これ何が地獄かっていうと飲んでる時間も地獄なのですが、「断れない」ってなのが終わってるんです。

違う会社のわけわからん奴の飲みの誘いならガン無視できるじゃないですか。

「スケジュールが・・・」「最近、会社が繁忙期で・・・」「体調悪くて・・・」などいくらでも理由を作り出すことができます。

でも、明日からも毎日会う同じ会社の上司の場合、スケジュールや仕事を理由にする言い訳ができない絶対絶命の状況なんです。

もうどっかで腹くくって行くしかないんです(笑)

おそらく飲食代は、さすがに上司が奢ってくれるでしょう。

でも、奢ってくれたとしても行きたくないんです!

お金じゅなくて、時間が無駄なんです。

上司が奢ってくれなかったら、もうそれは真空波動拳撃ちましょう。

time is money!

嫌いな上司6:女性部下に恋愛の質問をする上司

嫌いな上司の特徴6つ目は、女性部下に恋愛の質問をする上司です。

これは女友達からのタレコミです

上司と飲みに行くと、「恋愛どうなの?」「彼氏いないの?」「いい人いないの?」「結婚の予定は?」「どれくらい付き合ってるの?」「紹介しようか?」など恋愛に関する質問ばっかりしてくる奴がいるとのです(笑)

その女友達曰く、「おじさんに恋愛のこと話したくねーんだよ!黙っとけ!」とのことでした。

男性上司の皆さん、何も言わず黙っておきましょう。

気をつけてください。

嫌いな上司7:テキストメッセージが下手な上司

嫌いな上司の特徴7つ目は、テキストメッセージが下手な上司です。

メッセージが冷たい上司っていませんか。

おそらく上司本人は冷たいしている意識はないのですが、受け手からするとものすごい冷たく感じるのです。

・「これやっていて」
・「それはだめです」
・「なんで」

などが該当します。

これらを、

・「急でごめんなんだけど、これやっていてもらうことってできたりする・・・?」
・「それはちょっとNGかも・・・(理由も述べる)」
・「ちなみに、なんでそうしようと思ったかんじ????」

と書き換えてみてはいかがでしょうか。

上司からするとめんどくさい作業かもしれませんが、テキストの表現の仕方で人間関係は変化していきます。

まとめ:嫌いになった上司を信頼するのは難しい

ここまで部下に嫌いと思われる上司の特徴についてまとめてきました。

部下に嫌われている上司って毎年入ってくる新卒にもすぐ嫌われてる印象です。

僕が新卒の頃、先輩に、その上司のことを話すと、「あー、やっぱあの人、今年の新卒にも嫌われてるんだ」と言われたのが記憶に新しいです。

もし現在、会社で上司の立場にいる人は、今回の特徴で、当てはまる特徴があればお気をつけください。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職を知る

Copyright© キャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.