副業

働き方改革の目的を知るべし

この記事はこんな人におすす

  • 働き方改革についてよくわからない人
  • 働き方改革の具体的な施策を知りたい人
  • 自由な働き方を目指している人

働き方改革とは?

2019年4月より働き方改革についての法案が国から出されて、企業も働き方について意識するようになりました。

働き方改革が叫ばれた背景として直面する日本の少子化に対抗するために

・1人1人の労働生産性の向上
・働き手の増加
・働き手の労働満足度の向上
・離職率の低下


など少子化になっても労働が活性化するような仕組み作りを働き方改革と呼んでいます。

働き方改革の課題・目的

先ほど紹介した少子化環境における労働の活性化が働き方改革の大きな目的となります。

これらの目的を達成するために現状考えうる課題として、

・長時間労働
・離職率の増加
・非正規雇用の増加
・働きにくい労働環境


などがあります。

各企業の働き改革への取り込み

実際、各企業があの手この手で先ほど挙げた課題をクリアし、働き方改革の目的である「少子化でも耐えうる労働力」に向けて施策を打っています。

その中からいくつかご紹介したいと思います。

働き方改革事例⑴:SMBC日興証券

参考URL→https://www.asahi.com/articles/ASMDJ4HD3MDJULFA01K.html

大企業のSMBC日興証券は、来春から一定の年齢以上の社員を対象に、「週休3~4日制」を導入する。大手金融機関では異例だ。親などの介護と仕事の両立や、退職後の生活を見据えた社外での活動を支援する。あわせて副業も解禁する予定で、休み中の副業を通して新しい技能の習得を後押しするねらいもある。

週休3,4日制度

大企業のSMBC日興証券が来年の春より30歳以上が週休3日(給料は通常の8割)、40歳以上が週休4日(給料は通常の6割)になるといいます。

給料が減額してしまうのは残念(でも当たり前っちゃ当たり前)だが、自分で選択できるのでこのような選択肢が増えることは非常に良いことではないでしょうかs。

週休制度の目的:介護が原因の退職を減らしたい

SMBC日興証券社長のインタビューによると、以前より「介護」が原因で退職を余儀なくされるケースが見られたらしく、その対策を講じたいと考えたのが今回の施行を大きく決める要因になったといいます。

この制度を利用すれば田舎にすむ両親を介護しながら働くことができるだろうと考えたのです。

正直、僕は年齢的にまだ介護のことが頭になかったのでこのような理由で週休制度を導入するのは考えもしませんでしたが、高齢者社会は進む一方なので「介護」に対する制度導入は今後大企業に限らず必須項目なのかもしれませんね。

副業のために週休制度利用可能

介護が話の中心になってしまったが、副業のために週休3日制度を利用することももちろん可能だといいます。

ただし、どこかの企業に雇用されるのはNGで、個人事業主的な働き方であればという条件つき。この条件は全然問題ないと思います。

というのも他社に雇用されて副業するケースそんなにないし、契約を業務委託にしちゃえば解決しますから。

僕も現在、正社員ではないですがとある企業に業務委託という形で出勤シフトも柔軟に了承いただいていて、ものすごく幅広く仕事ができています。

働き方改革事例⑵:日本マイクロソフト

参考URL→https://www.fnn.jp/posts/00048999HDK/201911180630_FNNjpeditorsroom_HDK

週勤4日(週休3日)を施行

日本マイクロソフトは2019年の夏に働き方改革の一環として週勤4日(週休3日)を実施しました。

日本マイクロソフトは実施するだけではなく、実施後の効果測定をし、その効果を発表しています。

大幅な生産性の向上

週勤4日(週休3日)施策で下記のような効果を得ることに成功しました。

・30分以内で終わる会議が去年に比べて、46%増
・3年前の同時期と比べ、印刷枚数は58.7%・電力消費量が23.1%減少
・1カ月の売り上げを社員数で割った「労働生産性」は39.9%向上
・リモート(遠隔)で会議を実施する割合は21%増

担当者によると、特に会議時間の縮小が大きく無駄な会議が減り、極力チャットやメールで終わらせるようになったとのことです。

働き方改革事例⑶:サイボウズ

参考URL→https://cybozu.co.jp/company/work-style/

サイボウズは非常に働き方改革を促進しており、様々な制度を施行しています。

この取組みもあり、30%近くあった離職率が4~5%にとどまっています。

実際行っている取組みについてみていきましょう!

育児・介護休暇制度

妊娠発覚から最長6年の育休取得・育児、介護時短勤務が可能です。

なんとサイボウズの社長もすでに育休を3度取得しているらしいです。

TOPの人間が自分の行動で社員に制度を使って良いことを見せることは非常に大切なので素晴らしいですね!

働き方宣言制度

サイボウズは2007年より個人のライフステージの変化に応じた働き方を推奨してきました。

月火水曜日は自宅で働き、木金曜日は会社に出社するといった具合に自由に働く場所を決めることができます。

曜日で分けましたが月曜日の10:00~15:00は会社で16:00~18:00は自宅など細かい区分も可能だそうです。

複業可能制度

サイボウズは2012年より複業可能な制度を設けています。

2012年に複業解禁はかなり早い方ではないでしょうか?

サイボウズのこの制度のさらに凄い点は会社資産と関連のない複業はサイボウズの承認なしで自由に行っていいことです。

最近複業を解禁した会社の複業制度をよくよくみてみると複業するのにかなり複雑で厳密な申請が必要でほぼ複業不可能に近いことも多いです。

子連れ出勤制度

「幼稚園や保育園に行くのが嫌な子供」「預け先がなかなか決まらない子供」などの問題解決のためにこの制度を設けたとのことです。

ここまでできる会社は今の日本にはないですね・・・。尊敬します!

まとめ:まだまだ働き方改革の目的は達成していない

ここまで3社の働き方改革の取組みをご紹介していきましたが世の中全体でいくとまだ全然働き方改革は進んでいません。

もっと先ほど挙げた3社の働き方改革の目的達成のための制度が世の中の企業に普及してこのような制度を作ることが当たり前なんだと思わせる位になり、就職や転職をする際に働き方改革のための制度の有無で企業の良し悪しが判断されるレベルになってほしいです。

-副業

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.