就職

公務員に就職するという選択【実話】

この記事はこんな人におすす

  • 公務員への就職を検討している人
  • 就職の選択幅を広げたい人
  • 資格の学校に興味がある人

今回は公務員の就職に関する話です。

民間だけじゃない。公務員就職の選択肢もある

就職=民間企業と考えがちですが、それ以外にも公務員就職などの選択肢もあることをご存知でしょうか。僕は民間企業に就職したので今回紹介するのは、公務員に就職することになった僕の仲の良い友人の体験談になります。公務員に就職したい人には参考になる内容もなるかと思います!早速、本題に入っていきましょう。

公務員に就職するには公務員試験を合格しなければならない

まず、公務員に就職するには公務員試験(国家試験)を突破する必要があります。具体的な試験内容はあまり聞いていないのでわからないのですが、大学受験と同様にどこに勤めたいかによって公務員試験の難易度(合格ライン)が異なるようです。「東京都の●●区役所は受かったけど、静岡県の●●市役所は落ちた」といった感じです。

多くの人が公務員に就職するために専門(資格の)学校へ行く

その友人はその当時、同志社大学2年生だったのですが、就職活動について話した際に「公務員に就職する」と言って、資格の学校に通い出しました。別に資格の学校に通わず、独学で勉強して公務員試験を受けても構いません。そのあたりの感覚は大学受験の塾に通うのと同じです。資格の学校ってみなさんご存知ですか?高校時代に学習塾に通っていた人は多いと思います。その学習塾同様に公務員試験やその他国家資格の試験を突破するための塾が存在するんです。いくつか具体的な資格学校を載せておきますね。もし、公務員に就職したい方いればご活用ください。

資格の学校TAC

www.tac-school.co.jp

資格スクール大栄

www.daiei-ed.co.jp

資格の大原

www.o-hara.ac.jp

総合学園ヒューマンアカデミー

ha.athuman.com

これらの資格の学校ですが、年間約50万します。公務員就職を目指すのも安くはないです。しかも、大学受験と同じで、50万を支払って公務員就職を目指した結果、希望した処に不合格になる可能性もあります。実際、就職したい処が不合格でもう1年間勉強をして希望する処を目指す公務員浪人もいるようです。

公務員への就職には猛勉強が必須

同志社大学に合格した彼でも公務員就職試験の勉強は難を極めたらしく、遊びの時間を削って全部公務員就職試験の勉強に当てていました。正直、大学受験の1.5倍は勉強したと言っていたので、1日5時間程度はくだらないでしょう。それほどに勉強しなければ自分の希望する処には入れないのです。結果から言うと彼は第1希望に合格し、晴れて公務員として希望通りの就職が決まりました。7年経過した現在もおそらく同じ処で公務員を続けているのではないでしょうか。公務員を目指すには大学受験と同じ、いや、それ以上の勉強をすることができる継続力や忍耐力が非常に重要です。公務員就職を諦め、民間企業への就職に切り替える人も多数いると聞きます。

公務員就職以外にも多くの幸せが彼に訪れた

ここからはおまけなのですが、この資格の学校に通ったことは彼の大学生活を大きく変えました。僕からの視点ですが、資格の学校に通う以前は、彼があまり大学生活を充実しているようには見えませんでした。資格の学校に通い、同じコースを受講する女性と交際し(ちなみにその子と結婚しました)、そこで友達も多く作り、彼の顔にめちゃくちゃ笑顔が増えました。公務員就職に向けての猛勉強は公務員に就職する他に多くことにつながりました。大学でサークルに入るのを失敗して、なかなか友達ができない人などはこのような資格の学校などに通うのも良いかもしれませんね(公務員就職を目指したい場合ですが)。

-就職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.