就職 転職

アメリカと日本の労働環境が違いすぎる

日本アメリカ労働

headlines.yahoo.co.jp

本日は面白い記事を見つけたのでそれについて触れたいと思います。アメリカのニューヨーク在住で日本語を教えている日本人の方が書いている記事でアメリカの残業(英語ではovertime workと言う)について触れられています。海外の残業について情報は飛び交っているものの現地で実際に働いている人の意見はあまり目にしたことがなかったので非常に信憑性がある記事でした。

日本とアメリカのワークスタイルの違い

この方はアメリカで日本語を教えているのですが、多くの方は仕事が終わる時間帯にレッスンを予約するとのこと。日本のサラリーマンでこれを実現するのは至難の業で、なぜなら残業時間が読めないからである。毎回予約したのに直前でキャンセルしたら教える側も困るし、毎回キャンセルする自分もいたたまれない気持ちになるだろう。

違い①:アメリカの徹底された残業体制

アメリカではもし残業がある場合は前もって「来月残業ちょっとあるかも〜」と上司から事前告知があるらしく、急に残業になることは滅多にないという。しかもその残業時間は1日30分程度らしく、30分なんて日本の残業感覚からしたらもはや残業ではない。笑 アメリカでは「アフター5」が主流であり、5時以降にプライベートな時間を邪魔されるのを嫌うらしい。アフター5?日本ではやっとアフター7なんて言葉が徐々に浸透してきた程度で、しかも言葉が浸透されただけで守っている企業はごくわずかだ。ITが進んでいるアメリカでは、事情が少し異なるらしく、アフター5を死守することは流石厳しいとのことだが、残業させすぎるとすぐ条件のいい会社に転職してしまうのでかなり残業も抑えるらしい。このすぐ転職する点が日本とアメリカは大きくお異なり、日本人の場合だと次が不安だから転職を考えず我慢する人がまだまだ多い。アメリカでも我慢する人もいるのだろうか?いるとは思うものの、多くの人は能力があるのですぐ転職できるのかな?そのあたりは実際にアメリカ人にインタビューしてみたいものだ。話をアメリカのIT企業の働き方に戻そう。

違い②:アメリカの面白い労働契約

記事内で男性プログラマーを例に挙げていたのだが、遅くても7時には帰宅するのだそう。日本だったら早い方ですね。面白いと思ったのがアメリカでは自ら労働時間を管理することが前提で雇用契約が交わされることもあるらしく、このプラグラマーの方もその雇用契約だ。拘束時間などの規則が契約上記載ないケースもあると言う。この契約の場合、残業代などは発生しない。日本でこんなことをしようもんなら寝る間もなく働かされそうだが、7時に帰宅するというのだから本当にアメリカには残業の文化がないのがうかがえる。

違い③:日本と同様の雇用契約でも大きな違い

勿論、拘束時間が決まった雇用契約もあり、この契約の場合、日本よりも労働時間厳守に対する意識が相当強いとのことで、残業させるのあれば、勿論その相当のお金を支払わなければならず、サービス残業なんてさせようもんなら、速攻で訴えられるらしい。正直、アメリカってスーパー先進国だし、労働環境が多少悪いにも仕方がないかと考えていた自分が馬鹿でした。こんなに整っているとは、、、。ただ、ブラックな働き方をしているアメリカ人もいるらしい。毎日2〜3時間だけ仮眠をとってそれ以外は全て仕事に捧げる生活だ。ただ、日本と異なるのはこの働き方をすれば、その分給料がもらえる点だ。そのアメリカ人は2〜3年その生活を続け、流石に嫌気がさし辞めたのだが、その2〜3年で破格のお金を手にしたことは間違いないだろう。僕の友達が広告代理店に勤めているのだが(日本のお話ね)、新卒で入社した1年目だけ残業代がフルで支払われるので2年目から全カットと言っていた。そんなひどい話ある?笑 

とある女性の日系企業への不満

仕事の話を聞く中で1人だけ労働環境に不満をもっている女性がいたそうだ。その女性が勤めている企業こそ、そう日系企業だ。もうこの先は読まなくてもだいたい想像はつくが、残業が多いこと以外に、「仕事ができても給与や待遇に反映されない」ことに不満を感じ、アメリカの教育関係の仕事に転職した。もう日本企業の完全敗北の瞬間です。

アメリカの洗練された労働時間

ただ、アメリカ企業の厳しい部分にも言及しており、早く帰宅できる分、仕事時間の効率化と集中力は凄まじいらしく、私語などしてる暇はないのだとか。仕事が終わるとクタクタになるという。

大好きな日本。でも働きたくない。

そして締めくくりにこんな残念なことも書かれている。でもこれがリアルだろう。そのまま引用させていただきたい。

日本語を勉強している人たちはもちろん日本が大好き。日本に住みたいと熱く語る人も多い。だが、異口同音にキッパリと「でも、日本の会社では働きたくない」という。知日派、親日派ほど日本の長時間労働やそれに見合わない賃金の低さを知っている。日本の企業は外からそんなふうに見られているということを知っているのだろうか。

日本よ。あとは労働環境だけや。 

-就職, 転職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.