転職

働き方改革とは?具体的にすべきことまとめ

働き方改革

ブラック企業には働き方改革が必要

「ブラック企業」はもう流行語大賞になりそうだったくらいに世の中に浸透しているワードとなっています。一旦、ブラック企業のレッテルを貼られてしまった会社は採用などにも困ることでしょう。就活生もブラック企業に入らないためにはどのように就活をしたら良いのかを考えているのではないでしょうか。そんなブラック企業だが、ブラック企業からホワイト企業へと変貌を遂げるには働き方改革が必要だと感じます。変貌を働き方改革を実現させるには時間と努力が必要であることは間違い無いのですが、一生ブラック企業と呼ばれるよりもマシでしょう。今回は、「サイボウズ」という会社が劇的な働き方改革を遂げた記事があったのでその記事を参考にしながら、ブラックからホワイトになるための働き方改革のヒントを探っていこうと思います。

サイボウズの働き方改革事例

就職活動を経験した学生ならサイボウズという企業名を1度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?ビジネスアプリクラウドやクラウドプラットフォームを作成している会社です。現在は、働き方改革に非常に力を入れており、「週4勤務」「リモートワーク」を提唱しています。事業内容詳しく知りたい人は、HPをご覧ください。

news.livedoor.com

cybozu.co.jp

働き方改革以前はブラック企業だったサイボウズ

働き方改革前のサイボウズは離職率28%の超ブラック企業だったらしいです。

cybozushiki.cybozu.co.jp

社員の皆さまが働き方改革前のブラックサイボウズ時代について語っていますので興味のある方は上記リンクご覧ください。みた感じ、帰るの遅い・土日も仕事と典型的なブラック企業の特徴が書かれています。

働き方改革を成功させるためにすべきこと【4選】

サイボウズの事例を参考に働き方改革によって、ブラック企業からホワイト企業へと変貌を遂げるために必要な要素をまとめてみました。

働き方改革必要要素①:社員の意見を確実に吸い上げる

サイボウズの記事にもありましたが、働き方改革をする上で社員の意見を漏らさず吸い上げることは本当に大事です。社長などのTOP層は現場のことなどわからないためTOP層が会社に対して思うことと現場が思うことに絶対に差が生じます。僕の知り合いの社員1000名以上抱える社長がやっていたことをサイボウズもやっていて、驚いたのですが、ズバリ「社長と社員の面談」です。社長からするとものすごい手間な作業かもしれませんが、サイボウズの記事にもあったように部長や課長などの中間管理職を通してTOP層に上がってくる意見は絶対に元々の社員の意見と誤差が生じます。中間管理職のみなさんが絶対いい感じにまとめてTOP層に報告していることでしょう。そのため、直接対談がもっとも効果的なのです。実際、今まで知れなかった現場の現状を知ることができたと知り合いの社長さんも言っておりました。これをすることで現場で本当に問題となってる点が浮き彫りになり、本当の意味での働き方改革ができます。たまにあるのが、TOP層から「従業員のために●●の施策をします!」という働き方改革案が突然来ることありますが、社員の多くは「正直、そこの働き方改革派どうでもいいのよ、そこじゃないのよ、、、」と思ってる場合があります。TOPと現場の直接対話は、そのような働き方改革の打ち損じをなくすことに大きく貢献してくれるでしょう。

働き方改革必要要素②:下手な説教はNG

下手な説教は働き方を妨げる要素となります。
働き方改革において現場社員との心の距離は非常に重要な事項です、
社員は尊敬していたり、信頼していない上司には心を開いて本当のことを話してくれません。いわば、現場社員は雇われているわけですから、その雇い主に対して「本音を言って、自分の印象が悪くなってしまったどうしよう・・」などと意識が少なからず頭の片隅にはあるはずです。その意識をまずは除外してもらい、全部話してもらえる環境や状態を整えることが働き方改革において大事です。上司が、現場社員の言った意見に対して「それは違う」と頭ごなしに否定するようなことがあれば、もう現場社員は何も喋りたくなくなります。それ以降から社員の口から言葉は全て建前、偽りに変わってしまいます。せっかく忙しい中、セッティングできた大事な話し合いの場なのに働き方改革は一向に進みません。お互い全てをさらけ出せる有意義な関係性を築きましょう。

働き方改革必要要素③:なんだかんだ残業は悪

働き方改革をしていく上で結局論点になるのが残業についてです。やはり日本人の多くはある程度早く帰宅することを望んでいる気がします。まだ残業代が分単位で支払われる企業なら百歩譲って許せますが、残業代が出ないとなると社員とっては地獄です。今までの経験上目安はMAX20時ではないでしょうか。20時を超えると不満の声が大きくなっている気がします。ちなみに僕は19時超えたらもう無理です。噂で聞いたのですが、オーストラリアでは、国が残業させないように企業に働きかけをしているらしいです。オーストラリアは賃金が高く設定されており、国や企業が残業代をなるべく払いたくないので早く帰宅させるそうです。ここからわかるように残業代が出ないなんて概念はオーストラリアにはないのです。残業への対策は働き方改革において必須です。

働き方改革必要要素④:ある程度の自由の提供

働き方改を考える際、社員に少し自由を提供することを検討して欲しいです。
日本は「礼儀正しくおもてなしの心がある」というのは素晴らしい国の証拠ですし、海外に行った際に日本が非常に褒められる点です。ただ、それを追求しすぎるがゆえに会社の文化をガチガチにしてしまうと社員はしんどくなるのではないでしょうか。人間皆、少しはリラックスできて自由が欲しいものです。実際仕事を楽しんでいる人の多くには余裕があり、毎日コーヒーを片手にリラックスした表情で会社に向かっているのではないでしょうか。その表情を作っているのは勤めている会社の文化だと考えます。もし会社に行くのが嫌であればそのような表情は生まれません。規律と自由度のバランスは難しい問題ですが、このバランス調整は働き方改革において非常に大事なのではないでしょうか。

働き方改革のための社内アンケートはおすすめ

ここまで働き方改革に紹介してきましたがいかがでしたか?働き方改革をし、ブラック企業からホワイト企業へ変化するには色々と乗り越えなければならないことがあります。ちなみに働き方改革を成功させるための僕のおすすめの方法は、1人1人面談する時間がないのであれば、匿名で社内アンケートをとることです。この時、上司などに誰かが何を書いたのか絶対に悟られないようにしてください。それでないと本音でみんな書きません。実際、以前勤めていた会社で働き方改革のためにアンケートが行われたことがあり、「いいじゃん!」と感じたのですが、結局部署での共有があり、その共有の場では少人数なのでなんとなく誰が何を書いたかバレちゃうんですよ。まじで金と時間の無駄だなと、、、。勿体無いです。

-転職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.