就職

【就活うまくいかない人へ】普通とは違う!新しい就活方法とは?

この記事はこんな人におすす

  • 普通の就活に飽きた人
  • もっと楽しく就活したい人
  • 就活生

この記事を書いている今、コロナウイルスが世界で蔓延し日本でも多大な被害が出ております。

その被害は就活にも大きく影響を与えており、連日コロナウイルスによる業績悪化で内定を取り消される就活生が多発しています。

コロナウイルスによる業績悪化も十分理解できるので会社を責めることも難しいですが、入社式を前に内定を取り消される就活も相当辛いですね、、、。

コロナウイルスの話はこのあたりにして、今回は一般的な就活とは異なる面白い就活サービスをご紹介します。

うまくいかない就活への不満や疲れ

面白い就活サービスを紹介しようと感じた理由として就活への不満があります。

僕自身も就活生時代、多少一般的な就活に対して不満を抱いていました。

決められた選考をなんとなくうまいこと理由をつくってクリアして表向きは超誠実な所謂「いい人」を演じる。

そんなことをして内定を勝ち取ることに疑問を覚えていましたし、このような就活にはすごく向き不向きがあると感じます。

そのため、不向きな人にとってはこのような就活はうまくいかない可能性も高いです。

就活の移り変わり

ここで7年前(現在2020年)に就活を経験した僕の個人的な意見も述べておきます。

僕らの時代は「リクナビ」「マイナビ」しか就活の方法としてはありませんでした。

その数年後に外資系専門の就活サービスや中小企業専門の就活サービスが台頭してきました。

その数年後に今から紹介するさらに新しい就活サービスが出てきています。

リクナビやマイナビを利用してればOKと考えていた企業もここ最近は「就活ナビ離れ」という言葉があるようにナビサイトを利用しない新卒採用スタイルをとっています。

まだ「学歴主義な就活」であるのは間違いないものの少しずつ学歴以外の何かを求めた就活が始まっています。

これはまだ先の話かもしれませんがもっと時代が進めば履歴書などは不要になり、SNSパワー(youtube、インスタ、Twitterなど)がそのまま経歴となり、企業からのスカウトがくるかもしれません。

就活はうまくいかない=駄目な就活生ではない

「就活がうまくいかない=駄目な就活生」では決してありません。

日本の就活のシステムに、はまらなかっただけです。

そして日本の就活には多様性がないので、はまらない人の逃げ道がないのです。

しかし昨今、従来の就活システムでうまくいかない人にも追い風が吹いてきました。

今回はそんな就活がうまくいかない人にとって少しでも救いになるような変化球な就活サービスを共有します。

就活がうまくいかない人におすすめの就活サービス

Offerbox

就活うまくいかないofferbox

1つ目のおすすめ就活サービスはOfferboxです。

サービス利用料は無料です。

Offerboxのサイト内にて自分のプロフィール(履歴書)を作成します。

そのプロフィールを採用企業が閲覧し、興味を持った企業からオファーが届きます。

就活生が説明会などに出向く必要なく、WEB上でマッチングできるのが大きな利点です。

登録企業は中小〜大手まで約6200社となっております。ほとんどの企業が関東と関西に集中しています。
例)資生堂、マイクロソフト、JCB、朝日新聞、船井総研、経済産業省、ミクシィなど

登録学生は23万を超えております。

ねっとで合説

就活うまくいかないねっとで合説

2つ目のおすすめ就活サービスはねっとで合説です。

サービス利用料は無料です。

直接説明会や合同説明会に行くことなく3分程度の会社説明動画をネット上で閲覧することで企業の特徴をつかむことができます。

動画閲覧後はその企業にもエントリーすることができ、企業側が興味を持てば選考へと話が進んでいきます。

登録企業は中小企業がメインとなっております。

キミスカ

就活うまくいかないキミスカ

3つ目のおすすめ就活サービスはキミスカです。

サービス利用料は無料です。

先ほども近しいサービス紹介しましたが昨今はこのような逆オファー系就活サービスが流行しています。

企業がサイト上のプロフィールを閲覧し、選考のオファーを就活生に送ります。

登録企業は、大手よりは中小企業が多くなっています。

プロフィール(履歴書)だけでなく、性格診断があり、その結果も企業に公開することができます。

就活アウトロー採用

就活アウトロー採用

5つ目のおすすめ就活サービスは就活アウトロー採用です。

このサービスはお金がかかります。

このサービスについては別記事で紹介していますので下記をご覧ください
https://jobchangegogo.com/syuukatsukiraiservice/

おすすめ就活サービスの特徴まとめ

就活の手間が少ない

今回紹介した就活サービスは非常に手間が少ないです。

1つの企業説明会に出向く時間でWEB上で何社もの企業と繋がることができます。

僕の時代は説明会に毎日のように行かなければならなかったので非常にこのようなサービスは羨ましいです。

紹介した就活サービスによってはプロフィールの情報がそのままエントリーシートとなるため、わざわざ各企業に合わせたエントリーシートを書く必要がなくなります。

学生からではなく、企業からのオファー

学生から企業へアプローチが今までの就活の主流でした。

その形が最近は変わってきて、企業が学生にアプローチする形が少しずつ増えています。

優秀な学生から多くの応募がくる企業であれば企業からオファーする必要もないのかもしれませんが企業も学生の応募を待っているだけでは駄目だと多くの企業が感じ始めている証拠です。

うまくいかない就活とはオサラバ!新しい就活システムを利用してみよう

ここまで新しい就活サービスをご紹介してきました。

ここでお断りしておきますが従来のシステムを否定しているわけではございません。

リクナビやマイナビなどの巨大な就活サービスがあるからこそ企業側が手間暇かけて学生と接点をもつ必要がないですし、学生側もサイトを見るだけで様々な企業情報が閲覧でき、応募することが可能。これができるサービスは素晴らしいです。

ただ、この就活システム以外にもありますよ、とお伝えしておきたかったのです。

是非、様々な就活サービスをご活用ください。

-就職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.