転職

最も多かった転職理由とは?元人材会社マンが教える転職理由ランキング

この記事はこんな人におすす

  • 他の人の転職理由を知りたい人
  • 社員の退職率を改善したい人
  • 仕事がしんどい人

みんなの転職理由は何?

もう昨今は、転職するのが当たり前の時代になってきました。

このような転職時代なので、会社もある程度の待遇を整えないと、優秀な人材にすぐ逃げられてしまいます。

何を理由に転職する人が多いのでしょうか?

今回はその転職理由について言及してきます。

多かった転職理由ランキング

僕が人材会社にいた時、友人の相談だったり、実際に転職者の方と面談した際に多かった転職理由をご紹介していきます。

転職理由1位:上司との人間関係

転職理由1位はぶっちぎりで上司との人間関係です。

転職理由全体の6~7割を占めます。

もし、すでに働いている人がいるのならば、職場に「自分とソリが合わない上司」「苦手な上司」が1人くらいはいるのではないでしょうか。

その上司が自分と遠いポジションにいるのならば、まだマシなのですが直属の上司だった場合、最悪です。

その嫌な上司に毎日指示され、少しは抵抗もしてみるが結局は「上司と部下」の関係なので、なんだかんだ「上司」が勝ち「部下」が負けます。

もし抵抗の度合いをめちゃくちゃ強くして感情を爆発させ、かなり強めに上司に対して行動を起こした場合、会社に認められることもありますが大抵は「明日から出社しづらくなる」のが関の山な気がします。

そんなことを気にしない鋼のメンタルの持ち主であれば、話は別ですが、なかなかいないでしょう。

上司のその性格が今後変わることなんてまずありえないので「自分の性格を変える」か「転職する」かの2択になります。

実質、2択といいながら「転職する」の1択です。

性格を変えてまでその会社にいる必要はありません。

転職理由第2位:なんとなく

転職理由第2位はなんとなくです。

大きな理由は特にないけれど、もうそろそろ会社辞めるか〜的なことです。

人間は同じことをしているとそのうち飽きがきます。

その繰り返しの中で、

・同期が辞める
・尊敬する先輩が辞める
・他社からのスカウトがくる

などの付加要素が入ってくるとさらに転職意欲は増します。

今の時代、ずっと同じ会社にいる方が珍しい、といった風潮も後押ししているのかもしれません。

転職理由第3位:長時間労働

転職理由第3位は長時間労働です。

やはり日本人は働きすぎ、普通に考えてほぼ休憩ナシで8,9時間働いたらそりゃしんどいです。

まだ好きな仕事ならいいですけど、そうでもない仕事の場合、地獄です。

長時間好きでもない仕事をするくらいなら好きな仕事ができる処、または好きではない仕事でも短い時間で労働できる処を探しにいきますよね?

この長時間労働を引き起こしているのは人材不足が理由になっていることが多いです。

人が辞めてから採用活動を始める会社がありますが、そのような会社の場合1人採用するのに2ヶ月程度はかかります。

その間にもう1人辞めたら終わりです。

さらに人が辞めると他の人へ仕事が流れるためパンクしてその人も辞める可能性があります。

その退職のデフレスパイラルが起きる前に採用活動をしておきましょう。

転職理由第4位:給料が少ない

転職理由第4位は給料が少ないです。

年収500万程度あればある程度高い水準の生活ができるので不満に繋がることは少ないですが、年収500万を下回っているのに馬車馬のように働いている場合は不満につながります。

本当に転職して欲しくない人材が自社にいた場合早めに給料UPをしておきましょう。

まだいいかなんて悠長に構えていると知らない間に他社からアプローチされていて退職交渉されます。

その際に給料あげる話をしたとてもう気持ちはここに在らずなので遅いです。

でも、このパターンはよくみます(笑)

転職理由第5位:残業代が出ない

転職理由第5位は残業代が出ないです。

正社員雇用でみなし残業40時間と雇用条件に記載されている場合、その記載通り、残業を40時間しても残業代は1円たりとも出ません。

仮に、みなし残業であってもそれなりの給料がもらえるなら我慢できるでしょう。

しかし、給料も大した額ではないのでみなし残業だと正社員でも全然給料が上がりません。

正社員の平均給料から算出すると、おおよそ正社員の平均時給は安くても1600円程度はあるでしょう。

1600円✖️40時間=64000円分が、みなし残業になっているわけです。

地方だったら1ヶ月の家賃支払える金額ですよ。

しかも会社によっては、各々の残業時間をうまく管理して、40時間手前で終わらせようとするところもあります。

みなし残業なんて制度作るから残業が増えるんですよ。

1分1秒残業手当てを出すようにすれば、会社側も残業させないように努力するので解決するんですけどね、、。

早く政府がそのような法律を作成して欲しいです。

転職・退職に関して覚えて欲しいこと

転職するということは退職も伴います。

これらを考える際に元人材会社の視点から転職及び退職について覚えておいて欲しいことがあります。

転職を我慢した先に待っているのはうつ病

後々転職しようとは考えているものの、とりあえず、まだこの会社にいるために我慢を実践した人も何名かいるでしょう。

そう我慢が限界を超えると待ち受けているのは、うつなのです。

毎日仕事に行くのが辛くて辛くて仕方なくなります。

学生時代、元気モリモリだった奴がうつで休職しているのを何人も見てきました。

悩みなんてなさそうに生きてきた僕の弟も社会人になり初めてうつになって仕事を休んだらしいです(余談)。

彼の場合、1週間程度でうつから復活したらしいですがうつの重度によっては、そのまま仕事に就けなくなるパターンも多いので要注意です。

人事に惹かれた?でも一緒に仕事はしません

たまに「人事の人柄に惹かれて入社しました」という学生がいます。

就活は人事との対面が多いですし、人事と社長しか面接では会わない会社もあります。

ここは、しょうがない部分もありますが、人事なんて会社の中で1番性格がよくて、ある程度顔が可愛い、またはかっこいい奴が選出される傾向にあるので、人事に惹かれても他の社員の色は全然違うなんてことはざらにあるので信用できません。

その人事と仕事することは自分自身が人事にならない限りありません。

最終奥義「異動」

転職理由第1位にも挙げた上司と人間関係が上手くいかない時は、どうしたらいいのでしょうか。

まず言えるのはその上司と今後仲良くなることはほぼ100%ないです。

なので、無理して仲良くなる方法を考えることはおすすめしません。

僕もどうせ毎日会社に来るなら嫌いな上司でも仲良くなった方が良いと感じ、何度か距離を近づけようとトライしましたが、やっぱり無理でした。

具体的な解決策だと異動届を出すことです。

その異動が通らなければ、会社を辞めましょう。

あなたはやることやって会社が受け入れてくれないのであれば、もうその会社に期待などしなくて良いです。

まとめ:転職したいなら転職すればいい

ここまで転職理由や退職・転職時に覚えておいて欲しいことをまとめてきました。

1度退職したいと思ってしまった会社が今後自分にとって良い会社になることはほとんどありません(部署や職種異動を除く)。

転職したいと感じたらその心に素直に従った方がより良い人生を送れる気がします。

もし転職への一歩が踏み出せない場合、身近な転職経験者に話を聞いてみてはいかがでしょうか。

何かヒントが見つかるかもしれません。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.