就職

おすすめの就活エージェントはここだ!【解説アリ】

この記事はこんな人におすす

  • 就活を控えている大学生
  • 就活がうまくいかない大学生
  • 就活エージェントの利用を検討している人事

就活版の転職エージェント

転職エージェントという言葉をご存知でしょうか。

中途採用市場の転職手段において転職エージェントはかなりの割合をしめます。とてもメジャーな転職手段です。

今回はこの転職エージェントの就活版「就活エージェント」について解説していきます。

就活エージェントの仕組みやおすすめの就活エージェント会社まで説明しますので就活を控える大学生や、リクナビやマイナビなどの就活サイト以外で就活生を獲得する方法を模索している人事の方は参考にしてください。

就活エージェントとは

まず就活エージェントの説明です。

就活エージェントとは就活エージェントサービスを展開している人材会社の人がキャリアアドバイザーとしてあなたの就活をサポートしてくれます。

サポート内容について各就活エージェントによって異なる部分もございますが大抵の場合は以下の項目になります。

就活面談

・行きたい企業や職種・業種は決まっているか
・就活に対する不安
・将来像
・どのように就活をしていくのか
・どのようなスキルやアピールポイントをもっているか

などざっくりと就活をサポートしていく上での面談があります。

この就活面談を通して就活エージェント側がその学生にどのような提案をしていくのかを探ります。

この就活面談は対面ですることも可能ですし、地方に住んでいて就活面談のために東京や大阪にくるのが難しい場合は遠隔での就活面談もできます。

おすすめ企業の紹介

面談を通して学生の希望に沿う企業を就活エージェントが紹介してくれます。
おすすめ企業を紹介してもらったら就活エージェントの情報を鵜呑みにするのではなく自分でもネットで検索するようにしましょう。

エントリーシート添削

どの企業を受けるにしてもエントリーシートが第一関門になります。

これを突破しなければ面接にもたどり着けないので完璧なエントリーシートなんて存在しませんが就活エージェントが長年の経験からより良いエントリーシート作りをお手伝いしてくれます。

面接練習

この面接も、どの企業の選考でも通らなければならない関門です。

面接に不安のある就活生は就活エージェントにお願いすれば模擬面接などの練習をしてくれます。

企業情報の提供

就活エージェントはあらゆる企業の基礎情報だけではなく実際にその企業の人事から欲しい人材の特徴などをヒアリングしているケースも多く、ネットにはのっていない独自の情報を持っています。

就活エージェントのメリット

就活生視点

就活エージェントのメリットを就活生の視点で考えてみました。

利用料無料

どの就活エージェントも利用料は無料です。

利用料無料の理由は就活エージェント経由で内定や入社が決まった場合、
転職エージェントがその企業から手数料としていくらかもらえるからです。

自分で企業を探す手間が省ける

就活エージェントに希望を伝えればある程度厳選された企業を提示してくれるのでリクナビやマイナビなの就活ナビにログインして条件検索をし次々に求人をみていく必要はなくなります。

ただ就活エージェントが扱っていない求人はもちろん紹介されませんので就活ナビも並行で利用することをオススメします。

不安が弱まる

就活は基本的に1人で行わなければならず、慣れないことも多いので精神が弱りやすいです。

そんな時に就活エージェントがいればその不安を少しは取り除いてくれるでしょう。

特別選考があるかも

採用会社視点

就活エージェントのメリットを採用会社の視点で考えてみました。

雑多な応募を減らせる

リクナビやマイナビなどの就活ナビに求人を掲載すると物凄い量の応募がくるため、それを全て捌く必要があります。

人事が多くいて捌ける状態であればいいのですが、大抵の場合は人手不足なのでかなり大変な作業になります。

その作業量の中で質の高い人材を探さなければなりません。

その点、就活エージェントから紹介された就活生であれば就活エージェントが「自社に合うのではないか」と感じて紹介してくれているので的外れな人材ではない可能性が高いです。

新たな人材の発掘

リクナビやマイナビなどの就活ナビでは出会えないような人材を就活エージェントが紹介してくれる可能性があります。

就活エージェント経由で入社した学生の話を聞くと「就活ナビ経由では絶対に応募しなかった。就活エージェントから紹介されて初めて知離ました」といったケースも多いです。

就活エージェントのデメリット

就活生視点

就活エージェントのデメリットを就活生の視点で考えてみました。

自発性が薄まる

就活は多くの日本人にとって人生の中でもっとも自分のことについて自分で深く考える時期だと個人的には考えています。

今まで親に学校へ行かせてもらい勉強させてもらい、時には習い事もさせてもらい、、、至れり尽くせりです。

そんな人生から一変して社会人として自立するために就活は非常に大切です。

その就活を就活エージェントに頼ることにより自分で考えることが薄まってしまうのは少し気になる点です。

あまりに信頼しすぎる

就活エージェントは就活に対して知識はあることは承知ですがあまりに就活エージェントを信頼しすぎるのもどうかと感じます。

就活生に寄り添って就活をサポートす流の仕事ですが、このビジネスによって利益を上げなければならないのも事実です。

そのため多少無理矢理にでも企業に入社させようとする就活エージェントがいてもおかしくありません。

その辺りの見極めの力は絶対に身に付けましょう。

採用会社視点

就活エージェントのデメリットを採用会社の視点で考えてみました。

採用費用が高い

リクナビやマイナビなどの就活ナビであれば定額を支払い求人を掲載し、そこから何人採用しても別途の費用は発生しません。

しかし就活エージェントの場合は1人につき数十万の採用費が発生します。

採用目標人数と予算を照らし合わせ計画的に利用しないと採用費が高くなってしまいますのでご注意ください。

採用できないケースもある

就活エージェントを利用すればある程度自社とのマッチ度が高く質の良い人材から応募がくるでしょう。

しかしそのような優秀な人材は他社からの引き合いも多いわけで選考中の離脱や内定辞退の可能性も通常より高くなることがあります。

おすすめの就活エージェント

キャリタス就活エージェント

1つ目の就活エージェントは就活エージェントはキャリタス就活エージェントです。

キャリタスは就活イベントを全国各地で開催しているイメージが強いです。

キャリアパーク就活エージェント

2つ目の就活エージェントはキャリアパーク就活エージェントです。

あまり聞かない名前かもしれませんが上場していて安心できる会社が運営しております。

大手や超有名企業への紹介よりは勢いのあるメガベンチャー〜中小企業がメインの紹介先になります。

マイナビ就活エージェント

3つ目のマイナビ就活エージェントはマイナビ就活エージェントです。

就活生なら全員知っているであろうマイナビが運営しています。

他のサイトと異なる点としてサイトのTOPページで新卒学生、理系学生、体育系学生、留学生向け、地方学生向け、とカテゴリー分けがされており非常に就活生にとって使いやすいサイト作りになっております。

リクナビ就活エージェント

4つ目の就活エージェントはリクナビ就活エージェントです。

マイナビと同様、就活生であればリクナビは当然知っているでしょう。

TOPページを見るとデンソー、ユニリーバー、積水、三菱重工などの大手企業などへの紹介企業として参画しています。

type就活エージェント

5つ目の就活エージェントはtype就活エージェントです。

女性専門の転職サイトやエンジニアに強みをもつ転職サイトを運営している一方最近は新卒領域にも力を入れています。

就活キャンプと題して地方の学生が東京にきて就活をする際には地方からの交通費を負担するなどの取組みも行っています。

就活エージェントを使ってみよう

ここまで就活エージェントの説明とおすすめの就活エージェントをご紹介してきましたがいかがでしたか?

以前と比べて就活の仕方が多様になっていることを感じていただければ幸いです。

就活ナビも就活エージェントも利用料は無料なので一生に一度の就活ですのでガンガン使い倒しましょう!

-就職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.