就職

就職前に資格はとるべき?有利な資格とおすすめの資格学校

この記事はこんな人におすす

  • 就職を控えている人
  • 資格取得に興味がある人
  • 資格が有利になるか知りたい人

資格って就職に有利なの?

就職活動を控えている多くの人にとって、資格取得の有無は、悩む点なのではないでしょうか。

今回、就職前に資格を取得すべきなのか、また資格は就職において有利になるのかについてお話ししていきます。

就職において資格取得は大きな有利にはならない!

先に結論を言ってしまいますが、就職において資格取得が有利に働くことはほとんどありません(1部の職種を除く)。

正直、何系の会社を希望するかによってその有利度合いは変化しますが、ほとんどの就職において資格取得が大きく有利になることはないかなと感じます。

現在の就職活動において、資格有の重要度はかなり低いと断言します。

就職の際、資格取得が必須な職種もある

先ほど、就職活動に資格は必要ない、と断言しましたが、例外はあります。

外資系ヤグローバル企業の選考は、資格の保持が選考合格条件の場合が存在します。

そのような会社を就職活動で受ける場合には、資格が必須になります。

多くの外資系企業の場合、「TOEIC」の点数が必要になります。

有名なのはJALやANAなどのキャビンアテンダントです。

正直、TOEICの高得点も持っていても、英語が喋れるとは限らないのであまり意味ないと感じるのですが、日本の就職活動ではなぜかTOEICの点数が英語力の基準になっています。

僕も大学時代に750点取りましたが、700点程度だと全く英語で会話はできません。

英会話とTOEICは全くの別物なので、学生の皆様からすると嫌かもしれませんが、TOEICじゃなくてネイティブの会話を就活の選考に組み込んだ方がいいと感じます。

多分、日本人は散々な結果になります。

余談:日本の英語教育は終わっている

本題とは少し逸れますが、日本っていつまでもテストのための英語勉強をしているので、全く英語が身につかないんです。

小学校から授業で英語勉強したとして、高校までで12年間なんだかんだ勉強してるわけですよ。

それで英語全然話せないってやばくないですか?(笑)

個々の能力もそりゃあるかと思いますが、ここまで国民全体が話せないということは、日本の英語教育自体が微妙な気がします。

英語を使わずとも生きている国なのでモチベーションが下がってしまうのも大きな理由かもしれません。

就職(入社)するまでに資格取得が必須なケース

就職活動を終え、無事内定をもらった後、銀行や証券会社などの所謂、金融系の企業の場合は、実際に就職する前までに勉強して○○の資格を取得しておいてください、なんてことがあります。

僕は終章活動中に金融系の選考を受けたことがなく分からないのですが、もし、入社前にその資格取れなかったら、滅茶苦茶恥ずかしくないですか?(笑)

他の内定者が合格して、資格保有してる中、自分だけ不合格の状態で入社式行きたくないですよね、、、。

今まで、僕の周りには、入社までに資格に合格できなかった人がいないので、不合格だった場合、どうなるのかはわかりません。

就職に有利になる(かもしれない)資格まとめ

就職活動で大幅に有利になる資格は存在しませんが、保有していれば、選考が少し有利になりえる資格についてご紹介していきます。

かなり偏った業種や職種に該当する資格もありますのでご了承ください。

資格1:TOEIC

TOEIC

就職に有利になる(かもしれない)資格1つ目は、TOEICです。

どの業種・職種でも通用する資格です。

将来、英語を利用する仕事やポジションに就く可能性にもなるので、持っておいて損のない資格でしょう。

資格2:宅建(宅地建物取引士)

宅建

就職に有利になる(かもしれない)資格2つ目は、宅建(宅地建物取引士)です。

宅地建物取引士は、宅地や建物などを取引する際に必要な国家資格です。

不動産の取引はかなり大きな金額が動き、法律にも関与してくる部分も多いので、専門の知識を持っていなければ、安全な取引ができません。

また、不動産業を営む会社は、従業員の一定数、宅地建物取引士を保有していなければならないと決まっています。

資格3:ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー

就職に有利になる(かもしれない)資格3つ目は、ファイナンシャルプランナーです。

ファイナンシャルプラインナーを保有していると、国の経済指標や、銀行の金融政策や金利などお金についての知識が深い証明となります。

資格取得後、

・銀行
・保険会社
・不動産会社

などでお金のエキスパートとして活躍できます。

おすすめの資格学校(オンライン含む)

もし就職活動前に資格を取得をしたい!と感じる方は、おすすめの資格学校を紹介しておきますので、参考にしてください。

就職におすすめの資格学校1:オンスク.jp

オンスク.jp

就職におすすめの資格学校1つ目は、オンスク.jpです。

オンスク.jpの特徴

月額980円で資格講座ウケ放題

オンスク.jpは、月額980円で合計40ある資格講座がオンラインでウケ放題です。

他社と比較しても、月額たったの980円で複数講座ウケ放題はオンスク.jpだけではないでしょうか。

有名資格学校のノウハウが凝縮

全国各地に校舎をもつ資格の学校TACの授業ノウハウを詰め込んだオンライン講座です。

校舎に行かずともレベルの高い授業を受けることが可能です。

1コマたったの10分の講座

資格の授業は、1コマでも長時間の印象がありますが、オンスク.jpは1コマたったの10分です。

集中力が続かない人でも10分であれば続けれるのではないでしょうか。

講義の最後には、復習問題もついており、実践的な充実した講座内容になっています。

まとめ:就職に有利なる資格ではなく、将来のための資格を取ろう

ここまで、就職の資格についてまとめてきました。

就職で大幅に有利に働く資格はないので、就職のためではなく、将来の自分のために、資格をとるようにしましょう。

資格を取得して、損することはないので、将来のためであれば、資格の勉強をするのは非常に良いことです。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-就職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.