社会人は貯金しておくべき理由と方法を元貧乏社会人が語ります!

この記事はこんな人におすす

  • 貯金ができない社会人
  • お金持ちになりたい社会人
  • 新しいことに挑戦したい社会人

 

貯金できない社会人が多い

貯金できない社会人って結構多いんです。

高給料だったり、預金が多くある社会人は特に貯金する必要はないですが、社会人になってすぐその余裕がある人は中々いないでしょう。

僕も社会人になりたては全然貯金できませんでしたが、徐々に貯金を増やすことに成功しました。

本日は社会人になって貯金できない人(僕も過去はそうでした)の傾向と対策について述べます。

 

社会人が貯金すべき理由

まず、なぜ社会人は貯金すべきなのでしょうか。

貯金すべき理由を挙げました。

 

社会人が貯金すべき理由1:新しいことを始めるため

新しく何かを始める際には、ある程度の費用が必要になることがあります。

 

・専門スキルを身につけたい

・資格をとりたい

・公務員になりたい

 

など、上記に挙げたことは、貯金がなければ、お金によって断念せざるを得なくなります。

プログラミングスクールであれば約10万~20万、WEBのマーケティング講座も約10万、資格の学校であれば、約50万は必要でしょう。

もし独学で行うことになっても、参考書代があるので、多少お金は必要になります。

独学で行うことも可能かもしれませんが、相当な時間と努力が必須です。

 

社会人が貯金すべき理由2:急な災難に備えるため

「急に怪我をした」「親しい人が倒れた」「思い病気を患った」などの緊急事態が発生する可能性もあります。

その際に備えて、貯金は非常に大事です。

この場合、貯金でなくても保険に加入しておいてもよいでしょう。

保険に加入するにも1ヶ月に1~2万程度、支払う必要があります。

 

貯金できない社会人に多い傾向

貯金できない社会人にはどのような傾向があるのでしょうか。

 

1.飲み会好きな社会人は貯金できない

周りにとにかく飲み会が大好きな人いませんか。

飲み会好きな社会人は貯金できない印象が強いです。

特に、社会人1年目は新たな出会いも多く、同期との絆を深めるなど何かと飲み会へと発展しやすいシチュエーションが盛りだくさんです。

まだ今後の自分の人生にプラスになりそうな飲み会であればいいのですが、意味わからん飲み会に頻繁に行くのはちょっと控えた方がいいかもです。

お金だけ飛んでいって何も残らないかもしれません。

たまに「誰と何処で飲むとか関係ない!俺は飲むこと自体が好きなんだ!」という方がいますが、それはもうどうにもならないので安い酒にするなどの処置を取るしかないです。

でないと、一生、貯金できないので、いくら飲んでも平気な位稼ぐしかないです。

 

2.毎月の給料を全部使いきる社会人は貯金できない

当たり前ですが、毎月の給料を使い切る社会人は貯金できません。

なぜ社会人が毎月の給料を全部使いきってしまうかというと、翌月に絶対●●円入ってくる確信があるからではないでしょうか。

次月に、お金が入ってくることが保証されているので、全部使っても貯金はできないけれど金欠になることもないと考えてしまいます。

そういう意味では、僕のようなフリーランス(なんちゃってですが)は、お金の保証が何処にもないので、「後先考えず浪費しよう!」とはあまりならず、貯金傾向が強いです。

急に仕事がなくなる業務委託やフリーランスの方々を目の前で何人も見てきていますから、無駄遣いも極力しません。

 

3.固定費を気にしない社会人は貯金できない

月々、何にお金を使っているか把握していますか。

お金の管理ができない社会人は貯金できません。

毎月なぜかお金がなくなってしまうという人は浪費を抑えるだけではなく、月々の固定費を1度チェックしてみてください。

具体的にいうと、電気・ガス代、携帯使用料、月額サービスの登録料などを指します。

 

電気・ガスなどの光熱費
→電力の自由化が始まり、携帯キャリアでも電気・ガスのサービスが始まっているので、自分の使用しているキャリアにてセット申し込みすれば安くなります。

携帯代
→僕も乗り換えましたが、ymoblieや楽天モバイルなどSIMフリー携帯がバンバン出てますので、月3000円程度はカットできます。

月額サービス
→カードの明細をまず確認してください。

僕もお金がなくなった際に目を通したのですが、全然身に覚えのないサービスにお金を支払っている可能性があります。

自動更新しているケースや数年前に加入して退会し忘れているケースなどがよくありがちです。

 

このような固定費を下げる努力をするだけでも多い人では、2万円程度削減することができるかもしれません。

固定費を気にできる社会人になると、貯金が捗ります。

 

社会人が貯金するための節約術

貯金をするためには、節約も非常に大事です。

僕が実践したものも含め、ご紹介しますので、参考にしてください。

 

社会人の貯金術1:実家に住む

1つ目の貯金術は、実家に住むことです。

僕の場合、完全に親からNG食らっていたので、無理でした。

ただ、正直実家に住むことができ、家賃や食費も親に渡さなくてもいいのであれば、、貯金もせず、何も考えず退職しようが月の手取りが10万未満でも生きれちゃいます。

もし、実家が無理でもシェアハウスなどの共同住宅にすることでも貯金につながります。

僕も東京にきてから長い間、シェアハウスもしくは同棲をしています。

シェアハウスについて知りたい人はシェアハウスって本当に安いの?シェアハウス経験者が魅力をお伝えしますをご覧ください。

 

社会人の貯金術2:米を炊く

2つ目の貯金術は、米を炊くことです。

おそらく貯金できない多くの社会人は、外食ばかりしているでしょう。

それでは、貯金はできません。

外食したい気持ちを我慢して米を炊き、おかずや味付けで毎日異なる米を楽しむのです。

料理をしろ、と言っているじゃないです。

米だけでも炊いてください。

そんなひもじいことできるか、、、と思いますか?

はい、ひもじいです(笑)

でも貯金はできます。

 

社会人の貯金術3:無料で情報収集する

3つ目の貯金術は、無料で情報収集です。

何か情報を得る時に、すぐに参考書買うのではなく、ネットで情報をかき集めましょう。

今や、大抵の情報がネットに落ちていますし、youtubeが普及したことで文章や図だけでなく、動画でも情報を手に入れることができるのでかなり細部まで知ることができるのではないでしょうか。

ネットで豊富な情報を得るために、ネット代だけはケチらないようにしましょう。

ネット環境がサクサクな回線の強い会社を選び、使い倒しましょう。

ちなみに僕のおすすめのネット回線はNURO光です。

NURO光をおすすめする理由は、wifiはNURO光で決まり!wifi選びに悩んだ僕がNURO光を使い続けるワケをご覧ください。

 

社会人の貯金術4:公共施設を利用する

4つ目の貯金術は、公共施設を利用です。

住んでいる市区町村の施設は、無料で利用できることが多いです。

多くの施設でネットが使えるフリースペースが完備されていたり、図書館の本を無料で借りることができたり、天国のような場所です。

その市区町村の住民であることが証明できれば、申請も審査なども必要なかった記憶があるので、誰でもすぐ利用できるはずです!

 

社会人の貯金術5:貯金箱の利用

5つ目の貯金術は、貯金箱の利用です。

・小銭が貯まって財布がパンパンになったら、貯金箱に入れる

・月に1万円は、貯金箱に入れる

・ボーナスが入ったら3万円、貯金箱に入れる

など自分オリジナルの貯金箱ルールを作成し、強制的に貯金をする習慣をつけてしまいましょう。

できれば、貯金箱は簡単には開けられないものにして、途中で貯金箱からお金を出せないようにしたほうがより効き目が増します。

 

 

まとめ:社会人の皆さん!貯金は未来への投資です

ここまで社会人の貯金についてまとめてきました。

すぐにとりかかれる貯金術もあるので、是非実践してください。

貯金がないことを理由にやりたいことができない!なんて非常にもったいないです。

貯金は未来への投資です。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-その他

Copyright© トクナガのキャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.