就職

シングルマザーの就職ってどうすればいいの?秘訣とおすすめの職業をご紹介!

この記事はこんな人におすすめ

  • シングルマザーの人
  • 家庭を持ちながら就職したい人
  • 就職活動の情報を得たい人

シングルマザーが増えている

日本の母子世帯は、10年前と比べ増えています。

厚生労働省が出した数では、平成28年シングルマザーの子供の数は平均1.52人です。

シングルマザーでも、お子様の手が掛からない年齢ならば、就職の条件を広げることができますが、お子様がまだ小さいとそうも言っていられませんよね。

就職の面接時に、お子様が小さいと、「早退や休みが多くなりそう」と感じる会社もまだ多く、不利になってしまいます。

今回は、そんなシングルマザーの就職についてご紹介していきます。

シングルマザーの就職率

厚生労働省によると、シングルマザーの就業状況は80.6%、平均就労収入は、181万円になっています。

その内訳は、

雇用形態 就業率 平均就労所得
正規雇用(正社員) 43% 270万円
非正規雇用(パート派遣社員、契約社員、アルバイト) 57% 125万円

となっています。

また、一般世帯女性の就業率は64.4%(正規雇用:45.6%、非正規雇用:54.4%)で平均就労所得は、269万円です。

このことから一般世帯と比べシングルマザーは、就業率が高いが、平均就労収入が低いということがわかります。

シングルマザーは、働かざるをえないことが多いです。

ですが、一般世帯と比べ、仕事の選択の幅が狭くなるのが現状です。

参考元:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188147.html

シングルマザーの就職が難しい理由

先ほどもご紹介しましたが、シングルマザーは仕事の選択の幅が狭くなります。

理由は、

・就労時間に限界がある

・安定の正規雇用にこだわっている

・仕事から離れていた分、会社側から敬遠される

という点が挙げられます。

シングルマザーの就職が難しい理由1:就労時間に限界がある

シングルマザーが就職をするとき、『労働時間』を1番に考えます。

シングルマザーで、身近にお子様を預けることができない場合は、預け先が必要になりますよね。

その預け先に〇時に迎えに行かないといけないとなると、どうしても、その予定時間以上働くことができません。そうすると時間が限られてしまい、就職の選択の幅も狭くなります。

実家暮らしや近所に実家があり、お子さまを預けられる環境なら、残業がある正規雇用や、フルタイムの非正規雇用でも構いません。ですが、そのような環境下になく、預け先を探して働いている女性が多いです。

シングルマザーの就職が難しい理由2:安定の正規雇用にこだわっている

お子様がおおきくなるにつれ、どんどんお金がかかってきます。

今は、高校までは無償になりましたが、様々な雑費がかかります。

塾に通わせたら、もっとかかりますよね。

そのような理由からシングルマザーは、将来を見据え、今から安定した正規雇用にこだわりがちです。

ですが、正規雇用だと子育ての環境が整っていない場合は会社側から敬遠されがちで就職が難しくなっているのです。

お子様の急な用事に対応できるのは、パートやアルバイトのほうが都合がよいようです。

シングルマザーの就職が難しい理由3:仕事から離れていた分、会社側から敬遠される

結婚後すぐ専業主婦になった場合や、出産と同時に専業主婦になった女性も少なくないです。

そのような場合、シングルマザーになり再就職をするのに不安を感じる方は多いです。

専業主婦の期間は、社会的にブランクとみなされます。

このブランクを会社側の不安要素になり、就職に響きます。

シングルマザーの就職の秘訣

シングルマザーの就職の秘訣は、

・手に職をもつ

・希望条件を明確に

です。

シングルマザーの就職の秘訣1:手に職を持つ

シングルマザーは、専門資格や専門スキルを持っていると次の就職先が見つかりやすいです。

専門資格:看護師や介護士、薬剤師

専門スキル:WEBデザイン、イラストレーター、プログラミング、動画編集

上記は一例ですが、これらが該当します。

手に職があると、世の中に代わりが少ないので非常に重宝されます。

シングルマザーの就職の秘訣2:就職希望条件を明確に!

シングルマザーの就職は、何より希望条件を明確にすることが重要です。

シングルマザーの方は、それぞれ事情が違います。

周りにお子様の面倒を見てくれる方がいるシングルマザーと、面倒を見てくれる方がいないシングルマザーでは、働ける時間帯や、預け先の確認など、いろいろなことが変わってきます。

明確にすることは、

・収入額

・勤務可能な時間帯

・通勤時間

・残業時間

・休日、休暇

など主になります。

これらについて明確にしないままだと、いざ就職先を探そうとしたときに時間と労力が無駄にかかってしまいます。

いきあたりばったりではなく、初めに希望条件をしっかり考えて、企業に伝えておくことがお互いにとっても後々気持ちよく働けることにつながります。

ですが、あまりに条件を出しすぎてしまうと就職に不利になるので、譲れない条件を明確にするのがよいです。

シングルマザーの就職の秘訣3:在宅の仕事を探そう

先ほど、就職の際の希望条件についてまとめましたが、会社に出勤することが前提です。

最近は、在宅勤務の企業も非常に増えているので、そのような企業を探すのも手です。

在宅勤務であれば、先ほどの挙げた希望条件のほとんどをカバーできるので就職の際に是非気にしてみださい。

シングルマザーの就職におすすめの仕事

どのような仕事がシングルマザーの就職におすすめなのでしょうか。

シングルマザーにおすすめの仕事は、

・IT専門職

・事務職

・受付職

があります。

シングルマザーの就職におすすめの仕事1:IT専門職

1つ目は、IT専門職です。

この理由として1番大きいのが、在宅でも可能な求人が多いからです。

PCがあればどこでもできるので、在宅でも可能になることが非常に多いです。

専門知識をつけるまでは時間もかかりますが、その価値はあります。

シングルマザーの就職におすすめの仕事2:事務職

2つ目は、事務職です。

女性に人気の事務の仕事は、シングルマザーの就職にもおすすめです。

比較的休みや急な用事に対応してくれるので、シングルマザーにはうれしいポイントです。

簿記や、パソコンの資格を持っていると給料も変わってきます。

事務の派遣でも東京であれば、時給1500円程度はもらえるので正社員だけではなく、派遣などの雇用形態も検討してみてください。

シングルマザーの就職におすすめの仕事3:受付職

3つ目は、受付職です。

受付は、シフト制ですし、建物の営業時間や来客可能時間が決まっているので残業の可能性はほぼ0に近いです。

未経験でも問題なく就くことができますので、勤務時間を気にするシングルマザーにはマッチする職種ではないでしょうか。

国のシングルマザー就職支援機構の利用

シングルマザーへの就業支援を行っているところが全国にあるので、一人で悩まず相談をしてみるとよいです。

特に資格を取りたいと考えている方にはぴったりの支援があります。

・マザーズハローワーク

・自立支援教育訓練給付金

・高等職業訓練促進給付金等事業

があり、シングルマザーの助けになります。

シングルマザー就職支援1:マザーズハローワーク

マザーズハローワークは、子育て中の女性の就職を支援するハローワークです。

相談相手も女性なので、女性ならではの悩みに理解があります。

また、マザーズハローワークには、キッズコーナーがあるのが特徴で、お子様を連れていくことが可能です。

シングルマザー就職支援2:自立支援教育訓練給付金

こちらは、ひとり親家庭ための給付金で、就職に有利になる資格を取得するための講座受講料(上限10万円)が給付されます。

講座は対象の口座でないと給付金がもらえないため、確認が必要です。

パソコン検定や医療事務などが人気です。

シングルマザー就職支援3:高等職業訓練促進給付金等事業

こちらは、資格所得のため一定期間修学が必要の場合、期間中の生活費を支援してくれます。

看護師や介護福祉士がこの制度を使えます。

上限は2年、支給額月額10万円か月額7万500円となっています。

就業終了後、5万円か2万5千円が支給されるのでぜひ利用したい制度です。

引用元:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000062986.html

シングルマザーの就職におすすめのサイト

正直、シングルマザーに特化した就職・転職サイトはほとんどありません。

ただ、女性や主婦に特化したサイトはいくつかあります。

もし、気になる人は、主婦の転職ってどうするの?子持ちならではの不安と解決策とは。おすすめ転職サイトもご紹介!にて紹介していますのでご覧ください。

まとめ:シングルマザーの就職は容易ではないが、無理ではない

ここまでシングルマザーの就職についてまとめてきました。

シングルマザーの就職は、一般の女性に比べると難しいのが現状です。

ですが、実際にシングルマザーでバリバリ働かれている人がいるのも事実です。

国制度を利用し、資格や専門スキルを身につけ、将来を見据えることもできます。

お子様が大きくなればなるほどお金がかかってしまい、不安になることもあるかもしれません。

そんな時は、1人で悩まず身近な方や家族、お住まいの地域の支援サービスなどに相談することも大切です。

子育てと仕事を両立させるためにできるだけのことをしましょう。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-就職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.