転職 退職

日本でもストライキを起こす強者を発見

この記事はこんな人におすす

  • 今の会社に不満がある人
  • 会社に不満があっても言えない人
  • 勇気をもらいたい人(笑)

日本で会社が大事件を起こしてもストライキは起きない

今まで大企業が数々の事件を起こしてきましたが、結局その事件後、何事もなかったのようになってしまいます。日本で会社が事件を起こしても大きな衝撃がないとその後も会社は基本的に何も変わりません。ただ、ここ最近でいうと電通の自殺事件の際は、国も残業時間について上場企業を中心にメスを入れ、多くの企業の体制が変化したのは驚きました。あの事件はかなりのインパクトがありました。ただ、ほとんどの事件はそのまま解決策もなく流れてしまうのが実情です。

保守的な日本人にストライキはハードルが高すぎる

僕が大きな衝撃の例として挙げた1つに「社員が一斉に辞める」と書きました。まあ、海外でいうとこのストライキです。海外でストライキはたまにニュースで見ますが、保守的な日本人は、生活もあるし、次の転職先も決まってない状態ではストライキするのは非常に難易度が高いでしょう。以前の記事でも、どんだけ大きなスキャンダルや事件が自分の属する会社で起こっても次の日からストライキをして来なくなるなんてことはなく、その会社に出社し続けると書きました。
実際、日産のカルロスゴーン氏が渦中の人となっていますが、「ウチの会社のTOPだったゴーン氏がそんなウンコみたいな奴だったなんて・・・もうこんな会社辞めてやる!」って次の日からストライキして来なくなる日本社員います?(笑)。でも、実際に日本でストライキに近いことを実践した事例をTwitterで発見しましたのでご共有させていただきます。

その日本でのストライキ事件がこちら

同僚達の優しいストライキ

この日本のストライキ最高すぎません?このストライキは会社が何か不祥事を起こしたわけではありませんので僕が大きな事件が起こったとは少し異なりますが、日本でこのようなストライキが行われるのはレアです。ツイート見れば概要掴めると思いますが、部下(ストライキ君としましょう)が所長にツイートの通り言われ、そのストライキ君が辞めると言ったら同僚達も同調して業務を放棄したとのことです。本来のストライキとは形は違えど、日本版のストライキといったところでしょうか。

ストライキを食らった会社の処遇のも素晴らしい

このストライキ君や同僚の勇気が素晴らしいのはもちろん、本社がストライキ君や同僚に処罰を下すのではなく、所長にその処罰の矛先を向けたというのがさらに素晴らしいのでございます!基本的にこのようなケースは本社の偉い人も所長を咎めず、ポジション的に低いストライキ君や同僚を責めがちです。そして、今回のケースでいくとストライキ君が辞めさせられます(最悪の場合ストライキを行った同僚全員も退職です)。悪いのは上の立場の人間なのに悲しき事態ですよね。僕の勤めていた会社でも上司と社員が言い合いになった際、社員の方が正しいことを言っているのに関わらず、上司に丸め込まれ、そのまま社員の方が辞める光景を目にしました。このツイートの事件後の話も聞いてみたいですね。

日本人よ、ストライキだ!今こそ立ちあがるんだ!

今後もこのようなストライキ的な労働者が自ら立ち上がるような事例が日本でも増えればいいですね。日本の労働組合なんてあってないようなものですから(あんまり詳しくないので有効活用できるのかもしれませんが)。日本は他人事にする習性がある人が多く、隣の社員が困ってようと「知らね。関係ねぇーや」となりがちなので今回のストライキのように仲間に恵まれないと難しいですかね。「偉いやつ=強い」この風潮を吹っ飛ばしましょう。

-転職, 退職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.