就職

就活がつらいと感じたらみてほしい!みんな同じような心境です

この記事はこんな人におすす

  • 就活中の人
  • 就活を控えている人
  • 就活がつらい人

就活はつらい

先にいってしまうとほとんどの人にとって就活はつらいです。

僕も就活つらかったです。

でも「就活」という仕組みがなかったら会社選びを全部自分でしなければいけないのでもっとつらいはずです。

就活があるからこそ会社がその期間に新卒募集を集中して出したり、いろんな人材会社が就活用の情報サイトを作成したりと、、、僕達はつらいと感じている就活に助けられている部分も実は多いのです。

就活がつらい理由

なぜ就活がつらいのでしょうか。

その主な理由をまとめました。

就活がつらい理由(1):就活の軸が決まらないからつらい

この世の中は「軸軸軸軸軸」うるさいよね。

「人生の軸は?」

「就活の軸は?」

「地球の回転軸は?」

なんて言葉を何回聞いたことか。

軸を知りたい人が多すぎること山の如し。

大抵、面接に行けば、就活の軸について聞かれるのではなかろうか。

多くの就活生には就職活動の軸なんてない

僕からすると、「就活の軸」なんてほとんどの学生がなくて、面接に受かるためにとってつけて言い回しを華麗に仕上げて出来上がった紛い物の気がするのです。

さらに言えば、就職活動当初と終盤では、考え方や見方も変わってくるので、軸がぶれてきます。

だから、就職活動当初に聞く軸なんてもんは、あってないようなものです。

でも、「就職活動の軸は?」と聞いちゃう

人事の皆さまもテンプレのように「就活の軸は?」って聞いちゃうと思うのですが、果たして聞いたとこで意味あんのかな、と思う一方、とりあえず聞いとかなきゃ、という気持ちも分からなくはないです。

面接官もつらいのだ(笑)

就活生と話す機会も多いのだが、口から流れるように自然に「就職活動の軸とかあるの?」って聞いている自分がいるのです。

いや、軸なんてないに決まってるんだよ。

でも、すまん、聞いてしまうんです。

就活生の皆様、人事も人事なりにとりあえずテンプレから攻めて、何か引き出さそうとしていることは分かってあげて欲しいです。

就活生もつらいけど、人事もつらし!

就活の軸ベスト3

ここで就活の軸になりうるベスト3を大発表します!

・自己成長できる
・年齢関係なく評価してくれる
・任せてもらえる仕事の幅が広い

この辺りではなかろうか。

僕も確かこれに近い何かでそれを自分なりに適当に味付けして喋った気がします。

上記のどの軸も薄っぺらいし、ほとんどの会社が「ウチならできる」と言うでしょう。

ほとんどの会社ができると言うことはどの会社にも当てはまるということなので、それじゃあ軸としては弱くなってしまい、就活の軸としては甘いのかもしれません。

じゃ、いっそ、業界をきめて、そこに理由づけをするのはどうだろうか。

そうすれば、結構な数の企業をバッサリ切ることができます。まあ、現代のITベンチャーなんかは業界なんて関係なく色んな事業してるので、業界で絞るなんてことも難しくなってきているのかもしれないのも本音ですが、、、。

僕もつらつら偉そうに書いているが正解はよくわからないです。

何か過去の自分の体験から紐づけてオリジナリィーとやらを出さないといけないのでしょうが、そんな素晴らしい経験を持っている奴なんてほんの一握りです。

社会人になって結構な時間を経過した僕も未だに就職活動の軸よくわからないです。

就活生にはかなりの難題でしょう。

過去の自分や将来像など色んな要素から自分なりの軸とやらを作成するしかないです。

ちなみに私が今「就活の軸は?」と聞かれたら、軸じゃないかもしれないが、「目覚まし時計をセットして無理矢理起きることなく、満員電車に乗らずに済むことが可能な会社」とか答えるかもしれません。

面接で答えたら、そう、100%不合格だ。

ただ、これが結構本音だったりする。

就活がつらい理由(2):志望理由が考えるのがつらい

本当に行きたい企業なら志望理由もありますが、そうでもない企業の場合、志望理由って特にないと思うんです。

でも、就活ってそうでもない企業も受けないといけないわけじゃないですか。なので、毎回捻り出さないといけないのです。

僕個人としては、「弊社の志望理由はなんですか?」という質問を無くして欲しいです(笑)。その理由は、先ほども少し触れましたが、面接時の志望理由は本音じゃない気がするからです。

とりあえず就活始まったし、どこかの会社に就職しないといけない〜。

就活期間も期限があるしとりあえず決めないと!って感じが日本の典型的な就活生な気がします。

そんな気持ちから出てくる志望理由なんて本当の志望理由じゃない!と感じるわけです。

就職活動のためになんとかしてごまかしごまかし色付けした志望理由。

その志望理由を面接で聞いてもその会社にとって何の意味もないし、お互い時間の無駄だと思うのです。

ただ、その会社に絶対入りたい!という熱い気持ちを持っているガチな就活生もいるのでそんな素晴らしい就活生には「志望理由を考えるのがつらい」は無縁です。

そのまま就職活動を突っ走って志望する企業の内定をゲットしてください。

でも、そういう意欲の高い学生って就職活動前にインターン応募してその会社の手伝いをしてるような気もしますが、、、。

そんで、まだ第1希望の会社の志望理由なら百歩譲って許せのですが、、、

第2希望企業の志望理由なんてもうないよ(笑)・・・

第2希望以降の会社の志望理由なんて偽りで固められまくった志望理由でしょ!(笑)

第1希望の志望理由はまだセーフですが、第2希望以降の企業に関しては、ほぼ適当に作った理由でしょ(笑)。

就活生側も言ってて、「俺嘘ついてるな〜」と思ってるだろうし、会社側もよほどアホな人事じゃなければ、「こいつの理由何か嘘っぽいな〜。ウチが本志望じゃないっぽいな」ってわかります。

なので再度言いますが、面接で志望理由聞くのは、もうやめませんか?(笑)

もう正直に「その会社が第○希望か言っちゃうこと」のが良いと思うんです。

でも、これは叶わない提案なのです、、、。

素直さが不合格に繋がる日本の就活

今の日本の就活だと、「御社は第2志望です」なんて素直に言ったら落とされる確率増えます。

実際、僕もそうでした。(単純な実力不足で落ちた可能性も否めませんが)

そのため、否が応でも「御社が第1志望です!」って言うしかないんです。

この風潮が本当に嫌いで「素直が1番」じゃないのかよと感じます。

僕は素直に言ってくれた就活生の方が信用できますけどね。

貴重な面接が就活生にも企業にも時間の無駄な気がする

ってことで志望理由に限らず、面接の内容の約半分はお互いに偽り合って喋ってるような気がして、何にもお互いのことがわからず終了するという地獄のような時間です。

こんなことしてるから入社直後の早期退職が増えるのではないでしょうか。

企業・就活生双方にとってこれは幸せなことなのだろうか?いや、不幸です。

ちょっと言いたいことがありすぎて本題の「就活がつらい」からそれてしまいました。

すみません。

就活がつらい理由(3):履歴書書くのがめんどくさいからつらい

最近はまだ履歴書事情はマシになりました。

僕らの時代は履歴書は手書きじゃないと落ちる的なことが噂で回ってきて、結構手書きでやりました。

最近はWEB履歴書で問題ないと思うのでそれだけでもラッキーだと感じます。

前述と少し被りますが、毎回志望理由などを各会社ごとに考えて書くのは結構な手間です。

何十社とありますが、ちょっとうつ気味になります、、、。

書くの以外にも僕らの時代は印刷するのが手間でした。

今の就活って履歴書は印刷なしで全てデータ送信で問題ないのでしょうか。もし印刷の文化がまだ残っていればそれはそれは地獄です(笑)。

就活がつらい理由(4):お金なくなるし忙しいからつらい

就活ってどんだけやってもお金もらえないですし、むしろ物凄い勢いで減ります。

そして、就活期間が長くなればなるほどその減りは加速していきます。

ただ、この状況が嫌だからといって妥協して就職先を決めるわけにもいかない・・・。

でも、はやく就活終わらせて海外行きたーい!あ〜就活つらい!ってなりがちです。

就活がつらい理由(5):内定全然取れないからつらい

会社を選ばなければ絶対にどこかの企業には入ることができる時代ですが、どこでもいいなんてことしてたらブラック企業に入ることになってしまうので少しでもホワイト企業を選ぶわけです。

でもご存知のようにホワイトな企業の内定競争率は高いので受からない人は本当に全然受かりません。

自分が前就活生の中でどの位置にいて、どの程度の企業であれば合格見込みがあるのかを見極める必要があります。

就活がつらい時にしてほしい・かんがえてほしいこと

就活がつらい時は空を見上げる

なんだ、と思うかもしれませんが、空を見上げると気持ちが切り替わりますし、空の大きさと比べると自分の就活のつらさなんてどうでもよくなるんです。まあ、何かが解決するかと言えばしませんが気持ちは晴れやかになります。

就活はつらいけど最後はなんとかなる

いままで何百人と就活生をみてきましたが、みんな最初は「就活つらい、しんどい」と言ってますが、半年経過後に状況聞くと、なんだかんだある程度納得いく企業から内定もらって明日からハワイいきま〜す、みたいな感じです。最初はつらいけど最後はみんななんとかなってます(笑)。

就活はみんなつらい

自分だけではなく、他の就活生も「就活つらい」と感じていますのでご安心くださいませ。

ただ、そのつらさを分かち合うために、友達と「就活つらいよね〜今どんな感じ?」と就活期間中ずっと状況共有するのもあまりおすすめできません。

理由としてはもし自分より友達の方が早く内定を獲得したり、選考がうまくいった際にもっと「就活が辛い」と感じる羽目になるからです。

状況共有は程々にしておきましょう。

やりたいこと・行きたい企業は簡単には見つからない

やりたいことがない!行きたい企業がない!と悩んでいる就活生も多いのではないでしょうか。

そんな簡単に見つからないです。

他の就活生も見つかってません。

今までみんな同じような環境(義務教育受けて高校いって大学)を歩んで来てるのでみんな同じ程度のレベルです。

今の日本の教育システムでは将来のことを若い内から考えるのは非常に困難です。

そんなに就活をつらいと感じないで!

ここまで就活をつらいと感じる理由とその際に覚えておいて欲しいことをまとめましたがいかがでしたか?少しでも皆さんが就活がつらいと思った際の手助けになれば幸いです。就活うまくいかなければ転職すればいいのよ、うん。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-就職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.