就職

巷で話題の就活アウトロー採用とは?普通の就活をする必要ナシ!

この記事はこんな人におすす

  • 典型的な就活が嫌いな人
  • 就活を控えている人
  • 就活に失敗した人

今回は、ものすごく面白そうな「就活が嫌いな人のための就活サービス」がキャッチコピーの就活採用サービスを見つけたのでご紹介していきます。

そのサービスがコチラ。

就活アウトロー採用

就活アウトロー採用

就活アウトロー採用!

このリンクのアイキャッチとテキスト見ただけでなんかもう面白そうでしょ?(笑)

さて、早速この就活アウトロー採用の詳細をのぞいていきましょう!

詳しくはコチラ

サイトのインバクトが最強な就活アウトロー採用

就活アウトロー採用1

就活アウトロー採用HPのイラスト魅力的すぎるでしょ。

これは下にスクロールしますわ!

今からサイト内容について説明しますが、説明不要なくらいシンプルにわかりやすくサイトが作られており、本当に素晴らしいです!

就活アウトロー採用の対象者について

就活サイト2

就活アウトロー採用の対象者について説明していきます。

就活サイトと書いてあるので、学生限定かと思いきや、29歳までの就職経験のない人が対象です。

一体この就活ストロー採用に登録する人はどんな人なんでしょうか。

服装や髪型も自由で一般の就活で行われるESや合説もなし!

こりゃ本当に就活アウトロー採用ですね。

就活アウトロー採用は、世の中の人材サービスで特に目立った貢献をしたサービスに送られるHRアワードにも入賞してますね。

就活アウトロー採用は2012年から試験的に開始されたようで、もう8年になります。

本当に最近始まったかと思いきや、僕が就活してた時にはもうサービスが存在していたことになります。

就活アウトロー採用の概要について

就活サイト5

就活アウトロー採用の概要について説明していきます。

1~2日の合宿があり、その中で

・企業セッション
・会社説明
・選考〜内定

の3つのセクションが用意されています。

ここだけを見ると合宿形式という部分以外は、通常の就活とそんなに変わらないと感じるのですが、よくよく詳細を見ると、企業セッション時、参加者は出身大学や経歴を全く開示せず、企業側も自身の企業名を含む情報を伏せて、セッションを行います。

セッション後の会社説明時に初めて企業が企業情報を公開します。

選考も参加者と企業がわいわいみんなで机を囲んでいて、通常の就活とは異なる雰囲気であるのがうかがえます。

就活アウトロー採用の実際の様子

youtubeに就活アウトロー採用の実際の様子が挙がっていました。

この動画で実際の合宿内の様子だけではなく、参加者3名が内定を獲得するまでの過程をドキュメント形式で追いかけています。

少しでも就活アウトロー採用に興味がある方は視聴してみてはいかがでしょうか。

就活アウトロー採用から人事に向けてのメッセージ

就活アウトロー採用のページに参加したい人事向けに面白いやりとりが掲載されているページがありました。

このような面接は多く実在します。

就活サイト3

もうこのやり取りのように就活の面接がテンプレ化されすぎて、全員一緒のこと言ってるようにきこえるんです。

就活経験者なら共感できる部分があるのではないでしょうか。

就活アウトロー採用の過去の参加者と採用実績

就活アウトロー採用に過去に参加したことのある若者と企業について事例が記載されています。

就活サイト4

過去の就活アウトロー採用の参加者は、元芸人や役者、ミュージシャン、研究者、バックパッカーなどがいるようです。

参加企業側も外資系コンサルからスタートアップまで幅広く参画されています。

就活アウトロー採用の参加者の声

就活アウトロー採用のホームページの最後は参加者の声で締められています。

就活が嫌だった理由と実際に就活アウトロー採用に参加してみての前向きな感想が書かれています。

就活サイト6

就活アウトロー採用の姉妹サービス

就活アウトロー採用は他にもおもしろそうなアウトロー採用をやってました。

アウトロー就活1:ナルシスト採用

ナルシスト採用

このナルシスト採用も就活アウトロー採用と対象者は同じです。

さらに追加条件として、自信過剰な奴こいや!です。

詳しくはコチラ

アウトロー就活2:旅人採用

旅人採用

この旅人採用も就活アウトロー採用と対象者は同じで、追加条件として、旅行きまくってたバックパッカー的な奴こいや!です。

詳しくはコチラ

就活アウトロー採用は就活への違和感から生まれた

通常の就活の形式に違和感をもった結果、今回のような就活アウトロー採用が生まれたのでしょう。

企業側も就活生側も何かしら通常就活に対して違和感を持っているのです。

この就活への違和感は年々強まっているように感じます。

海外から見るとおかしい日本の就活

僕の就活への意見も述べさせてください。

僕も一般的な就活を体験したわけですが、違和感はありました。

日本の就活は完全に形式化されており、宗教の通過儀礼のような感じです。

海外からこの就活の様子はものすごい興味関心(悪い意味で)を持たれており、たまにニュースで「全員一緒じゃないか」「何かの儀式か?(笑)」などと嘲笑されています。

しかし、嘲笑されても特に反論する気も起きず、そりゃされるよなと感じる自分がいます。

就活の形式にうまくハマることができなかった学生にとってはかなりしんどい作業になるかと感じます。

現在は、今回ご紹介した就活アウトロー採用のように就活に対する違和感をもつ人材会社出身者の大人達が違う角度からの就活サービスに尽力しております。

いくつか僕が知っている限りではありますが就活アウトロー採用に近しい就活サービスご紹介しておきますので、もしよかったらのぞいてみてください!

面白い就活採用サービス

アウトロー採用のような面白い就活サービスが他にもいくつか存在します。

これらの就活サービスについては、【就活うまくいかない人へ】普通とは違う!新しい就活方法とは?をご覧ください。

まとめ:普通の就活に固執する必要はありません

ここまで、就活アウトロー採用について、まとめてきました。

普通の就活以外にも、様々な就活サービスが出てきていますので、リクナビやマイナビなどの大手就活ナビだけでなく、新サービスの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

あなたの就活の幅が広がること間違いなしです。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-就職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.