女性の転職で抑えるべきコツとは?女性専門の転職サービスもご紹介

  • この記事はこんな人におすすめ

    • 転職を検討している女性
    • 女性に特化した転職サービスを知りたい人
    • 転職に悩んでいる女性

女性も働くのが当たり前の時代へ

未婚女性が働くのは、ごく普通のことです。

昨今、未婚女性だけではなく、旦那の給料だけでは家庭を支えることができないため、既婚女性も働くことが一般的になってきました。

いわゆる、共働きです。

専業主婦という言葉が徐々に絶滅しつつあります。

女性の転職にコツあるの?

本日は、女性の転職について抑えておくべきコツをいくつかご紹介します。

女性の転職は、男性の転職とは異なる部分も多いので、女性ならではコツや情報をお伝えしていきます。

転職を考えている女性の皆さんは、参考にしていただければ幸いです。

女性の転職で抑えるべきコツ

女性転職のコツ1:女性が転職に不利だと考えない

今の時代において、「女性だから転職しにくい」と、悲観的になる必要はもうありません。

ひと昔だと、男尊女卑の考え方が転職市場にもあったため、女性の転職は男性よりも多少不利なこともあったかもしれません。

ただ、現在は少子化が進んでいるのもあり、女性の社会人進出が絶対的に必要になってきました。

「男性>女性」という固定観念を捨てて、堂々と転職活動してください。

現在は、女性の活躍を応援する企業が非常に増えていますし、女性の転職を促すために女性のための制度を整えはじめている企業が増えています。

女性転職のコツ2:女性採用を望む会社が増えている

現在、女性の採用に力を入れている会社が、非常に多くなっております。

女性採用後も女性の活躍が目覚ましいものがあります。

実際、僕が勤めていた人材会社でも毎回営業TOPをとるのは女性でしたし、TOP10の7割は女性でした。

今お手伝いしている会社でも、男性だけでミーティングをして「この商品ならこんなPRでいきますか!」と結論に至りそうになった際に「いや、女性の意見聞いてなくね?」となり、女性社員を呼んで、PR方法について聞いてみると結構ダメ出しされるケースがあるんですよね。

その女性社員のダメ出しは女性ならではのもので男性では到底考えれない部分なので非常に助かります。

特に、女性向けの商品を多く扱う会社は、女性社員の力が必須になるでしょう。

女性転職のコツ3:転職の際は、育休・自宅勤務の可否をCHECK

女性が転職する際、自分の希望する会社の育児休暇有無や自宅勤務の可否は確認しておいた方が良いでしょう。

基本的に、会社は法律で育児のための休暇や時短勤務を設けなければならないのですが、法律の網を掻い潜って、それらの制度をしっかりと整えていない会社も多くあります。

特に、ベンチャー企業は、その辺りの制度の設計まで頭を回している余裕がなく、何も制度を整えていないケースがよくあります。

まだ、未婚女性の場合は、最悪確認する必要はないかもしれませんが、既婚女性で今後育児休暇を視野に入れている際は、転職面接時に確認しておきましょう。

妊娠中や育休中でも仕事がしたい場合、自宅勤務の有無についても確認は必須です。

今、お手伝いしている会社でもお子様がいるママさんに限り、テレワーク(在宅勤務)を導入しており、お子さんの体調が急に悪くなったり、旦那さんが急遽仕事が入り、子供の送り迎えができなくなった際にテレワークで作業することを許可しています。

このテレワークの制度について、利用しているママさんは非常に助かっているといつも言っているので、会社側は、このあたりの制度を整えると女性からの応募が増えるのではないでしょうか。

女性採用を活発化させたい企業は、制度を整えることから始めてみてはいかがでしょうか。

女性転職のコツ4:女性専用の転職サービスの利用

女性の社会進出が必須となった現在、女性に特化した転職サービスが多くリリースされています。

後ほど、いくつかご紹介します。

別に、これらの女性特化転職サービスを絶対使った方がいい!というわけではないのですが、これらの転職サービスに掲載している企業は女性の転職に力を入れているかつ、女性のための働く環境を整えている企業の可能性が高いので、女性にとっては働きやすいですし、内定をもらえる可能性は多少上がるかもしれません。

おすすめの女性転職サイト

世の中には女性の転職に特化したサービスがあります。

今回はおすすめの女性転職サービスをご紹介します。

女性転職サイト1:マイナビ転職女性のお仕事 by マイナビ

女性転職コツマイナビ

1つ目のおすすめ女性転職サービスは、マイナビ転職女性のおしごとです。

総合転職サイト「マイナビ転職」を運営しているマイマビが展開している姉妹サイトです。

マイナビ転職に掲載されている中から特に女性の採用に力を入れている企業を抽出してまとめたのがこのサイトになります。

求人数は、マイナビという有名ブランドということもあり、非常に豊富です。

女性転職サイト2:womancareer(ウーマンキャリア) by DODA

女性転職コツdoda

2つ目のおすすめ女性転職サービスは、dodaのwomancareerです。

マイナビ同様、大手総合転職サイト「doda」を運営するパーソルの女性特化転職サイトです。

女性の転職ならではのQ&Aやコラムがサイト内に掲載されており、女性向けの求人を探すだけでなく、女性の転職のコツや情報収集をすることができます。

女性転職サイト3:女の転職type by type

女性転職コツ女の転職type

3つ目のおすすめ女性転職サービスは、typeの女の転職typeです。

女の転職typeは、次に紹介するとらばーゆに続いて、割と早い段階で、女性向けの転職サービスを始め増田。

総合サイトにはない、女性特有の検索条件や項目があり、女性が気になるポイントを抑えた求人原稿が特徴です。

女性転職サイト4:とらばーゆ by リクルート

女性の転職コツとらばーゆ

4つ目のおすすめ女性転職サービスは、リクルートのとらばーゆです。

おそらく僕が記憶している限りだと日本で1番早く女性に特化したサービスになったのがこのとらばーゆです。

リクルートがもつ総合転職求人サイトリクナビNEXTとは完全に分離した女性特化求人サイトです。

リクルートブランドなので求人数も豊富ですし、長年の人材サービス運営により、かなり洗練されたサービスになっています。

転職サイト利用時の注意点

転職サイトの利用に際して、

・まだ転職サイトを利用したことはない

・応募までの手順がわからない

・求人の検索の仕方が知りたい

などの疑問や不安を抱えている方は、転職サイトの使い方・コツを元人材会社マンが徹底解説!をご覧ください。

転職エージェントの利用も検討すべし

先ほど、ご紹介した大手の女性転職サイトを持っている企業は、転職エージェントサービスも行っておりますので、

・1人で転職するのが不安

・誰かに相談しなかがら転職活動を進めたい

・プロの意見を聞きたい

などの疑問や不安を抱えている方は、転職エージェントの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

あなた専任の転職アドバイザーが就いて、

 まとめ:女性特有の転職のコツを把握しよう

ここまで、女性転職のコツとおすすめの女性転職サイトについてご紹介してきました。

転職市場において女性が不利な時代が終わり、女性向けの制度を整える始める企業も増え、男女平等な転職市場が出来上がりました。

そのうち、女性>男性の時代がくるのではないかとすら感じています。

女性が活躍する時代がもうそこまできていますので、国からもっと女性が働きやすい環境への運動や制度を起こし、女性が生き生きと働けるような国になれば幸いです。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職を知る

Copyright© トクナガのキャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.