【Re就活の評判】利用者57名の口コミから若手向け最大級転職サイトを徹底分析

re就活

 

この記事はこんな人におすす

  • Re就活を検討している人
  • 正社員で転職したい人
  • Re就活の評判を知りたい人

 

「学校を卒業して初めての就職。希望に胸を躍らせていたけれど、現実は厳しい。」

社会へ出た瞬間、誰もが一度は痛感すること。

「社会人1年目は皆辛い。頑張れ!」「学生生活と仕事は天と地の差だよ」そんな言葉を聞きながら必死で頑張るけれど、どうしても自分には合わない…そんな業種や職場は一定数存在します。

「別の道に進みたい。でも、入社数年で転職することはマイナス評価になってしまうのではないか。」そんな思いを抱いている貴方に朗報です!

ここでは、20代・第二新卒者向けの転職サイト「Re就活」について評判を調べてみました。

入社数年後で転職するか悩まれている方、新しい業種にチャレンジしたい方。

ぜひ一度、この記事を読んでみて下さい!

 

目次

Re就活とは?

re就活

 

Re就活とは、株式会社学情が運営する、20代・第二新卒・既卒のための転職サイトです。

Re就活というサービス名ですが、就活サイトではなく、転職サイトなのでご注意ください。

そのため、就活生向けではなく、社会人向けになります。

経験が浅い20代での転職は不安が付き物。

「3年経ってないから、転職にはまだ早い?」「スキルや実績がない」「未経験の仕事にキャリアチェンジしたい」。こんな思いをお持ちの方はぜひ、Re就活のサイトを覗いてみて下さい!

Re就活が取り扱う求人は未経験歓迎のものが多く、企業側が見ている選考のポイントや先輩の入社理由などの情報も掲載しています。

「もう一度、納得できる仕事を探したい!」という貴方の向上心に期待する企業が参加しているので、チャンスは無限に広がっていますよ。

ここからは実際にRe就活を利用した先輩方の口コミを紹介します。

Re就活のメリット&デメリット、こんな人にオススメ!といった情報が満載です!

 

 

Re就活の求人

Re就活の求人を見ていきましょう。

まずは地域に着目していきます。

いくつかピックアップして求人数を出しました。

全求人数:9,595件

地域 求人数
北海道・東北 5,626件
関東 8,850件
甲信越・北陸 5,386件
東海・中部 7,024件
関西 7,885件
中国・四国 5,870件
九州・沖縄 6,369件
海外 417件

全求人数よりも各地域の合計求人数が大幅に上回っているので、複数地域で募集している求人が多いことがわかります。

次に職種別に見てみましょう。

職種 求人数
営業系 2,551件
企画・事務・管理系 2,363件
販売・サービス系 590件
専門サービス系 257件
クリエイティブ系 230件
ITエンジニア系 1,699件
技術系 912件

 

Re就活の特徴

Re就活の特徴を挙げていきます。

・第2新卒・既卒・20代向け

・ニートやフリーターも利用可

・全国各地に求人がある

・転職イベントの開催

 

Re就活の良い特徴1:第2新卒・既卒・20代向け

Re就活はHPでも謳っているように、第2新卒・既卒・20代向けの転職サイトです。

そのため上記の要件に当てはまっていない人が利用しても相性は悪いので、上記に自分が該当するのか確認してから利用してください。

Re就活の良い特徴2:ニートやフリーターも利用可

大手の転職サイトは大卒以上向けであることが多いです。

そのため学歴や職歴がない人が利用しても思ったような転職活動ができないこともあります。

その点、Re就活は学歴や職歴に自信がなくても応募できる企業が他サイトよりも多くあり、こだわり検索にも「ニート・フリーター可」の項目が用意されています。

ちなみに上記の条件を入れて検索したところ、該当求人数は5,500でした。

Re就活の良い特徴3:全国各地に求人がある

前項の地域別の求人数を見ていただけばわかりますが、Re就活は全国各地の求人を抱えています。

転職サイトの中には地方になると急激に求人数が少なくなることもある中で、ここまで幅広く求人を扱っているのは大きなメリットです。

Re就活の良い特徴4:転職イベントの開催

re就活転職イベント

Re就活はリアル転職イベントも開催しています。

※コロナの影響でWEBでの参加になっている可能性アリ

場所は、東京、福岡、大阪、京都、名古屋が多いです。

参加企業の中には富士通、ヤフー、Abema、ファミリーマート、大東建託、ニチガスなど各業界大手企業も参加してるので、近辺に住んでいる方は、是非足を運んでみてください。

 

Re就活の評判は?利用者の口コミ徹底解説

Re就活を実際に利用した方々の口コミを見てみましょう。

まず、Re就活の良い口コミと悪い口コミを両方見ていきます。

 

Re就活の良い評判5選

まずは、Re就活の良い評判を見ていきます。

・未経験OKの求人が大半

・条件が良い求人が多い

・企業から特別スカウトが届く

・各企業が集まるイベントがある

・求人の検索ワードが豊富

 

Re就活の良い評判1:未経験OKの求人が大半

男性アイコン1

20代男性

掲載されている求人は未経験OKばかりだったので、楽しみながら転職先を探すことができた。
別業種への転職を希望していたのもあって安心して応募ができた。

若手向けの転職サイトということもあり、未経験OKの求人は他サイトと比べても豊富でしょう。

年齢が若ければ若いほど異職種・異業種への転職の可能性が高まります。

Re就活の良い評判2:条件が良い求人が多い

男性アイコン1

20代男性

求人の案件は少なかったが、掲載されている求人は比較的年収も高く好印象だった。
求人の掲載項目で給料は年収ベースで記載されていて分かりやすかった。

条件は閲覧する求人や業界、職種によってかなり幅がありますので、一概には言えません。

いくつか求人を覗きましたが、割と平均的で、著しく高いなと思うものは特にありませんでした。

Re就活の良い評判3:企業から特別スカウトが届く

女性アイコン1

20代女性

事務職の仕事希望で、福利厚生が充実している企業を探していた。
数社からスカウトが届いていたが、1社だけ「返信者優遇」という特別スカウトメールがあり、返信するとカジュアル面談に招待してもらった。
そこから選考があるかと思いきや、後日「ぜひ ご入社いただきたい」というメールが届き、面接など受けずに内定をもらうことができた。

企業の中にはただのスカウトではなく、面接を確約するスカウトを送る場合があります。

このスカウトの場合、企業からのアプローチ熱量が高いので興味があれば返信してみましょう。

Re就活の良い評判4:各企業が集まるイベントがある

女性アイコン1

20代女性

「転職博 就職博」というイベントがあり、Re就活に参加している各企業の担当者から実際に話を聞くことができた。先輩の話から、入社後のイメージが想像できた。

Re就活はリアルイベントも開催しています。

現在はコロナウイルスの影響もあり、回数が減ったり、オンラインでの参加になっていることも多いですが、直接企業の担当者と話すことでネットではわからない情報や雰囲気を知ることができるので、興味があれば足を運んでみましょう。

Re就活の良い評判5:求人の検索ワードが豊富

男性アイコン1

20代男性

他のサイトにはない「プライベートの時間も大切にしたい」など自分の希望に沿った条件で検索できたので、スムーズに求人を絞ることができた。

Re就活は、こだわり条件が豊富に用意されており、その数は約60個です。

こだわり条件をあまりに多くつけすぎると、検索ヒットする求人数が大幅に減ってしまうので、上手く調整して

 

Re就活の悪い評判5選

次に、Re就活の悪い評判を見てみましょう。

・取り扱う求人数が少ない

・ミスマッチな求人情報ばかり届く

・面談拠点が少ない

・スカウトメールがしつこい

・対応にバラつきがある

 

Re就活の悪い評判1:取り扱う求人数が少ない

男性アイコン1

20代男性

大手の転職サイトと比べ、取り扱う求人数が少ない。
他のサイトも併用して利用した方が良い。

求人数は約1万程度なので確かに多いとは言えません。

そのため、単純な求人数の多さを重視するのであれば、Re就活は微妙かもしれませんが、20代前半や第二新卒向けの求人のみを扱っているので、その系統の求人が1万件あると考えればそんなに少なくない、と個人的には感じます。

Re就活の悪い評判2:ミスマッチな求人情報ばかり届く

男性アイコン1

20代男性

メールで届く求人が的外れなものばかりで、ほとんど利用できなかった。

ミスマッチな求人ばかり届く場合、希望する求人の設定の変更した方が良いかもしれません。

その設定をもとにおすすめの求人が届いている可能性が高いです。

もし、それでも的外れなものが来るのであれば、自分で求人を探しにいくのが良いでしょう。

Re就活の悪い評判3:面談拠点が少ない

女性アイコン1

20代女性

Re就活はコンサルタントサービスがあるが、東京・大阪・名古屋でしか受けられない。電話相談もあるが、対面で相談をしたかったので残念だった。

Re就活は転職エージェントではなく、転職サイトに重きを置いているので、コンサルタントサービスはおまけ程度に考えた方が良いかもしれません。

大手の転職エージェントであれば、都心部以外にも拠点はありますが、そうではないサービスは基本都心部にしか場所を構えていないので、こればかりはどうしようもないと感じます。

Re就活の悪い評判4:スカウトメールがしつこい

男性アイコン1

20代男性

Re就活は他の転職サイトと比べ、スカウトメールの数が多い。
自分の希望とは関係のないメールも届くのでもう少し絞って欲しい。

このようなスカウトメールに対する悪い口コミを他の転職サイトやエージェントでも見かけます。

個人的には、スカウトメールなんてほっとけばいいんじゃない?と感じるのですが気になる方の方が大半なのでしょうか。

「スカウトメールがくる=あなたに興味関心がある」という証拠なので悪い気はしないと思うのですが...

ただ電話がしつこいのはNGです。

Re就活の悪い評判5:対応にバラつきがある

男性アイコン1

20代男性

アドバイザーとの面談では最終的には4社ほど企業を紹介されたが、「紹介できる会社がない、市場価値が低い、難しいなぁ」などと言われ非常に不快な気持ちになった。
他のエージェントとの面談では前向きなことを言われていたので、このようなことを言うアドバイザーがいるのだと驚いた。

たとえ、書かれているようなことを転職希望者に思ったとしてもそのままダイレクトに伝えるのはダメなコンサルタントですね。

言葉選びや言い回しで伝わり方が180度違ってくるので、良いコンサルタントはこのあたりが非常に上手です。

Re就活のコンサルタント全員がこのような方ではないですが、担当した方の印象が悪いとサービス全体の印象も下がってしまいます。

 

Re就活の評判【利用感想】

Re就活の実際の利用者1名の長文での利用感想を共有します。

※あくまで大勢の利用者の中の1名の意見なので、そこを理解した上でお読みください。

女性/20代前半

私は現在大学卒業から2年目、フリーターとして22年卒の新卒採用に応募しながら、あわせて転職サイトにも目を通し、正社員を目指しています。

Re就活を利用するようになったきっかけは、YouTubeを見ていた際、「20代専門の転職サイト」というキャッチコピーの広告が流れ、気になってすぐに登録を行いました。

「20代には20代専門の転職サイト」というだけあり、第二新卒向けの求人はもちろん、既卒やフリーター、ニートでも応募できる求人も多く掲載されています。

既卒やフリーター向けの特集ページの他にも、転職活動に活かせる適性診断やノウハウなども活用することができ、職歴のない人や、就職・転職活動にブランクのある人には嬉しいポイントだと感じました。

私は主に、自分の希望条件をもとにサイト内で求人を探すことと、「Web履歴書」を登録し、企業側から求人が送られてくる「スカウト」の機能を利用しています。

すぐに転職をしたいわけではない人や、自分のペースで就職活動を行いたい人にはおすすめの使い方です。

求人を探すことについては、他の就職・転職サイトとほとんど変わらない機能だと感じます。

職種や業種、勤務地、休日や福利厚生などのこだわり条件で絞り込みを行い、気になる求人を見るという流れです。

スカウトについては、Web履歴書に氏名や最終学歴などの入力と、必要に応じて自己PRを入力することもできます。

職種や勤務地などの希望条件も登録しておくことができ、Web履歴書と希望条件とが企業にマッチした場合、スカウトとしてメッセージが届きます。

他にもエージェントの利用や、合同説明会やセミナーなどのサービスも利用でき、それぞれのサービスを利用者の好きなように活用し、就職・転職活動が行えます。

「20代専門の転職サイト」というキャッチコピーの通り、Re就活には「未経験OK」や「社会人デビュー応援」など、第二新卒や既卒、フリーター、ニートから正社員での就職・転職を目指せる求人が数多くあり、これが最大のメリットだと言えます。

一方で、他の転職サイトに比べ、全体の求人が少ないという点がデメリットだと感じました。

第二新卒や正社員デビュー向けの求人の数だけで言うと、Re就活の方が多くヒットしますが、少し絞り込みを行うと、結局ヒットするのは数件のみになる場合もあります。

具体的には、地元である東北でのUターン就職を考え、希望職種と希望勤務地(地方)で検索した際、希望職種以外の求人が数件ヒットしただけで、期待外れの検索結果となってしまうことがありました。

求人自体の数が少ないことと、その中でも関東以外の求人はさらに少ないことがRe就活のデメリットだと感じます。

そのため、Re就活だけで就職・転職活動を行うのではなく、比較のためにも他の転職サイトと併用するのが良い利用方法だと思います。

Re就活は、「20代」で「第二新卒や既卒、フリーター、ニートでも応募可能」な求人を求めている人にとって魅力的な求人が多く掲載されているため、該当する人にとっては使いやすいサイトだと思います。

 

Re就活の悪い評判から学ぶ【転職活動の注意点3選】

Re就活を上手く使いこなすためには、どのようなところに注意すれば良いのでしょうか。

ここではRe就活の悪い評判から学ぶ、転職活動の注意点を3点挙げました。

・自分の条件に合う求人があるかどうか確認する

・希望職種は口頭で伝える

・場合によっては、担当者の変更も検討する

 

それでは、1つずつ見ていきましょう。

Re就活の注意点1:自分に合う求人があるかどうか確認する

Re就活は主に20代・第二新卒者を対象にしているサイトです。

利用が限定されているため、まずは自分に合う求人があるかどうか確認しましょう。

大手の転職サイトと比べ、取り扱う求人数は少ないため、より多くの求人から仕事を探したい場合は他のサイトも併用することをオススメします。

Re就活の注意点2:希望職種はきちんと口頭で伝える

Re就活のスタッフはできるだけ多くの採用実績を作りたい、との思いがあるため希望と異なる求人を進めてくることもあるようです。

職種を選ぶ時はイメージだけで選ばず、「なぜその職種に就きたいのか」を今一度考えましょう。

その上で、どうしても譲れない希望はきちんと口頭で伝えることが大切です。

Re就活の注意点3:場合によっては、担当者の変更も検討する

「ミスマッチな求人情報ばかり届く」「担当者の対応に不満がある」など、納得のいかないことがある時には遠慮せずに問い合わせフォームから相談して下さい。

転職は貴方の人生を左右する重要な局面です。自分自身が悔いの残らない決断ができるよう、環境を整えましょう。

 

Re就活の評判で学ぶ【おすすめな人の特徴3選】

Re就活の評判から、Re就活の利用がおすすめな人の特徴は以下3選です。

・キャリアチェンジを考えている

・未経験職種にチャレンジしたい

・フリーターやニートから正社員を目指したい

 

では、順番に見ていきましょう。

Re就活におすすめな人1:キャリアチェンジを考えている

「自分で選んだ職種だったが、実際の業務とイメージが違った」「自分が希望しない部署に配属された」など、今の仕事が自分と合わずキャリアチェンジを考えている方にはおすすめです。

Re就活は主に20代・第二新卒者を対象とした転職サイトなので、入社まもない転職でも熱意が伝わればプラスの評価として貴方を見てくれますよ。

Re就活におすすめな人3:未経験職種にチャレンジしたい

Re就活は20代・第二新卒者を対象とした転職サイトなだけあり、未経験OKな仕事も数多く扱っています。

今まで経験したことのない職種にも目を向けられるので、自分でも気づかなかった能力に気づくチャンスになるかもしれません。

Re就活におすすめな人3:フリーターやニートから正社員を目指したい

Re就活のホームページには、「既卒・ニート・フリーター特集」というコンテンツがあり、無料で適職診断テストが受けられたり、Re就活エージェントサービスを活用することで転職のプロが貴方を全面サポートしてくれます。

社会人としての経験が少なくても、熱意があれば大丈夫!まずはRe就活のホームページを訪れることから始めてみて下さい。

 

Re就活の使い方

ここまでRe就活の評判をみてきました。

次は、Re就活の利用方法を共有します。

他の求人サイトも似たような流れなので覚えておいてください。

1.Re就活に会員登録

2.WEB履歴書の完成

3.求人検索

4.求人情報の確認

5.求人への応募

 

Re就活の手順1:会員登録

求人に応募するには、Re就活への会員登録が必要です。

必要事項を記入して、ログイン時に利用するIDPWを設定します。

会員登録情報は、後ほど変更もできるので、とりあえず登録だけしたい場合は、そんなに丁寧に記入する必要はないです。

ただ、本格的に求人に応募する際は、再度記入し直しましょう。

Re就活の手順2:WEB履歴書の完成

今回のはたらいくに限らず、どの転職サイトにも、転職サイト内で作成できるWEB履歴書があります。

そのWEB履歴書に書かれた内容があなたの応募した企業に届きます。

そのWEB履歴書で書類選考されますので、WEB履歴書は適当に書くのではなく、全項目漏れなく全力で記入する必要があります。

手書きではなく、WEB入力のため何度でも書き直しがきくので、定期的に更新するようにしましょう。

Re就活の手順3:求人検索

Re就活での会員登録とWEB履歴書が完成した後、求人応募に進みます。

様々な検索軸で自分に合う求人を探してください。

Re就活の手順4:求人情報の確認

様々な検索軸で求人を探したら、それぞれの求人情報を細かくチェックしましょう。

・仕事内容

・勤務時間

・給与

・福利厚生

などは最低限の確認項目になります。

Re就活の手順5:求人への応募

求人への応募は、求人の真下に「応募ボタン」や「応募する」などのボタンがあるのでそこから行います。

もし、まだ応募はしないけど、気になる求人なので、すぐまた求人を閲覧できるようにしておきたい場合は、「お気に入り登録」をしておきましょう。

応募して、約1週間以内には先方があなたの履歴書を見て、合否を出し、メールでその結果が来ます。

それまでは待ちなのですが、もちろんただ待つのではなく、他の企業も並行して受けてくださいね!

 

Re就活以外のおすすめ転職サイト

Re就活以外にもいくつか転職サイトを検討したい方もいるでしょう。

そんな方のためにおすすめの転職サイトをいくつか紹介します。

・ウズキャリ

・就職shop

・DYM就職

 

おすすめの転職サイト1:ウズキャリ

ウズキャリ

1つ目は、ウズキャリです。

既卒やフリーター向けの転職エージェントで、書類選考通過率87%、内定率86%、定着率93%とかなり高い数字になっています。

サポート形式は、個別サポートとグループサポートどちらかを選べます。

また、キャリアカウンセラー全員が元第2新卒 or 既卒なので気持ちを汲み取ってくれます。

 

 

おすすめの転職サイト2:就職shop

就職shop

2つ目は就職shopです。

リクルートが運営する学歴・職歴不問の転職エージェントです。

大手の転職サイトやエージェントは大卒以上向けが多いので、学歴や職歴に不安がある方には嬉しいですね。

さらに書類選考ナシで面接からスタートなのも大きなメリットですが、都心の求人がほとんどで、地方の求人がかなり少ないのが難点になります。

 

 

おすすめ転職サイト3:DYM就職

高卒転職成功DYM就職

 

3つ目は、DYM就職です。

既卒、第二新卒、フリーター、派遣、ニート、高卒の方にも求人紹介可能です。

中小企業を中心に、約2000社の紹介求人があり、利用者の就職率は96%と非常に高い数字です。

 

 

まとめ:Re就活は20代前半の若手で異業種・職種にチャレンジしたい人におすすめ

今回はRe就活の評判や、転職活動をする上での注意点、Re就活がどんな人に向いているか、などについて解説しました。

まとめると、以下の通りです。

・Re就活は20代・第二新卒・既卒のための転職サイト

・大半が未経験OKであり、実績やスキルが少ない人やキャリアチェンジしたい人にもオススメ

・Re就活が開催しているイベントがあり、Re就活に参加している各企業の担当者から情報を直接聞くことができる

・フリーターやニートから正社員を目指したい人のためのコンテンツもある

・大手転職サイトと比べると求人数が少ないため、より多くの求人から仕事を探したい方は他の転職サイトを併用すると良い

・積極的な姿勢が何よりも重要

 

Re就活担当者からの情報だけに頼らず、自分自身でイベントに参加する等率先して情報収集することが、自分の働きたい会社、やりたい仕事に巡り合えるポイントです。

転職活動は攻めの姿勢で臨むことが内定への近道になりますよ。

今回の記事が、あなたの転職活動の手助けになれば幸いです。

 

 

 

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。LINEでキャリア相談を行っています。

-転職を知る, 転職サイト

Copyright© キャリア図鑑 , 2021 All Rights Reserved.