アスリートのセカンドキャリアは困難なのか?その実態に迫る

この記事はこんな人におすす

  • 現アスリートの人
  • 元アスリートの人
  • アスリートで別職種への転職を検討している人

アスリートのセカンドキャリア

 

僕の友達に元Jリーガーで現在は引退し、サラリーマンをしている男性がいます。
(この友達についてはこの記事の終盤に詳しく話します)

その友達の話を聞いて、アスリートのセカンドキャリアに興味をもち、この記事を執筆するに至りました。

今回は、その友達の実話も交えて、アスリートのセカンドキャリアについて説明していきます。

 

厳しいアスリートの世界

 

たまにニュースにもなってますが、アスリートになっても、そこがゴールではなく、プロになって活躍できなければ契約を切られて終了です。
野球で言うとドラフト1位で入団した選手が2年後にクビになることもよくあります。

そのアスリートの生々しい様子を密着しているのが年末にテレビでやっている「戦力外通告になった男達」というドキュメンタル番組です。

部活経験者ならこの番組は本当に泣けますので、是非、観てください。

ちなみに、僕が泣いたシーンは、解雇されたパパが子供に「パパ野球辞めることにしたんだ」と打ち明けた際に子供が「パパなんで野球やめちゃうの?」と聞き返す場面です。

涙腺崩壊しました。

この番組を見てから、プロアスリートって「好きなスポーツできて、モテて、お金ももらえていいなー」なんて悠長なことは言えなくなりました。

プロアスリートの世界は活躍し続けるというのは、本当に厳しいのです。

 

アスリート引退後のセカンドキャリアの種類

 

アスリートをなんらかの理由で引退することになった後、セカンドキャリアとしては大きく2つあると僕は考えます。

 

セカンドキャリア1:球団の裏方として仕事に就く

プロのアスリートとして第1の人生を終えた後、ある程度活躍していれば、監督やコーチ、裏方として、アスリートの世界に残ることができます。

ただ、監督やコーチになれる人は現役時代に第1線で活躍し、ファンに惜しまれつつ、クビではなく、自ら現役生活にピリオドを打てる人です。

上記に該当しない場合は、グランド整備スコアラーなどの本当の裏方の仕事しかありません。

同じ裏方でも、ここには雲伝の差はあるので、現役時代の活躍度がその後のキャリアも左右するといっても過言ではありません。

 

セカンドキャリア2:民間企業に転職

さて、球団の裏方を諦めた場合、次の選択肢として残っているのは民間企業への転職です。

ほとんどのアスリートは民間企業への転職をセカンドキャリアとして選ぶのではないでしょうか。

ただ、ほとんどのアスリートが高校卒業後に大学へ行かず、そのままプロになるため、学歴や職歴が全くない状態なのです。

プロのスポーツ選手としてのキャリアを評価してもらえなければ、経歴としてはかなり乏しく、民間企業への転職も簡単なものではないです。

 

有名大学卒業後のプロ転向はセカンドキャリアが有利

 

民間企業に転職できる有利なパターンとして、有名大学にアスリート(スポーツ)推薦で入学し、卒業後にプロに転向することがあります。

早稲田大学にアスリート推薦枠で行き、その後、プロ入りした日本ハムの斎藤佑樹選手などがこのパターンに当てはまります。

有名大学じゃなくても4年制の大学卒業していればなんとかなるかもしれません。

逆にアスリートから民間企業への転職が難しいパターンとして、サッカー選手を例に挙げると、Jリーグの下部組織に高校までいて、そのままプロになり活躍できずアスリートを引退した場合です。

先ほども少し触れましたが、最終学歴は高卒、社会人経験もなし、となると民間企業で雇ってくれる可能性は非常に低いです。

唯一勝負できる部分としては、20代前半でアスリート生活に見切りをつけて、民間企業への転職を希望すれば、まだ20代前半で若さを評価され、完全未経験でも採用される可能性はあります。

20代後半だと厳しい転職活動になるかもしれません・・・。

 

体験談:Jリーガーからのセカンドキャリア

 

僕の友人が元Jリーガーで、結婚を機に26歳で、アスリートの世界から足を洗い、民間企業に転職しました。

その友人は、ファンの親御様から「ウチに転職しなよ!」と4~5社転職のオファーをもらい、その中から転職先を決めたそうです。

そんなセカンドキャリアの見つけ方もあるんだと驚きましたが、ファンを大切にした恩が返ってきたんですかね。

その友人は、そろそろプロサッカー選手を解雇になるだろうなと予想していた年末に「戦力外通告」を受けたそうです。

「プロサッカー選手になってから、より一層トップレベルとの差を感じた」「サッカー日本代表なんて夢のまた夢」とプロサッカー選手でだった友人が口にしていました。

幼少期からすば抜けてサッカーが上手かった友人でも、そんなことを口にするとは、本当にプロの世界は厳しいのでしょう。

現在もその会社で働いているみたいです。

 

アスリートのセカンドキャリアを探す方法

 

アスリートの民間企業への転職の困難さについては近年ニュースでも取り上げられることが多く、元アスリート・スポーツ業界に関心の強い方々が力を合わせてアスリートからに転職問題の解決に取り組んでいます。

僕はアスリートではないので勿論利用したことはないのですが、アスリート専門の転職サイトもいくつか出てきています。

元アスリートで民間企業への転職を考えている人はこのようなアスリート専門転職サイトも活用するのが良いかと思います。

ここで紹介するサービスは利用料無料です。

 

セカンドキャリアサービス1:アスリートエージェント

アスリートエージェント

1つ目のセカンドキャリアのためのサービスはアスリートエージェントです。

 

アスリートエージェントの特徴

内定獲得率86%

アスリートエージェントを経由して、転職活動をした人のうち、86%が内定を獲得しています。

体育会・アスリート系の転職プロが転職をフルサポートしていることが大きいでしょう。

限定非公開求人多数

アスリートエージェントにしか求人を出していない、いわゆる限定非公開の求人を多く抱えています。

これらの求人は体育会やアスリート出身者を強く採用したいと考えている企業なので、非常にマッチング度は高いです。

1000名以上の転職者支援実績

アスリートエージェントは、いままで1000名以上のアスリートの転職支援をしています。

キャリアアドバイザーは、元大手人材会社キャリアアドバイザーやヘッドハンターの出身者ばかりです。

豊富な知識と経験をもとにより手厚いサポートをしてくれます。

 

 

セカンドキャリアサービス2:ジョブスポ

ジョブスポ

 

2つ目のセカンドキャリアのためのサービスはジョブスポです。

 

ジョブスポの特徴

アスリート用のWEB履歴書

ジョブスポで用意している履歴書は、従来の求人サイトの履歴書とは別で、スポーツキャリアについて細かく記載できるような仕様になっています。

従来の履歴書ではアピールできなかった部分もジョブスポなら存分にアピールすることができます。

履歴書添削や面接対策も可能

ジョブスポのキャリアアドバイザーが、希望の企業へ合格するために履歴書添削や面接対策をしてくれます。

キャリアアドバイザーはその企業が求める人物像を把握しているので、そのアドバイスは非常に為になるでしょう。

豊富な職種・業種の求人

ジョブスポから紹介される企業は、企業規模や職種・業種も様々で、その豊富な求人の中からあなたに合ったものをピックアップしてくれます。

キャリアアドバイザーとの面談時には自分の希望を的確に漏れなく伝え、それに基づいた求人を紹介してもらうようにしましょう。

 

 

まとめ:国や団体もアスリートのセカンドキャリアを支援し始めている

 

ここまでアスリートのセカンドキャリアについてまとめてきました。

長年にわたるアスリートからのセカンドキャリア問題に国や団体が昨今、ついにメスを入れ始めています。

全くセカンドキャリアについて無支援だった状態から少しずつ支援の波は、きているので、今後もっと大きな支援がされることが期待できます。

個人的はプロで活躍されていた経歴は物凄い貴重で素晴らしいと感じているので、アスリートのセカンドキャリアがもっとより良くなるように応援しています。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職を知る

Copyright© トクナガのキャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.