就職 転職

アスリートから一般職への転職が困難すぎる件

この記事はこんな人におすす

  • 現アスリートの人
  • 元アスリートの人
  • アスリートで別職種への転職を検討している人

アスリートの世界は厳しい

たまにニュースにもなってますがアスリートになってもそこがゴールではなくプロになって活躍できなければ契約を切られて終了です。
野球で言うとドラフト1位で入団した選手が2年後にクビになることもよくあります。
そのアスリートの生々しい様子を密着しているのが年末にテレビでやっている「戦力外通告になった男達」と言うドキュメンタル番組です。
アスリート経験者ならあれはマジで泣けます。是非、観てください。僕が泣いたシーンは、解雇されたパパが子供に「パパ野球辞めることにしたんだ」と打ち明けた際に子供が「パパなんで野球やめちゃうの?」と聞き返す場面です。涙腺崩壊しました。
この番組を見てから、プロアスリートって「好きなスポーツできて、モテて、お金ももらえていいなー」なんて悠長なことは言えなくなりました。プロアスリートの世界は本当に厳しいのです。

アスリート引退後は民間企業へ転職

話をアスリートの転職の話へ進めます。
プロアスリートをクビになった後、ある程度活躍していれば、監督やコーチをしてアスリート世界に残ることもできますが、ほとんどのアスリートにそのような退路はありません。もし提案されるとしても、スコア係やグラウンド清掃などではないでしょうか。
流石にそれはアスリート界に残れるとしても嫌だ・・・。という方が多いと思うので、アスリートから民間企業に転職ということになります。
ただ、この民間企業への転職が非常に難しいのです。

有名大学へのアスリート枠入学はアスリートからの転職にも強い

アスリートでもスムーズに民間企業に転職できるパターンとしては、有名大学にアスリート推薦で入学し、卒業することです。
早稲田大学にアスリート推薦枠で行きプロ入りした日本ハムの斎藤佑樹選手などがこのパターンに当てはまります。
有名大学じゃなくても4年制の大学卒業していればなんとかなるかもしれません。逆にアスリートから民間企業への転職が難しいパターンとしてはサッカー選手を例に挙げますが、Jリーグの下部組織に高校までいて、そのままプロになり活躍できずアスリートを引退した場合です。この場合、最終学歴は高卒になり、社会人経験もなし。となると民間企業で雇ってくれる可能性は非常に低いです。20代前半でアスリート生活に見切りをつけて、民間企業への転職を希望すれば完全未経験枠での採用なら可能性はあります。20代後半だと厳しい転職活動になるかもしれません・・・。

元アスリートから民間企業に転職した友人の体験談

ちなみに僕の友人が元Jリーガーで結婚を機にきっぱりとアスリートの世界から足を洗い民間企業に転職しました。
その友人は、ファンの親御様から「ウチに転職しなよ!」と4~5社転職のオファーがきて、その中から決めたそうです。
そんな転職先の見つけ方もあるんだと驚きましたが、ファンを大切にした恩が返ってきたんですかね。
その友人は、そろそろプロ解雇になるだろうなと予想していた年末に「戦力外通告」を受けたそうです。
「プロサッカー選手になってからより一層トップレベルとの差を感じた」「サッカー日本代表なんて夢のまた夢」とプロ選手である友人が口にしていました。幼少期からすば抜けてサッカーが上手かった友人でもそんなことを口にするとは本当にプロアスリートの世界は厳しいのでしょう。

アスリート専門転職サイト

アスリートの民間企業への転職の困難さについては近年ニュースでも取り上げられることが多く、元アスリート・スポーツ業界に関心の強い方々が力を合わせてアスリートからに転職問題の解決に取り組んでいます。
僕はアスリートではないので勿論利用したことはないのですが、アスリート専門の転職サイトもいくつか出てきているので、元アスリートで民間企業への転職を考えている人はこのようなアスリート専門転職サイトも活用するのが良いかと思います。

⑴JOBSPO

jobspo.jp

アスリート特化型の転職エージェントです。
履歴書の添削や面接対策もしてくれると描いてあります。セミプロのような形でアスリートを続けながら働く、アスリートと仕事の両立した働き方の提案もしています。

⑵アスリートエージェント



いままで1000名以上のアスリートの転職支援をしています。転職支援コンサルタントは元大手人材会社キャリアアドバイザーやヘッドハンターです。このサイト限定の非公開求人も多数あります。

まとめ:国や団体のアスリートへの転職支援増加中

長年にわたるアスリートからの転職問題に国や団体が昨今ついにメスを入れ始めています。
まだまだ支援は少ないかもしれませんが少しずつ人材業界にもアスリート転職の波はきているので大手人材会社などがこの問題に着手するようになれば、もっと大きな支援が彼らにやってくるでしょう。アスリートのみなさん悲観することなく転職活動をしましょう。

-就職, 転職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.