就職

内々定と内定って?得する就活情報

この記事はこんな人におすす

  • 就職活動を控えている人
  • 内々定をもらった人
  • 内定をもらった人

内々定と内定の違いわかりますか?

学生の皆さんは内々定と内定の違いがわかりますか?
内々定と内定の違いを理解していないと就職活動で困りますのでここで覚えておきましょう。
人によって今から説明する内々定を内定、内定を本採用と定義づけることもあります。
僕個人的には「内定と本採用」がしっくり来るのですが、ここでは「内々定と内定」で説明していきます。

内々定と内定について

早速、内々定と内定についてご説明していきます。

内々定

内々定をもらった=企業側から貴方に入社する資格を与えられます。基本的に内定は電話で伝えられることが多いです。「おめでとうございます。弊社で審議を重ねた結果、是非一緒に働きたい。と言う結論に至りました。」的な言葉。ちなみに落選の場合は、期日までに連絡がないか、かの有名な「お祈りメール」とやらが届くかのどちらかが一般的だ。この内々定の時点では、ただの口約束なので書面上でのやり取りはない。ただ、内々定を貰った時点で入社を希望すればほぼ100%その企業に入社することができます。「ほぼ」という表現にしている理由は内々定者が犯罪を犯したり、会社側で言えば倒産したり、と何か不都合なことがあれば取り消しになります。

複数の内々定を貰った場合

勿論、人によってはいくつも内々定を貰う場合もあり、その中から1つ内々定を承諾し、他は断らなければなりません。
内々定を出された後、各企業から「本当にウチに来てくれるかどうか」の判断期日を設けられ、その期日までに入社するかどうかを判断しなければなりません。「他企業の選考の兼ね合いで少し期日を後ろ倒してほしい」と思う学生もいるでしょう。そのお願いが受け入れられるかは完全に各企業の判断なので各企業の人事に聞くしかありません。
これは僕の肌感ですが1週間程度は内定の返事を後ろ倒すことができます。「内定の返事を後ろ倒しにさせてほしい」というこのお願いをすることによってその企業から「後ろ倒すくらいなら来なくて大丈夫です」と思われないかを心配する学生もいるかもしれませんが、僕は周りで上記のように言われたケースを聞いたことはありません。この内々定の返事期日が設けれらているのは学生にとっては意外と辛いです。毎回内々定を貰うたびにその会社に行くか否かの決断をしなければならないのです。

内々定から内定を絞れず就活浪人

就活浪人するパターンの1つに内々定は3社程度もらっていたのに、1社目の内々定を断り、2社目の内々定も断り、3社目の内々定も断ってしまい、その後、第一希望の企業からは内々定がもらえず、もう1年就活をする、なんてことがあるので頭に入れておいてください。

内定

内々定が出て、その会社に行きます!と返事をした後、書面でのやり取りが行われる。これが俗に言う内定です。内定時の書面の内容には、基本的には内定書面の取り交わし後は他社に浮気するのは禁止、絶対にその会社に行なければならない的なことが書かれています。

実際は内定後に辞退もある

ここからはグレーゾーンで実際にはこの内定書面取り交わし後に別会社に浮気したり、やっぱ入社直前になって行く気になれず、入社しないケースもあります。よろしくないことではあるものの、法には触れないのでギリセーフちゃセーフです。会社側からしたらたまったもんじゃないですが(笑)。僕の周りでも実際2~3人いました。

内々定と内定では大きく異なる

ここまで内々定と内定についてまとめてきましたがいかがでしたか?この2つには大きな違いがあることを理解いただけたと思います。
内々定から内定そして入社まで判断をしなければならない場面が多く訪れますが、じっくり考えて自分にとってベストな選択をしてください。

-就職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.