就職

就活に英語は必要なのか?就活前にTOEIC800をとった僕の経験談

この記事はこんな人におすすめ

  • 就活を控えている人
  • 就活のために英語を勉強しようと考えている人
  • 外資系企業を就活で受けようとしている人

就活と英語の関係性

この記事を執筆している今、ニュースを見るとコロナウイルスの影響で就活にもかなりダメージがあるようですね、、、。

入社直前で内定を取り消され、再度就活しなければならないなんて話も聞いています。

今回は「なんとなく就活には英語が必要かも?」と考えている皆さんのその疑問を解決できるような内容をご用意しました。

就活における英語はTOEIC

そもそも日本の就活における英語は「英語が流暢に喋れること」は基準になっておらず、「TOEICの点数」で評価されます。

そのため、就活の英語=TOEICの点数だと考えて問題ないでしょう。

就活に英語は必要なのか?

実際、就活に英語は必要なのでしょうか?

結論から言うと、大抵の人にとって就活時に英語が必要になることはありません。

一握りの企業や職種を受ける人だけTOEICの点数を必要とします。

僕の就活における英語体験談

僕は特に就活のためというわけではなく、とりあえず趣味のような形で就活前から英語学習をしていました。

最終的に就活時にはTOEIC800ほどになり、就活の履歴書では資格・特技の欄にTOEIC800と記載していました。

ただ、僕が受けたほとんどの企業は国内中心だったのでTOEICについて面接などでも触れられたことは1度もありません。

グローバル企業でいうと、ユニクロなどもエントリーしましたが特に英語について言及はされませんでした(約5年前の話)。

そのため、個人的な感覚としては英語が就活に有利になったことは1度もないです。

英語学習も将来の何かのためにするのあれば推奨しますが、就活で有利にするために行うのであればそれはやめておいたほうがよいと個人的には考えます。

就活の試験(SPI)に英語は必要か?

皆さんはSPIをご存知でしょうか。

ほとんどの就活選考に利用されている学力&性格テストです。

このSPIに英語は必要なのでしょうか。

僕の答えはNOです。

ほとんどのSPIでは英語が出題されることはなく、もし特別なSPIだとしても大学受験時の英語能力があれば全然解ける問題です。

就活に英語が必要な企業まとめ

先ほど、一握りの企業に対しては、就活時に英語が必要と言いました。

ここでは、実際に就活時に英語が必要となる企業を見ていきましょう。

毎年、各企業の採用条件が変化するので暫定になります。

就活に英語が必要な企業1:楽天

日本が誇るグローバル企業「楽天」です。

楽天の場合は就活時に楽天にエントリーする際には特にTOEICスコアは必要ありません。

ただ、楽天入社までにTOEIC800点が必要になります。

入社までにTOEIC800点が取れなくても入社取り消しにはならないと思いますが、、、。

就活に英語が必要な企業2:ジョンソン・アンド・ションソン

次は本社をアメリカに構えるジョンソン・アンド・ジョンソンです。

コンタクトレンズやバンドエイドなど医療分野を牽引するTOPグローバルカンパニーです。

新卒の募集要項を見ると、

【サプライチェーン職】物流業務におけるパフォーマンス分析、改善など
→TOEIC750点以上相当、理系学部全般対象

【Quality Assurance職】医薬品・医療機器等の品質に関する情報収集・調査・分析・法規制に基づく報告・管理・改善など
→TOEIC600点以上相当、理系学部全般対象、または薬剤師免許の資格取得(見込み可)があれば尚可

と書かれています。

就活に英語が必要な企業3:キャビンアテンダント

企業ではなく、職種ですが、キャビンアテンダントは就活時のエントリーでTOEIC600点が必要になります。

JAL、ANAをはじめとした各社、TOEIC600点以上を基準としています。

ちなみにTOEICのスコア以外にも両目の視力がそれぞれ1.0以上ないといけません。
※コンタクトレンズ使用可

就活で必要なくても、昇進・昇格に英語が必要なケースもある

就活時に英語が必要なくても昇進や昇格時に必要になるケースがたまにあります。

基本的に就活と同様でドメスティック(サービスの範囲が国内)な企業は必要ないでしょう。

ただ、海外にも支社を展開している企業や、海外とのやりとりがある企業においては、海外交渉担当やその他海外に関連する職種に就く際にはTOEICの点数を求められるケースがあります。

商社やコンサルの会社に多い印象を受けます。

各企業が英語向上へのサポートを行っている

各社、入社後のTOEICでの高得点獲得などの英語能力UPへのサポートに力を入れています。

下記は、実際にネットに掲載されている求人に書かれている内容です。

就活時より会社入社後の方がサポートもありますし、お得に英語学習できちゃうかもしれません。

英語学習サポート1:TOEIC700点/月2万の手当て

TOEIC支援1

英語学習サポート2:TOEIC700点/2万・860点/3万支給

TOEIC支援2

英語能力サポート3:英語学習の支援/年間5万・TOEICの受験料補助

TOEIC支援3

英語学習におすすめの方法

就活に英語は特に必要ないことをお伝えしましたが、

・海外で仕事をしたい
・グローバル企業で働きたい
・英語で海外旅行をもっと楽しくしたい

などを考えている方は以下の英会話をおすすめします。

おすすめの英語学習法1:cambly

オンライン英会話cambly

1つ目におすすめするのは、オンライン英会話のcamblyです。

英語にある程度自信がある人(TOEIC500程度)はおすすめです!

実際、僕も現在利用しており、不満は特にないです。

camblyの特徴

選べるプランが多い

camblyは選べるプランが非常に多く、自分にあった学習時間を選べます。

時間の詳細については後ほど料金の部分でご説明いたしますのでそちらにてご確認ください。

先生は全員ネイティブ

camblyの先生は全員ネイティブスピーカーです。

イギリス、アメリカ、オーストラリア出身のネイティブの方が多いです。

他の英語のアプリには非ネイティブの方もいると思いますが、camblyはネイティブだけです。

通話ツールの準備不要

camblyはskypeなどの通話ツールは必要ありません。

というのもcamblyは通話ツールが中に組み込まれて、camblyを立ち上げればそのまますぐに先生と会話できます。

camblyの料金

camblyの料金は様々なプランがありますので人気のプランをいくつかご紹介します。

1回15分/週3回

1ヶ月契約 8,790円

3ヶ月契約 22,413円

12ヶ月契約  65,568円

まずは1回15分のレッスンコースです。

申込契約期間によって月々の料金が変わります。

長期の申込にすればするほど割引が適用されるので1ヶ月の料金は安くなります。

1回30分/週3回

1ヶ月契約 14,390円

3ヶ月契約 36,693円

12ヶ月契約 112,248円

まずは1回30分のレッスンコースです。

1回15分のレッスンコースで慣れたら30分レッスンコースに切り替えるのが良いでしょう。

おすすめの英語学習法2:スパルタバディ

スパルタバディ

2つ目におすすめするのは、オンライン英会話のスパルタバディです。

まだ英語に全然自信がない人(TOEIC300程度)におすすめです!

日本人の先生なので、いざという時は日本語で伝えることができます。

スパルタバディの特徴

1日1時間の学習プラン

曜日ごとに単語、長文、発音、フレーズ、英作文、チェックテストなどに分かれており、1日平均1時間の学習プランが組まれています。

スクールなどに通うことなく、家で学習することで通学の時間を削減し、オンラインでの学習にしています。

よりすぐりの日本人コーチ

スパルタバディは、コーチの質を担保するため、エリアにとらわれず、日本全国から有能なコーチを厳選しています。

学習経緯、スピーキング、指導経験、資格(TOEICや英検)、人柄など厳選した7つの基準をクリアした日本人プロコーチがあなたの英語レベルに合ったトレーニングメニューを提供します。

有能なコーチ陣

他社よりも低料金体系

スパルタバディは、低価格にこだわっています。

品質を保ちながらもコストを最小限まで抑えるために、完全オンライン化を採用しています。

低価格を維持しつつ、高品質のサービス提供を意識しています。

具体的な料金体系については次項を参考にしてください。

スパルタバディの料金

スパルタバディの料金

まとめ:就活に英語は不要。でも英語ができて損なし!

ここまで就活と英語の関係性について、ご紹介してきました。

特例を除いて、就活には英語は不要であることはお伝えした通りです。

しかし、英語ができて損になることはありません!

実際、僕も就活でも仕事でもほぼ英語を使うことはありませんが、今も英語学習を続けています。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-就職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.