その他

副業ライターになる方法とは?Webライティングは初心者にもおすすめ

この記事はこんな人におすすめ

  • 副業に興味がある人
  • 本業意外にも何かしたい人
  • 熱中できることがない人

副業ライターが増加している!?

スマホやネット環境の普及、リモートワークの流れから、昨今は副業としてライターを選ぶ人が増えてきています。

ライターの中でもネットの記事を中心に執筆する「Webライター」は特に初心者でも稼ぎやすく、仕事を見つけやすいのがメリットとなっています。

今回は、副業でライターになりたい人に向けて、初心者に対するおすすめポイントや稼ぐコツ、仕事の見つけ方などを解説していきます。

副業初心者にWebライターがおすすめな理由

Webライターは、副業初心者にも非常におすすめです。

簡単なお小遣い稼ぎ感覚でもできるため、「副業を始めたいけど難しいことはわからない…」という人でもチャレンジできます。

まずは、おすすめポイントを見ていきましょう。

副業ライターが良い理由1:パソコンとネット環境さえあればできる

Webライターが副業におすすめなのは、パソコン、もしくはスマホと、ネット環境があれば誰でも始められるからです。

さすがに、パソコンを立ち上げることすらまともにできないというパソコン「ド初心者」では厳しいかもしれませんが、ある程度日常的にネットを使い、パソコンでWordなどを使って文章を打ったことがある人なら、最低限Webライターを始めるうえで必要な能力は持っているといえます。

副業ライターが良い理由2:経験次第で書けるジャンルはたくさんある

副業でWebライターを始めるなら、自分の経験次第でいろいろなジャンルの仕事を選んで記事やコラムを書くことができます。

Webライターは、主にネットにある記事を書きますが、そのジャンルはとにかく多岐にわたります。

専門的な内容はともかくとしても、アルバイトや就職、恋愛、人間関係のことなど、普通の社会生活を送ってきた人なら書ける内容の記事はたくさんあります。

副業ライターが良い理由3:初心者可のライターの仕事募集が意外と多い

ライターの仕事をしたことがない人の多くが心配する文章スキルですが、基本的には、よほど高単価な仕事を狙わない限りは一般的な文章力・国語力で仕事はできます。

初心者でも可能なライティングの仕事もたくさん見つかるため、作文やレポートを書いたことがある人は、あとは慣れ次第で執筆作業には意外となじんでいけるものです。

副業ライターになる方法・Webライティングで稼ぐコツ

では続いて、実際に副業ライターになる方法やWebライティングで稼ぐコツを整理していきます。

これから副業でライターの仕事を始めるなら、まずは以下の方法から実践していってください。

副業ライターのコツ1:ライターの仕事の探し方をチェックする

副業でライターを始める人には、まず以下の仕事の探し方があります。

1.クラウドソーシングを利用する

2.求人サイトでライターの募集を見つける

3.Webメディアのライター募集から応募する

1.クラウドソーシングを利用する

おすすめは、このクラウドソーシングです。

例えば、クラウドワークスランサーズなどが大手サイトとして有名なので、まずはクラウドソーシングサービスに登録して仕事を探してみましょう。

クラウドソーシングとは、簡単にいうと仕事をしたい人と仕事をしてもらいたい人を結びつけるサービスのことを言います。

Webライティングの仕事はクラウドソーシングで募集されている案件の中ではとても多く、そういった意味でも初心者は副業として選びやすいです。

2.求人サイトでライターの募集を見つける

求人サイトは、タウンワークやマイナビバイトなどの一般的な求人サイトのことです。

ライターで検索をかけてみると意外と多くの企業が募集を出しているため、求人サイトから応募するのもおすすめです。

3.webメディアのライター募集から応募する

これは、非常に稀なケースです。

コラムやニュースを多く掲載しているメディアから直接応募するのは、いうなればタウンワーク経由でセブンイレブンのバイトに応募するのではなく、働きたいセブンイレブンに直接問い合わせて応募するのと同じニュアンスです。

かなりライティングの腕がないと採用されるのは難しいと感じます。

副業ライターのコツ2:できそうな案件を見つけてとにかく書いてみる

副業でライターの仕事を見つけていくためには、「経験者にしか仕事は回ってこなそう」と思ってはいけません。

初心者でもできそうな仕事が見つかるまで応募するのがコツです。

確かに募集する側としては初心者より経験者の方がありがたいですし経験はある程度重視されますが、比較的単価の低い仕事なら初心者でも挑戦できる可能性は十分にあります。

そしてまずはつたない文章でも良いので、頑張って書いてみましょう。

初心者OKとうたっている以上、マニュアルなどの最低限のルールを守っていれば、クライアントも納品記事に対して辛辣なことを言うことはありません。

ライターの仕事は数件こなせば、意外と「こう書けばいいのかも」も自分なりにコツもつかめてくるものです。

最初は単価も低く、時給換算すればとんでもないブラックな額になってしまうかもしれませんが、経験と実績を積めば、ゆくゆくは高単価の仕事も取れるようになります。

副業ライターのコツ3:案件をこなしたら単価を意識してみる

Webライティングの単価の相場は、初心者で0.5円~1円/1文字、経験者で1円以上/1文字といわれています。

最初は0.5円やもしくはそれ以下をうろうろすることになりますが、いくつか案件をこなしていけば1円以上の仕事にもチャレンジできます。

副業として確実に稼いでいくには、最終的には効率命です。

「結構慣れてきたかな?」と思ったら、積極的に1文字1円以上の仕事に応募してみましょう。

1文字1円の仕事なら、2000字の記事を1時間でこなせば時給2000円にもなります。

副業ライターのコツ4:タイピングのスピードを早める努力をする

副業ライターとして仕事の効率を上げるなら、早いうちからタイピングのスピードを早める意識を持つことをおすすめします。

タイピングの練習サイトなどで高いスコアを叩き出せる人は、やはりライティングのスピードも速く、効率的に稼ぐことができます。

特に単価が安いうちは、タイピングが遅ければその分時間効率は落ちます。

時給換算500円以下…ということも少なくないでしょう。

ですがタイピングスピードが速ければ、同じ単価の仕事でも時給換算600円、700円…と効率を上げていくことができるため、稼ぐにはタイピングも大事ということをぜひ覚えておきましょう。

そしてタイピングのスピードは、練習と慣れでかなり上がります。

タイピングには例えば以下のようなサイトがおすすめなので、暇なときなどに練習しておくと良いかもしれません。

【e-typing】https://www.e-typing.ne.jp/

まとめ:副業を始めるならライターはかなりおすすめです

ここまで副業ライターについて、まとめてきました。

副業でライターになることは、実は最初に感じているほどそこまで難しくありません。

もちろん、ライターとして生計を立てていくのなら超えるべきハードルはいくつもありますが、「まずはお小遣い稼ぎ程度でも…」という場合なら、行動次第で仕事はすぐに見つかります。

初心者でも問題ありません。

Webライターは副業の中でもチャレンジしやすい仕事なので、まずは書きやすそうな案件を見つけて、副業ライターとしてスタートを切ってみましょう。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-その他

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.