40代に特化した転職サイトまとめ!転職のコツとおすすめサイトをご紹介

この記事はこんな人におすす

  • 定年後も仕事をしたい人
  • シニア層の転職について知りたい人
  • 年齢が40歳を超えている人

20代の転職については、20代の転職におすすめのサービスまとめ

30代の転職については、30代の転職市場って実際どうなの?気をつけるべき事とおすすめの転職サービス

をご覧ください。

40代で転職のイメージって難しいと思っているあなたに朗報です。

「現状の仕事では、給与面や待遇が少し不満。」

「老後2000万問題を考えるともっと良い労働環境の会社がいいな。」

「40代から転職って難しいんじゃないの?」

「スキルを活かして同業種、もしくは全くの他業種にチャレンジしたい。」

40代でこんな転職を一度は考えたことのある方に向けて今回は40代の転職において絶対に知っておきたいことを解説します。

この記事を読めば、求められるスキルや具体的に40代転職者が活かしやすい職種例もあるので自分に当てはめてみたり、イメージしたりすることもできます。

また、これから40代でこれから転職を希望されている方も企業側の考え方や採用基準の部分も紹介するので、そういった点を実際の転職で意識できれば

準備面でも役立ち採用率もあがります。

是非この記事を活かしてみてください。

 

目次

世間の声:40代の転職について

世間では、40代の転職についてどのように意見がなされているのか、twitterで調査してみました。

 

40代転職のリアルな声1

 

40代転職のリアルな声2

 

40代転職のリアルな声3

 

40代転職のリアルな声4

 

40代の転職がなかなかうまくいかない、という方もいれば、40代で2~3回転職成功している方もいます。

ただ、転職楽勝!という雰囲気ではない印象を受けます。

 

 

40代の転職事情

まず年齢別の転職のしやすさについてお伝えしていきます。

厚生労働省の雇用政策研究会報告書の参考資料として挙げられた「企業の採用意向」のデータによると

 

中途採用の方針について、「35歳未満」では約95の企業が採用に積極的である一方、年齢層が高くなるにつれ採用の積極性は弱まり、「35歳以上45歳未満」では「良い人材であれば採用したい」が最多になり、45歳以上では「あまり採用は考えていない」が最多となっています。

引用https://www.sbbit.jp/article/cont1/37188

 

企業側からの年齢別の採用スタンスを見ても年齢を重ねるごとに、転職は難しいことが分かります。

では、40代の転職がネックになっているその理由を2点解説します。

逆にその懸念点をクリアできれば、採用への道筋は見えてくるからです。

 

40代の転職が難しい理由

40代の転職が難しい理由にはどのようなものがあるでしょうか。

 

40代の転職が困難な理由1:健康状態への不安

こちらの理由は、40代のみならず、あなたが年齢を重ねるごとに企業側の不安要素が大きくなる点です。

長期的な雇用を企業側としても考えているのに体調不良が原因で戦力を欠く結果になってしまっては、企業も転職者も両方にWIN-WINではなくなってしまいます。

面接の場で持病などについて嘘をつく必要はありませんが健康な方は、特に体力を使う職場への転職では、前職で病欠なしや健康診断で毎年良好などアピールしても良いでしょう。

仮に持病がある方もこういう環境下なら働ける、通院しながらなら勤務に支障なし等と企業側の不安点を取り除く発言が必要です。

 

40代の転職が困難な理由2:扱いづらい

新卒や第二新卒の方に比べて40代の方は、扱いづらい印象を持たれがちです。

未経験の職種に転職する際などによく起こります。

社会人経験が長い分、自分の仕事のやり方に固執してしまい柔軟性にかけたり、上司が年下になることもありそのような年齢と会社でのポジションが逆転していても上手くやれるのかなどが扱いづらさに繋がります。

 

40代転職希望者(ミドルシニア)に求められるもの

では実際に40代が転職する際にどういったスキルが求められるのでしょうか?

自分の持ち合わせているスキルが企業に伝われば転職が有利になるので是非参考にしてみてください。

主に企業が40代転職者(ミドルシニア)に求めるものは管理能力即戦力この二つです。

 

40代の転職に求められるもの1:管理能力(マネジメント)

40代からの転職になれば、今までに後輩育成に携わっていること、プロジェクト計画のメンバーを指導、計画管理など、20代や新卒では、なかなか任せてもらえない役割や業務を行ったことがある人も多いと思います。

人を管理し育成する能力、プロジェクトの全体像を見極め、改善点や成功点を見つける能力、チームの雰囲気、個人にまで気を配りまとめる力などは、どこの会社に行っても役立ちますし、必要とされる能力です。

経験や実績がある方は、職務経歴書や面接で実績や携わったプロジェクトの概要をアピールしましょう。スキルとしては評価され、仮に会社を成長できた実績がなくてもそのプロジェクトの中での自分の役割、大変だった中で意識したこと、改善したことなどを自分の言葉で伝えられれば、あなたへの評価はかなり高くなります。

 

40代の転職に求められるもの2:即戦力

こちらの力は、自分の経験や前職で培った専門性が転職先の企業ですぐに活かせるかどうかを見ています。

企業はあなたのスキルや存在が自分の会社に利益をもたらしてくれるか?

ここを一番見ています。

企業に応募する前に自分が前職で磨いた力(スキル)が転職先企業でどう活きるのか

・どんなメリットを企業に与えられるのか

この部分を特に分析する必要があります。

 

このマネジメント能力と即戦力の部分をとにかく見つけるようにしましょう。40代だからこそ伝えられる味のあるエピソードやスキルを自分の言葉で伝えられるまで準備しましょう。

どういった職種が自分に向いているか?どういう業界、業種なら力が発揮できそうかなどもわかるようになり、失敗しない転職に繋がっていきます。

企業に伝われば採用率も上がり納得した転職になります。

この2つの準備を怠らず転職に繋げてください。

 

40代で転職しやすい職種例

40代で転職しやすい職種例とそのスキルの活かし方についてです。

まず40代で有利な転職職種は2パターンあります。

 

1.資格・経験が必要ない職種

例)清掃、警備、人材コーディネーター、営業(保険・不動産など)、飲食、福祉、コールセンターなど

 

資格や経験が必要ないので、未経験への転職チャレンジでも積極的に採用を行ってくれるのがメリットになります。

また教育やキャリアアップもしっかり設定している企業もありますので、最終的なキャリアの歩み方、給与変動の仕方などもしっかりと話し合えば、納得できる転職に十分に繋がります。

デメリットとしては、体力が必要なものがあります。

夜勤勤務、休みが固定されていないなど健康面において自信がない方や、コミュニケーション能力を活かすのが少し苦手な人には、難しいかもしれません。

 

2.資格や専門性が必要な仕事

例)薬剤師、塾講師(予備校講師など)、大型トラック運転手、自動車整備士、施工管理、税理士、プログラマーなど

 

もし、あなたが前職で上記のような仕事、もしくはそれに似た仕事を経験された方は、更なるステップアップや待遇を求めて挑戦してみるのはとても価値があります。

資格の保有や実績が即戦力としての最初の判断材料になるので、前職での実績や会社への貢献は意識して作れるようにしておくのがいいでしょう。

企業として勤めるケースもあれば、本当にスキルがあるのならばフリーランスとして独立し働く道も選択肢としては可能です。

自分の待遇や家庭環境などを考慮して働き方が多様になるのはメリットです。

デメリットとしては、専門性が求められるため、未経験からのハードルは高いです。

トラックの運転手などは、道路状況などによっては、長時間労働を強いられる場合もあり、

企業ごとの働き方のスタイルをよく確認しておく必要はあります。

 

異業種転職へのスキルの活かし方

40代の転職でも同業種の場合はそのまま経験やスキルを生かすことができるでしょう。

しかし異業種への転職には不安のある方も多いかもしれません。

異業種転職のポイントとしては、

1:前職での職務内容を整理する。

2:1の中から転職先企業で活かせそうなスキルをすり合わせる

です。

今回は例として塾講師→営業への転職を挙げて説明します。

 

1:前職での職務内容を整理する

塾講師であれば、

・生徒への授業

・課題の採点/添削

・講習会の実施

・保護者面談

・進路指導

などが職務内容になります。

 

2:1の中から転職先企業で活かせそうなスキルをすり合わせる

実際に例を出してスキルの生かし方について紹介します。

 

講習会の実施から導けるスキル例

ノルマやインセンティブも発生する講習会の勧誘があり、生徒やお客様に講習会のお知らせの仕方を考え、目標達成を強く意識していました。

講習会はその日に即決してもらえるチャンスなので、お客様にとって講習会に参加することがどれだけメリットになるかなど商品の価値を上げる訓練をしました。

着地点の絞った話し方などもロールプレイングも何度も練習したので転職企業先でも営業でのトーク・話し方・売る商品の価値を上げる自信があります。

 

進路指導から導けるスキル例

生徒からすると塾講師の進路に対しての意見はものすごい影響力があります。

その影響力を考慮した上で生徒の希望する進路と学力から判断する現実的な進路の落とし所を定める必要があります。

塾講師が〇〇大学は受かる!と伝えて落ちてしまうケースもあります。

高校受験や大学受験は人生を左右する大きな岐路です。

そのため進路の舵をどのようにきるか、またどのように伝えるかをとても意識しました。

そのためお客様のことを考えた商談ができる自信があります。

 

40代向けの転職サイトまとめ

40代向けの転職サイトを紹介します。

40代向けの転職サイト1:シニアジョブ

シニアジョブ

40代向けの転職サイト1つ目は、シニアジョブです。

 

シニアジョブの特徴

豊富な検索軸

地域・職種・年代・雇用形態・求人の特徴など様々な軸から求人を検索することができます。

専門職が多い

一般的な職種はあまりなく、会計士・薬剤師・医師・整備士・看護師など国家資格を有する専門職が多く掲載されています。

求人の年収が高い

専門職ということもあり、40代・50代の採用でも年収は相当高く、いくつか求人を覗いたところ、300~500万程度はどの求人もありました。

詳しくはコチラ

 

40代向けの転職サイト2:マイナビミドルシニア

マイマビミドルシニア

40代向けの転職サイト2つ目は、マイナビミドルシニアです。

 

マイナビミドルシニアの特徴

地域ごとに表示されるページが異なる

マイナビミドルシニアのサイトを開くと、最初にどの地域の求人を探すのかの選択画面が出てきます。

地域選択後は、選択した地域専用のページが表示されるようになっています。

40代向けの転職コラム

マイナビミドルシニアのサイトを下部にスクロールしていくと、40代の転職コラムを閲覧することができます。

・40代男性の転職理由と業種・職種へのこだわり具合は?転職先の業種や職種に、企業規模から年収変化までをご紹介
・【必読】40歳から考えておくべき定年後のプラン
・40代女性の転職体験談 | 都合に合う働き方と、ストレスのない仕事。両方満たしたのは介護の仕事

など40代に役立つ記事が書かれています。

転職エージェントサービス

マイナビミドルシニアは自らサイトで求人を検索して応募する方法だけではなく、転職エージェントサービスも行っています。

キャリアアドバイザーがあなたの転職の相談にのってくれます。

詳しくはコチラ

 

40代・50代向けの転職サイト3:from40

フロム40

40代向けの転職サイト4つ目は、from40です。

from40の特徴

 40代向けのQ&A

from40では、通常の転職Q&Aにプラスして、40代・50代向けのQ&Aの掲載もあります。

Q&Aの例

Q:今まで数十年間同じ会社で働いてきました。退職はしましたが、これからもまだまだ働きたいのですが、まず手始めに何をすればいいのでしょうか。

A:【今まで働いてきた自分】と【これから働く自分】の姿を見つめ直し、整理しましょう。
新しい経験を積みたい場合ば、経験された【業界】と【職種】のどちらかを固定し、
どちらかを新しいものにすれば、スムーズに転職活動が行えます。

面接確約のスカウトメール

自身の情報をfrom40に登録しておけば、企業からスカウトメールが届く機能があります。

このスカウトメールの中には、書類選考なしの面接が確約された特別オファーが来ることもあるので、確実に利用した方がよいです。

詳しくはコチラ

 

40代向け転職サイトの総括

40代向けの転職サイトに共通する点をまとめました。

 

40代向け転職サイトの特徴1:サイトの構成がシンプル

緑と白を基調した色使いをしている転職サイトが多く感じられました。

シニア層にも見やすい造りを意識しているのがうかがえます。

複雑な機能はなるべく避け、通常の転職サイトよりも項目も少なめでシンプルで求人までたどり着きやすい仕様になっています。

 

40代向け転職サイトの特徴2:40代・50代向け求人は難易度の高い職種も多い

職種によっては国家資格を必須とする職種も多く、民間企業で働いてきたシニア層には、採用されるのが難しい印象です。

特にエンジニア(IT)の求人が非常に多く、ITのスキルや知識のある人には超待遇で働くことが可能です。

ただ、求人の中には無資格でも転職可能なものも勿論あるので細かく求人検索するようにしましょう。

 

40代向け転職サイトの特徴3:正社員雇用も狙える

アルバイトでチョロっと働く形の求人が多いのかな、と勝手に予想をしていましたが、そんなことはなく、正社員や契約社員でバリバリ働く人も募集していました。

年齢を重ねると転職できない、とよく耳にしますが、全然そんなことはなく、優秀な40代・50代を求める企業はあります。

 

40代向け転職サイトの特徴4:40代・50代向けの転職に特化しているので安心

通常の転職サイトを利用すると、40代はどれだけ優秀でも、年齢で足切りされてしまうことも多く、雑に転職サポートをされることもしばしあります。

しかし、ご紹介してきた40代特化転職サイトであれば、40代・50代がターゲットなので、無下に扱われることなく、親身になって転職をサポートしてくれる安心感があります。

 

40代は会社の貴重な戦力

これだけ40代向けの転職サイトがあるは、40代を貴重な会社の戦力と考えている企業が多い証拠です。

余談ですが、「マイインターン」という洋画を知っていますか?

ロバートデニーロ演じる70歳のおじいちゃんが、アンハサウェイ演じる敏腕女性社長の会社にインターンにきて、今まで一匹狼で会社を経営してきた女社長の考え方を変えていくというストーリーです。

この映画のように、40代が培ってきた知識と経験は、会社に大きなインパクトを与えることもあります。

 

まとめ:40代でも転職は全然可能

ここまで、40代に特化した転職サイトをまとめてきました。

40代になると転職が困難と考えていた皆さんには、前向きになれる結果だったのではないでしょうか。

年齢を重ねるごとに着実に知識や経験を積めば、そのノウハウを必要とする会社は非常に多くありますので、自分に自信をつけて、怖がらずに転職に臨みましょう。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職を知る, 転職サイト

Copyright© キャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.