転職するか迷うのは理由があります|後悔しない判断基準を解説

転職するか迷うのは理由があります|後悔しない判断基準を解説

 

・転職サイトを見ているけどまだ行動できていない

・転職したいけど結局何をしたいのかが決まらない

こんな悩みにお応えします。

動きたいけど動けない…

つまり転職するか迷っている状態だと思います。

これにははっきりとした理由があります。

それは「まだあなたが転職する意志を固められてない」ことが原因です。

本記事では、転職するか迷う理由の例や、転職すべきかの判断基準を中心に解説していきます。

また、後半では転職に成功するために知っておくべき知識も解説していますので、きっとあなたの気持ちの整理がつくでしょう。

それでは本記事をご覧ください!

 

なぜ転職するか迷うのか?その理由とは?

まず、転職するか迷う理由についていくつか挙げていきます。

転職を迷う理由1:キャリアビジョンが固まっていない

キャリアビジョンが固まっていない、つまり転職してどうなりたいのか、どういう生活を送りたいのかが明確でなければ転職に迷ってしまうでしょう。

・給料に満足していない

・今の仕事がおもしろくない

・職場の人間関係がつらい

このようなときに転職が頭によぎると思いますが、明確なキャリアビジョンがなければ、いざ転職活動をするにしてもどういう会社を選べばいいのか決まらず、結局転職するか迷うことになります。

転職を迷う理由2:先延ばし思考が身についてしまっている

転職したいのにいざ転職活動を始めるとなると腰が上がらない。これは先延ばしするクセがあるせいだ…

このように悩んでいる人もいるかもしれませんが、結論としてはまだ気が熟していない可能性が高いです。

なぜなら、心から転職したいと思っていたら多少の困難や苦労をいとわずに転職活動するのではないでしょうか。

今の仕事では本当にダメなのかを再度振り返り、あなたにとって転職の意味を考えてみると良いでしょう。

転職を迷う理由3:今の職場を辞めると言いづらい

・今の職場に不満はあるけどお世話になった気持ちもあり複雑

・自分が辞めると職場に迷惑がかかると思い、言えない

・そもそもネガティブなことを言うのに強い抵抗感がある

このような人は、きっと周囲を思いやれる優しい人なのだと思います。

ただ、「あなたにはあなたの人生がある」ことを一番に考えるべきでしょう。

周囲を思いやれる優しい人は、得てして周囲の状況に流されてしまう場合があります。

しかし職業の選択は「あなたの人生の選択」ですので、自分の将来にとって転職が必要だと感じるのであれば、勇気を出して会社に告げてみましょう。

それでも、どうしても会社に辞めたいと言えない人には、退職代行サービスがあります。

退職代行サービスは、退職に関することをあなたに代わって進めてくれますので、一度相談してみるのもおすすめです。

 

転職するか迷う...そんなときの決め方(判断基準)

転職するか迷ったときは、これから解説することを判断基準にしていただければ気持ちの整理がついてくるでしょう。

転職しないと今の状況が解決できないのか分析する

転職に迷ったときは、転職しないと本当に今の状況が解決できないのか分析することをおすすめします。なぜなら、転職するか迷っている時点でまだ今の会社で続ける選択肢も残されているからです。

例えば、

・今の部署がどうしても合わないのであれば、別部署に異動できないか相談する

・今の仕事にやりがいを見いだせないのであれば、仕事の幅を広げる相談をする

このように、今の会社の中であなたの悩みが解決できる可能性もあります。正直、今の会社であなたの悩みが解決できるのであれば、わざわざリスクを負って転職する必要はないでしょう。

転職後のキャリアビジョンを明確に描けているか

転職に迷ったときは、転職後のキャリアビジョンを明確に描けているか考えてみてください。

なぜなら、キャリアビジョンを明確に描けていなければ、転職先でまた今と同じ悩みを抱える可能性があるからです。

それに、転職活動で思わぬ苦戦を強いられる可能性もあります。

自分ではキャリアビジョンを描けているつもりでも、転職に迷う時点でまだ描き切れていない状態とも言えます。

より具体的かつクリアに描けるようになったときが転職の合図と捉えて良いでしょう。

今の自分に市場価値があるかリサーチする

転職に迷ったときは、自分の市場価値をリサーチしてみるのもおすすめします。

転職するか迷う理由のひとつに、「もっといい会社に転職したいけど、実際自分が通用するのか不安」と思うケースが多いです。

この場合は、実際に転職活動を行ってみるのが最も効果的です。

転職活動を行うことで、自分が他の企業からどういう評価を受けるのか丸わかりになりますので。

転職するか迷っている段階では、あくまで市場価値を確かめる意味で活動すれば良いでしょう。

もし入社したいと思える企業に出会えたら、そのまま転職を決断するのもありですし、まだ気が熟していないと思えば、自分に何が足りてないのかを振り返り、今の職場で実力をつけて再度チャレンジするのも良いでしょう。

転職の迷いを無くすには、今の自分を知ることがとても大切です。

 

転職しても上手くいかない人の特徴【迷う前に!】

転職しても上手くいかない人の特徴にはどのようなものがあるでしょうか。

転職を迷う際に、一度この特徴に当てはまっていないかを確認してみてください。

なんでも他者のせいにするクセがある人

何かあるごとに他者のせいにするクセがある人は転職しても上手くいきません。

・一生懸命仕事しているのに上司が見てくれていない

・〇〇さんが自分の言うことを分かってくれない

・業務にミスが起きたのは〇〇さんのせいだ

・だから仕事が楽しくない、ダメな会社だ、そして辞めたい……

このように、他者の問題に焦点をあててばかりで自分を省みない人は、転職したとしても必ずまた何かしらの不満が出てしまいます。

このような人は、まず「自分が他者に与える(ギブ)こと」、「他者のせいではなく、自分自身に改善点がなかったかを考えること」から始めてみてください。

難しい課題に立ち向かわずに逃げてきた人

仕事を続けていると難しい課題に直面したこともあるかと思いますが、それに逃げてきた人は転職しても苦労する可能性があるでしょう。

なぜなら、仕事をしている以上は必ず難しい課題に直面することから避けられないからです。

自分ができる仕事や簡単な仕事はとんとん拍子で進められますが、自分にとって少しハードルが高く難しいと感じる仕事に向き合うことで必ず自分のノウハウとなり自信となります。

ただ、決してすべて自分ひとりで自己完結すればいいということではなく、ときには同僚や上司、クライアントの力も借りながら、その仕事を最後までやり遂げる経験をすることが大切なのです。

もし、これまで仕事に逃げてきたと思うのであれば、まずは覚悟して正面から仕事に向き合ってみる経験を積むことをおすすめします。

転職先の企業リサーチが甘い人

転職先の企業リサーチが甘い人も、転職して苦労する可能性があります。

そもそも、自分にとって今の会社よりいい条件の会社に入りたいから転職活動をするわけなので、企業リサーチが甘かったせいで転職に失敗するのはとてももったいないです。

企業リサーチは少々手間がかかるかもしれませんが、しっかりと行うべきでしょう。

 

転職に成功するために知るべき3つのこと【迷う前に!】

最後に、転職に成功するために知っておくべき3つのことを解説します。

転職する目的を明確にすること

これまで何度も述べてきましたが、転職の目的を明確にすることが成功の第一歩です。

・なぜ転職したいのか

・転職しないと自分自身に対する要求が満たせないのか

・転職した後どうなりたいのか

このあたりを何度も自問自答して自分の意思を固めていきましょう。

今の職場の仕事に向き合うこと

転職に成功したいのであれば、まずは今の仕事に正面から向き合ってみてください。

たとえ転職して仕事内容が変わったとしても、仕事の本質は変わりませんので、今の職場で正面から向き合った経験を積むことで、転職先でもいい仕事ができるようになります。

また、仕事に向き合った経験があると転職活動でも活きるので、希望する会社から採用してもらう可能性を高めることにも繋がるでしょう。

自分の欠点を理解すること

自分の欠点を理解しておくことも転職の成功を助けることに繋がります。

例えば、

・毎日同じルーティン作業がつらい

・タスクを何個も同時に抱えるのが苦手

このように、誰でも苦手な分野は必ず存在します。正直、自分の努力ではどうにもならない苦手な分野の仕事は敬遠したほうが良いです。

転職先を考えるときは、苦手分野の業務が少ない会社を選ぶことを意識すると良いでしょう。

 

まとめ:転職を迷う理由は何か分析し、成功するように行動!

ここまで、転職するか迷う理由の解説と後悔しないための判断基準について解説してきました。

転職に迷う理由の結論は、「絶対に転職したい!」との強い意志が固まっていない、もしくは「転職したほうがメリットがある」と心から思えていないことにあります。

しかし、一度でも転職が頭によぎったのであればあなたの視野が広がる絶好のチャンスです。

この悩みを大切にしてあなたの気持ちを整理してみてください。

-転職ノウハウ

Copyright© キャリア図鑑 | あなたの転職・就職・副業のそばに , 2022 All Rights Reserved.