うざい上司の特徴を具体的に書きます【実体験】

この記事はこんな人におすす

  • 会社にうざい上司がいる人
  • うざい上司への対応策を知りたい人
  • 社内配置を考える人事の人

 

過去にうざい上司がいっぱいいた

ごりごりにサラリーマンをやっていた頃にうざいと感じた上司が何人かいたので具体的な特徴を交えてご紹介していきます。

僕だけではなく若手全員にうざいと言われていたので本格派のうざい上司達です(笑)

 

面談相手の上司がうざいのだ

面白いのが、多くの会社で半年に1回程度、ボーナスの話や業務内容の確認など諸々含め、上司との1対1の面談が行われるんです。

その場で上司から「最近どう?なんか悩みとかないか?」なんて聞かれることがあります。

「いや、特にありません」と答えるものの内心は、「悩みの種は上司のあなたやで!」なんて思ってる部下が結構たくさんいるのでは。

世にも奇妙な話です。

上司本人に直接文句言うのは流石に難しいですからね。

ってことで、入社した際、直属の上司がハズレだったら、その会社での生活は諦めてください!と言いたいところですが、それじゃ流石に辛すぎるので、後ほど解決策をいくつかご提示します。

 

今までに出会ったうざい上司のまとめ

今まで私が出会ったうざい上司をまとめました。

 

うざい上司1:すごい管理したがり

35歳男性のうざい上司です。

うざい上司へのノミネート理由としては、めちゃくちゃ管理したがるんですよ。

1時間おきに「営業どんな感じ?」「数字上がった?」「今電話何件かけてる?」「今営業どの辺いんの?」などLINEで聞いてくるんですよ。

うざすぎるでしょ。

1時間で何も状況変わんねーし、変化あればこっちから報告するから黙っとけよ、と内心ブチギレてました。

このうざい上司は予想できると思うのですが、会議もうざい位なげーのよ。

1人1人にネチネチ詳細質問していくんです。

お前が1時間ごとに状況聞いてきて、随時報告してるんだから、もう会議で報告することねーよ(笑)。

結局、この人のマネージメントがうんこすぎて「チームを持たず、ただただ1人でとにかく数字を積む専門」的なポジションが設立され、社内で誰よりも早くそのポジションに就かされてました(笑)。

そのポジションができてから彼のうざい度は激減しました。

めでたし。めでたし。

 

うざい上司2:コミュニケーション能力が皆無

このうざい上司は、コミュニケーションがとにかく取りづらいんです。

この手の上司は、遠くから見てるくらいがちょうどいいのですが、近い存在になるとうざいんです。

普段は後輩からも弄られていて、慕われるように見えるのですが、結構マジでポンコツなんです。

会社の集まりなどでは弄られるんですよ。

ただ、誰1人サシでそのうざい上司と飲みたいとは思わないのです。

僕は1度そのうざい上司の部下になったことがあるので、サシでランチに行ったことがあるのですが(飲みはしんどいので断りました)、ひどい言い方をすると、うざい上司の過去の話とか聞くんですけど、つまんねーんですよ。

「え?もっと聞きたい!」と引っかかる項目が1つもないんですよ。

言葉にするのが難しいのですが、恋愛せずに40歳になってしまったみたいな(マジでその可能性アリです)。

そのうざい上司は男性とのコミュニーケションにも難ありなのですが、女性になると口数がめちゃめちゃ減るんですよ。

コミュニケーションが下手というか、もはやコミュニケーションしてないです(笑)。

このうざい上司を見て、「あ〜人生において、ある程度の恋愛経験は必要なんだな」と感じました。

余談ですが、つい昨日このうざい上司がtwitterで、マネジメント論を呟いているのをみて、口からうんこ吹き出しました!

 

うざい上司3:説明不足

次は、説明不足なうざい上司です。

これは結構ありがちなうざい上司パターンかもしれません。

具体的な事例をあげます。

例えば、このうざい上司が「Aでいこう!」と1週間前に伝えてきてAの通りに資料作成したのに、いざ8割完成させてうざい上司に確認お願いしたら「Bだよ」とか言いだすんですよ。

いや、「Aって言いましたやん」と切り返すと、「それはこうでこうでこうだからAじゃなくてBだよ」みたいな。

「はあ?なら、伝える時にそこまで細かく伝えとけよ。そしたらその通りにしたわボケ」と部下は感じるわけです。

他にも、このうざい上司が「納期明日だけど本当にいける?」的なこと聞いてきた時に「いや、お前の確認がおせーから今こっちが必死になって短期で仕上げてんだろうがボケ。その顔面地面にめり込ませるぞ」とか。

突然、このうざい上司が「俺が先週お願いしたやつやった?」とか聞いてきて、「いやそんなお願いされてねーよ。下半身にコンクリート埋め込むぞアホ」と思ったり・・・。

とにかくうざい上司でした。

 

うざい上司4:根性馬鹿

このタイプのうざい上司も結構いるかもしれません。

このうざい上司は30歳だったかな?

このタイプのうざい上司が好きな人もいるかもしれませんが、僕は無理なので挙げておきます。

「理由とかロジックとかそんなの関係ねぇ!とにかくやれ!」的な根性で押すうざい上司です。

言ってることはわからなくもないにですが、ちょっと営業電話してないだけで、このうざい上司は「なにしてんだ!電話しろ。リストアップは事前にやっとけ!」と怒鳴る。

「いや、電話後のコール結果入力してんだよボケ!」と思ってました。

こんなド根性うんこうざい上司数名のせいで電話をかけてないと怒られるので、コール結果を誰も入力しなくなり、1分前に隣の席の奴が営業電話かけて断られた会社に別の奴がかけ、さらに1時間後にその会社に別の奴が電話しまい、会社自体がクレーム食らう事態が何件も発生しましたとさ。

ほらみろろろ!

うざい上司が産んだ2次災害です。

 

うざい上司は嫌!尊敬する上司の元で働きたい

尊敬できる上司の部下になりたいですよね。

でも、うざい上司に当たってしまうこともあります。

生まれてくる時に親を選べないとの同じで、うざい上司を確実に避けることは無理なんですよね!!!!!!

世の中残酷すぎますって。

せめて、半年に1回、部署異動やチーム替えをする機会を設けた方が良いです。

そうしないとうざい上司のせいで次々に人が辞めていきますよ。

 

うざい上司への解決策

うざい上司の部下になってしまった時に使ってみてください。

 

うざい上司への解決策1:社内で地位のある尊敬できる人を見つける

なぜ、ある程度の地位が必要かと言うと、人事異動に話を持っていきたいからです。

その人に相談して、その人から、人事に話してもらったり・・・

または最終手段ですが、その人から、その上司に直して欲しい点を直接伝えるなんてこともできます。

その結果、人事異動までこぎつけれる可能性は多いにあります。
※人事異動とは、自分の部署やチームが変わることです。

 

うざい上司への解決策2:社内でしんどい顔をする

僕は嫌な上司になった時、すごい嫌な顔してしんどそうに仕事をしていました。

それで仲良くしていただいていた他部署の先輩に気づいてもらい、後の人事異動で上司を変更してもらいました。

この作戦、使ってみてください。

 

うざい上司への解決策3:体調不調で休む

めちゃくちゃしんどい顔をするwの究極系です。

体調不良で1週間ほど会社を休み、その理由が上司だと誰かに伝えます。

そして、「会社も同期も後輩も先輩も好きです。ただ、上司だけが嫌いです。上司が変わるなら出社します。僕もこの会社辞めたくはないです。会社に行きたいです。でも、どうしてもあの上司が直属だと無理なんです。」と会社をほめつつ、上司とのソリの違いを強調します。

これは実践したことないのでどうなるかはわかりません(笑)

 

うざい上司への解決策4:諦めて会社を辞める

折角、頑張って入った会社なんだから、なんとかその会社で一生懸命やりたいという意見も重々承知です。

理解もできます。

ただ、体と心が壊れて、うつ病になる前にきっぱり辞めるのも最終手段です。

 

うざい上司とさよなら!したい時に利用したい転職エージェント

いろいろ解決策を打った結果、退職しようと決めて、転職活動を始めることになる人も多いでしょう。

転職サイトで自分で転職活動することもいいですが、また悪い上司に当たる可能性があります。

その可能性を少しでも少なくするためにも転職エージェントを利用して、相談しながら転職活動を進めるのをおすすめします。

その時に利用してもらいたい転職エージェントをいくつか紹介しておきます。

 

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント

リクルートエージェント

1つ目はリクルートエージェントです。

全転職エージェントの中で、1番多くの求人数を抱えています。

長年人材業界でTOPの座を築いてきた知識とノウハウで丁寧な転職サポートをしてくれます。

転職エージェントを初めて利用する方も安心して利用できます。

 

 

 

おすすめ転職エージェント2:就職shop

就職shop

 

2つ目は就職shopです。

先ほど紹介したリクルートエージェントと同じく、リクルートが運営しています。

違いとしては、リクルートエージェントが大学卒業の方向けの転職エージェントであるのに対して、就職shopは、第2新卒・フリーター・既卒の方々向けです。

中小企業を中心に8,000社以上の紹介求人を抱えており、未経験OKな求人も多いので、今までと異なる業種や職種にもチャレンジできます。

そして、最大なメリットとして、学歴や職歴に自信がない方がつまづきがちが書類選考がありませんので、絶対に面接に進むことができます。

 

 

 

おすすめ転職エージェント3:dodaエージェント

dodaエージェント

 

3つ目はdodaエージェントです。

dodaは転職エージェントの他に転職サイトも運営しており、1つのサイトに合体している形なので、どちらも利用できます。

dodaは、エンジニア求人をここ最近は非常に増やしていて、20代であれば未経験でのチャレンジも可能です。

全国に12の拠点を持っており、全国各地で直接相談できます。

自分で気になる求人を閲覧しつつ、キャリアアドバイザーからもおすすめの求人を紹介してもらえるので、どちらも同時並行で進めたい方にはおすすめです。

 

 

 

まとめ:会社の良し悪しは上司で決まる

会社が良いとか悪いとかよく言うじゃないですか。

しかし、考えてみてください。

その良し悪しの対象って本当に「会社」でしょうか。

会社も結局は社員の集まりですし、大きい会社なら社員全員の名前と部署が分からないのが普通です。

何が言いたいかと言うと、会社の良し悪しの大部分を司るのがあなたの直属の「上司」なのではないかと思うわけです。

直属の上司からもう少し広げて「部署内の先輩」ですかね。

でも、大抵が1つ上の先輩などではなく、課長や部長クラスの上司です。

飲みに行って愚痴言われてるのって、大抵上司でしょう?

それか「おつぼねさん」と呼ばれる年配の独身女性。

僕は、経営陣の飲み会ってあんまり参加しないので、わかりませんが、上司達の飲み会は、逆に後輩( 部下)の愚痴になるんですかね。

新卒だろうが中途だろうが入社して1発目の上司は、めちゃくちゃ大事です。

自分がその会社について何も知らない状態ですから、否が応でもとりあえず直属の上司の価値観や考え方についていくしかないんですよ。

その上司と相性が合わなかったら毎日地獄の日々です。

入社直後なので「上司を変えてくれ!」とも言えないですし、THE ENDです。

ご紹介した方法などを利用してなんとか脱出してください!

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職を知る

Copyright© キャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.