dodaの転職エージェントを徹底解説!利用者の口コミや評判は・・?

この記事はこんな人におすす

  • dodaの転職エージェントに興味がある人
  • 転職エージェントについて知りたい人
  • 転職エージェントを使ったことのない人

 

目次

dodaエージェントの評判を徹底調査!

今回は大手転職エージェントの1つであるdodaエージェントについて徹底解説していきます。

転職エージェントは人材紹介とも呼ばれます。

同じ意味なので、転職活動の際は頭に入れておいてください。

この「転職エージェント」という言葉ですが人材紹介のサービスそのものを指すこともあれば転職者の転職をサポートしてくれる人(キャリアアドバイザー)を指すこともありますのでこの点もご注意ください。

 

転職エージェントとは?

まず転職エージェントについて簡単に触れておきます。

転職エージェントは、人材紹介会社の人(転職エージェント)が企業と転職者の間に入って求職者の転職のお手伝いをしてくれます。

具体的なサポート内容については後ほど記載します。

 

転職エージェントは無数にある

今回取り上げるdodaエージェントの他にも

リクルートエージェント
マイナビ転職エージェント

など転職エージェントは非常に多くあります。

上記に挙げたリクルートやマイナビの転職エージェントと肩を並べるほどdodaエージェントは有名です。

 

dodaエージェントの概要

 

簡単にdodaエージェントの概要に触れておきます。

 

doda転職エージェント

 

運営会社

パーソルキャリア株式会社

※dodaというサービス名が有名ですが、実は会社名は異なるのでご注意を!

 

全体従業員数

5,285名(有期社員含む、2020年3月時点)

 

事業内容

人材紹介サービス、求人メディアの運営、転職・就職支援、採用・経営支援サービスの提供

 

紹介職種

営業、企画・管理、事務/アシスタント、販売/サービス、コンサルタント/士業、金融専門職、公務員/教員SE/インフラエンジニア/Webエンジニア、機械/電気、組み込みソフトウェア・建築/土木/不動産/プラント/設備/化学/素材/化粧品、食品/香料/飼料・医療系専門職・クリエイティブなど多数

 

キャリア面談可能場所

dodaエージェントでは下記でキャリア面談が可能です。

地方在住の方などは、電話やテレビ電話でもキャリア面談を受けつけています。

 

doda転職エージェント面談可能場所

 

ちなみに利用料は無料です。

 

 

dodaエージェントの良い評判

では、早速dodaエージェントの評判をみていきましょう。

まずは、dodaエージェントの良い評判です。

 

dodaエージェントの良い評判1:対応が丁寧

 

dodaエージェントの良い評判2:レジュメ作成機能が良い

 

dodaエージェントの良い評判3:最後までサポートしてくれる

 

 

doda転職エージェントの悪い評判

次にdoda転職エージェントの悪い評判もみていきましょう。

 

dodaエージェントの悪い評判1:担当者のミスがあった

 

dodaエージェントの悪い評判2:紹介求人の質が低い

 

dodaエージェントの悪い評判3:興味のない求人紹介

 

 

doda転職エージェントの評判総括

ネット上の評判を見ると、doda転職エージェントの担当者によってかなり意見が分かれることがわかります。

良い担当者に当たれば、対応も丁寧で最後まで責任を持って転職サポートしてくれますが、悪い担当者に当たると質の低い求人を紹介され、特にサポートもなく、応募だけ促されるようです。

また、転職を希望する人の能力やスキル、年齢によっても反応に違いがあるのことがうかがえます。

転職のプロとは言え、人間なので転職希望者の優秀さによって対応が変わってしまうのでしょう。

優秀な人には丁寧に対応して、無事どこかの企業に入社してもらえば、自分の営業成績にもなります。

厳しいことを言いますが、逆にどこにも受からないような転職希望者には時間を使いたくないので、適当な対応になるのかもしれません。

dodaエージェントに限らず、担当者の対応についての評判は2極化します。

もし適当な対応をされた場合は諦めて、別の転職エージェントを利用するか、転職エージェントの利用を辞めて、求人サイトなどの別の手段を試すのも手です。

 

 

dodaエージェントがサポートしてくれること

dodaエージェントのサポート内容にはどのようなものがあるでしょうか。

 

dodaエージェントのサポート1:キャリア面談

dodaのエージェントが求職者の希望業種・職種、希望条件、経歴や職歴などを聞き、それを元に転職者をサポートしていきます。

ここでは嘘や取り繕うことなく正直な気持ちで、面談をしましょう。

ここで適当な事や嘘をついてしまうと、後ほど紹介される企業も自分の希望とは全然異なる結果になりかねません。

 

dodaエージェントのサポート2:おすすめ企業の紹介

dodaの転職エージェントが転職希望者にヒアリングをして、その条件にマッチした企業の求人票をいくつかくれます。
※求人票・・・企業の募集要項が書いてある紙

 

dodaエージェントのサポート3:面接練習

担当してくれる転職エージェントは、企業の求める人物像を実際に企業にヒアリングして知っているので、その情報を活かして面接対策をしてくれますので練習しておいて損はないでしょう。

面接に慣れていない人には面接の基礎指導もあります。

 

dodaエージェントのサポート4:履歴書の添削

そもそも書類選考を通過しなければ面接にも進めないので、履歴書の手直しも手伝ってくれます。

 

 

dodaエージェントのサポート5:面接日の設定

転職希望者が自身で面接日の設定する場合もありますが、現職に就きながら転職活動をしており忙しい人などの場合は、エージェントが代わりにやってくれることもあります。

 

 

dodaエージェントのメリット

dodaエージェントのメリットとデメリットをみていきましょう。

サービスを利用する企業側の視点も理解することで、転職エージェントへの理解も深まると感じますので、利用者側だけでなく、利用企業視点でも挙げています。

まずは、メリットです。

 

dodaエージェントのメリット(利用者目線)

・自分で企業を探す手間が省ける

・プロ目線で企業を紹介してもらえる

・第3者の意見がもらえる

・自分を分析してもらえる

・利用料が完全無料・聞き辛いことも転職エージェントが代わりに聞いてくれる

 

日頃から転職サポートを行っているプロに相談できたり、他人からの視点を加えて転職活動できることは非常にプラスですね。

 

doda転職エージェントのメリット(利用企業目線)

・質の高い人材からの応募がくる

・雑多な応募対応が少なくなる

 

利用企業からすると採用決定時に人材会社に支払うお金はかかってしまいますが、求人サイトのように多くの応募から優秀な人を絞り込む作業をする必要がなく、採用に至る前の人件費や作業コストを大幅に削減することができます。

 

 

dodaエージェントのデメリット

次に、デメリットです。

 

dodaエージェントのデメリット(利用者目線)

・悪い転職エージェントに当たる可能性がある

・転職エージェントから電話やメールめっちゃくる(笑)

・転職エージェント利用企業の手数料が高いため内定確率が若干低くなる可能性がある

 

dodaに限らず転職エージェントは自分を担当してくれるコンサルタントによってかなり命運が左右されます。

優秀な人材であればあるほど電話やメールも多いのでもし不要な方は直接言いましょう。

 

dodaエージェントのデメリット(利用企業目線)

・転職エージェントに紹介手数料を取られる

・手数料が高いため採用の基準が上がる

 

転職エージェントを利用すると採用に至った際、手数料を支払う必要があります。

その手数料はある程度高額になるので採用に慎重になってしまう一面も、、、。

手数料の詳細は次項で補足しています。

 

 

補足:dodaエージェントの手数料について

これはdodaエージェントに限らずどの転職エージェントでも同様なので覚えておいてください。

前項で、「手数料」というワードを使いましたが、もう少し詳しく説明します。

株式会社Aという企業があるとしましょう。

株式会社Aがdodaエージェントに「優秀な人いたら採用したいから紹介してよ〜」とお願いしているとします。

dodaエージェントは登録している転職希望者のリストを眺め「この人なら株式会社Aに合いそうだ!」と感じた転職希望者に株式会社Aをおすすめ企業として勧めます。

もし転職希望者がトントン拍子で面接に受かり、晴れて株式会社Aに採用されると、株式会社Aはdodaエージェントに紹介手数料として、その転職者の年収の約30%(会社や採用職種によって%が異なるので正値ではありません)を支払う必要があります。

そのためdodaエージェント経由で採用すると結構高額なので利用企業としては採用に慎重にならざるを得ないというわけです。

1人採用するのに紹介手数料として最低でも100万は取られます。

 

僕がdodaエージェントを利用した感想

僕は元々人材会社に勤めていたので、他の会社のサービスを知るためにもdodaエージェントにも登録していました。

印象に残っているのは電話やメールがものすごく来ることです。

その当時は僕がまだ23歳でしたから、エージェントからすれば若くて粋の良い登録者は割と重宝されるからでしょうか。

「今はまだ面談とか大丈夫です」と言っても「1度だけでもしませんか?」とかなり粘られましたね、、、。

結局いきませんでしたが、その後もメールはきました。

また、友達が本気で転職しようとdodaエージェントに登録し、面談に行っていましたが、求人票としては20社ほどもらっており、3~4社程度は良さげな企業があった記憶です。

実際にその中の1つにdodaエージェント経由で行きました。

 

まとめ:仕組みを理解した上でdoda転職エージェントを利用しよう

ここまでdoda転職エージェントについてまとめてきました。

doda転職エージェントのメリットや、デメリットそれぞれを理解した上でサービスを受けないと自分の納得いく方向に進めません。

より良い転職活動をするためにも知識を持ってサービスを利用してください。

 

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職を知る, 転職エージェント

Copyright© トクナガのキャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.