転職 退職

会社をやめたい人はいますか?本当に会社をやめてみたので参考にしてください。

この記事はこんな人におすす

  • 会社をやめたい人
  • 会社をやめるのが怖い人
  • 転職したい人

年末は会社をやめたいツイートがいっぱい

この記事は2019年の年末に書いています。

皆様、いかがお過ごしだったでしょうか。

僕の2019年はあっという間に過ぎていきました。

あっという間に感じるのは、自分的には、ある程度幸せだと思っています。

さて、転職の話でいうと、ぼちぼち新卒入社の皆様が「今の会社やめたいな・・・」とTwitterで呟く時期なので少し覗きに行きましょうか。

本当に辛くて会社をやめたい人は年末に実家に帰って親御さんに相談するでしょうね。

ただ、男の場合はどんな会社が辛くてやめたくても親に絶対弱音を吐かずに強がるでしょう。

僕も新卒1年目は結果も出ず、うつ症状ピークでしたが、親戚の集まりで仕事の話になった際、上手くいってるフリしました。

本当は会社をやめたくて仕方がなかったのに、、、。

実際、Twitterには会社をやめたいツイートが溢れています。

会社をやめたいツイート一覧

「会社をやめたい」に関連するツイートです。

といった感じで、「会社やめたい」ツイートが勃発してます。

「会社」の関連検索TOPに「やめたい」

ヤフーでの「会社」検索結果のツイート面白いですね。

「やめたい」約59,100,000
「行きたくない」約108,000,000
「休む 理由」約9,870,000

もう異常事態でしょ、これは。

街頭で完全匿名でサラリーマンの人に「今の会社やめたいですか?」インタビューしてみたいですね。

結果はどうなるんでしょうね。

社会人になって思うのですが、仕事が上手くいかないとプライベートも上手くいかないんですよ。

この2つは結構比例してます。

仕事が楽しくないと、何しててもどこ行っても仕事のことが頭から離れず、常に仕事モードなってしまい、エネルギーが削がれます。

結果、休日も何もしたくなるので、プライベートも充実しなくなる負の連鎖に突入します。

僕の会社をやめたリアル体験談

会社をやめたい人に向けて、僕の体験談をお話しします。

僕は会社員を3年前にやめた

大学卒業後、そこそこ大手の人材会社に就職し、2年半ほど会社員として働き、その後、アルバイトを2つほどして、現在は、業務委託と言う形で2社と契約して仕事をしています。

僕の場合、業務委託は案件ベースでお給料をもらうのではなく、月に固定給でもらうわけでもなく、時給なので、正直アルバイトと業務委託の違いはほぼないです。

ただ、会社員を経験していたこともあり、時給は高めに設定していただいています。

2社業務委託で働いているのですが、1社は朝11時出勤。

1社は巷で流行りのフルリモートワークです。

フルリモートワークなので、会社に行くのは、忘年会に参加数するための年1回のみです。

僕は運が良いのか、どちらも知人の紹介経由で働き始めました。

会社員時代に人生で初めて白髪が気になった

会社員時代も会社に行くのが絶対嫌!ではなかったのですが、人生で初めて白髪を気にしました。

どんどん白髪が増えるのです。

ネットで「白髪染め」と検索し、白髪染めシャンプーを買ったり、美容院で黒染めもしました。

20代前半で白髪なんて絶対生えてこないと思っていたのですが、明らかに仕事のストレスが原因でしょう。

会社をやめた今は、仕事のストレスがないのか、真っ黒です。

白髪染めシャンプーも会社員をやめた後使う必要がなくなったので捨てました。

仕事でストレスを感じた時、男性は髪の毛に異変が出て、女性は肌に異変がでます。

今は、会社員の頃より自由な働き方ができている

現在、土日祝は基本的に休みで、平日は7時間程度働いています。

7時間程度なら正社員の頃と変わらないとお思いの人もいるかもしれませんがそれが全然違うんです。

人材会社に正社員で勤めていた頃は、朝は8:30出社なので、ピークの満員電車に揺られ出社でした。

お昼休憩時間も12:00~13:00と決められていましたし、休憩が長いと、上司に「長いな。何してたんだ?」と詰められ、「でっかいでっかいうんこしてました」とよく答えたものです。

日本の文化なのだと思うのですが、「デスクにいない=仕事をしていない」という考え方の会社員が非常に多いと感じています。

休憩中もスマホで顧客とやりとりをしたり、先輩や同期と話しながら、仕事状況の共有をしていたのでサボっていない人の方が多数なはずです。

会社員時代はスーツ必着

人材会社勤務時は男性はスーツ必着と決まっており、夏季の営業は地獄でした。

平日外回りの営業をすると一瞬でスーツが汗でベタベタになり、臭くなりました。

そのため、毎週土日に、スーツをクリーニングしていたのが懐かしいです。

このスーツ出社も会社員をやめたい原因の1つになりました。

それに対して現在は、服装は基本的に自由です。

営業に行く時もスーツである必要はなく、カジュアルスーツ的な服装でOK。

朝は11時スタートなので満員電車に揺られることなくノンストレスで会社に行き、コーヒーをすすりながら仕事をスタート。

お腹が減ったタイミングで自由に昼食をとり、また仕事に戻ります。

今働いている企業は人数も数十人しかいないベンチャーなのですが、1人1人が他の社員のことを気にしていないように感じます。

一応、共有カレンダーには予定を入れているのでそれを見れば誰が何をしているか把握できますし、本当の緊急時はSNSで連絡がきます。

しかし、それ以外は本当に何も言われなく、完全にセルフマネジメントです。

実際、セルフマネジメントは社員からも好評で、マネジメントについて不満を聞いたことは1度もないです。

大手人材会社にいた頃は、上層部がマネジメントをやけに意識していたのか、全部の行動が監視されているように感じて、気持ち悪かった記憶があります。

企業が大きくなれば、管理も難しくなるのでしょうがない部分もあるのですが、、、。

リモートワークで業務委託をしている会社は、当たり前だが、人と対面することがないので人間関係で揉めることもないし、どこでも仕事ができるのでノンストレスです。

ちなみに11時に出社してる会社も「会社に行きたくない」と思ったことは1度もなく、それなりに良い待遇をいただいているので残業することになっても嫌な気持ちになったことはないです。

正社員時代と年収は同じ

この手の話は脱サラして、逆に年収が高くなった!」と締めくくられることが多いですが、僕の場合はそうではなく、年収は一般の会社員と同じくらいか、少し少ないかもしれないです。

でも、生活する分には何も不自由はないし、ブランド品などの高価なものにも興味がないので寧ろ会社員時代よりも貯金があります。

無駄な飲み会にも行かなくなったのも理由の1つですかね。

会社をやめた今の方が幸福度は高い

一生この生活でも割と幸せなのかもしれないです。

ただ、生活は、何かをきっかけにすぐに変化するし、会社員じゃない分、安定ではないのでずっとこのままは無理でしょう。

でも、身体的にも精神的にもストレスフリーなのが本当に幸せだと感じます。

会社員時代は、「この生活を死ぬまで毎日するの?人生詰んだ・・・」と何度も思いました。

そもそも会社員になる必要があるのか

現在、会社員で不自由ない人はそのままで全く問題ないでしょう。

むしろ理想的な形です。

あなたの選んだ道は間違っていなかったという証明です。

ただ、毎日、憂鬱になってまで会社に行っている人はそこまでして会社行く必要があるのでしょうか。

僕も日曜日の夜から具合が悪くなり、月曜日死んだ顔で会社に向かうことが何度もありました。

僕個人的には、会社をやめてもなんとかなるよ!と言いたいです。

会社をやめたいけどやめれない理由

会社をやめたいと感じているのでやめられない理由はなんでしょうか。

会社をやめられない理由1:家庭がある

会社をやめられない理由1つ目は、家庭があることです。

正直、「家族がいるから」「子供がいるから」と言われてしまうと僕もなかなか言い返すことができません。

家族や子供がいるとある程度のお金が必要ですし、安易に「辞めろ」「転職しろ」とは言えません。

僕は、家族や家庭があるわけではないので、その気持ちに寄り添うことはできません。

僕のように独身であれば、僕がある程度、不自由なく生活できているので、正社員じゃなくても、暮らす分には問題ないでしょう。

家庭を持っていても会社をやめる方法

家庭に最も迷惑をかけない方法は、転職時に自分合った会社を見つけ、辞めずに幸せに働き続けることでしょう。

自分に合った会社、そして家庭を支えることのできる給料がもらえる会社であれば、この上ないです。

転職が難しい場合は、会社員として働く傍ら、副業をすることからスタートしてみてください。

サラリーマンでできる副業には、どのようなものがあるのかを調べ、その中で、自分ができそうなもの、またはできるようになりたいものを選択して、まだ習得できていないものについては、死ぬ気で勉強することです。

副業である程度の稼ぎになれば、会社をやめられる可能性がぐんと上がります。

副業なんて無理だ!と諦めないでください。

サラリーマンの副業に興味のある方は、サラリーマンにおすすめの副業とは?本業しながら副業で稼ぐ時代到来!をご覧ください。

会社をやめられない理由2:会社を辞めてまでやりたいことがない

会社をやめられない理由2つ目は、やりたいことがないことです。

会社にずっといる気はないけど、やめて何かをしたいとも思わないので、ずるずる会社にいる人は多いです。

まだ、ずるずるいてもいいと思えるということはそこまでその会社が嫌いではないので、無理矢理会社をやめる必要はないでしょう。

やりたいことを見つけて会社をやめる方法

ずるずる会社にいて、仕事をしても自分のためにはならないので、やりたいことを見つける努力はした方がよいかもしれません。

とりあえず、仕事ではなく、趣味程度のやりたいことで構わないので、仕事以外の時間を本業以外の何か熱中できるものを探す時間に使いましょう。

趣味程度が熱中した結果、仕事になることがものすごくベストです。

親友のやりたいことを仕事にした例

ちなみに、僕の親友は、大手ソフトウェア会社に営業職で新卒入社し、鬱直前になりました。

親友は、以前から趣味でWEBデザインをしていました。

会社在籍中に貯金した50万程度を切り崩し、WEBデザインの専門学校に通い、今では、複数の会社からWEBデザイン関連の仕事を委託でもらい、フリーランス生活をしています。

会社員時代より年収高いらしいです(笑)

まとめ:会社をやめたいと思うだけなく、真剣に考えるべき

会社をやめたいと呟くだけでは何も変わりません。

転職を考えている人は年末年始や夏休みなどの長期休みに、今の仕事や会社について、じっくり考えてみてください。

毎日、会社に行くのが吐き気がするほど嫌なのであれば、それは「会社をやめたい」サインかもしれないので、転職をおすすめします!

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職, 退職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.