就職

就活のやり方がわからない!そんな人へちょいテク教えます

この記事はこんな人におすす

  • 就活のやり方に悩んでいる人
  • 就活の基礎知識をつけたい人
  • 就活のテクニックを知りたい人

就活のやり方以前に就活は相性なのだ

前提として、就活を大きく左右するのは企業と学生の相性だと僕は感じています。これから紹介する就活テク(やり方)はあくまでそれをサポートする役割だと認識いただければ幸いです。比率でいうと、相性7割、就活テク(やり方)3割です。就活のやり方がどれだけ凄かろうと志望する会社との相性が悪ければ選考に落ちます。相性については就活のやり方をどう改善しようとどうにもならないので、相性部分の就活のやり方の部分で落ちるのは勿体ないので今回それを排除するための就活テクを伝授します。

就活のやり方がわからないなら試して欲しいこと

就活のやり方1:就活中は全ての企業に第1希望(内定いただいたら入社します)と言う

これは本来良くないことです。そうでしょ?だって嘘つきですもん。
ただ、今の日本の就活システムは正直さが不利になります。
企業は自分の企業への志望度が低いと感じた学生を余裕で落とします。
正直に「御社は第2希望です」なんて言えば落ちる確率はぐーんとあがります
。よほど優秀であれば受かりますが、優秀でもない志望度も高くない学生の場合は、「ほな、落とすか」となります。こんなテクニック教えるなよという方もいるでしょう。そのような方はこのテクニックを無視して大丈夫です。誠実に就活をしてください。それが僕も本来正しいと思います。
ただ、僕は自分の就活を振り返って、正直に言わずに嘘をついて「第1希望です!」と言えば、選考通過していただろうなと感じることが何度かありました。就活をしてる時は「第1希望です!絶対行きます!」なんて言ってしまい内定もらったら絶対行かなきゃいけないし、行かなかったらその企業に申し訳ないな、と感じていました。
ただ、人材会社勤務や人事を経て分かりました。
内定辞退は日常茶飯事でした。何も心配することはないです。

就活のやり方2:就活選考前にその企業について調べておく

これは基本テクニックですね。面接官目線になった時に自分の会社のことを調べてくれてて嫌になることはまずないでしょう。その企業について事前に調べておくことで面接時にいい印象を与えるだけでなく、質問の幅も増え、その企業への入社を前向きに考えていて、興味があるように見せることができます。

就活のやり方3:就活前のインターンで特別選考を獲得

自分に自信がある人は志望する企業のインターンへ行き、優秀な成績を納め、特別選考の権利を勝ち取ってください。もし、特別選考の権利がもらえなくてもある程度活躍すれば確実に人事に名前を覚えてもらうことができます。逆に、自分に自信がない人はインターンに行かない方がよいです。猛者ばかりなので自信を失くしてしまったり、レベルの高い環境の中では一般学生の中では目立つ存在であっても猛者の中では劣って見えてしまうこともあり、人事からの印象が悪く映ってしまう場合があります。

就活のやり方4:就活面接前によくある質問には準備しておく

・志望動機は何ですか?
・学生時代が1番頑張ったことは何ですか?
・長所(または短所)は何ですか?
・周りからどんな人間だといわれますか?
・尊敬する人は誰ですか?
・最後に質問はありますか?
・探し物は何ですか?見つけにくい物ですか?(分かる人は僕と歳近い)

上記の中のどれかは確実に面接で聞かれますので、パッと答えられるようにしましょう。何回も面接を重ねて、面接官のウケや面接の合否を参考にしながらブラッシュアップするようにしましょう。

就活のやり方をマスターして好印象を与えよう

今回、就活のやり方を少しご紹介しましたが就活のやり方よりさらにレベルを下げるとマナーや立ち振る舞いなどがあります。
・挨拶
・お礼
・清潔感
・敬語

マナーや立ち振る舞いは当たり前にできるようにして就活に臨みましょう。マナーや立ち振る舞いが与える影響は今回ご紹介したテクニックより重要視されるケースをありますので、きちんとこなし、そこにテクニックを駆使して好印象を与えましょう。

-就職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.