退職宣言で優しくなるのはなぜ?その理由と対処法

退職宣言で優しくなるのはなぜ?その理由と対処法

退職宣言をするとみんなが優しくなる…実はこれ、あるあるです。

急に態度が変わったり明らかに優しくされたり、退職を決めたのに戸惑う方も多いでしょう。

退職をすると決めたのに、気持ちが揺らいでしまう…と悩んでいる方もいるはず。

そこで今回は、退職宣言をするとなぜ職場の人たちは優しくなるのか、その理由と対処法を紹介します。

 

 

退職宣言で優しくなる理由

退職宣言で優しくなる理由は好意からしている場合もあれば、後ろめたい気持ちからしている場合もあります。

あなたに優しくなる理由は人それぞれ。

ではどんなケースが考えられるのか、退職宣言で優しくなる理由を見ていきましょう。

 

感謝の気持ちを示しているから

あなたに感謝の気持ちがあり、優しくすることで感謝を示している人もいます。

一緒に働いてきた仲間ですから、辛いことや厳しい状況も、共に乗り越えてきたでしょう。

そんなあなたを気持ちよく送り出すために、優しくするケースです。

もちろん善意のみですから、素直に受け取りましょう。

 

円満に退職してほしいと思っているから

あなたに円満に退職してほしいという思いから、優しくすることもあります。

とくに退職を経験したことがある人や、たくさんの同僚たちを見送ってきた人たちは、円満退職がどれだけ理想であるかをわかっています。

そのためあなたにも気分を害することなく円満に辞めてほしい、そう願っているため優しくしてくれるのでしょう。

感謝の気持ちを示している場合と同じで、こちらも善意です。

素直に受け入れ最後まで良好な関係を築いてください。

 

退職してほしくないから

退職してほしくないため、引き留めるつもりで優しくしている可能性もあります。

実際に優しくされれば、嫌だと感じていた職場や人間関係でも居心地よく感じますから、やめづらくなってしまう方もいるでしょう。

親しい上司や同僚など、退職を引き留められてる相手に優しくされた場合、退職してほしくないが理由の可能性が高いです。

 

自分が原因で辞めると思われたくないから

自分が原因で辞めると周囲の人に思われたくないという後ろめたさから、優しくする人たちもいます。

たとえばあなたに横柄な態度を取っていた、パワハラやセクハラなどのハラスメント行為をしていた、嫌がらせやいじめをしていたなど。

あなたに対してひどい行為をしていた人は、周りに自分のせいであなたが辞めてしまうと思われる可能性があります。

実際の退職理由が違ったとしても、後ろめたい気持ちからあなたに優しくしているのかもしれません。

 

 

退職宣言で優しくされたときの対処法

退職宣言をしたからと言って優しくされても困る、今まで通りに接してほしい、という人も多いと思います。

では会社の人から退職宣言後に優しくされた場合、どうすればいいのか。その対処法を見ていきましょう。

 

社会人としての態度や姿勢を崩さない

まず社会人としての態度や姿勢は、崩さないようにしてください。

急に優しくされると違和感があり、どうしていまさら?と不快に思うかもしれません。

しかし、ここは感情を抑えて、冷静な対応を心掛けましょう。

終わりよければすべてよしという言葉があるように、去っていくあなたの印象を悪くする必要はありません。

惜しい人材をなくした、と思わせられたらあなたの勝ちです。

色々と思うことはあるかもしれませんが、退職後は関わらなくてもいい人たち、と割り切ってしまっていいでしょう。

 

辞めたい理由は明確にはっきりと伝える

辞めたい理由は明確にはっきりと伝えておくのが大切です。

曖昧な理由だったり中途半端な態度を取ったりしていると、引き留めればやめないでくれるのでは?と思い、優しくされそのまま退職の機会を逃してしまった…なんてことになりかねません。

逆に辞めたい理由がはっきりしていれば、周りも引き留めにくいです。

  • 違う業界で働きたい
  • 結婚をすることになった
  • 海外で仕事をすることにした
  • 親の介護がある

など、どうしても辞めなくてはいけない理由にするのがポイントです。

上司に退職を伝えるときもそうですが、同僚など身近な人たちに退職を伝える際も、理由ははっきり伝えましょう。

辞めてほしくないがゆえの優しくする行為が、減るはずです。

 

感謝の気持ちを伝える

あなたへの感謝から優しくしている人たちもいます。

そんな相手には、あなたも感謝の気持ちを伝えましょう。

できれば直接会って話したいですが、難しい場合は電話やメールでもOK。

今までお世話になった感謝の気持ちを、率直に伝えましょう。

そうすることで、あなたにより良い印象を持ってくれるはずです。

 

不満に感じていることは解消しておく

不満を持ったまま退職するのはモヤモヤする…という方は、話し合いの場を設けるなどして、不安を解消するのもOKです。

ずっと我慢していることがあったり、関係が良くなかった同僚と打ち解けたかったり、思いのままを素直に話してみましょう。

ただ注意してほしいのが、相手はこれからも会社で働き続けるという点です。

自分がモヤモヤを晴らしたいと思っていても、相手が同じように思っているとは限りません。

一方的なコミュニケーションには十分注意し、社会人としてのマナーを持って解消するようにしてください。

 

 

株を下げずに気持ちよく退職するポイント

できれば自分の印象を良くし、株を下げずに円満退職したいですよね。退職は会社にとって痛手になることも多いため、円満退職は意外に難しいことでもあります。

ではどうすれば気持ちよく退職できるのか、そのポイントを紹介します。

 

退職の相談はまず直属の上司にする

退職の相談はまず、直属の上司にしてください。

いきなり部長や社長などに相談する人がいますが、実はこれはNGです。

もちろんいずれ部長以上の役職にも話を通さなくてはいけませんが、円満退職をしたいならまずは、直属の上司に相談してください。

直属の上司はあなたを育て面倒を見て、お世話になってきた相手のはずです。

そんな相手を飛ばして部長以上に相談すれば、上司は気分が良くないですよね。

あなたを見送る心境も変わります。

ストレートな言い方をすれば、上司を立てることです。

古臭く感じるかもしれませんが、頼られて嫌な気持ちになる人はいませんし、円満退職のためには重要なポイントです。

もちろん上司との関係がうまくいってなかった人や、上司が理由で退職をする人は例外です。どうしても話したくない場合は、別の上司または部長以上の役職に相談しましょう。

 

転職活動はバレないように内々にする

時々転職活動を堂々とする人がいますが、実はこれもNG行為です。

実際に経験したことがある人ならわかると思いますが、同僚が転職活動をしているのを目の当たりにするのは、あまり気分が良くありません。

たとえば自分が大好きなゲームを友達としているときに、その友達が「このゲームはもう満足した。別のゲームを探すから君はそのゲームを続けなよ。」と言われたら、置いていかれている気分になりませんか?

少し幼稚な例ではありますが、自分はただ転職がしたいと思っているだけでも、同僚たちからとったら置いていかれたり、自分が頑張っている状況を否定されている気分になったりすることもあります。

また「なんでこんなに人手が足りず忙しいときに転職なんてするんだ!」と、文句を言ってくる人もいるかもしれません。

円満退職のためには転職先が決まるまでは内々にして、バレないように転職活動をすることをおすすめします。

 

十分な引継ぎを行う

退職をするときは、部下や同僚に十分な引継ぎをしましょう。

引継ぎ不足だと退職後に迷惑をかけてしまい、あなたの印象が悪くなってしまうこともあります。

まずは何を引き継ぐかを整理して、どれくらいの期間を要するか把握した上でスケジュールを組みましょう。

  • 業務の説明や位置づけ
  • 今やっている業務の進捗状況や優先順位、今後について
  • 過去に起こったトラブルやイレギュラー案件の対応方法
  • 取引先への挨拶

など、必要な項目は全てフォルダなどにまとめて保管し、引継ぎ作業を行いましょう。

できれば上司や部長などに緊急時の連絡先を教えておけば、トラブルも減らせます。

辞めるからといって適当にして去るのはNGです。

残された人たちへの配慮も忘れずに。

お互い気持ちよく見送り見送られるためにも、引継ぎはしっかり行ってくださいね。

 

 

まとめ:退職宣言で優しくなる理由を理解しよう!

ここまで、退職宣言で優しくなる理由と対処法について紹介しました。

突然優しくなるとどうして?と戸惑うかもしれませんが、

  • 社会人としての態度や姿勢を崩さない
  • 辞めたい理由を明確に伝える
  • 感謝の気持ちを伝える
  • 不満があれば解消しておく

この4つを参考に、会社の人たちとより良い関係を築いてください。

最後まで印象良く、円満退職できると良いですね。

あなたの新しい門出を応援しています。

-退職

Copyright© キャリア図鑑 | あなたの転職・就職・副業のそばに , 2024 All Rights Reserved.