アパレルの求人に特化したサイトまとめ!【選考突破の必勝法付き】

この記事はこんな人におすすめ

  • アパレル業界の人
  • アパレルへの転職を考えている人
  • アパレルの求人情報が欲しい人

 

アパレル求人サイトについて全面解説します!

本記事では、

・おすすめのアパレル求人サイト

・アパレル求人サイトに応募後の志望動機の書き方や面接の攻略法

上記を中心に話を進めていきます。

アパレル求人に応募を検討している方は是非、参考にしてください。

 

アパレル専門求人サイトの利用を検討してみては?

アパレルの求人は、大手総合求人サイトにも掲載されていますが、求人数としては多くありません。

現在は、アパレル専門の求人サイトがいくつか出てきており、それらのサイトに求人を出すアパレル企業が増えてきております。

総合求人サイトも良いですが、アパレル専門の求人サイトのご利用も検討してみてはいかがでしょうか。

 

アパレル求人おすすめサイト

今回は、そんなアパレル専門の求人サイトの中からおすすめのサイトをピックアップしてご紹介します。

ここで紹介するアパレル求人おすすめサイトは、利用料完全無料です。

アパレル求人おすすめサイト1:PARDO(パルド)

PARDO

1つ目のアパレル求人おすすめサイトは、PARDO(パルド)です。

 

PARDO(パルド)の特徴

派遣と正社員雇用の両面

パルドは、基本的に派遣での雇用を前提とした求人が掲載されています。

ただ、派遣ではなく、アパレル企業に直接雇用されることを希望する場合は、職業紹介も行っていますので、派遣でも正社員でも働ける求人の案内が可能です。

派遣?正社員?雇用形態についてあまり理解できていない方は、雇用形態の種類とそれぞれの特徴を元人材会社マンが徹底解説!にて解説しています。

研修制度

これは転職希望向けの施策ではないのですが、パルドはアパレル企業向けに研修を行っています。

・接客マナー

・ファッション用語

・お客様とのコミュニケーション

・店長向け

などフェーズ分けされた研修があります。

転職斡旋企業で研修もしているのは珍しいので、この点からもアパレルのプロフェッショナルであることがうかがえます。

お友達紹介キャンペーン

現在、お友達紹介キャンペーンをしており、パルド経由でアパレル企業で派遣として働きたい人を紹介すれば、現金がもらえます。

キャンペーンの達成の要件として、その人の派遣先が決まるまでではなく、パルドへの登録が完了した時点で現金がもらえます。

 

アパレル求人おすすめサイト2:アパレル派遣なび

アパレル派遣なび

2つ目のアパレル求人おすすめサイトは、アパレル派遣なびです。

全ての求人が派遣での雇用になります。

ただ、派遣から正社員へなることできる紹介予定派遣も可能です。

 

アパレル派遣なびの特徴

豊富な求人数

アパレル派遣なびでは、毎月、常時1000~1200件の求人が掲載されています。

多くの求人があれば、その分、他求人と比較できるのでより良いアパレル求人に出会える可能性が高いです。

前払い給与サービス

急な出費で給与が月末まで待てない、、、という人のために、前払い給与サービスがあります。

即日か翌日で給与を受け取ることができるので、万が一の時にも安心です。

過去の就業者の声

サイト内には、過去の就業者の声がいくつも掲載されており、やりがいや、接客時のこだわりなどが事細かく書かれています。

是非、利用前に参考にしてください。

 

アパレル求人おすすめサイト3:クリーデンス

クリーデンス

3つ目のアパレル求人おすすめサイトは、クリーデンスです。

 

クリーデンスの特徴

正社員求人が多い

正社員での雇用求人の掲載が非常に多いです。

派遣ではなく、正社員でがっつり働きたい人にはおすすめです。

転職支援サービスあり

クリーデンスのサイトから求人に応募できるだけではなく、キャリアアドバイザーによる転職支援サービスも行っています。

1人で転職活動するのに不安のある人はご活用ください。

 

アパレル求人サイトへの応募時の注意点【書類編】

アパレル求人に応募する際には、まず応募内容に書かれている応募書類を整理することが大切です。

どれだけ面接で入りたい気持ちを伝えても、応募書類が全然埋まっていないと採用してもらえません。

応募が多い企業だと書類の段階で落とされてしまうこともしばしばあります。

書類で落とされないように、書く欄があるところはしっかり埋めて、字数制限がある場合はそれに従って書きましょう。

アパレル求人の書類の段階で落ちないための必勝法を解説します。

 

アパレル求人サイト(書類)の注意点1:履歴書の欄はできるだけ全部埋めよう!

まず経歴の欄ですが、転職などを繰り返してない場合は中学から書くのがよいです。

手書きの場合は下書きしてから書くと間違えなくてすむと思います。

しっかりと思い出して、正確に書くことが必要です。資格の欄についても同様です。

TOEICだったり、漢字検定であったり、あればアピール要素になるので書くことを強くおすすめします。

大体検定は2級から、TOEICなら600点からアピールになると思われます。

これらは特技の欄でも書くことができます。

特技でも英語が得意ならば英会話や和訳とアピールできると思います。

特技は資格と違って、比較的に自由に書けるので、自分が得意なスポーツや音楽を書くことができます。

面接しているときに、面接官が興味を持ってくれて、聞いてくれることもあるので、積極的に書いていきましょう。

 

アパレル求人サイト(書類)の注意点2:自己PRは論理的に

自己PRの書き方は、論理的に書くことが求められます。

具体的には、

1.自分の能力を一言二言で表現する

2.その能力が発揮された場所を示す

3.職場のどのような場面で発揮されたのか示す

4.能力を発揮して結果としてどのようになったのか

このような順番で書いていくことをおすすめします。

さらに、説得力がある文章にするには、数字で示すことが重要です。

数字を示すことで、実際にどれだけ会社、組織に貢献してきたのか、明確に表すことができます。

 

アパレル求人サイト(書類)の注意点3:志望動機も論理的に

志望動機も自己PRと似ており、明確に論理的に書くことが大事です。

志望動機は、

1.志望理由を一言二言でまとめて、結論として書きます。

2.その根拠となる理由を書きます。

3.その組織、会社でなければならない理由を説明します。

志望動機を書く前に、会社のどこに興味があるのか考えて、業界と志望した会社を分析することが必要です。

会社の魅力を考えてみましょう。

その会社ではどのようなトレーニングや教育を社員に行なっているか、どのような商品を売っていて、自分は会社のどこに興味を持ったのかなどを分析することで、より具体的な志望理由ができます。

これらの手順に整合性を持たせて、より説得力の強い志望理由を完成させましょう。

 

アパレル求人サイト応募時の注意点【面接編】

次に、アパレル求人応募時の面接での注意点についてです。

 

アパレル求人サイト(面接)の注意点1:接客を意識を振る舞う

アパレル求人のほとんどが、接客業に当たります。

そのため面接の振る舞いで、どのような接客をするのかを探られます。

姿勢や言葉遣いなど接客に関わる部分は特に意識して面接に臨みましょう。

新卒採用の場合は、まだ言葉遣いなどが乏しいことを面接官も理解しているので、とりあえず、明るく・元気に振る舞うようにしてください。

 

アパレル求人サイト(面接)の注意点2:自己PRと志望動機は書類とリンクさせる

必ずと言っていいほど、面接では、自己PRと志望動機を聞かれます。

そこで、応募書類に記載した内容と全く違ったことを言っていては、どういう人か分からなくなりますし、不審に思われます。

もし、真逆のことを言ってしまうとさらに合格率は低くなります。

そのため、面接の前には絶対に自分が書類で書いたことを確認するようにしてください。

多少違っても問題はないと思いますが、自分のおおまかな自己PRや志望動機は、変更せず、面接に行くことをおすすめします。

 

まとめ:アパレル専門求人サイトを利用して、より良い転職を!

ここまで、おすすめのアパレル専門求人サイトと応募後のコツをいくつかご紹介してきました。

いくつかアパレル専門求人サイトを並行で利用して、良い求人を探し、今回ご紹介したコツを頭に入れながら応募後の選考に臨んでみてください。

みなさんの転職がうまくいくことを願っております!

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職を知る

Copyright© トクナガのキャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.