転職

おすすめの転職方法とは?あなたに合った企業を見つけよう!

この記事はこんな人におすす

  • 転職方法に不安がある人
  • 転職したい人
  • 各転職サービスを把握したい人

転職サービスの飽和化で転職方法が多様化

転職サービスの飽和化が著しく進んでおり、現在物凄い量の転職方法が世の中には存在します。

転職方法が多様化しすぎてどの方法が良いのか戸惑う方もいることでしょう。

今回は、そんな大量の転職方法をおすすめ順に整理してその理由を解説します。

転職方法が増え続ける理由

なぜ世の中に転職方法(転職サービス)が溢れているか、その理由は以下です。

転職者が増加していて、儲かるからです。

人材業界は毎年、前年比110%位で伸びてるんじゃないでしょうか。

どんだけ後から参入してもまだまだ儲けるチャンスがあるくらい人材業界(転職領域)は伸びています。

実際、周りの友人を見たときに大体転職してるでしょ?そゆことです。

ここで少し就活の話をぶっ込みますが、この転職の多さから分かるように就活で説明会行きまくって、何回も自己分析して、やっとこさ入った1社目が全然マッチングしていないってことです。

なので、自分に合う企業を就活で探すことはスーパーむずいってことを今一度伝えたいです。

まあ、そもそもずっと働く気で入社してないって人が多数だとは思いますが、、、。

どんな転職方法があるか

転職方法①:求人サイト

リクナビNEXT

最初の転職方法は求人サイトです。

所謂、転職サイトというのは求人サイトを指します。

WEBに求人が掲載されているのを誰しも1度くらいはみたことありますよね?

それ全部、どこかの人材会社運営してる求人サイトです。

人材が欲しい会社が人材会社にお金払って自分の会社の求人情報をのせています。

求職者側はそのサイトに会員登録して、もし応募したい企業があれば、応募ボタンを押して、サイト内でWEB履歴書送る、みたいな流れです。

一般的に有名な求人サイトはリクナビNEXTでしょうか。

求人サイトの良い点

・自分で自由に企業を選択して、応募することができる

求人サイトの悪い点

・求人が一定期間で消えてしまうことがある

・第3者からのアドバイスやサポートがない

・無料で気軽なため、ダラダラと転職活動をしてしまう可能性がある

転職方法②:転職エージェント

リクルートエージェント

次の転職方法は転職エージェントです。

人材紹介とも言います。

求人サイトとは異なり、直接WEBから行きたい企業に応募するのではなく、一旦、人材会社の転職エージェントと呼ばれる人と面談をし、その面談を通して、いくつか企業をピックアップしてもらい、その中から行きたい企業があれば、選考を受けるって流れです。

「人材紹介」や「転職エージェント」で検索かければ「1度、面談にきませんか?」みたいなキャッチフレーズの人材紹介サイトがいくつか引っかかると思うので、そこから面談希望のフォームを送ってください。

正直、紹介してもらえる企業はスキルや経歴によって全然違いますので、いっぱい紹介がもらえる人もいれば、全然紹介こない・・・なんて人もいます。

一般的に有名な転職エージェントはリクナビエージェントでしょうか。

転職エージェントの良い点

・転職のプロの転職サポートを受けることができる

・転職エージェントが自分に合う求人を探してくれるので手間が省ける

転職エージェントの悪い点

・転職エージェントも人間なので自分に合わない会社を紹介される可能性もある

・自分で自由に求人を選べない

・転職エージェント側も早めに入社まで導きたいのでゆっくりと転職活動できない

転職方法③:ヘッドハンティング

ビズリーチ

次の転職方法はヘッドハンティングです。

人材業界には人材ヘッドハンターなる職業が存在します。

もはや個人の域を超えてヘッドハンティング会社すらあります。

ヘッドハンターは、いい人材がいれば、直接話すなり、SNSで繋がるなどして、1度話をする機会を設けます。

そしてその人材に好条件の企業を紹介します。

言い換えれば、人材紹介のハイクラスバージョンです。

わかりやすく言うとスカウトマンです。

芸能界や野球のスカウトマンをイメージして欲しいです。

会社である程度の役職についたり、若いけれど能力があったりすると、ヘッドハンティング会社の目に留まり、1度お会いできませんか?みたいな流れになります。

自分が能力が高くてヘッドハンティングされる人材だと思えばヘッドハンティング会社に登録申請もできるのでお試しください。

一般的に有名なヘッドハンティング会社はビズリーチでしょうか。

ヘッドハンティングの良い点

・高待遇のオファーばかり

ヘッドハンティングの悪い点

・能力やスキルがないとオファーがこない

・慣れていない環境にいきなり責任者として就かなければならない

転職方法④:転職イベント

次の転職方法は転職イベントです。

転職フェアと呼ばれることもあります。

就活の合同説明会の転職バージョンです。

とある会場に採用したい企業と求職者が一同に集まり直接採用の機会を設けます。

転職イベントは就活のイベントと比べると来場する人数も少ないので、割と1社1社と話はできると感じます。

ほとんどの転職イベントが東京・大阪開催ですが年に数回、地方開催もあるので各転職イベントのHPを随時チェックしてみてください。

一般的に有名な転職イベントは、

doda転職イベント
女の転職typeイベント
マイナビ転職イベント

になります。

転職イベントについてもっと知りたい方は転職フェアって何?元人材会社マンが徹底解説しますをご覧ください。

転職イベントの良い点

・履歴書などの書類ではなく、直接会うことで人で判断してくれる

・ネットの求人情報だけではわからない部分も直接会うことでわかる

・不明瞭なことを質問することができる

転職イベントの悪い点

・イベントに出向かなければならない

・人が多く、何社も回るので単純に疲れる

転職方法⑤:直接応募

次の転職方法は直接応募です。

直接応募とは転職サイトや転職エージェントなどの人材サービスを経由せずに直接受けたい企業のHPや採用ページに行き応募することです。

企業側の意見にはなりますが、直接応募だと人材会社のサービスを通さないので採用コストが0円で済むので企業はハッピーです。

直接応募の良い点

・企業側の採用コストが0なので合格率が多少上がるかもしれない

直接応募の悪い点

・企業によってはHPの問い合わせを全然確認していない場合もあ利、スルーされる可能性がある

転職方法⑥:知人紹介

次の転職方法は知人紹介です。

リフェラル採用とも呼ばれます。

人材会社などのサービスを利用せずに自社の社員の繋がりなどで採用活動を行うことを指します。

リフェラル採用についてもっと知りたい方はhttps://jobchangegogo.com/referral/をご覧ください。

知人紹介の良い点

・信頼できる知人からの紹介なので信頼できる

知人紹介の悪い点

・特にナシ

おすすめ転職方法(個人的)

おすすめ転職方法1位:知人紹介

おすすめの転職方法1位は知人紹介です。

ただし信頼できる知人に限ります。

自分が信頼を寄せている知人、自分と波長の合う知人が勤めている会社や紹介してくれる会社であれば割とマッチング度は高いと感じます。

ベンチャー企業は特に求人をWEBに出したり、人材紹介を利用すると結構なお金がかかるので創業2~3年はリフェラルでの採用が多いです。

おすすめ転職方法2位:人材紹介

おすすめの転職方法2位は人材紹介です。

転職面談してもらうのは無料ですし、行ってみて損はないかと。

ただ、あなたが貴重な人材の場合、頻繁に電話がかかってくるからそれは覚悟しといてください(笑)

嫌な人はメールでのやり取り希望とでも言っておいた方が良いかも。

おすすめ転職方法3位:直接応募

おすすめの転職方法3位は直接応募です。

理由としては前述と重複しますが、直接応募の場合、採用する会社側からすれば採用費がかかりませんです。

ただ、今の時代で人材サービスの勢いがすごいため、直接応募する人はかなり僅かだと思います。

そのためか、HPの採用ページにいくと、採用は●●(人材会社)のサイトからお願いします。

と書かれているケースが結構あるので、その辺はご了承ください。

でも、やる気あるな〜!本当に興味があるんだ!と思われるので悪くない方法なのではないかと。

まとめ:転職方法を知り、自分に合った転職をしよう!

ここまで転職方法の種類とおすすめの転職方法についてまとめてきました。

各転職サービスの仕組みを理解することでそのサービスのメリットとデメリットが浮き彫りになってきますので、その上で自分に合った転職方法を見つけましょう。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.