転職エージェント 転職サイト

保育士の転職サイトのまとめ!使い方とコツもご紹介します

この記事はこんな人におすす

  • 保育士に興味がある人
  • 現在、保育士の人
  • 保育士で転職を検討している人

保育士の転職が増えている

昨今、薬剤師・保育士・介護士など専門職の転職が非常に増えており、転職需要に比例するように専門職の転職サービスも増加しています。

今回はそんな専門職の中でも保育士の転職に着目してお話しをします。

保育士への転職についての世間の声

保育士への転職について、世間の声を覗いてみましょう。

やはり、保育士でも転職が盛んに行われているようです。

保育士から別職種に転職する人、保育士から保育士へ転職する人など様々です。

今回は、保育士への転職にフォーカスしていきます。

一般の転職サービスでは保育士転職は難しい

みなさんがよく耳にする、CMなどで見る転職サイトや転職エージェントでは、保育士の求人は非常に少ないため、保育士の転職には向いていません。

保育士のような専門職には、専門職専用の転職サイトや転職エージェントが存在しますので、そのようなサービスを利用することをおすすめします。

保育士の転職サービス利用上の注意事項

1.複数の転職サービスを利用

よほどのことがない限りに自分に合った転職サービスをすぐに見つけることは困難です。

いくつかの転職サービスを並行して利用してやっと自分に合うサービスが見つかります。

2.求人情報をしっかりみましょう

保育士の転職サービスに掲載されている求人は詳細までしっかりみましょう。不明点は聞きべきです。

疑問点や曖昧な点がある状態で内定をもらい入社すると後々揉め事に繋がりますので確実に事前に聞いて解決しておきましょう。

3.ネットでの評判や口コミも確認する

求人情報は基本的には良い部分しか書かれていません。

ネットでの情報や口コミもみて客観的にその保育園を判断するようにしましょう。

保育士転職サービスの種類

保育士に限らず全ての転職サービスにも当てはまりますが、大きく分けて転職サービスには2種類あります。

1.転職サイト

1つ目は転職サイトです。

サイトにログインし、サイト内で応募企業に見せる用の履歴書を作成し、自分で検索項目を絞り求人を検索し、ネット上で企業に応募します。

2.転職エージェント

2つ目は転職エージェントです。

サイト内で基本情報を入力し、その情報が転職サイトを運営しているエージェントに届き、その情報や面談を元におすすめの企業を教えていただき選考などをサポートしてもらえます。

3.転職サイト&転職エージェント

最近は上記で紹介した転職サイトと転職エージェントをどちらも備えている転職サービスも出てきています。

それぞれの転職サービスの特徴については、おすすめの転職方法とは?あなたに合った企業を見つけよう!にてまとめています。

保育士の転職サービスまとめ

保育士転職サイト1:FINE!(ファイン)

保育士fine

サービス名:ファイン

形態:転職サイト

地域:全国

求人数:約8,000件

保育士転職サイト1つ目は、保育士転職サイトFINE!です。

メインキャラクターにハローキティを起用しており、非常に可愛らしいサイトデザインになっております。

エリア検索の他にジャンルごとに分かれたこだわり検索ができます。

保育士転職サイト2:保育のお仕事

保育のお仕事

サービス名:保育の仕事

形態:転職サイト、転職エージェント

地域:全国

求人数:約10,000件

保育士転職サイト2つ目は、保育の仕事です。

信頼できる保育士サイトNo.1と書かれています。

ただ転職サイトの「○○No.1」は信憑性が薄いので注意です。

この保育士の仕事は転職サイトだけではなく保育士のための転職フェアも開催しています。

保育士転職サイト3:イクシィ

イクシィ保育士転職サイト

サービス名:イクシィ

形態:転職エージェント

地域:全国

求人数:非公開

保育士転職サイト3つ目は、イクシィです。

このサイトは転職サイトではなく転職エージェント色が強くなっています。

サイトに登録すると専属のコンサルタントがついてあなたの転職を全面的にサポートしてくれます。

保育士転職サイト4:保育ひろば

保育ひろば

サービス名:保育ひろば

形態:転職サイト

地域:全国

求人数:4,500件

保育士転職サイト4つ目は、保育ひろばです。

転職サービスのHPには、珍しく大きく問合せ電話番号が記載されています。

通常、転職サービスにお問い合わせ番号を掲載すると電話が鳴り止まないので避ける傾向にあります。

この転職サービスも転職エージェントよりのサービスになっております。

地方在住の保育士であれば、保育ひろば経由で面接に行った場合には交通費の一部(5,000円分)を補助してくれるとのことです。

保育士転職サイト5:サポート保育

サポート保育

サービス名:サポート保育

形態:転職エージェント

地域:全国

求人数:非公開

保育士転職サイト5つ目は、サポート保育です。

このサイトは、自分の経歴や情報を先に入力した後に登録した電話番号に転職エージェントから電話がきてサポートが始まります。

登録しないと求人なども見ることができない完全な非公開型サービスです。

保育士転職サイト6:保育エイド

保育エイド

サービス名:保育エイド

形態:転職エージェント

地域:全国

求人数:非公開

保育士転職サイト6つ目は、保育エイドです。

人間関係に悩まない職場選びに特化したサイトです。

電話での相談も可能なので人間関係を転職軸の最優先にしている方はお使いください。

保育士転職サイト7:横浜保育ジョブ

横浜保育ジョブ

サービス名:横浜保育ジョブ

形態:転職エージェント

地域:神奈川(横浜中心)

求人数:非公開

保育士転職サイト7つ目は横浜保育ジョブです。

このサイトは横浜・川崎エリア限定の保育士転職サイトです。

サイトから無料登録をしてサイト内で自ら求人を探すことも可能ですが電話をしてサポートを受けることもできます。

まとめ:比較して保育の転職サイトを選ぼう

ここまで保育士の転職サイトの使い方といくつか保育士の転職サービスについてご紹介してきました。

自ら保育士求人を探していくスタイルや転職エージェントに相談するスタイルなど各保育士転職サービスにおいて特徴が異なりますので把握して利用するようにしましょう。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職エージェント, 転職サイト

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.