【保育士ワーカーの口コミ・評判】働きやすい職場に出会いたい!保育士ワーカー利用者49名の口コミをまとめてみました

 

この記事はこんな人におすす

  • 保育士ワーカーの利用を検討している人
  • 保育士で転職したい人
  • 保育士ワーカーの評判を知りたい人

 

現在の日本は共働きの家庭が増え、それに伴い保育園や認定子ども園の利用希望が多くなっています。

しかし、その一方で保育士不足は深刻な問題になっており、多くの保育園・認定こども園のホームページでは「保育士募集」の文言を良く見かけます。

求人数が常に多く、引く手あまたな保育士ですが、安易に転職を考えるのは危険!

選択肢が多いということは、さまざまな働き口が選べる反面、下調べを十分にしないと失敗に繋がってしまう可能性も高くなります。

転職をするならば、できるだけ好条件の職場に出会いたいですよね。

ここでは、保育士の転職エージェントサービスを行っている保育士ワーカーの口コミから、保育士ワーカーのメリット、デメリットを紹介します。

 

目次

保育士ワーカーとは?

 

保育士ワーカーとは、医療・介護事業に特化したトライトキャリア株式会社が運営する保育業界最大級の就職・転職情報サイトです。

公開求人数は2021年4月時点で38,840件、非公開求人数は11,420件と豊富で、他の保育系転職サイトと比較してもダントツに多い案件を扱っています。

登録後は、それぞれの地域に特化した保育士専門アドバイザーが、1人1人の希望に合う職場の提案から入職に至るまでフルサポート。

求人情報も施設形態(保育園・認定こども園などを含む9施設)、勤務形態(社員・パート・派遣)、こだわり条件(土日休み・未経験者OKなどを含む19条件)etc細かく条件を設定して検索できるため、自分の希望に合う職場を見つけることができますね。

利用料は完全無料です。

 

 

 

保育士ワーカーの特徴

保育士ワーカーにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

・全国各地に求人がある

・雇用形態が幅広い

・転職ノウハウが掲載されている

・大手企業の運営

 

保育士ワーカーの特徴1:全国各地に求人がある

保育士専門転職サービスをいくつか見てきましたが、保育士ワーカーはかなり地方求人も多い方だと感じます。

そのほど、利用者の口コミで「地方の求人が少ない」と書かれていますが、他のサービスよりは相当多いです。

どの都道府県の求人を調べても、最低100件以上は求人がヒットします。

※後ほどいくつかの都道府県をピックアップして、求人数を紹介します。

 

保育士ワーカーの特徴2:雇用形態が幅広い

保育士ワーカーでは、正社員・派遣・アルバイト(パート)まで幅広く求人を取り扱っています。

雇用形態を限定してサービスを展開しているも多い中、このように全雇用形態に対応してくれているのは嬉しいですね。

 

保育士ワーカーの特徴3:転職ノウハウが掲載されている

保育士ワーカーのサイトには転職ノウハウのページがあり、転職の基本的なことから成功のコツまで知ることができます。

 

 

転職活動をしながら困ったことがあれば、都度確認して進めるようにしましょう。

 

保育士ワーカーの特徴4:大手企業の運営

保育士ワーカーを運営するトライトグループは2004年に設立された大手企業になります。

大阪に本社を構え、従業員数は約3,000名です。

保育士ワーカー以外にも医療系の転職サービスを展開しており、国からもしっかり事業認可をもらい、運営しています。

 

保育士ワーカーの求人について

先ほど、「全国各地に求人がある」「幅広い雇用形態に対応している」と特徴の部分で述べましたが、果たして本当なのでしょうか。

実際に求人数と照らし合わせてみていきます。

 

保育士ワーカー求人(都道府県別)

いくつか都道府県をピックアップして求人数を紹介します。

地域 求人数
東京 7,338件
愛知 1,823件
埼玉 2,622件
大阪 6,936件
徳島 330件
和歌山 232件
宮城 906件
山梨 154件
山口 430件
熊本 543件

 

保育士ワーカー求人(雇用形態別)

雇用形態 求人数
正社員 31,084件
派遣 1,000件
アルバイト・パート 18,245件

 

都道府県別にみると、都心部は2,000~10,000程度の求人数で、地方は100~1,000程度の求人になっていることがわかります。

都心部の方が求人数は多いものの地方にも求人がそれなりにあります。

また雇用形態別に見ると、正社員が一番多く、次いでアルバイト・パートとなっています。

派遣については、検索機能で「派遣」という項目がなかったため、フリーワードで「派遣」と入力して表示された数字になりますので少なめになっております。

 

保育士ワーカーの評判は?利用者の口コミ徹底解説

保育士ワーカーを実際に利用した方々の口コミを見てみましょう。

まずは、良い口コミと悪い口コミ、両方確認していきます。

 

保育士ワーカーの良い口コミ5選

まずは保育士ワーカーの良い口コミからです。

 

・アドバイザーの対応が丁寧

・求人数が豊富にある

・求人に関する情報量が多い

・非公開求人数が多数ある

・勤務形態や施設形態を細かく設定して検索できる

 

保育士ワーカーの良い口コミ1:アドバイザーの対応が丁寧

女性アイコン1

20代女性

担当にもよるが、基本的には細やかなフォローをしてくれる。
連絡もすぐにもらえ、不安になることなく転職活動を進められた。

 

先に言っておくと、転職エージェントの担当者の呼び方は様々で、

・アドバイザー

・キャリアアドバイザー

・キャリアコンサルタント

・コンサルタント

など多岐に渡ります。

これ以降もしかすると、呼び方が異なる場合もありますが、全て同じ意味なので理解しておいてください。

アドバイザーとの相性はとても大切なので、担当になった方の性格や接し方から「この人が自分に合うのか」を見極めましょう。

このかたは良いアドバイザーと巡り逢えたようですね。

 

保育士ワーカーの良い口コミ2:求人数が豊富にある

女性アイコン1

20代女性

非常に豊富な求人があり、紹介される件数がとても多い。
求人情報の詳細に関しては、内情までしっかりと理解したうえで掲載されている印象があり、細かいところまで把握できたので助かった。

 

転職エージェントの求人は非公開になっているものも多く、正確な数を割り出すのが非常に難しいです。

そのため、紹介される求人数の量で判断する他ないですね。

求人が多いだけではなく、1つ1つの求人情報が濃いのは利用ユーザーにとっては嬉しいです。

 

保育士ワーカーの良い口コミ3:求人に関する情報量が多い

女性アイコン1

20代女性

給料や福利厚生だけでなく、実際の労働時間や有休消化率、人間関係の良好さなどの情報まで公開されていたため、転職後もギャップを感じることなく満足に働くことが出来ていた。

 

求人に関する情報は多ければ多いほど良いです。

また、求人情報ではわからない部分は、担当のアドバイザーに聞くようにしましょう。

 

保育士ワーカーの良い口コミ4:非公開求人数が多数ある

女性アイコン1

20代女性

転職活動を始めた当初、ハローワークを利用していたが、保育士ワーカーにも登録して探してみるとハローワークなどでは掲載されていない求人が多く驚いた。

 

正直、ハローワークの利用は断固避けるべき派の人間なので、ハローワークと保育士ワーカーでは比較対象にもならないほど保育士ワーカーの方が断然いいです。

地方で転職活動をしていたり、転職サービスに疎い人がハローワークの利用を検討すると思うのですが、基本的には使わない方がいいです。

また、保育士ワーカーに限らず、転職エージェントは多くの非公開求人を抱えています。

 

 

保育士ワーカーの良い口コミ5:勤務形態や施設形態を細かく設定して検索できる

女性アイコン1

20代女性

勤務形態(社員・パートなど)や施設形態(保育園・認定こども園・乳児院など)を細かく選択して検索できるため、より自分の理想に近い職場に出会えた。

 

転職サイトや転職エージェントの求人検索機能は年々精度が高まっています。

どの転職サービスも他の良い部分をすぐに取り入れるので、どんどん進化していきます。

検索機能については最重要項目になるので、どの転職サービスもかなり気合いを入れて作っています。

 

 

保育士ワーカーの悪い口コミ5選

次に、保育士ワーカーの悪い口コミを見てみましょう。

 

・電話連絡がしつこい

・転職後のサポートが何もない

・地方の求人が少ない

・アドバイザーの対応が悪い

・アドバイザー同士の連携が出来ていない

 

保育士ワーカーの悪い口コミ1:電話連絡がしつこい

女性アイコン1

20代女性

登録直後から電話が何十回もかかってきて、うんざりした。
メール送信の件数も多く、「平日は忙しい」と伝えても「連絡が欲しい」と言われ、あまりのしつこさに恐怖を感じた。

 

「連絡がしつこい」系の口コミはどの転職サービスでも必ず書かれています。

こればっかりは、どうにもならないので、あまりにしつこい場合は担当者を変えるか、利用サービスを変えてください。

向こうも必死なんでしょうが、もう少し考慮して欲しいですよね、、、。

 

保育士ワーカーの悪い口コミ2:転職後のサポートが何もない

女性アイコン1

20代女性

転職後の対応は何もない。他のサイトでは転職後1ヶ月後くらい経過すると、「どうですか?」と連絡をくれるところが多かったので、一切連絡がないのはどうかと思った。

 

他のサイトでは、転職後のサポートがあると書かれていますが、担当者による部分が大きいです。

基本的には、入社までのお手伝いと定義しているサービスも多いので、転職後のアフターフォローについてはそんなに期待すべきではないでしょう。

 

保育士ワーカーの悪い口コミ3:地方の求人が少ない

女性アイコン1

20代女性

保育士ワーカーは日本全国に対応していると聞き、すぐに登録したが私の住んでいる地方では他の県と比較すると求人数が少なく、希望する条件から多少妥協して就職。保育園自体も少ないところなので、仕方がないのかもしれないが…。

 

この方も書いていますが、「地方の保育園自体が少ない」のが非常に大きいです。

どの保育士転職サイトやエージェントを利用しても地方の求人が軒並み少ないので、併用したり、地方求人誌などを利用することも検討しましょう。

 

保育士ワーカーの悪い口コミ4:アドバイザーの対応が悪い

女性アイコン1

20代女性

電話をくれた担当者の言葉遣いが悪く、不快な思いをした。提案された求人も、希望している内容と全く違ったため利用しなくなった。

 

いいアドバイザーもいれば悪いアドバイザーも当然ながらいます。

自分の希望するアドバイザーを選択できればいいのですが、そういうわけにもいかないのが現実なので、ハズレを引いたら、繰り返しになりますが、他のアドバイザーに変えてもらうか、別のサービスの利用を検討しましょう。

 

保育士ワーカーの悪い口コミ5:アドバイザー同士の連携が出来ていない

女性アイコン1

20代女性

複数の担当者から違う電話番号で連絡が入ったり、一度伝えたことがアドバイザー間で共有できていないため、同じことを何度も言う羽目になった。

 

これは人材会社ではよくありがちなことです。

利用者からすると「しっかりしてくれよ」と思うのは当たり前のことなのですが、情報共有が杜撰なケースが非常に多いです。

情報共有が杜撰になる要因として、人材会社は、人の入れ替わりが非常に激しいので、その際に情報の共有が漏れます。(元人材会社勤務より)

 

保育士ワーカーの悪い口コミから学ぶ【転職活動する時の注意点3選】

保育士ワーカーを上手く使いこなすためには、どのようなところに注意すれば良いのでしょうか。

ここでは保育士ワーカーの悪い口コミから学ぶ、転職活動する時の注意点を3点挙げました。

 

・アドバイザーに自分の希望を明確に伝える

・他の転職エージェントサービスを併用する

・場合によっては、アドバイザーの変更を申し出る

 

それでは、1つずつ見ていきましょう。

 

保育士ワーカーの注意点1:アドバイザーに自分の希望を明確に伝える

「アドバイザーから提案される求人が自分の希望と異なる」という口コミがありました。

まずは自分の希望を明確にし、アドバイザーと擦り合わせをすることが大切です。

希望と異なる求人を紹介された場合には、その旨を伝え、自分の希望をアドバイザーと確認するようにしましょう。

 

保育士ワーカーの注意点2:他の転職エージェントサービスを併用する

保育士ワーカーでは、「地方の求人が少ない」「転職後のアフターフォローがない」といった口コミがありました。

実際にサービスを利用して情報量が少ない、アフターフォローが欲しいと感じた場合は他の転職エージェントサービスも併用すると良いでしょう。

 

保育士ワーカーの注意点3:場合によっては、アドバイザーの変更を申し出る

「アドバイザーの対応に不満を感じた」という口コミもありました。

人間、誰しも相性があり、「どうしても、このアドバイザーとは価値観が合わない、対応に不満がある」ということが起きます。

保育士ワーカーでは、ホームページから電話で相談することが可能です。

転職という自分の人生を左右する分岐点なので、納得がいかない場合には変更をお願いし、有意義な転職活動ができるように自ら行動していきましょう。

 

保育士ワーカーの口コミで学ぶ【おすすめな人の特徴3選】

保育士ワーカーの口コミから、保育士ワーカーの利用がおすすめな人の特徴は以下3選です。

 

・アドバイザーのサポートを受けながら転職活動したい

・条件を細かく設定し、求人検索したい

・転居等で遠方への転職をしたい

 

では、順番に見ていきましょう。

 

保育士ワーカーにおすすめな人1:サポートを受けながら転職活動したい

保育士ワーカーは、専属のアドバイザーがいるため、多くの求人の中から貴方に合った最適な情報をもらうことができます。

非公開求人の案内や労働条件の交渉等も行っているため、1から求人を探すのが時間的、性格的に難しい人や、第三者目線でアドバイスが欲しい人にはオススメです。

 

保育士ワーカーにおすすめな人2:条件を細かく設定し、求人検索したい

保育士ワーカーでは、

・施設形態(保育園・認定こども園などを含む9施設)

・勤務形態(社員・パート・派遣)

・こだわり条件(土日休み・未経験者OKなどを含む19条件)

・資格&職種(保育士・幼稚園教諭・正看護師・准看護師・栄養士)

 

といったように条件を細かく設定できるため、より自分の理想に近い職場を見つけることができます。

 

保育士ワーカーにおすすめな人3:転居等で遠方への転職をしたい

保育士ワーカーは全国の求人情報を取り扱っているため、転居等で遠く離れた地域への転職も可能です。

転職先周辺の交通の便や住宅状況等も地元のアドバイザーにより情報提供を受けられるので安心して転職活動を進めることができます。

 

保育士ワーカーの利用の流れ

保育士ワーカーの利用の流れを説明します。

他の転職エージェントも同様の流れなので、把握しておいてください。

 

・無料登録

・面談の設定

・キャリアドバイザーとの面談

・求人紹介

・選考

・内定

 

順に解説していきます。

 

保育士ワーカーの手順1:無料登録

まずは、保育士ワーカーのサイトで無料登録を行ってください。

名前や生年月日、住所、電話番号などの基本情報を入力します。

 

保育士ワーカーの手順2:面談の設定

面談予約フォームで空きのある日時に面談を予約します。

または担当者から電話がくるので、そこで面談の日程を決めます。

 

保育士ワーカーの手順3:キャリアドバイザーとの面談

面談は、対面とリモートのどちらかになります。

面談場所が近い場合は直接、遠方の場合はリモートになることがほとんどです。

 

保育士ワーカーの手順4:求人紹介

面談を通じて、キャリアアドバイザーがおすすめの企業をいくつか紹介してくれます。

それらをみて、自分が受けたい企業があれば、キャリアアドバイザーに伝えます。

もし、どの企業も微妙、、、であれば、再度出し直してもらうことも可能です。

出してもらった企業に不明点があれば、キャリアアドバイザーに聞くようにしましょう。

 

保育士ワーカーの手順5:選考

受けたい企業が決まったら、キャリアアドバイザーの指示に従って、その企業の選考に進んでいきます。

基本的には、キャリアアドバイザーが履歴書などを企業側に送り、書類審査になります。

書類が通れば、面接です。

日程調整などはキャリアアドバイザーが就活生と企業の間に入り、行ってくれるので、決まった日時にその企業へ出向く形になります。

希望すれば、書類添削や面接対策なども行ってくれるので不安な場合は相談しましょう。

 

保育士ワーカーの手順6:内定

面接の結果、内定が獲得できれば、入社までの流れを簡単に説明され、必要書類を入力しておしまいです。

もし、残念ながら不合格になった場合は、またキャリアアドバイザーにおすすめの求人を出してもらい、選考に進む流れです。

受けた企業にもよりますが、キャリアアドバイザー経由で不合格の理由を聞くことができるかもしれません。

気になれば、キャリアアドバイザーに1度聞いてみるもアリです。

 

保育士ワーカー以外のおすすめ保育士転職エージェント

保育士ワーカー以外にも保育士専門転職エージェントを検討したいという方のためにいくつかおすすめのエージェントを紹介しますので、参考にしてください。

 

・保育ひろば

・マイナビ保育士

・保育のお仕事

 

おすすめ保育サイト1:保育ひろば

保育ひろば

 

1つ目は、保育ひろばです。

保育ひろばは、ネオキャリア(人材会社)運営している保育士・幼稚園教諭のための転職支援サービスです。

経験豊富なコンサルタントの丁寧なサポートに定評があり、お客様満足度94.2%と高い評価を得ています。

利用料は完全無料で、転職のサポートをしてくれます。

また保育ひろばは、正社員や契約社員以外にも「保育ひろば派遣」というサービスを運営しており、幅広い雇用形態に対応しています。

 

 

 

 

おすすめ保育サイト2:マイナビ保育士

マイナビ保育士

2つ目は、マイナビ保育士です。

マイナビブランドなこともあり、求人数もかなり多く、ここ最近で急激に伸びてきた印象です。

ノウハウや知見に関しては長年人材業界を牽引しているTOP企業なこともあり、全く問題ないですし、コンサルタントの質も高いでしょう。

大手のサービスを安心して利用したい方にはおすすめです。

 

 

 

 

おすすめ保育サイト3:保育のお仕事

保育のお仕事

 

3つ目は、保育のお仕事です。

求人の紹介以外にも情報サイト、経営サイト、学童・アフタースクール専用サイト、女性のキャリアUPサポートなどかなり幅広く事業展開をしています。

保育の知識や情報に関してはNo.1かもしれません。

LINEでの相談も可能です。

 

 

 

 

まとめ:保育士ワーカーの口コミは良好!登録する価値アリ!

今回は保育士ワーカーについての評判や、転職活動をする上での注意点、保育士ワーカーがどんな人に向いているか、などについて解説しました。

まとめると、以下の通りです。

 

・保育士ワーカーは保育業界最大級の就職・転職情報サイトである

・多くの求人を取り扱っており、自分に合う条件の職場に出会える(2021年4月時点 公開求人数38840件、非公開求人数11420件)

・専属のアドバイザーが付き、全面的なサポートが受けられる

・勤務形態、施設形態、こだわり条件など、細かく条件を設定して求人を検索できる

・全国の求人情報を取り扱っているため、遠方への転職も可能

・積極的な姿勢が何よりも重要

・アドバイザーの当たり外れはある

 

保育士は全国的に不足している施設が多く、求職者が希望する職場を選べる環境にあります。

それだけに働く側としては、数多くの職場の中から、より自分の希望条件に合うところに出会いたいですよね。

保育士ワーカーを上手に利用し、生き生きと仕事をしている自分を想像しながら、積極的に行動していきましょう!

今回の記事が、あなたの転職活動の手助けになれば幸いです。

 

 

 

サンプル
  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。LINEでキャリア相談を行っています。

-女性の転職, 転職を知る, 転職エージェント

Copyright© キャリア図鑑 , 2021 All Rights Reserved.