【介護ワーカーの評判】利用者73名の口コミからわかる特徴・メリット・デメリットを徹底解説

介護ワーカー

この記事はこんな人におすす

  • 介護ワーカーの利用を検討している人
  • 介護職で転職したい人
  • 介護ワーカーの評判を知りたい人

「介護士として転職したいんだけど、介護ワーカーに登録してみようかなぁ」

介護の現場で人手不足が続いている現在、介護業界の仕事ならすぐに見つかりそうですが、自分に合った職場を一人で探すのは意外と大変ですよね。

そのため、介護業界に特化した「介護ワーカー」の利用を考える人も少なくないでしょう。

介護ワーカーは、「介護職さんが認めた支持率No. 1」を4年連続で獲得している、信頼できる転職サイトです。

とはいえ、「自分に合った職場見つかる?」「しっかりサポートしてもらえる?」「評判はどうなの?」などと気になりますよね。

そこで今回は、実際の利用者の口コミを調べてみました。

口コミをもとにメリット・デメリットも解説していきたいと思います。

この記事を読んで、介護ワーカーがあなたにとって本当に役に立つサイトかどうかの判断材料にして頂ければ幸いです。

 

目次

介護ワーカーとは

介護ワーカー

介護ワーカーは、株式会社トライトキャリアが運営する、介護業界に特化したエージェント型の転職支援サービスです。

登録すると、キャリアアドバイザーの手厚いサポートが受けられます。

求人紹介はもちろんのこと、履歴書の添削・面接対策・日程調整・条件交渉など転職に関するすべてのことをサポートしてもらえるので、転職活動に不安がある人でも安心です。

しかも、介護ワーカーのキャリアアドバイザーは介護業界の知識が豊富なので、質の高いサポートが期待できます。

業界トップクラスの求人数を誇っており、東京・大阪を中心に日本全国すべての地域に対応しています。

取り扱っている職種は、介護・ヘルパー職の他に、ケアマネージャー・相談員・サービス提供責任者・管理職など様々です。

幅広い年代の方が利用しており、「未経験OK」「ブランクありOK」の求人も豊富に取り揃えているので、介護の現場で働きたい方なら、どなたでも利用しやすいと思います。

求人検索もしやすく、職種・雇用形態・勤務形態はもちろんのこと、土日休み可・車通勤可能・夜勤のみOKなどのこだわり条件で細かく絞って検索できるので、ストレスなく求人を探すことができます。

またサイトには求人情報だけでなく、介護職に関する仕事や悩み、転職に役立つ情報などが豊富に掲載されているので、ぜひチェックしてみて下さい。

利用料は無料です。

 

 

介護ワーカーの求人について

介護ワーカーにはどのような求人があるのでしょうか。

全公開求人数:約77,523件

まずは、都道府県別に求人数を確認します。

地域にバラツキが出るように全国の都道府県からいくつかピックアップしました。

地域 求人数
北海道 5,451件
宮城 1,168件
茨城 798件
栃木 566件
群馬 723件
埼玉 2,519件
千葉 2,864件
東京 8,324件
神奈川 5,019件
静岡 1,566件
愛知 4,062件
京都府 2,688件
大阪府 11,375件
兵庫 5,417件
奈良 1,414件
広島 1,777件
福岡 2,714件

地方でもある程度の求人数があることがわかります。

次に雇用形態で見ていきます。

雇用形態 求人数
正社員 48,535件
派遣 10,033件
アルバイト・パート 19,077件

正社員の求人数が圧倒的に多いので、正社員転職向けであることがわかります。

ただ、派遣の求人も1万件以上あるので、派遣での転職にも利用は可能です。

最後は職種別に見ていきます。

雇用形態 求人数
介護職・ヘルパー 62,055件
ケアマネジャー 5,525件
相談員 5,385件
サービス提供責任者 3,498件
管理職 1,587件
その他 6,968件

当たり前ですが、介護職の求人数が多いですね。

ただその他職種も思ったより多い印象です。

 

介護ワーカーの福利厚生について

正社員での転職を検討している場合、この項目は読み飛ばしてください。

派遣での転職を検討している場合、介護ワーカーが雇用元になるので、社会保険などの福利厚生は気になりますよね。

介護ワーカーの福利厚生について調べたのですが、記載がありませんでした。

ただ、社会保険などの文言は見られるので、他の派遣会社と同様で一定の条件を満たせば、基本的な社会保険に加入できるシステムだと予想されます。

 

介護ワーカーの評判はどうなの?利用者の口コミを調査

介護ワーカーは、支持率も高く信頼できる転職サイトではありますが、利用するにあたってその評判は気になりますよね。

ここからは、利用者のリアルな口コミを紹介していきます。

 

介護ワーカーの良い評判【5選】

まずは、介護ワーカーの良い評判を見ていきましょう。

・担当者が良かった

・情報が細かい

・求人の質が良い

・求人数が多い

・年収がUPした

 

介護ワーカーの良い評判1:担当者が良かった

女性アイコン1

30代女性

段取りが良く進め方がスピーディで、連絡頂くタイミングもちょうどよい。
家庭のことや仕事のシフトを考慮してくれて助かった。
求人紹介では細かく希望や条件を聞いてもらえて良かった。
気になっていた求人に対して施設の雰囲気を教えてもらえた。
他社より本音で話しやすく、要望を受け止めてくれた感じはあった。

どの転職サービスを利用しても言えることですが、良い担当者もいれば、悪い担当者もいます。

この方は非常に良い担当者と巡り合えたようですね。

非の打ち所がないくらいの褒め言葉の連続で満足度が高かったことがうかがえます。

介護ワーカーの良い評判2:情報が細かい

女性アイコン1

30代女性

求人の紹介のみならず、その職場の人間関係の具合や定着率、残業時間など、知りたい情報はほとんど教えてくれます。
また希望すれば面接に立ち会ってもくれますし、面接の苦手意識があれば模擬訓練にて鍛えてもくれます。
転職成功に向けてあらゆる手段でサポートをしてくれます。

基本的な求人情報だけでなく、気になる情報まで教えてくれるのは嬉しいですね。

担当者によっては悪い部分は言わず、良いところだけを伝えて入社させようとするケースもあるので注意してください。

介護ワーカーの良い評判3:求人の質が良い

女性アイコン1

20代女性

求人数が多いので選択肢を多くもって、自分に合う求人を見つけることが出来ました。
基本的にスタッフの方が厳選してもってきてくれるので私の条件に合った施設ばかり。
以前働いていた施設よりも圧倒的に条件が良いのでびっくりしました。
スタッフの方も二人三脚でサポートをしてくれるので信頼をすることが出来ました。本当に利用してよかったです。

質の良い求人を紹介されるということは、それに見合う経験や能力を転職希望者が持っている証拠なので、この方も優秀なのでしょう。

経験や能力があるのに、安月給で働いている人にこのような妥当な条件が提示されより良い転職ができることは非常に望ましい状況です。

介護ワーカーの良い評判4:求人数が多い

男性アイコン1

20代男性

介護ワーカーを利用して驚いたのは、その求人数の多さです。
他の転職エージェントにもいくつか登録していましたが、あまり納得のいく量ではなかったので、違うエージェントにも頼ろうと思い介護ワーカーに登録しました。
介護ワーカーには質の良い求人が揃っていて、充実した転職活動ができて良かったです。

他の介護系のサイトと比べても、介護ワーカーの求人数は非常に多いです。

求人数が多ければ良い、というわけではないですが、ある程度の求人数が紹介されないと選択のしようもないので、求人数が多いことに越したことはないでしょう。

介護ワーカーの良い評判5:年収がUPした

女性アイコン1

20代女性

前の職場の年収が労働と見合っていない気がしていて、不満が溜まっていました。
そこで介護ワーカーを使ってみたところ、年収アップに成功しました!新しい勤務先は人間関係もいいところですし、一安心です。やっぱり年収は大事ですよね。

年収がUPできるかは、個々人の経験や能力にもよりますが、年収UPが期待できる求人を取り扱っているかも大事です。

実際、この方だけではなく、年収を含む条件が良くなったという回答が多いので、求人の量、質ともにレベル高いことが見てとれます。

 

介護ワーカーの悪い評判【3選】

続いて、介護ワーカーの悪い評判を見ていきましょう。

・連絡が多い

・無理矢理な勧誘

・スピードを求められる

 

介護ワーカーの悪い評判1:連絡が多い

女性アイコン1

20代女性

キャリアコンサルタントの対応は積極的で良いのですが、ほかの転職サービスに比べるとちょっと連絡が多いような感じです。
自分のペースを大切にしたかったので、もう少し連絡の数を減らしてくれると良かったと思います。

 

女性アイコン1

30代女性

介護ワーカーに登録してから感じたことがあります。それは「電話がしつこい」ことです。仕事中でも電話をかけてきますし、夜遅くにも電話をかけてくるので、もう少し常識のある行動を取ってほしいと感じました。
社員教育はしっかりされているとは思うのですが、結果がほしいせいなのか、必死さが感じるので、もう少し余裕が欲しいなと感じました。

連絡頻度が多いのはどの転職エージェントを利用しても同じです。

他の介護系の転職サービスの口コミも見ればわかるのですが、本当にどこの転職サービスも「連絡の多さ」についての悪い口コミが書かれています。

電話以外の連絡手段を希望する旨を伝え、それでも聞いてくれない場合は、担当者の変更や別サービスの利用を検討してください。

介護ワーカーの悪い評判2:無理矢理な勧誘

男性アイコン1

30代男性

社会福祉士、相談員の求人を探していること、介護職に勤める気は無いことを伝えているにも関わらず、介護職やまったく関係ない職を何度も勧めて来ました。
また、興味のない会社への見学をしつこく勧められました。
電話もしつこく、エージェント側が早く自分の結果を出したい感が否めませんでした。

これも転職エージェントあるあるです。

エージェントの都合で希望とは異なる求人に誘導されるケースがあります。

この場合、もうすぐに担当者の変更を申し出ましょう。

その担当者のまま、進めても何も良い結果を生みません。

介護ワーカーの悪い評判3:スピードを求められる

女性アイコン1

30代女性

登録してから、面接まで急かされる様にあっと言う間に見学に行くついでに面接もと言われ私的にはゆっくり探すつもりでしたが、この時期はすぐ求人もなくなるので早めがいいですと半ば強引にでした。

 

女性アイコン1

30代女性

サービス登録後に電話が掛かってきてある程度希望を伝えたらすぐに求人を紹介されたり、希望とは違う求人をあれもこれもメールで送られてきたりと、次への転職を急がされてる、せかされている感じが自分にとっては良い気分しなかった。

これも先ほどの意見とほとんど同じですね。

他の求人と検討させる時間を与えず、早く決めてもらうために選考のスピードを担当者都合で早められることがあります。

あまりにも強引な場合は、先ほどと同じく担当者の変更をしましょう。

本当にこのような文化を転職エージェントからなくすべきだと思うのですが、私が人材会社に勤めていた7年前から変わりないです。

 

介護ワーカー評判【利用感想】

介護ワーカーの実際の利用者1名の長文での利用感想を共有します。

※あくまで大勢の利用者の中の1名の意見なので、そこを理解した上でお読みください。

介護ワーカーの利用感想1:女性/30代前半

介護ワーカーや他の転職サイトも、初めは登録をしなければならない煩わしさがありました。

私も自分の主任介護支援専門員としての価値を知りたくて、求人が見るべく登録をしました。

当時の私は、介護支援専門員の価値が低いのでは、と感じていましたので、その価値を見出したく登録をしました。

登録をしてしばらく求人を見ていると、介護ワーカーの担当者から連絡がありました。

その時の内容は、登録の内容、転職先に求める条件、これまでの経歴などでした。

私は、もし、良い条件があれば転職しても良いと考えていたので、思い切って希望条件を伝えたところ、その条件では難しいと言われましたが、何とかその条件に近い求人先を探してみるとの事で、話は終わりました。

その数日後に再度担当の方より連絡がありました。

条件的には私の希望には届きませんが、面接次第で条件を考えるとの事で、面接の調整など間に入って頂いて、とても親切に対応して頂き、さらには先方の話や約束事などを文章に起こし、トラブルのないように,寄り添って頂きました。

とても心強かった事を覚えています。

面接後は先方からの連絡待ちでしたが、直接のやり取りは禁止なようで、必ず担当者を通じてのやり取りでした。

さらに、数日経った頃、担当者より連絡があり、先方の返事を聞きました。

その返事とは、まさかの前向きに私を迎え入れたいとの返事と、再度就職に際してどの様な希望があるかの確認でした。

また、先に先方の返事を頂きましたが、驚くほどの条件でした。

担当者も、介護支援専門員の転職を担当して数年経つが、初めての定時との事でした。

通常、良くてもこのぐらいですが、私の場合は、それをはるかに超えた条件との事でした。

私も正直驚きましたが、私自身が現職の仕事に区切りをつけるのに時間がかかりそうであった事と、ボーナスとの兼ね合いもあり、難しい事を伝えました。

その後も、間に入って頂き、先方の受け入れ条件と私の希望とのすり合わせを親身にして頂きました。

今にして思えば、私がなかなか現職の職務に区切りがつかず、大変ご迷惑をおかけしたかと思います。

また、後で聞いた話ですが、先方が私を獲得する為に、私の要望や生活状況など、時には一時間を超えてまで、私との間に入って頂き、私がスムーズに転職できる様にコーディネートしてくれていたのだと思います。

私が先方の時期に転職となるとボーナスが出ない為、それを補填する為に先方とかけあって頂いたり、本当に私に損が無い様に話を進めて頂いたのだと思います。

確かに転職サイトなので、転職したらバックをもらう仕事だと思っていましたが、私の場合、それ以上に親身になって頂いた気がします。

結局は現職から離れる事が困難になった為、転職は実現しませんでしたが、最後まで、私の転職については、条件面では奇跡だと話されていました。

また、それを断る事にも驚かれると共に悔やまれていました。

私も相当悩みましたが、現職の仕事をまともに仕上げずに転職するのは、現職場にも迷惑をかけると共に転職先にも中途半端な気持ちになってしまうと考えた結果でした。

介護ワーカーの担当者は、本当に親身になって寄り添って頂き、転職の際の不安やストレスを軽減して頂きました。

本当に感謝しております。

もし、次に転職の機会がありましたら、ぜひ、介護ワーカーさんにお願いをしたいと考えております。

 

介護ワーカーの利用感想2:女性/30代前半

私が初めて転職サイトを利用した際にお世話になったのが「介護ワーカー」でした。

利用するようになったのは、インターネットに掲載されていた好条件の求人に応募したかったからです。

説明を読むと応募には以下の記入が必要とのことでした。

  • 名前
  • 生年月日
  • 所持している資格
  • 連絡先(電話番号とメールアドレス)
  • その他希望

指示通り記入すると、その30分後には担当者と名乗る方から連絡が来ました。

「あなた様の担当をさせて頂く●●です。

より良い転職ができるようサポートさせて頂きますので、よろしくお願いします」と声がよく通る若い男性の声。

ふむふむ、頼りにできそうだぞ・・・そこから、「介護ワーカー」の利用が始まりました。

利用していくうちに便利だなと思う点と不満に思う点と両方ありましたが、当時は転職サイトについて何も知らなかったので、こんなものかと思っていました。

便利な点として

  • 自分で探さなくても、好条件と思われる求人を探してきてくれる
  • 実際に応募する前に、担当者から求人を出している会社の人事の人間に打診してくれる

以上の2点があげられます。

特に後者に関して、事前に採用の見込みがないと分かれば応募しない為、履歴書や職務経歴書を用意する必要がなく、手間が省けていいなと思いました。

不満な点として

  • 担当者がコロコロ変わる
  • 希望とは全く違う求人を提示される
  • 約束を忘れる

主に上記の3点でした。

特に3番目については、怒りを通り越して諦めの境地に至りました。

具体的には、「日中業務時間帯に連絡しないという約束が守られず何度も連絡してくる」「相手先の人事担当者に個人情報を伝える際、私の許可を得てから伝えるという約束が守られない」等、いくらなんでも対応がお粗末だと思うことがありました。

結局、私は「介護ワーカー」に登録して利用をしていたものの、「介護ワーカー」からの紹介で就職を決めることはありませんでした。

理由はもっとよい転職サイトにお世話になり、「介護ワーカー」を利用しなくなったからです。

しかし、「介護ワーカー」との関係は切れませんでした。

「他の転職サイトを利用するので、もう連絡はしなくていいです」と担当者に伝えるものの、前記した通り「介護ワーカー」は約束すら忘れるという欠点があるので、何度も連絡をしてきます。

始めは電話やメールにて再度断りの連絡を入れていましたが、途中から諦め、連絡が来ても放置するようになりました。

そうすると、どうなったか。

「介護ワーカー」に登録してから現在で3年ほど経過しようとしている現在でも、未だに私の携帯にはショートメッセージが届いています。

電話も時々。

どうしてこんなに来るのだ。

そんなに私に仕事を紹介したいのか。

そんな私は一体何者だ。

なぞは深まるばかり。もうホラーの世界にいるようです。

いつかスマホの機種変更をして電話番号も変えたら、本当に「介護ワーカー」との関係は切れるのでしょう・・・

 

介護ワーカーの利用感想3:男性/20代後半

「介護ワーカー」は、全国対応でかつ、公開求人数が80,554件(2021年9月24日現在)に上る、日本最大級の介護職専門転職支援サイトです。

パソコン用ホームページからは、ご希望の条件(地域、職種、雇用形態、施設形態等)を入力検索することで、介護求人をサイト上で検索できます。

また、個人情報を入力し、転職サービスを申込むことで、お探しの地域担当の介護職専門アドバイザーが、希望に沿った求人をご紹介していただけます。

なお、スマートフォン用ホームページでも、転職サービス申込及び介護求人情報の閲覧が可能ですので、外出先からでも求人情報検索することが可能ですね。

■「介護ワーカー」を利用してみて

「介護ワーカー」を実際に登録し、利用してみての感想ですが、『自身が求めていたよりも、より良い求人情報を紹介していただいた。』 ということです。

他の介護系転職サイトと比較して「介護ワーカー」にどんなメリットがあったかと、実際に「介護ワーカー」に登録してからの流れについて、詳しく述べていきましょう。

■「介護ワーカー」に登録してからの流れ

「介護ワーカー」に登録すると、登録してから数時間(深夜時間帯に登録の場合は、翌日になります)のうちに、担当地域のアドバイザーから電話が入ります。

そして、アドバイザーから入力した希望条件と転職の理由、さらに転職希望の時期等ヒアリングされます。その際に、現勤務先での不満や悩みなどを伝えておくと、アドバイザーが、より希望に沿った求人情報を見つけてくることもあるようです。

■「介護ワーカー」を利用するメリット

「介護ワーカー」を利用するメリットは、自身の希望に沿った求人情報を提供していただけることです。加えて、他の転職支援サイトと比べ、圧倒的に多い求人数を誇るため、幅広く転職活動を行うことが出来ると言えます。

また、非公開の求人情報が多いことでも知られており、登録したことで好条件の求人を紹介していただき、転職できたという話も伺っております。

■「介護ワーカー」を利用するデメリット

「介護ワーカー」を利用したが上のデメリットは、アドバイザーにもよりますが、求人案内等の電話が多いということです。加えて、SMSでの案内も多いと伺っています。

あまりの着信の多さに、担当アドバイザーの携帯電話番号をブロックしたという話も聞いておりますので、電話連絡が必要な際は、事前にメールかSNSで用件を送ってもらうよう、担当アドバイザーに伝えておく方がいいかもしれませんね。

■最後に

介護施設への転職を本気で考えているなら、「介護ワーカー」を利用する価値はありかと考えます。

ただ、電話連絡の多さを気にするのであれば、他の介護系転職サイトを利用するか、担当アドバイザーに「メール等での連絡を優先的に実施して欲しい。」と伝えておくのがいいかと思います。

何はともあれ、「介護ワーカー」を上手に利用して、介護職の方の転職活動が成就することを願っております。

 

介護ワーカーのデメリット【2選】

介護ワーカーの悪い評判をもとに、デメリットを解説していきます。

・連絡がしつこい

・転職を急かされる

 

介護ワーカーのデメリット1:連絡がしつこい

介護ワーカーでは、一人一人に寄り添ったサポートをしてもらえますが、それゆえに連絡が多くなることもあります。

転職活動のサポートを受ける上で、担当者から連絡が来るのはごく当たり前のことですが、あまりにも頻繁に連絡が来ると迷惑に感じる人もいるでしょう。

特に、忙しくて電話に出られない時間帯に何度も電話ががかかってくると、うんざりしてしまいますよね。

もし、「連絡がしつこい」と感じた場合は、「連絡頻度を減らして欲しい」「電話は◯時〜◯時の間でお願いします」などと自分の希望をしっかり伝えましょう。

介護ワーカーのデメリット2:転職を急かされる

介護ワーカーは、病院や施設に人材を紹介し入職させることによって報酬を得ています。

そのため、強引に求人をすすめられたり、転職を急かされることもあるので注意が必要です。

ただ、最終的に応募するかどうかを決めるのはあなたなので、紹介された求人が自分に合わないと思えば、はっきり断りましょう。

 

介護ワーカーのメリット【3選】

介護ワーカーの良い評判をもとに、メリットを解説していきます。

・年収アップが期待できる

・求人数が多い

・内部事情に詳しい

 

介護ワーカーのメリット1:年収アップが期待できる

現在の年収に不満があって転職を考える人もいるのではないでしょうか。

介護業界は賃金が低いと言われていますが、介護ワーカーで取り扱っている求人は、比較的高賃金のものが多いので、年収アップが期待できます。

実際に、8割以上の利用者が年収をアップさせることに成功しています。

また、キャリアアドバイザーの交渉により給与が上がることも少なくないので、年収アップを狙っている人にはおすすめの転職サイトです。

介護ワーカーのメリット2:求人数が多い

介護ワーカーの求人数は、非常に多く公開求人だけでも、7万件以上も用意されているので、選択肢の幅が広がります。

さらに、非公開求人も豊富に取り扱っているので、自分ではなかなか見つけることができない好条件・高待遇な求人に出会えるチャンスがあります。

また、求人は全国に対応しており、他の介護士転職サイトと比べて地方の求人も多いので、地方で働きたい人にもおすすめです。

介護ワーカーのメリット3:内部事情に詳しい

求人情報を見れば、給与や待遇・勤務形態などの基本情報は確認できますが、職場の雰囲気や人間関係までは分からないですよね。

介護ワーカーでは、病院や施設の口コミ・評判を常に収集しているため、内部事情にも詳しいです。

応募前に、職場の雰囲気や人間関係など実際に働いてみないと分からないような情報を入手できるので入職後のミスマッチが防げます。

 

介護ワーカーの利用の流れ

介護ワーカーの利用の流れを説明します。

他の転職エージェントも同様の流れなので、把握しておいてください。

・無料登録

・面談の設定

・キャリアドバイザーとの面談

・求人紹介

・選考

・内定

 

順に解説していきます。

介護ワーカーの手順1:無料登録

まずは、介護ワーカーのサイトで無料登録を行ってください。

名前や生年月日、住所、電話番号などの基本情報を入力します。

介護ワーカーの手順2:面談の設定

面談予約フォームで空きのある日時に面談を予約します。

または担当者から電話がくるので、そこで面談の日程を決めます。

介護ワーカーの手順3:キャリアドバイザーとの面談

面談は、対面とリモートのどちらかになります。

面談場所が近い場合は直接、遠方の場合はリモートになることがほとんどです。

介護ワーカーの手順4:求人紹介

面談を通じて、キャリアアドバイザーがおすすめの企業をいくつか紹介してくれます。

それらをみて、自分が受けたい企業があれば、キャリアアドバイザーに伝えます。

もし、どの企業も微妙、、、であれば、再度出し直してもらうことも可能です。

出してもらった企業に不明点があれば、キャリアアドバイザーに聞くようにしましょう。

介護ワーカーの手順5:選考

受けたい企業が決まったら、キャリアアドバイザーの指示に従って、その企業の選考に進んでいきます。

基本的には、キャリアアドバイザーが履歴書などを企業側に送り、書類審査になります。

書類が通れば、面接です。

日程調整などはキャリアアドバイザーが就活生と企業の間に入り、行ってくれるので、決まった日時にその企業へ出向く形になります。

希望すれば、書類添削や面接対策なども行ってくれるので不安な場合は相談しましょう。

介護ワーカーの手順6:内定

面接の結果、内定が獲得できれば、入社までの流れを簡単に説明され、必要書類を入力しておしまいです。

もし、残念ながら不合格になった場合は、またキャリアアドバイザーにおすすめの求人を出してもらい、選考に進む流れです。

受けた企業にもよりますが、キャリアアドバイザー経由で不合格の理由を聞くことができるかもしれません。

気になれば、キャリアアドバイザーに1度聞いてみるもアリです。

正社員雇用での転職の場合は、ここでサポートは終わりですが、派遣雇用の場合は、終業後も定期的に連絡をとり、派遣先の状況共有や契約の相談などを行います。

 

介護ワーカーのよくある質問

介護ワーカーに寄せられる質問をいくつかピックアップしました。

介護ワーカーのよくある質問1:登録した個人情報が他のサービスなどに使われないか心配です

ご登録いただいた個人情報は厳重に管理しておりますので、第三者に漏洩することはありません。
また、ご登録いただいた内容に関しましては求人の紹介や転職のサポートのみに使用し、他の目的に使用することは一切ありませんので、安心してご利用ください。

引用:介護ワーカー

介護ワーカーのよくある質問2:非公開求人とは何ですか?どうして非公開なのですか?

求人サイトやハローワークなど、一般には公開されていない求人情報のことです。
「通常より好条件の求人なので、応募が殺到するのを防ぎたい」
「人手が不足していることを顧客に知られたくない」
という施設・企業などの採用担当者様からの依頼を受けて、募集をおこなう求人のことです。
非公開求人につきましては、ご登録いただいた方で条件に合った方にのみメールやお電話などで個別にご紹介をおこなっております。

引用:介護ワーカー

介護ワーカーのよくある質問3:未経験で介護職への転職を考えているのですが、大丈夫でしょうか?

ご安心ください。介護ワーカーには未経験者歓迎の求人も多数あります。
未経験の方には、教育制度の整った職場をご紹介いたします。介護分野に挑戦してみたいといった意欲をお持ちの方のご利用をお待ちしております。

引用:介護ワーカー

 

介護ワーカー以外のおすすめ介護転職サイト

介護ワーカー以外にも介護転職サイトを検討したい方のために、おすすめのモノをいくつか紹介します。

・かいご畑

・マイナビ介護職

・きらケア介護

 

おすすめの介護転職サイト1:かいご畑

かいご畑

1つ目は、かいご畑です。

「かいご畑」は、介護職の就職・転職情報を掲載している介護職求人の専門サイトです。

これまでに培った実績とネットワークを活かして、良質な求人情報を厳選しています。

介護資格を持つ専任のコーディネーターがお仕事を紹介、就職・転職までサポートいたします。

無資格・未経験からスタートされる方でも、働きながら0円で介護資格が取れる「キャリアアップ応援制度」があります。

 

 

おすすめの介護転職サイト2:マイナビ介護職

マイナビ介護職

2つ目は、マイナビ介護職です。

多くの方がご存じであろうマイナビが運営している介護専門の転職サイトでうs。

登録企業数が5万以上を突破し、全国各地の求人を扱っています。

マイナビブランドなので、安心して利用できるのではないでしょうか。

 

 

おすすめの介護転職サイト3:きらケア介護

きらケア介護アイコン

3つ目は、きらケア介護です。

レバレジーズという人材会社が運営している介護専門の転職エージェントです。

きらケア介護は正社員と派遣を紹介を得意とした転職サービスになります。

正社員雇用、派遣雇用どちらの求人も1万件を超えており、豊富です。

自分のライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

 

 

 

まとめ:介護ワーカーは全国の求人対応しており、求人の量・質が高い!

今回は、介護ワーカーの口コミ・評判をもとにメリット・デメリットを解説させて頂きました。

まとめると以下の通りです。

<メリット>

・年収アップが期待できる

・求人数が多い

・内部事情に詳しい

・全国に求人がある

<デメリット>

・連絡がしつこい

・転職を急かされる

すべて無料で利用できるので、気になった人はぜひ登録してみて下さい。

 

 

 

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。LINEでキャリア相談を行っています。

-転職を知る, 転職エージェント

Copyright© キャリア図鑑 | あなたの転職・就職・副業のそばに , 2021 All Rights Reserved.