転職サイト徹底比較!あなたに合う転職サイトを探そう【2020年最新版】

この記事はこんな人におすす

  • 転職サイトについて知りたい人
  • 転職を検討している人
  • 今後の転職のために情報を得たい人

中途採用でメインの転職方法の1つである転職サイトについて、おすすめの転職サイトを中心にご紹介していきます。

各転職サイトの特徴を把握して、より良い転職をしましょう。

 

転職サイトとは?

転職サイトにを含む転職方法については、おすすめの転職方法とは?あなたに合った企業を見つけよう!で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。

 

転職サイトの種類

転職サイトにはどのような種類があるでしょうか。

 

転職サイトの種類1:総合転職サイト

1つ目は、総合転職サイトです。

総合転職サイトとは、業種や職種などを問わず、様々な求人が掲載されているサイトを指します。

2000年頃から紙からネットで転職活動を行うことが主流となり、その時代にのっかるように総合転職サイトが続々と出てきました。

 

転職サイトの種類2:専門転職サイト

2つ目は、専門転職サイトです。

専門転職サイトとは、業種や職種、性別、年代など何かに特化した転職サイトを指します。

後ほど、有名な専門転職サイト名を挙げて、具体的に紹介します。

 

総合転職サイトまとめ

「正社員の募集」がメイン、かつ「あらゆる職種が掲載されている」転職サイトです。

 

転職サイト1:リクナビNEXT

転職サイトリクナビNEXT

知名度:★★★★★
使いやすさ:★★★★★
求人数:★★★★★
オリジナリティ:★★★

 

1つ目の転職サイトはリクナビNEXTです。

いわずと知れた業界No.1のリクルートが運営しています。

求人数や登録会員数もおそらくNo.1なのではないでしょうか。

とりあえず会員登録しとけ!って転職サイトです。

 

 

 

 

転職サイト2:マイナビ転職

転職サイトマイナビ転職

知名度:★★★★★
使いやすさ:★★★★★
求人数:★★★★★
オリジナリティ:★★★

 

2つ目の転職サイトはマイナビ転職です。

業界No.2の呼び声高いマイナビが運営しています。

リクナビに並ぶ勢いのサイトなので、ここもとりあえず登録しとけ!って転職サイトです。

 

 

 

転職サイト3:DODA

転職サイトdoda

知名度:★★★★★
使いやすさ:★★★★★
求人数:★★★★★
オリジナリティ:★★★

 

3つ目の転職サイトはdodaです。

運営会社は、数年前に「インテリジェンス」から社名変更をした「パーソル」です。

2019年現在、深田恭子さんがメインでCMをされています。「DODA子と申します!」と冒頭で挨拶をしていてえげつないくらい可愛いです。

リクナビマイナビに続く3番手の転職サイトでしょう。

この転職サイトdodaの他にもミイダスという市場価値診断アプリも運営しています。

 

 

 

 

転職サイト4:エン転職

転職サイトen転職

知名度:★★★★★
使いやすさ:★★★★★
求人数:★★★★★
オリジナリティ:★★★

 

4つ目の転職サイトはエン転職です。

バカリズムさんと松岡美優さんがCMを行なっていることで話題のenジャパンが運営しています。

前述している3会社と同じく総合転職サイトになります。

エンジャパンは元々社員として働いていた方の口コミを集めたリアルな企業評価サイト「カイシャの評判」を運営していたり、

無料で求人が掲載できるサイト「engage」なども開発し、新しい試みにチャレンジしている印象です。

 

 

 

転職サイト5:type

転職サイトtype

知名度:★★★★
使いやすさ:★★★★
求人数:★★★
オリジナリティ:★★★★

 

5つ目の転職サイトはtypeです。

キャリアデザインセンターが運営しております。

2019年現在、オードリーの春日さんがメインキャラクターとなり、電車広告などに力を入れております。

総合転職サイトではあるものの、すでに前述した4サイトのパワーが強いため、総合転職サイトでありながら、エンジニアの転職に強いサイトとして界隈では知られています。

 

 

 

転職サイト6:日経キャリアNET

転職サイト日経キャリアNET

知名度:★★★
使いやすさ:★★★
求人数:★★★
オリジナリティ:★★★

 

6つ目の転職サイトは日経キャリアNETです。

日経HRが運営する総合転職サイトです。

日経って新聞のイメージなのですが、人材業もやってるんですね。

まだ界隈では知名度ないかもしれませんが、日経ブランドは強いです。

 

 

 

転職サイト7:キャリトレ

転職サイトキャリトレ

知名度:★★★
使いやすさ:★★★★
求人数:★★★
オリジナリティ:★★★★

 

7つ目の転職サイトはキャリトレです。

ハイクラス転職で有名なビズリーチが運営する転職サイトです。

ビズリーチは、転職エージェントと転職サイトをMIXさせたようなサイトをもう1つ運営しており、そっちがメインかと思います。

そのサイトはどちらかと言うと転職エージェントに分類されると思ったので、別記事で紹介しております。

20代の転職をメインとした転職サイトというよりは、スマホ利用する転職アプリになります。

画面に出てくる条件で当てはまるものをタップしていき、最終的にその条件にマッチする求人を弾き出してくれます。

ゲーム感覚で転職活動ができ、なんだか楽しいですよ。

 

 

 

 

転職サイト8:wantedly

転職サイトwantedly

知名度:★★★★
使いやすさ:★★★
求人数:★★
オリジナリティ:★★★★★

 

8つ目の転職サイトはwantedlyです。

通常の転職サイトとは異なるSNS感覚で利用する新生転職サイトといったところでしょうか。

facebookやtwitterなどと連携することもでき、サイト内に履歴書などはなく、個々のプロフィールの詳細を見てスカウトしたり、企業ページへ行き、応募したりするのが最大の特徴です。

SNS大好きな若年層の心をがっちり掴められば、これからもっと転職希望者の利用が増えるはずです。

 

 

 

転職サイト9:Linkedin

転職サイトlinkedin

知名度:★★★
使いやすさ:★★
求人数:★★★
オリジナリティ:★★★

 

9つ目の転職サイトはLinkedinです。

前述したwantedlyに似た転職サイトです。

転職サイトではあるものの用途は転職だけではなく、ビジネスの繋がりを増やすことなどにも多く利用されます。

Linkedinは海外企業ですので、まだ日本での認知は弱いのですが、グローバルに活躍したい人材であれば、うまく活用できれば良い出会いがあるのではないでしょうか。

 

 

 

転職サイト10:Re就活

転職サイトre就活

知名度:★★★
使いやすさ:★★★
求人数:★★★
オリジナリティ:★★★

 

10つ目の転職サイトはRe就活です。

Re就活という名前の通り、20代前半をターゲットした若手向けの転職サイトです。

登録する転職希望者の年齢が若いこともあり、未経験でも大丈夫な求人が多く掲載されています。

 

 

 

転職サイト11:indeed

転職サイトindeed

知名度:★★★★
使いやすさ:★★
求人数:★★★★
オリジナリティ:★★

 

11つ目の転職サイトはindeedです。

芸人の千鳥さんや、泉里香さんを起用したCMで話題の世界最大の求人検索エンジンサイトindeedです。

TOPページはgoogleみたいなつくりをしています。

正直、人材業界に身を置いていた際も今ですが、日本でindeed使ってるってあんまり見ないんですよね、というのもindeed自体が海外の企業なので、世界規模でみると圧倒的なサイトパワーを持つものの、まだ日本での知名度が付いてきていない気がしています。

 

 

 

転職サイト12:イーキャリア

転職サイトイーキャリア

知名度:★★★
使いやすさ:★★★
求人数:★★★★
オリジナリティ:★★★

12つ目の転職サイトはイーキャリアです。

お笑い芸人ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんを起用したCMプロモーションを展開しているのが印象的です。

全国各地の求人を掲載しており、イーキャリア経由で転職が決まった方にはお祝いとしてAmazonギフトカードの贈呈もあります。

 

 

 

女性専門転職サイト

「正社員または契約社員の募集」がメイン、かつ「あらゆる職種が掲載されている」女性専門転職サイトです。

 

女性専門転職サイト1:女性の転職type

転職サイト女の転職type

知名度:★★★★
使いやすさ:★★★★
求人数:★★★★
オリジナリティ:★★★★

 

1つ目の女性専門転職サイトは女性の転職typeです。

先ほど総合転職サイトの方でも出てきましたキャリアデザインセンターが運営しております。

全て女性限定の求人になっております。

サイトのアイコンとしてムーミンのキャラクターであるリトルミィが採用されています。

 

 

 

女性専門転職サイト2:マイナビ転職女性のおしごと

女性転職サイトマイナビ女のおしごと

知名度:★★★★★
使いやすさ:★★★
求人数:★★★★
オリジナリティ:★★★

 

2つ目の女性専門転職サイトはマイナビ転職女性のおしごとです。

こちらも総合転職サイトでも出てきましたマイナビさんが運営しています。

マイナビさんは、複数の転職サイトや転職エージェントだけでなく、不動産や旅行業なども展開しており、かなり手広いですね。

 

 

 

女性専門転職サイト3:エン転職WOMAN

女性転職サイトen転職woman

知名度:★★★★★
使いやすさ:★★★
求人数:★★★
オリジナリティ:★★★

 

3つ目の女性専門転職サイトはエン転職womanです。

これも先ほど出てきたエンジャパンさんが運営しています。

総合サイトやってる会社はこのように女性特化転職サイトにも展開しています。

 

 

 

女性専門転職サイト4:日経WOMANキャリア

女性転職サイト日経womanキャリア

知名度:★★★
使いやすさ:★★★
求人数:★★★
オリジナリティ:★★★

 

4つ目の女性専門転職サイトは日経womanキャリアです。

こちらも先ほど出てた日経さんが運営です。

もう総合転職サイト持ってる会社は軒並み女性サイトもしてますね(笑)

 

 

 

女性専門転職サイト5:とらばーゆ

女性転職サイトとらばーゆ

知名度:★★★★★
使いやすさ:★★★
求人数:★★★
オリジナリティ:★★★

 

5つ目の女性専門転職サイトはとらばーゆです。

天下のリクルートが運営しています。

少し前まではこのとらばーゆが女性の転職サイトでは猛威を奮っていたのですが、最近はCMやWEB広告も見ないし、リクルート的には優先順位が低いサイトなのかな?と思ってしまいます。

リクルートと言えば総合サイトや新卒サイトのイメージですから優先順位が下がるのはしょうがないっちゃしょうがない気もします。

 

 

 

 

エンジニア/WEB系の専門転職サイト

エンジニア/WEB系の正社員または契約社員募集がメインの専門転職サイトです。

 

IT専門転職サイト1:Green

IT転職グリーン

知名度:★★★★
使いやすさ:★★★
求人数:★★★
オリジナリティ:★★★

 

1つ目のIT専門転職サイトはGreenです。

WEB/インターネット業界の転職と言えば、Greenが最初に思い浮かびます。

大手から中企業まで幅広く掲載されており、最近ではWEBCMなどにも力を入れています。

 

 

 

IT専門転職サイト2:paiza

IT系転職サイトpaiza

知名度:★★★
使いやすさ:★★★
求人数:★★★
オリジナリティ:★★★★★

 

2つ目のIT専門転職サイトはpaizaです。

知る人ぞ知るコーディング転職サイト「paiza」です。

実際に選考過程にプログラミングチェックがあるのである程度のスキルを入社前に確実に把握することができ、選考の合否判断も非常にしやすくなっております。

 

 

 

IT専門転職サイト3:Findjob

IT系転職サイトfindjob

知名度:★★★
使いやすさ:★★★
求人数:★★★
オリジナリティ:★★★

 

3つ目のIT専門転職サイトはfindjobです。

元々はIT/WEB系だけではなく、総合転職サイトに近い形だったのですが、近年業種をITのみに絞りました。

TOPページに在宅勤務やリモートワーク求人を強く訴求しており、新しい働き方への応援が見られます。

 

 

 

転職サイトの求人まとめサイト

各転職サイトに掲載されている求人をまとめて掲載しているサイトになります。

わかりやすい例でいうと、「価格.com」の転職サイトバージョンです。

 

転職EX

転職まとめサイト転職EX

株式会社じげんが運営する転職まとめサイトです。

主要な転職サイトの情報が集約されているので情報量が多すぎるのが難点ですが、その分ヒットする求人は多くなります。

上記でご紹介してきたリクナビNEXT、マイナビ転職、DODAなどの求人も含まれています。

 

 

 

まとめ:各転職サイトの特徴を把握しよう

ここまで転職サイトについて比較・まとめてきました。

転職サイトと言ってもこれだけの数ありますので、各サイトの特徴を把握して自分のお気に入りの転職サイトを利用するようにしましょう。

できるだけ1つの転職サイトに絞らず、いくつか並行して利用するのが良いでしょう。

 

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職を知る, 転職サイト

Copyright© キャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.