社会人の営業職は想像より辛い件。学生の皆さんへ元営業マンからのお告げです。

この記事はこんな人におすす

  • 営業職に興味がある人
  • 営業職の中身を知りたい人
  • 営業職に就いている人

 

社会人の営業は予想以上に辛い

営業は辛い

文系男子の大半が就くであろう「営業職」についてご紹介します。

大学生が思っている数倍、社会人の営業職は辛いです。

本当に辛いです。

客観的に自分を分析して、「メンタルが弱い」「営業はちょっと・・・」と感じる部分があるのであれば営業職は本当におすすめしないです。

体調崩してストレスフルになるのが関の山です。

目標達成すれば、インセンティブがもらえたり、周りにチヤホヤされたり良いこともありますが、僕の営業の思い出は「辛い」一色です(笑)

 

営業の種類

そもそも営業にはどのような種類があるのでしょうか。

ご紹介するのはかなり一般的なものになりますので業種によってさらに細分化されます。

 

・新規営業

・既存営業(ルート営業)

 

新規営業

完全に面識のない企業や個人を相手に営業をします。

はじめまして、の状態なので、向こうはこっちに無関心のところからのスタートです。

この営業が1番辛い営業なのではないでしょうか。

 

既存営業(ルート営業)

次に既存営業です。

すでに自分の会社のお客さんのところへ営業に行くことを指します。

定期的にお客さんを回り、状況を確認することでより良い関係を保ったり、新たなニーズの発見につながります。

 

営業の手法

次に営業手法についてまとめていきます。

 

・テレアポ営業

・飛び込み営業

・ポスティング営業

・メール営業

・広告宣伝営業

 

営業手法1:テレアポ営業

電話による営業を指します。

いわゆる営業電話です。

僕が営業をしていた時はこのテレアポ営業がメインでした。

テレアポリストを作成し、次々と電話をしていきます。

アポが取れたら後日、直接営業へ行きます。

 

営業手法2:飛び込み営業

次は飛び込み営業です。

対個人であれば、自宅のインターフォンを鳴らす。

対企業であれば、会社のインターフォン(受付受話器)を鳴らす。

テレアポより無下に扱われることが多いので辛さMAXです。

 

営業手法3:ポスティング営業

自宅のポストにアホほど広告が入っていますよね。

それがポスティング営業です。

いろんな会社のポスティングを請け負うポスティング専門の会社もあります。

 

営業手法4:メール営業

メール営業に関しては対個人より対企業のがメインかもしれません。

企業HPの問合せフォームなどに営業のメールを送ります。

テレアポをして全然相手にされなかったり、繋がらなかった場合にメールを用いるケースもよくあります。

 

営業手法5:広告宣伝営業

これは間接的な営業手法になるのですが、WEBの広告や電車やテレビなどのマス広告を打って、サービスの認知をあげることを指します。

サービス内容によってはまずは広く浅くでも良いので、知ってもらうことが大事なケースによく用いられる手法です。

実際、テレビCMなどで印象的な企業の宣伝は記憶に残ります。

 

僕の営業時代の辛い体験談

僕は前職で営業職でした。

同期が50人ほどいましたが1年後には半分になり2年後には1/3以下になりました。

一応、東証1部企業の営業職ですよ?(笑)

僕の時代では、これは驚きの離職率!ってわけでもなく、業種にもよるが営業職に絞ってみれば至って少し離職率が高いな、、程度です。

新卒入社の営業職の半分程度は早めに退職すると思っていた方がいいです。

いやいや僕は私はそんなことないぜ!と思うでしょ?そんなことあるんです。

 

僕の営業職の辛い1日をご紹介

僕の場合は人材会社の営業で今から紹介するのは入社1〜2年目の1日です。

朝8時に満員電車に乗り、押しつぶされながら、会社に到着。

今日電話をするリストをひたすら印刷し朝会後、9時になったら用意された電話機でひたすら事前にリストアップした企業に電話をかけコール結果をネット上のシステムに打ち込む。

そして、また電話。打ち込む。電話。打ち込む。

これの繰り返しです。

アポが取れて営業が入ってる日は昼ごろから外出してアポ先に行き、帰社後、受注できそうなら提案書を作成します。

特に見込みの企業がなければ、そこからまた電話。打ち込む。電話。打ち込む。この繰り返しです。

退社時間の平均は21時頃だったと思います。

ブログだから大げさに書いているんでしょ?と思われる学生の方もいるかもしれないです。

ただ誇張などしていません。

僕のしていた営業が「新規営業」といって営業の中でも断トツで辛いです。

「ルート営業」であればすでに先輩が担当している取引のある会社に担当を引き継いでもらうので新規よりも楽です。

営業の種類によってだいぶ辛さが異なるので、どの種類の営業をするのかは営業する前に必ずチェックしてください。

 

辛い営業が1社目でよかった

基本は、アンチゴリゴリ新規営業スタンスの僕ですが、新卒の時期に辛いことに挑戦できたと言う意味では、最初が営業職でよかったとも思います。

今からもう1度あの辛い営業がやりたいかと言えば速攻でNOです。

でも辛いことを承知で営業をしてみるのもアリです。

 

営業辛いあるある

もっと営業マンの辛さについて知ってもらうために営業マンあるあるをご用意しました。

現役営業マンの方は共感いただける部分もあるのではないでしょうか?

 

・リストアップのために朝早めの出社

・月末がハードモード

・目標達成していれば天国、してなければ地獄

・目標達成してなかったら帰りづらい

・休日も営業数字のことを考えてしまう

・プライベートで営業エリア行くとスイッチが入る

・可愛さは営業の武器

・同期の営業成績が良いと辛い

・営業成績が低いとボーナスが終わる

 

営業辛いあるある1:リストアップのために朝早めの出社

営業辛いあるある1つ目は、リストアップのために朝早めの出社です。

営業マンの朝は非常に早いです。

なぜなら、その日に営業をするリストアップをしなければならないからです(ルート営業の人はこれないかも)。僕の時代は、リストアップしたリストを上司に見せなければならなかったので、規定の出社時間より1時間は早くきて全部印刷して、上司が来る前に上司の机に上に置いてました。

めちゃくちゃ手間でしたね。

新卒だったので、「いや、WEB上の共有でよくね?」と思ってましたが、言えず・・・。

社会人になって思うのですが、年齢の高い上司のITリテラシーって思ってる以上に低いですよ(笑)

 

営業辛いあるある2:月末がハードモード

営業辛いあるある2つ目は月末がハードモードです。

これは会社によると思いますが、多くの会社は月単位で営業目標がついているのではないでしょうか。

なので、月末になると、目標達成のためにみんな躍起になるわけです。お願いメールやお願い電話をしてみたり、請求書を発行して、先方に印鑑をもらって経理に提出したり・・・。

その結果、目標達成すれば、ヒーローのように崇められ、未達成なら、まるでそこに存在していないかのような扱いをされます。

未達成の時は、もうその場にいたくないですし、その後に軽い打ち上げがあるのですが、酒も美味しくないんです。

なので、地獄か天国かという表現をしています。

 

営業辛いあるある3:目標達成していれば天国、してなければ地獄

営業辛いあるある3つ目は、目標達成していれば天国、してなければ地獄です。

営業職では残念ながら、あまり過程は見られません。

「結果が全て」の世界です。

どんだけサボろうか、どんだけ一生懸命頑張ろうが、数字をあげた奴が勝者なのです。

そのため、月の目標が半月経過時点で達成ペースにいれば、上司にも何も言われないので、外回りでカフェで寝てようが、究極、ネットカフェで漫画読んでようが、風俗に行ってようが、お咎めなしです。(勿論、駄目なことですよw)

逆に、目標達成ペースにのっていないと、上司からは「どーするんだ?」と毎日詰められ、地獄の1ヶ月になります。

もう最悪ですよ。

 

営業辛いあるある4:目標達成してなかったら帰りづらい

営業辛いあるある4つ目は、目標達成してなかったら帰りづらいです。

目標が未達だと非常に帰りづらいんですよ。

「こいつ、目標達成してないのに帰るのか?まじか?大丈夫か?」なんて誰も思っちゃいないですよ、たぶん。

でも、思われてるんじゃないかな、と考えてしまって、帰りづらいんです。

本当嫌になっちゃう、仕事って他人の目を気にしてまでしなければならないんでしょうか、、、トホホ

 

営業辛いあるある5:休日も営業数字のことを考えてしまう

営業辛いあるある5つ目は、休日も数字のことを考えてしまうです。

これは本当によくないです。

仕事じゃないときはリラックスすべきなんです。

でも、ふとした瞬間に営業数字がよぎるんですよ・・・。

ぎゃゃゃゃ!!!!

 

営業辛いあるある6:プライベートで営業エリア行くとスイッチが入る

営業辛いあるある6つ目は、プライベートで営業エリアに行くとスイッチが入るです。

お客さんをもつと、何度もそのお客さんの処に出向くようになるので、その土地にも何度も行くことになります。

何度も行けば、ランチでご飯を食べたり、カフェに入ったりとその土地のお店も利用するようになりますし、その土地の地理も理解するのでかなり詳しくなります。

詳しくなるのはいいのですが、プライベートで営業エリアに行くと、「ここ次の営業日にテレアポしよ」とか「あの会社、ウチのサービス使ってくれそう」とか考えてしまうんです。

そして、折角のプライベートも台無しに、、、。

 

営業辛いあるある7:可愛さは営業の武器

営業辛いあるある7つ目は、可愛さは営業の武器です。

営業してて思ったのは、マジで可愛いは正義ということです。

顔が可愛い子は本当にそこそこ売れます。

全くスキルもやる気のないけど可愛い営業女子はそこそこの営業スキルをもつ男子より売れます。

でも、圧倒的な営業スキルの持ち主は「可愛さ」すら凌駕します。

 

営業辛いあるある8:同期の営業成績が良いと辛い

営業辛いあるある8つ目は、同期の営業成績が良いと辛いです。

最愛の同期が売ってるんだから、素直に喜びたいところなのですが、なかなかそうもいかず、、、。

「同期の○○があんだけ成績出してるのにお前は何してんだ?」とか先輩に言われ出す始末です。

 

営業辛いあるある9:営業成績が低いとボーナスが終わる

営業辛いあるある9つ目は、営業成績が低いとボーナスが終わるです。

ボーナス査定は会社によるのですが、大抵の営業職は、勤務態度4:営業成績6の比率ではないでしょうか。

僕の会社は、営業成績の比率が8だったので、営業成績がそのままボーナスに直結します。

その結果、1番ひどい時は夏のボーナス5万でした、、、。

 

営業職が嫌なら就職・転職も検討しよう

理系出身の方はそもそも営業職に就くことは少ないと感じますが、文系出身の方はほとんどの方が営業職からのスタートです。

もし営業職に就きたくないのであれば、異なる職種を検討しましょう。

年齢が若い方であれば、未経験でも転職可能なケースもありますが、異なる職種に就くには何かスキルを身に着けることが非常に重要になります。

実際、僕も元々営業でしたが、スキルを独学で身につけて、現在は動画編集や WEBデザイン、マーケティングなどを行っています。

今流行りのスキル・職種である、

・動画編集

・プログラミング

・WEBデザイナー

について別記事でまとめていますので気になる方はご覧ください。

 

営業職以外に転職したい方におすすめのサイト

もし営業職以外への転職を検討している方におすすめのサイトを紹介します。

未経験職種への転職を想定したおすすめサイトをいくつか挙げます。

 

・リクナビNEXT

・doda

・就職shop

 

おすすめの転職サイト1:リクナビNEXT

リクナビNEXT

こんな方におすすめ

  • 中小企業〜大手企業まで幅広く見たい
  • 大卒以上
  • とにかく求人数が見たい

 

1つ目のおすすめ転職サイトは、リクナビNEXTです。

全転職サイトの中で1番有名な転職サイトではないでしょうか。

求人数も全転職サイトの中でNo.1で、専門職以外、全職種掲載されています。

とにかく求人数が多いので、それに比例して未経験OKな求人も多いで選択肢は非常に拡がります。

とりあえず直近転職する気がなくても、情報収集するのにも向いていますし、とりあえず「転職しよっかな」と思ったら即登録しておくべきサイトでしょう。

 

 

 

おすすめの転職サイト2:doda

doda

こんな方におすすめ

  • 転職サイトと転職エージェントを併用したい
  • 大卒以上
  • とにかく求人数が見たい

 

2つ目のおすすめ転職サイトは、dodaです。

dodaは転職サイトと転職エージェントが一体型になっている転職サービスです。

自分で求人を検索することもできますし、転職エージェントに相談することをできます。

一体型になっていることもあり、非公開求人もあわせると60,000件以上の求人がありますので、未経験求人を探すのには困らないでしょう。

もし未経験職種に応募するのであれば、転職サイトを利用した方が賢明です。

 

 

 

 

おすすめの転職サイト3:就職shop

就職shop

こんな方におすすめ

  • 学歴や職歴に不安がある
  • 人柄で判断してほしい
  • 非正規雇用から正社員になりたい

 

3つ目のおすすめ転職サイトは、就職shopです。

このサイトは転職サイトではなく、リクルートが運営する第2新卒や既卒、高卒、フリーター向けの転職エージェントです。

多くの転職サイトや転職エージェントが大卒向けの中、このようなサービスは非常に少なく貴重になります。

ほとんどの紹介求人が、未経験OKな求人で、学歴や職歴に地震がない方が不安になることの多い『書類選考』がありません。

そのため、確実に面接からスタートすることができ、人柄で合否を判断してもらうことができます。

紹介企業はリクルートのスタッフが全て訪問した上で判断しているので、ブラック企業を徹底排除を心がけています。

学歴や職歴に不安のある方は是非、ご利用ください。

 

 

 

 

まとめ:やっぱり営業は辛い

営業は辛い

ここまで営業の辛い事項についてまとめてきました。

書いていて感じたのが、やはり楽しいことより辛いことの方が僕は多かったなと感じます。

営業が死ぬほど楽しい!と感じる人も中にはいるようなので(僕には到底わからない感覚ですが)、そもそも営業職が自分に向いているのか、またどのような営業職を選択すべきなのかが非常に大事になってきます。

 

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職を知る

Copyright© キャリア図鑑 , 2021 All Rights Reserved.