【実体験あり】WEBデザイナーになるには?おすすめのスクールとおすすめの転職サイト

この記事はこんな人におすすめ

  • 手に職が欲しい人
  • WEBデザイナーになりたい人
  • WEBデザイナーってよくわかんない人

目次

手に職をつける時代が到来!?

昨今、ネット社会の急激な発展により、プログラミングなどのPC関連の専門スキルが非常に注目を浴びています。

小学校の子供にプログラミングを習い事の1つとして学ばせる親も増えてきたそうです。

そんなネット社会で注目を浴びているのはプログラミングだけではありません。

プログラミングと横に並ぶくらい注目させているのがWEBデザイナーです。

今回はこのWEBデザイナーになるにはどうすれば良いのか、おすすめのWEBデザインスクールもご紹介します。

WEBデザイナーとは?

そもそもWEBデザイナーとはどのような職業なのでしょうか。

Webデザイナーの仕事内容は、WEBサイト、メディア、LPなどのデザインをすることです。

例えば、

・企業ホームページ
・記事がたくさん掲載されているウェブメディア
・ホームページに誘導するための広告のようなページ
・ブログ

などが該当します。

上記以外にもWEBでみれるページはほとんどWEBデザイナーが考案して作成されたといっても過言ではないでしょう。

WEBデザイナーに向いている人

どのような人がWEBデザイナーに向いているのでしょうか。

・人と対面する仕事が苦手
・何かを売るより何かを作る方が好き
・何かを作り始めたら没頭できる
・なんとしても手に職が欲しい

僕の周りのWEBデザイナーは上記のような項目が当てはまります。

未経験でもWEBデザイナーになれる?

結論から言うと未経験でもWEBデザイナーになれます。

ここでは、僕の友達の体験談をご紹介します。

Aさんは新卒で大手のIT営業マンとして社会人生活を切りました。

ただ、想像以上に自分と風潮が合わず、死にたいと思ったこともあったようです。

社会人2年目の時に、このままでは辛い未来しか見えないと感じ、趣味でWEBページの作成などをしていたことを思い出し、WEBデザイナーに興味を持ちました。

幸いにもその会社での給料は高く、年収も500万ちょっとあったので1年間貯金をして、その会社を退職しました。

その貯金をWEBデザイナースクールの費用50万にまわし、そのスクールに半年通いながら、家でも独学に励みました。

その結果、WEBデザイナースクール卒業時にAさんに興味をもった何社かから声がかかり、2社程度とWEBデザイナーとして業務委託契約を結び、4年経過した今でもそのうち1社とはまだ契約が続いています。

それからは友達の会社や友達が勤めているデザイン会社からも依頼が来るようになり、今は、フリーランスのWEBデザイナーとして活躍しています。

Aさんはほぼ未経験の状態から1年間かけてWEBデザイナーになりました。

このことからやる気があれば、未経験からのWEBデザイナーへの転職も可能だと僕は感じます。

 

WEBデザイナーなるのに必要なWEB言語

WEBデザイナーに必要な言語にはどのようなものがあるでしょうか。

WEB言語1:html

これはWEBデザインの根幹となるWEB言語です。

この言語を利用して、WEBページの骨組みを作っていきます。

WEB言語2:CSS

このCSSでhtmlでつくったWEBページの骨組みに装飾を施していきます。

hrmlだけだと非常に質素なWEBページになってしまうのでこのcssも必須です。

WEB言語3:Javascript

hrmlとcssだけでも表面的なデザインは充分かもしれません。

しかし、さらにWEBサイトをお洒落にするために動きが必要だと感じた時にJavascriptが活躍します。

画像のスライドや、ポップアップの表示などが具体例です。

上記以外にもPHPなどの言語を使用する場合あります。

ただ、上記の3言語が使いこなせるようになればかなりクオリティの高いWEBページが作成できるでしょう。

 

WEBデザイナーの具体的な業務内容

WEBデザイナーと言われる業務は具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

・チラシづくり
・WEBバナーづくり
・ホームページづくり
・ロゴづくり
・WEBメディアづくり

などが主な仕事内容になります。

ただ、多くの人はホームページやWEBメディアなどが作成できるようになりたい!と希望している人が多い印象です。

では、下記からWEBデザイナーの仕事の中よりホームページ作成を例にして、手順を分解して説明していきます。

下記の流れはあくまで一例ですので、WEBデザイナー個々によって多少違いがありますことをご了承ください。

 

STEP1:作成の依頼がきたら、ざっくりと希望を聞く

まずホームページ作成の依頼がきたらざっくりと先方の希望を聞きます。

・見本にしたいホームページはあるか
・どのようなホームページにしたいか
・いつまでにリリースしたいか

など大枠を掴みにいきます。

この見積もりによってある程度の作業量が見えてきます。

 

STEP2:見積もりを出す

実際に作業量を見積もることができたら、次は値段の算出です。

このホームページを作成するのにいくらかかるのかを先方に提示します。

この時、50万、70万、90万といったようにいくつかパターンを分けて値段を決めるのも良いでしょう。

この値段の松・竹・梅ですが、

・実装できる機能
・納期
・作成するページ数

などによって決めることが多いです。

 

STEP3:ラフ画を作成する

先方とすり合わせの上、作成金額が決定したら、次はラフ画の作成です。

先方の希望を元に簡単なラフ画を作成します。

このラフ画ですが、昔は手で描くことも多かったみたいですが、現在はフォトショップをはじめ便利なツールがあるので、それらを利用して描く人が増えています。

前述した見積もりとラフ画の作成ですが、順番が前後することもあります。

企業によっては先に何社かにラフ画を依頼して、その中からコンペをして本依頼するところを決めるといった手順を踏むことも、、、。

これはラフ画を書いてもその時点ではお金がもらえないことを意味するのでWEBデザイナー泣かせです。

ラフ画の作成だけにお金をくれる場合も少数ですがあります。

 

STEP4:サーバーの契約

このサーバーの契約はいつしてもいいのですが、作成したWEBページをWEB上に公開するにはどこかのサーバーと契約し、そのサーバー上に作成したページをアップロードする必要があります。

サーバーの数はかなりの数あるのでどこと契約するかは自由です。

サーバーが起因する部分として、

・WEBページの耐久度
もし、ものすごい数の同時アクセスが発生した場合、サーバーの強度が脆いとWEBページが見れなくなります。

・WEBページへのアクセス速度
たまにページが開くのが遅いWEBページってありませんか?
そのページを開いている本人のwifi環境も原因の1つですが、サーバーの強度も関係します。

料金は半年で約1万~1.5万円程度です。

 

おすすめのレンタルサーバー

おすすめレンタルサーバー1:Xサーバー

レンタルサーバーXサーバー

このブログもXサーバーを契約して運用しています。

国内でもかなり有名なサーバーで、速度や耐久度ともによほどのアクセスがない限り、個人運用のWEBページはもちろん、企業も問題なく利用できると感じます。

不安な方は10日間無料利用もできるのでお試しください。

 

おすすめレンタルサーバー2:ロリポップ

レンタルサーバーロリポップ

このブログはXサーバーですが、お手伝いしている個人経営者の方のWEBページはロリポップを使っています。

ネット業界大手のGMOが運用しており、Xサーバーと同様、国内での知名度は非常に高いです。

ロリポップも10日間お試し利用が可能なので興味のある方は是非!

 

STEP5:ドメインの取得

ホームページを作成するには、そもそもホームページのドメインを取得する必要があります。

http://www.XXXXXXX.comのようなアドレスのことです。

上記もどこかのドメインサービスから取得する必要があります。

このドメイン取得には、年間約1000円程度かかります。

 

おすすめのドメイン取得サービス

 

おすすめのドメイン取得サービス1:お名前.com

お名前.com

ドメイン取得で1番有名なのはこのお名前.comではないでしょうか。

今までいろんなドメインを取得してきましたが全てお名前.comで取得しています。

広告や宣伝が少し多いのが難点ですがサービス自体は非常に良いのでここで取得して問題ないかと。

 

おすすめのドメイン取得サービス2:エックスドメイン

エックスドメイン

先ほどサーバーでご紹介したエックスサーバーのドメインverです。

もしエックスサーバーでサーバー契約する人はそのままドメインも取得してしまうのが良いでしょう。

 

STEP6:ラフ画のWEBページを実際に作成

サーバーとドメインの契約は並行してやるとして、話を戻します。

ラフ画のOKがでたら、実際にそのラフ画をWEBページに落としこんでいきます。

ここではサイトのコーディングも全て行う前提で話します。

場合によってはこのパートからはプログラマーやコーダーと言われる職種の方に任せるケースもありますが、WEBデザイナーが自らこのパートもできると非常に重宝されますし、収入にも大きく影響します。

WEBページを作成していく過程に大きく2パターンありますのでそれぞれ解説します。

 

全て自分でコーディングする

まずは、自分で1から全てWEBページを作成するパターンです。

これは高い知識がないと難しい作業です。

本当に真っ白なところから組み立てていくのでWEBページの構想とその構想をコーディングできるスキルがないと到底無理です。

ちなみ僕は現在段階では無理です。

僕はそこまでの実力がないので次に紹介する方法でWEBページを作成しています。

 

テンプレを利用する

次にテンプレを利用する方法です。

ここで言うテンプレとは、1から全部作成する必要が内容に基幹部分が作ってあり、そこに自分なりに加工を加えていきます。

テンプレを提供しているサービス

テンプレサービス1:wordpress

wordpress

1つ目はwordpressです。

ちなみにwordpressと検索してもwordpressのサイトは出てきません。

wordpressは数百のテーマがネット上に展開されており、そのテーマの中から自分の好きなテーマを選んでダウンロードします。

例えば、企業のホームページをwordpressを利用して作成したければ、「企業ホームページ wordpressテーマ」などと調べれば、求める検索結果がヒットするでしょう。

 

テンプレサービス2:Jimdo

Jimdo

2つ目はJimdoです。

Jimdoは、wordpressと比べるとWEBデザインの知識がない人が利用する印象です。

かなり簡易的にWEBページを作ることができる一方、細かいところまで弄れないのでwordpressよりも綺麗でお洒落なWEBページにするのは難しいです。

特にこだわりがなく、すぐにホームページが欲しい場合は、jimdoでもいいかもしれません。

 

STEP7:納品

コーディングが終わったら納品して完了です。

全て完成させてから修正するのは非常に手間なので、50%完成した段階で1度先方に出して修正をもらうのがよいでしょう。

 

WEBデザイナーになるためのおすすめスクール

WEBデザイナーになりたい人におすすめのスクールをご紹介します。

 

WEBデザイナーになるためのスクール1:テックキャンプデザイナー転職

テックキャンプデザイナー転職

1つ目のWEBデザイナースクールはテックキャンプデザイナー転職です。

テックキャンプデザイナー転職の概要

場所:渋谷

形式:オフラインを推奨。ただ、オンラインも可。

期間;約5ヶ月

テックキャンプデザイナー転職の料金

2つのプランがあり、それぞれ料金が異なります。

期間は約5ヶ月です。

短期集中型コース

テックキャンプ料金

夜間・休日型コース

テックキャンプ夜間休日コース

テックキャンプデザイナー転職の特徴

同じ状況の仲間ができる

テックキャンプは、同期で入学する人が何名かいるので必然的にその人達とは仲良くなりやすいです。

WEBデザイン学習は途中でやめてしまう人も多い中、周りに同じ志を持つ仲間がいるのと競争意識も高まり、挫折する可能性も非常に少なくなります。

卒業してからも連絡を取り合ったり、お互いの仕事に繋がったりとその絆は一生ものです。

デザイナー転職保証

テックキャンプは受講生全員に対して、デザイナーとしての転職保証を謳っています。

もし、転職が成功しなかった場合、受講料全額が返金されます。

それほどに一人前のデザイナーに育て上げる自信の表れがうかがえます。

専属コーチが指導

あなたに専属コーチがつき、徹底的にWEBデザインについて指導してくれます。

このコーチは学習スケジュールを管理してくれたり、いつでも質問を受けつけてくれます。

この専属コーチにより、わからない部分や不安なことをかなり取り除くことができます。

 

WEBデザイナーになるためのスクール2:ヒューマンアカデミーWEBデザイナー講座

ヒューマンアカデミーWEBデザイナー

2つ目のWEBデザイナースクールはヒューマンアカデミーWEBデザイナー講座です。

ヒューマンアカデミーWEBデザイナー講座の概要

場所:全国各地

形式:オンライン

期間;受講コースによって異なる

ヒューマンアカデミーWEBデザイナー講座の料金

WEBデザイナーのコースは大きく5つに分かれています。

期間も3ヶ月〜1年間と幅広く、それに料金も変わってきます。

料金表

ヒューマンアカデミーWEBデザイナー講座の特徴

コースが豊富

上記の料金表を見てもらうとわかりますが、レベルや学びたいことに分けられており、選べるコースが豊富です。

無駄がなく、効率よいWEBデザインの学習に繋がるでしょう。

専任カウンセラー

入学前から就職後まで、専任のカウンセラーがサポートしてくれます。
具体的には、

・受講コースの選定相談
・学習メンタルサポート
・就職・転職サポート

などを行ってくれます。

映像見放題

オンライン講座受講中は、いつでも受講の映像を見返すことができます。

また、専用のプラットフォームでの質問受付や個別のサポートも充実しています。

 

WEBデザイナーになるためのスクール3:デジタルハリウッドSTUDIO

デジタルハリウッドSTUDIO

3つ目のWEBデザイナースクールはデジタルハリウッドSTUDIOです。

デジタルハリウッドSTUDIOの概要

場所:台東区

形式:オンライン

期間;受講コースによって異なる

デジタルハリウッドSTUDIOの料金

大きく2つのコースがあります。

ワードプレスについての学習の有無が違いです。

デジハリ料金

 

デジタルハリウッドSTUDIOの特徴

 

インプットとアウトプット

カリキュラムが明確に決められており、受講期間6ヶ月の内、前半3ヶ月はインプットとして、WEBデザインについて情報をどんどん詰め込みます。

後半3ヶ月は、アウトプットとして、前半に学んだことを活かし、実際に卒業制作として1つのWEBページを完成させます。

そのWEBページは勿論、自分のポートフォリオとして活用できます。

LIGで働けるかも?

このデジタルハリウッドSTUDIOは、LIGという会社が運営しています。

WEB業界ではクリエイティブに富んだ集団として有名で、面白い事業を幅広く展開しています。

LIGの信念の1つに自分たちで育てた人材と働きたいというものがあり、受講生からの採用も積極的に行っています。

自主室の無料開放

LIGは、上野と池袋にオフィスを構えているのですが、受講生であれば、そのオフィス内の自習室を無料で利用することができます。

もしわからないことがあれば、LIGの社員や先生もいるので気軽に聞くことができます。

 

WEBデザイナーになるためのスクール4:codecamp

codecamp

 

4つ目のWEBデザイナースクールはcodecampです。

codecampの概要

場所:新宿

形式:オンライン

期間:受講コースによって異なる

 

codecampの料金

学習期間によって3つのプランに分かれています。

コードキャンプ料金表

 

codecampの特徴

マンツーマンオンラインレッスン

コードキャンプは、オンライン学習をする前に毎回、先生を選択でき、先生とマンツーマンで毎回のオンライン授業をします。

何か不明点があれば、気軽にいつでも聞けるは非常に学習効率が上がります。

課題でやる気を維持

毎回のオンライン授業の最後には課題が出されます。

課題を出すことで理解度のチェックと強制力をかけて、やる気をひきあげます。

その課題に合格するまで先生が何度でも添削してくれます。

キャリア支援あり

キャリアtalkというサービスがあり、エンジニアやデザイナー、フリーランスとしてのキャリア構築について、CodeCampの現役デザイナー講師へ気軽に相談することができます。

ちなみに、IT/Web企業から内定を獲得された際は、1社ごとにお祝い金として3000円分のAmazonギフト券がもらえます。

 

WEBデザイナー向けのおすすめ転職サイト

先ほどまではWEBデザイナーのスクールについてでした。

ここではWEBデザイナーに転職する際のおすすめのサイトについてまとめています。

 

WEBデザイナー向けおすすめ転職サイト1:マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

 

1つ目はマイナビクリエイターです。

 

マイナビクリエイターの特徴

転職支援あり

マイナビクリエイターは基本的には転職エージェントです。

サイト内に求人情報も多く掲載されていますが、必ずキャリアアドバイザーとの面談があります。

その上で希望する企業などの紹介を受けることができます。

 

イベントの開催

マイナビクリエイター主催で何社か合同の説明会を開催したり、有名企業1社のみの交流会などが定期的に開催されています。

WEBの情報だけでは知れないことや不明瞭なことがある場合は利用してみてはいかがでしょうか。

 

マイナビブランド

多方面に事業展開をしているマイナビが運営しています。

事業展開の幅が広いということはそれだけ取引している企業も多い証拠です。

そのため他のサイトと比べて非常に求人数が豊富です。

 

WEBデザイナー向けおすすめ転職サイト2:ギークリー

ギークリー

 

2つ目はギークリーです。

ギークリーの特徴

 

利用者の満足度が非常に高い

ギークリ社の調べではありますが利用者の85%が満足していると回答しています。

普通自社調べの場合90%以上にする処が多い中で85%という数字を出しているのはリアルに近い数字なのかもしれません。

 

大手企業の紹介も可能

ギークリーの過去実績を見るとカプコン、サイゲームス、DMMなど有名な大手企業への転職も可能なことがわかります。

 

内定までのスピードが早い

通常転職エージェントを利用すると3ヶ月程度は内定までに時間を要します。

しかしギークリーはマッチング精度の高い求人を紹介し、求職者・企業ともに満足度の高い交渉を目標としているのでその分転職活動期間が短くなり、平均の内定までの時間は1ヶ月です。

 

 

WEBデザイナー向けおすすめ転職サイト3:Green(グリーン)

Green

 

3つ目はGreenです。

 

Greenの特徴

 

直接スカウトあり

Greenは転職エージェントではなく転職サイトになります。

グリーンには企業側が登録者のWEBレジュメを見て直接スカウトできる機能があります。

実際多くの求職者がそのスカウトから1度話を聞いてみたり、そのまま内定に繋がったケースも存在します。

 

面接ではなく面談もできる

求職者と企業側の両者が気になる状態になれば面接ではなくカジュアルな面談をすることも可能です。

最初から堅苦しい雰囲気ではなく軽くお話できるのは気軽に相手のことを知れる良い機会かもしれません。

 

求人情報が詳細

転職エージェントより転職サイトの方が優れている点としてWEB上での求人情報が詳細な点が挙げられます。

グリーンはさらに会社の雰囲気をより知ってもらうために写真を多く掲載したり、業務内容や評価制度など求職者が気になる部分は曖昧な表現を裂けて数字を入れて具体的に求人内で表現するようにしています。

 

 

まとめ:WEBデザイナーになるまでのプランを自分で考えよう

ここまでWEBデザイナーについて、そしておすすめのスクールや転職サイトをご紹介してきました。

正直、WEBデザイナーのスクールって結構値段するんだ、、、と感じた人も多いでしょう。

それで高いと感じるなら通わない方がよいです。

少し高いけど立派なWEBデザイナーになれば余裕でその高額な受講費は回収できると考えることができる人のみ通ってください。

お金も高ければ、覚えることも非常に多いですが、その分、WEBデザイナーは希少価値な職業です。

特に未経験の方は若いというだけで武器になるので早めに動き出しましょう。

若さだけでスクールに通わなくても未経験で採用してくれる企業もありますので今回ご紹介した転職サイトを利用して探してみるのも手です。

自分がWEBデザイナーとして働くためにどのような道筋でいくのがプランをたてることも非常に大事になりますので今一度考えましょう。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-資格・専門スキルを知る

Copyright© トクナガのキャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.