障がい者のためのおすすめ求人サイト【5選】と各サイトの特徴をご紹介!

この記事はこんな人におすす

  • 障がいを抱えている人
  • 障がいがあり転職に不安な人
  • 障がい者の求人の探し方を知りたい人

 

世の中には求人サイトが溢れるほど有る中で、障がい者に特化した求人サイトも多くあります。

今回はそんな障がい者特化型の求人サイトについてまとめましたので是非求人を探す際に参考にしてください。

 

障がい者の定義について

障がい者の求人について述べる前に日本では障がい者をどのように定義しているのでしょうか。

日本には、障がいのある人を取り巻くさまざまな法律があり、その法律ごとに「障がい者」についての定義があります。

例えば、障がいのある人への支援のあり方を定め、障がい福祉の基礎となっている「障がい者総合支援法」(正式名称:障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律)では、支援の対象としての「障がい者」を以下のように定義しています。

・身体障がい者(身体障がい者福祉法第四条で規定)のうち18歳以上の人
・知的障がい者(知的障がい者福祉法でいう)のうち18歳以上の人
・精神障がい者(精神保健及び精神障がい者福祉に関する法律第五条に規定)のうち18歳以上の人(発達がい害のある人を含む)
・難病(治療方法が確立していない疾患その他の特殊の疾患で政令で定めるものによる障がいの程度が厚生労働大臣が定める程度)のある18歳以上の人

引用:リタリコ

 

法律ごとに定義がありその中の一例が上記になります。

他にも一般的には障がい者手帳を持っていることと定義している場合もあります。

 

障がい者向けおすすめ求人サイト

 

障がい者の就職を支援してくれるおすすめサイトをまとめました。

 

障がい者向け求人サイト1:リタリコワークス

リタリコ障害者向けサービス

 

1つ目の障がい者向け求人サイトは、リタリコワークスです。

 

リタリコワークスの特徴

 

全国各地に就労施設

リタリコワークスは、北海道から沖縄まで全国70箇所以上で障がい者やその他病気で就労が困難な方々へ向けての就労支援施設をもっており、これまで7000人以上の就職をサポートしています。

 

就職前にインターンあり

リタリコワークスでは、就業するために、必要なスキルを200以上のプログラムから選択し習得、その後いきなり雇用されるのではなく、企業へインターンとして出向き実際に企業で働くことができるを確かめます。

その後、書類選考や面接のサポートを受けながら本格的な就職活動を行い、晴れて就職することが決まった後も企業関係者と連携を取りながら完全に職場に定着するまでサポートをしてくれます。

 

豊富な過去実績

リタリコ就職実績

就職成功した方を障がい別で見ると、精神障がいの方が6割、続いて発達障がいの方が2割となっています。

さらに5割以上の方が従業員1000名以上の大企業に勤めていることがわかります。

年代は、20~40代と幅広いので、年齢を気にする必要はなさそうです。

 

有名企業も利用

日本郵便、ANA、三越伊勢丹、フジパンなど各業界のTOP企業も利用しています。

詳しくは、下記の画像をご覧ください。

リタリコ過去実績企業一覧

 

 

 

障がい者向け求人サイト2:アットジーピー

障害者求人サービスアットジーピー

 

2つ目の障がい者向け求人サイトは、アットGP転職です。

このアットGP転職は、障がい者に特化した転職サービスを15年運営している老舗になります。

 

アットGP転職の特徴

 

求人サイトと転職エージェントの2軸

アットGP転職は、求人サイトと転職エージェント両方やっています。

求人サイトでは、「勤務地:東京」で検索を絞ると700件以上ヒットするので相当な求人数があることがうかがえます。

求人情報には障がい者向けの項目もあり、過去に雇用したことのある障がいや障がい者へのバリアフリーや配慮について記載されています。

転職エージェントでは、専門のコンサルタントが、障がいのある方の就職活動をサポートしてくれます。

転職エージェントは、3つに分けられており、

・atGP就活エージェント
→障がいのある学生向けの就職支援

・atGPアスリートエージェント
→障がい者アスリート専門の就職支援

・atGPハイクラスエージェント
→年収500万以上を目指す障がい者の就職支援

となっています。

自分に合ったサービスを選択できます。

 

豊富な転職紹介先

アットジーピー取引先実績

掲載求人や転職支援先として、大手から中小まで幅広く提携しています。

アクセンチュア、大阪ガス、カプコン、ジョンソンアンドジョンソン、住友生命、パナソニック、リクルートなど有名企業が名を連ねています。

 

 

 

障がい者向け求人サイト3:ミラトレ

ミラトレ

3つ目の障がい者抜け求人サイトは、ミラトレです。

 

ミラトレの特徴

 

就労支援>求人

後に紹介するdodaチャレンジというサービスと同じ会社が運営しています。

このミラトレは就労するために体制を整えるお手伝いが中心で、求人についてはdodaチャレンジが行うかdodaチャレンジが扱っている求人をミラトレでも紹介する形です。

自分のフェーズに合わせてどちらからを利用すべきか検討ください。

 

1人1人に手厚いサポート

dodaチャレンジと領域を分けていることでミラトレでは1人1人に拘ったサポート体制を整えています。

その人が今どのような状態で何が必要なのかをヒアリングしその人にあったプログラムを組んでくれます。

 

利用者の9割が満足

手厚いサポートが高評価に繋がり、利用者のほとんどがミラトレの就労支援に満足しています。

1人で悩むのではなく是非1歩踏み出してください。

 

 

 

障がい者向け求人サイト4:dodaチャレンジ

障害者向け就職転職サービスdodaチャレンジ

4つ目の障がい者向け求人サービスは、「dodaチャレンジ」です。

 

dodaチャレンジの特徴

 

大手が運営

このdodaチャレンジは、中途採用領域の大手人材会社パーソルキャリア(doda)が運営しています。

人材業界を牽引する会社の運営は安心です。

 

転職エージェントが強み

このサービスは求人サイトもありますが、転職エージェントに強みがあります。

中途採用向け市場で、かなり膨大な企業との付き合いがあるので、紹介先企業数は、かなりあります。

さらに、求人検索もできますが、その検索結果には出てこない人材紹介経由でしか紹介されない非公開求人も多く存在します。

 

運営社員の65%が障がい者

このdodaチャレンジの運営社員の65%が障がい者と書かれています。

そのため障害者に寄り添った提案やアドバイスをすることができます。

 

障がい者転職成功事例あり

サイト内に障がい者就職・転職を成功させた方のインタビューが掲載されていますのでそちらも参考にしてください。

 

 

 

障がい者向け求人サイト5:ウェブ・サーナ

障害者採用ウェブサーナ

5つ目の障がい者向け求人サービスは、「ウェブサーナ」です。

 

ウェブサーナの特徴

 

中途&新卒求人サイト

サイトを閲覧すると人材紹介はほとんどなく、障がい者向け求人サイトって感じです。

そのためコンサルタントにサポートを受けて転職活動を進めるというよりは、サイト上で求人検索をして応募する形です。

中途採用の障害者向け求人だけではなく、新卒採用の障害者向け求人も掲載されていますのでどの年代も使える求人サイトです。

 

合同企業説明会

東京、大阪、名古屋、広島、福岡など全国各地で障害者向けの合同企業説明会を開催しています。

この合同企業説明会は新卒向けなので、すでに社会人の方は対象外になります。

 

有名企業の求人掲載

ソフトバンク、森永製菓、サントリーホールディングス、三菱UFJ銀行、カネボウ化粧品、ブリジストン、積水ハウス、マイナビ、JR東日本、住友商事、ダイハツ、雪印メグミルク、みずほ証券、ブラザー工業、富士通、パナソニック、バーバリージャパン、日本たばこ(JT)、日本IBMなどが掲載されています。

 

 

まとめ:障がい者向け求人サイトを比較して利用しよう

ここまでおすすめの障がい者向けサイトを紹介してきました。

障がい者向けのサイトと一括りに言っても様々な特徴があることがお分かりいただけたと思います。

複数使用してみて、自分に合った障がい者特化サイトを見つけましょう。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職を知る, 転職エージェント, 転職サイト

Copyright© トクナガのキャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.