おすすめオンライン英会話サイト【3選】ウェブで英語を取得する時代がきた!

この記事はこんな人におすすめ

  • 趣味が欲しい人
  • 英語を勉強したい人
  • 英語学習方法を検討している人

 

現在、この記事を執筆している今、世界中でコロナウイルスで大流行しています。

我々日本人を含む世界中の人々は外出自粛を強いられています。

外出できないのでyoutubeやその他ネットの動画配信サービスの視聴率や利用率は飛躍的にUPしております。

ただ、そのような娯楽も長くは続かず飽きがきます。

「何か趣味でも作ろうかな〜」と考える人もいるでしょう、どうせ趣味をするなら仕事や将来に繋がるものがいいと感じませんか?

今回はおすすめの趣味として英語学習をご紹介させていただきます。

実際、自宅自粛や東京オリンピック(2020から2021に延期になってしまいましたがの影響でオンライン英会話サイトやサービスのユーザー数は前年比を大きく上回っています。

僕も4ヶ月前から実際にオンライン英会話サイトを利用して学習しています。

本日はそんなオンライン英会話サイトの中からおすすめのサイトをいくつかご紹介します。

 

目次

現実:オンライン英会話サイトは続かない

まず最初に知っていただきたいのは、オンライン英会話サイトを始めたのはいいものの6割程度の人が3ヶ月も続きません。

僕の周りでも半年以上続いた人を見たことがありません。

学生の人は時間があるので該当しませんが、「いつでもどこでも学習できる」オンライン英会話でも多くの社会人の方は仕事が忙しくなるとオンライン英会話を疎かにしてしまい、週3時間しなければならないのに週1時間になってしまい、結局は1時間もしなくなり退会します。

まず、それほどにオンライン英会話が続かないことをご認識ください。

自分で自分を規律できる人がオンライン会話を継続出来ます。

もし難しそうな場合はオフラインの英会話、いわゆる英会話スクールをおすすめします。

 

オンライン英会話サイトが続かない理由

オンライン英会話サイトが続かない理由はなんでしょう。

 

オンライン英会話が続かない理由1:利用料が無料

ほとんどありませんがたまに利用料無料で学習できるオンライン英会話学習アプリみたいなものを見かけます。

あの手の利用料無料の英会話学習アプリはまず続きません。

ほぼ100%です。

もし、オンライン英会話アプリを利用するなら絶対にお金を支払う形式のアプリを選択してください。

僕の場合は、学習アプリだと継続出来ないことを自分自身で知っているので実際にネイティブと話すことのできるオンライン英会話サイトに登録し、お金を支払い学習をしています。

利用料が無料の英会話アプリだとどうしても強制力が弱く、ただでさえ続かないのにその続かなさに拍車をかけます。

もし嘘だと思う人は実際に無料のオンライン英会話アプリを3ヶ月続けてみてください。

もし達成できたら僕が間違っていました、あなたは継続力の鬼です。

ただ、大半の人が挫折する自信があります。

 

オンライン英会話が続かない理由2:英語が話せなくても困らない

日本に住んでいて英語を日常的に使用することはありますか?

ほとんどの人の回答はNOですよね。

日本で生きていく上で英語は不要です。

もし、就職時に英語が流暢に話せることが大半の企業の合格条件に入っていたらどうでしょう・・?

英語が苦手だろうが絶対に勉強しますよね?

裕福な国に生まれてしまったが故、英語を勉強する必要がないのです。

他国を見てください。

自国では仕事がない、あっても非常に低賃金なので他国に移住してその国の言語を死ぬ気で学んで仕事を獲得し、母国に仕送りしていている海外の方が多くいます。

たまに日本のコンビニやチェーン店でカタコトの日本語を話す外国人の方を馬鹿にしている日本人がいますが、その日本人が海外に行った際に英語が話せず、死ぬほど馬鹿にされて笑われて欲しいと願います。

 

オンライン英会話が続かない理由3:日本の英語教育がイケてない

日本の英語教育は少し問題があるのではないかと危惧しています。

現在、オンライン英会話サイトで英語学習をしていますが先生に日本人の英語力や英語教育の話になることがあります。

多くの先生は日本の印象について日本の人間性、文化は素晴らしく尊敬するが、英語が通じないのがちょっと、、、言われます。

よく考えてみてください。

小、中、高と12年英語を勉強してきてこんなに多くの日本人が英語話せないって変じゃないですか?

全てが日本の英語教育のせいとは言いませんが、テストのための単語や文法の学習だけでなく、ディスカッションなどの英語を実際に使用する機会を増やすべきではないでしょうか。

日本の英語教育が発展すればわざわざ英語学習のために海外にいく必要もないですし、今回僕が紹介するような特別な英語学習も必要ないのです。

義務教育を受け終わった日本人があまりに英語が話せないのでオンライン英会話サイトや英会話スクールが日本に年々増えるわけです。

 

オンライン英会話が続かない理由4:英語学習の目的を持っていない・低い

これは日本で英語が必要ないことに繋がる理由です。

前述したように日本で「生きるため」は英語学習の目的にはなりません。

そのため、何か英語学習をするための目的をセットするのがベストでしょう。

なんとなく英語学習をしていても続けるのは非常に困難です。

・TOEICで800点とる
・1年後にグローバル企業に就職する
・CA(キャビンアテンダント)になる

など自分の英語学習のモチベーションを保つ目的が必要です。

 

オンライン英会話サイトのメリット

オンライン英会話サイトのメリットはどのようなものがあるでしょうか。

 

オンライン英会話サイトのメリット1:ネット環境さえあれば受講できる

1つ目のメリットは、ネット環境があればできることです。

ネット環境さえあれば、いつでもどこでも受講できます。

ただ、あまりにネット環境が悪すぎると声が途切れたり、相手の顔が映らないなどの障害があるのでお気をつけください。

 

オンライン英会話サイトのメリット2:英会話スクールより受講価格が安い

2つ目のメリットは、価格が安いことです。

大半のオンライン英会話サイトは通常の英会話スクールより価格が安価です。

スクールの場合、場所が必要になるのでテナント代などがかかりますがオンライン英会話はそれが不要なのでその分受講費用を安くできます。

 

オンライン英会話サイトのデメリット

一方、オンライン英会話サイトのデメリットはどのようなものがあるでしょうか。

 

オンライン英会話サイトのデメリット1:ネット環境を整える必要あり

1つ目のデメリットは、ある程度のネット環境が必要なことです。

たまに東南アジアいる住んでいるネイティブの方と話すのですが、東南アジアは地域によってものすごくネット環境が悪いので全く会話にならないことがあります。

日本は割とマシな方ですが、田舎に住んでいてネットの回線も劣悪な場合、厳しいです。

 

オンライン英会話サイトのデメリット2:先生はスペシャリストではない

2つ目のデメリットは、オンライン英会話サイトの先生は教えることに関してはスペシャリストではありません。

外国人に英語を教える資格などが必須ではないので教えることに関しては無知識です。

しかし、プロフィールを見ると英語を長期間教えていたり、TOEICやTOEFLの先生をしている人も多く、ランダムに選ばずにしっかりピックアップすればスペシャリストと会話することも可能です。

 

オンライン英会話サイトのデメリット3:強制してくれる人がいない

3つ目のデメリットは、英語学習を強制してくれる人がいないです。

この記事の冒頭でも述べましたが基本的にオンライン英会話サイトは自主性が求められます。

スケジュールを組んで毎回同じ先生と学習をするタイプのオンライン英会話もありますが、それをするとその先生の予定に合わせて学習をしなければならないのでオフラインの英会話スクールに通っているのとそんなに変わらない気がします。

大まかに自分の無理の程度のプランから開始して慣れてきたら徐々に学習時間を伸ばすようにしましょう。

 

おすすめのオンライン英会話サイト

では、僕が個人的におすすめする英会話サイトをご紹介していきます。

 

おすすめオンライン英会話サイト1:cambly

オンライン英会話cambly

1つ目のおすすめのオンライン英会話サイトは、camblyです。

僕もcamblyを実際に利用しております。

気づいたら利用開始から半年すぎていました。

 

camblyの特徴

 

選べるプランが多い

camblyは選べるプランが非常に多く、自分にあった学習時間を選べます。

時間の詳細については後ほど料金の部分でご説明いたしますのでそちらにてご確認ください。

先生は全員ネイティブ

camblyの先生は全員ネイティブスピーカーです。

イギリス、アメリカ、オーストラリア出身のネイティブの方が多いです。

他の英語のアプリには非ネイティブの方もいると思いますが、camblyはネイティブだけです。

通話ツールの準備不要

camblyはskypeなどの通話ツールは必要ありません。

というのもcamblyは通話ツールが中に組み込まれて、camblyを立ち上げればそのまますぐに先生と会話できます。

 

camblyの料金

 

camblyの料金は、プランによって変わりますので、人気のプランをいくつかご紹介します。

 

1回15分/週3回

1ヶ月契約 8,790円

3ヶ月契約 22,413円

12ヶ月契約  65,568円

まずは1回15分のレッスンコースです。

申込契約期間によって月々の料金が変わります。

長期の申込にすればするほど割引が適用されるので1ヶ月の料金は安くなります。

 

1回30分/週3回

1ヶ月契約 14,390円

3ヶ月契約 36,693円

12ヶ月契約 112,248円

まずは1回30分のレッスンコースです。

1回15分のレッスンコースで慣れたら30分レッスンコースに切り替えるのが良いでしょう。

 

 

 

オンライン英会話サイト2:DMM英会話

DMM英会話

2つ目のおすすめのオンライン英会話サイトは、DMM英会話です。

 

DMM英会話の特徴

 

知名度の高さ

おぎやはぎの矢作さんとアイクぬあらさんがユニークなCMをしていることでも有名なDMMが運営しています。

オンライン英会話アプリの中では非常に知名度が高く、評価もされています。

合格率5%を突破した講師陣

DMM英会話の講師は、難関大学の現役大学生や卒業生のほか、豊富な講師経験者などを採用基準としながら世界各国より採用を行っています。

80項目に及ぶ最終評価をクリアしなければならず、合格率はわずか5%です。

またアジア、ヨーロッパ、中南米など世界約132カ国の国々をはじめ、アメリカ、イギリス、カナダといったプラスネイティブプラン専用講師まで、世界各国の講師陣が日々レッスンを提供しています。

オンラインレッスン教材が豊富

旅行と文化、ビジネス、デイリーニュース、健康とライフスタイル、発音、ディスカッションなど様々な教材が用意されており、どれでも無料で自由に利用することができます。

フリートークが不安な方もこれらの教材を利用すれば安心です。

 

DMM英会話の料金

DMM英会話の料金プランは大きく3つに分かれています。

 

毎日1レッスン:6,480円(税込)/月 1回25分

毎日2レッスン:10,780円(税込)/月 1回25分

毎日3レッスン:15,180円(税込)/月 1回25分

 

 

 

オンライン英会話サイト3:レアジョブ

レアジョブ

3つ目のおすすめのオンライン英会話サイトは、レアジョブです。

 

レアジョブの特徴

 

企業や教育機関にも導入

レアジョブは個人向けだけでなく、企業や教育機関に向けての英語向上プログラムも行っています。

企業や国に受け入れられるほど洗練されたプログラムだと言えるでしょう。

通話ツールは不要

camblyと同様に、skypeなどは不要で、レアジョブ独自のレッスンルームを利用します。

公式アプリを起動して、すぐにレッスンを開始することができます。

定期カウセリングあり

やみくもにが英語学習をしても中々続かないのが現状です。

そこでレアジョブでは日本人カウンセラーによるカウンセリングを定期的に行っております。

レアジョブ英会話のカウンセラーは、留学経験者、翻訳家、英会話スクールや教育関連業界の経験者をはじめ幅広い分野の出身者が在籍しています。

最初は英語を話せず苦労したけれども、しっかり学んで今は英語が話せるようになった方々ばかりです。

そういった立場の人間だからこそ英語学習者の気持ちが分かるという面もあります。

 

レアジョブの料金

 

月8回レッスン:4,200円/月 1回25分

毎日レッスン:5,800円/月 1回25分

 

 

 

まとめ:まずはオンライン英会話サイトで体験学習してみよう

ここまで

・オンライン英会話の特徴

・おすすめのオンライン英会話サイトをご紹介してきました。

現在、私もオンライン英会話サイトで非常に満足度の高い英語学習ができていることもあり、個人的にはオフラインの英会話スクールよりもオンライン英会話サイトをおすすめしています。

どのオンライン英会話サイトも無料の体験学習のようなことをしているのでまずはそれを受講してどんなものかを確かめてみるのが良いのではないでしょうか。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-英語, その他

Copyright© トクナガのキャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.