その他

オンライン英会話キャンブリーの評判は?実際に利用している僕が解説します!

この記事はこんな人におすすめ

  • 英会話に興味がある人
  • キャンブリーに興味がある人
  • キャンブリー実情を知りたい人

乱立する英会話スクール・オンライン英会話

昨今、日本では英会話スクールやオンライン英会話サービスが非常に多くなっています。

2020オリンピック(延期になりましたが)を控えていることもあり、日本人の英語への意欲の増加や義務教育だけでは成長しない日本人の英語力の低さが主な原因なのではないかと感じています。

今回は数多くある中から僕がなぜオンライン英会話のキャンブリー選び、現在も利用しているか、またキャンブリーの使い方もご紹介できたらと考えています。

オンライン英会話キャンブリーとは?

camblyキャンブリー

まず、キャンブリーの概要についてお話ししていきます。

サービス名:キャンブリー(cambly)

授業形式:オンライン英会話

料金プラン:選択式(下記に詳細あり)

簡単な概要はこんなところにして、詳細に入っていきます。

オンライン英会話キャンブリーの料金形態

オンライン英会話キャンブリーは細かくプランが選択でき、それに応じて料金も異なります。

1回あたりのレッスン時間 : 15分・30分・60分・120分

1週間あたりの受講日数 :1回・3回・5回・7回

更新期間 :毎月・3ヶ月・12ヶ月

上記がキャンブリーに用意されている形態です。

1回あたりのレッスン時間✖️1週間あたりの受講日数✖️更新期間の3つの掛け合わせで料金が決まります。

オンライン英会話キャンブリーで人気のプラン

よく選択される料金プランを以下に掲載しておきます。

キャンブリー人気プラン①:1日30分/週3回

キャンブリー人気プラン1

キャンブリーでの人気プラン1つ目は、1日30分/週3回のコースです。

金額は更新する期間によって異なり、1ヶ月単位だと月額14,390円、3ヶ月単位だと月額12,231円となります。

更新期間を長くすればするほど1ヶ月単位の料金が安くなる仕組みです。

これらは一括払いなので、3ヶ月プランを契約した場合、3ヶ月分の約36,000円の支払いが必要になります。

キャンブリー人気プラン②:1日15分/週3回

キャンブリー人気プラン2

キャンブリーでの人気プラン2つ目は、1日15分/週3回のコースです。

ちなみに僕はこのコースを選択しており、契約は1ヶ月ごとの更新にしています。

そのため、画像を見てもらうとわかりますが月々8,790円を支払っていることになります。

オンライン英会話キャンブリーのプラン選択のポイント

週1回のプランはやめよう

週1回のプランでオンライン英会話をするならやらない方がマシかもしれません。

週1回では全く英語能力が身につきません。

お金だけ中途半端に払って何も得られません。

逆に最初から毎日やるのは厳しいと感じますので、週3をおすすめします。

はじめから長期の契約は避けよう

受講回数と同様に最初から半年の契約プランにしてしまう人がいます。

ただ、オンライン英会話の現実は50%程度、最初の1ヶ月で離脱してしまいます、、、。

そのためもし受講期間を長くしたければ後ほど慣れてからで良いと感じます。

2ヶ月程度続けてみてこれは問題なく続けれそうな段階にきたら長期契約すればいいのです。

短期契約だと長期契約より少し割高になってしまいますが、それでも最初は短期契約をオススメします。

オンライン英会話キャンブリーをオススメする理由

ネット環境さえ整えれば英会話できる

実際の英会話シーン

上記の画像は実際にキャンブリーで実際にオンライン英会話をしている様子です。

キャンブリーはネット環境さえあればその場でオンライン英会話ができます。

skypeなどのオンライン通話ツールすら不要です。

キャンブリーのサイトには、すでに通話ツールが導入されているので外部のオンライン通話ツールを利用しなくてよいのです。

自分で講師を選択できる

キャンブリー講師選択画面

キャンブリーは自分で好きな講師を選択することができます。

講師の選択画面には、現在オンライン中の講師一覧が表示され、「ニックネーム」「講師の画像」「生徒からの評価(☆5段階)」「出身国」「資格」「通話可能時間」「自己紹介文」が書かれています。

これらを見て自分に合いそうな先生を選択します。

気をつけなければならない点として、通話可能時間が5分など短い人は大抵の場合、5分後に予約が入っている先生なので本当に5分しか通話できませんので避けるようにしましょう。

僕の場合は15分コースなので、通話可能時間が15分以上か通話時間が何も書かれていない人を選択するようにしています。

さらに講師を細かく選択できる

キャンブリー詳細検索

講師の選択をもっと詳細に行いたい!と感じる人もいるでしょう。

その際、画像にある項目でも講師を絞り込むことができます。

レッスンの種類

会話練習、アクセント指導、文法レッスン、ビジネス英語、テスト対策(IELTS、TOEFL、TOEICなど)、現地の文化/マナー/習慣、地域的な慣用句やスラング

学習レベル

初心者、中級、上級

講師のアクセント

北米アクセント、英国アクセント、オーストラリアアクセント、その他のアクセント

講師の人柄

親切で我慢強い、楽しくて社交的、学問的で知識豊富

予約可能

講師は予め自分が教えることのできる時間帯をスケジュールに登録しており、お気に入りの講師がいれば予約してレッスンを受けることもできます。

この予約可能の項目では、カレンダーが表示され、日時選択をすると、その日時にレッスン可能な先生一覧が表示されます。

レッスンを後ほど見返すことができる

キャンブリー履歴

キャンブリーのオンラインレッスンは自動的に録画され、「履歴」のメニューに保存されます。

そして、上記画像のようにいつでも自分が受けたオンラインレッスンを見返すことができます。

オンラインレッスン中では聞き取ることのできなかった部分を後から見返すことで復習が可能です。

youtubeなどにこのレッスンをUP(自分した見れないよう非公開にする)すれば、英語字幕も自動で表示されるのですごく便利です。

レッスン内容も豊富

実際にキャンブリーでオンライン英会話をはじめたとして、いざ通話が開始したら、何を話していいのか困るかも・・・。と不安になる方もいるかと思います。

キャンブリーにはそのような不安を取り除く豊富なレッスンが用意されています。

メニュー内のカリキュラムにいくと、

・面接
・TOEFLSpeaking
・IELTSSpeaking
・中級の会話
・毎日の会話
・ハッキング英語-レベル2
・ディスカッションのトピック
・会話トピック
・TOEICSpeaking
・ハッキング英語-レベル1
・基本会話

から選択することができます。

各コンテンツの中にさらにいくつも選択できる項目があり、授業開始時にその項目のリンクをチャットで先生に共有すれば先生もそのページを開くことができ、それをお互いにみながら授業を進めてもらうことができます。

もちろん、これらのコンテンツを使わず、フリートークをしても全然大丈夫です。

僕なりのオンライン英会話キャンブリーの使い方

せっかくなので現在キャンブリー絶賛利用中の僕なりの使い方もご紹介させてください。

僕の場合は週3回レッスン/1回15分のコースを選択しています。

オンライン英会話を自分の生活ルーティンに組み込むために月水金曜日の朝起きたらすぐキャンブリーを開き、オンライン英会話をするように心がけています。

今では、月水金曜日にしないと罪悪感すら感じるようになりました。

僕はオンライン英会話の魅力をいつでもどこでも好きな時にできることに感じていますので、基本は先生を予約せずにキャンブリーを立ち上げて先生の選択画面で感覚的に話したいな、と感じる人を選ぶようにしています。

授業内容は2回はフリートーク、1回はキャンブリー内のカリキュラムを利用した授業にしています。

キャンブリーの使い始めの頃は英語力に自信がなかったこともあり、初級の僕でも優しく接してくれるように「学習レベル」を初級や中級に設定していましたが、最近では少し英語が聞こえなくてもなんとかなったり、聞き直すこともできるようになったので特に何もフィルターをかけずに先生を選択しています。

まとめ:オンライン英会話ならキャンブリーを本当にオススメします

ここまでオンライン英会話キャンブリーについて解説してきました。

僕は実際、キャンブリーでオンライン英会話をはじめてすでに4ヶ月程度が経過します。

キャンブリーのデメリットは唯一あるとすれば、ネット環境が悪い地域に住んでいる先生との会話だとたまに映像や言葉が乱れることです。

ただ乱れた場合は、その時点で通話を切れば、その時点での経過時間のみがカウントされるだけであまり損失はありません。

是非、オンライン英会話を検討している人はキャンブリーを使ってみてください。

-その他

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.