オンライン英会話キャンブリーの評判は?半年以上利用している僕が解説します!

この記事はこんな人におすすめ

  • 英会話に興味がある人
  • キャンブリーに興味がある人
  • キャンブリーの情報を知りたい人

 

目次

乱立する英会話スクール・オンライン英会話

昨今、日本では英会話スクールやオンライン英会話サービスが非常に多くなっています。

2020年オリンピック(延期になりましたが)を控えていることもあり、日本人の英語への意欲の増加や義務教育だけでは成長しない日本人の英語力の低さが主な原因なのではないかと感じています。

僕はキャンブリーを利用しはじめて半年が経過するのですが、今回は数多くある中から僕がなぜオンライン英会話のキャンブリーを選び、現在も利用しているか、またキャンブリーの使い方もご紹介できたらと考えています。

 

僕がキャンブリーを始めた理由

僕は大学生の頃に英会話スクールに通っていたのですが、社会人になってからは時間を確保することができず、英語の勉強ができていませんでした。

社会人生活にもある程度慣れてきた時にオンラインで英会話をしたいと思い、偶然みていた某英語系YouTuberが動画でキャンブリーを紹介していたのがキャンブリーとの出会いです。

おそらくそのYouTuberは案件で紹介していたと思うのですが、それでキャンブリーを知り、体験レッスンを受けました。

案件で紹介していたので良いように言っている部分もあると思ったので自分の目で確かめようと思い、体験レッスンに臨んだのですが、思いのほかそのレッスンが良く、キャンブリー良いかも!と感じました。

それから半年経過した今も利用しています。

 

オンライン英会話キャンブリーとは?

camblyキャンブリー

では、ここからキャンブリーの説明に入っていきます。

まずはキャンブリーの簡単な概要です。

 

サービス名:キャンブリー(cambly)

授業形式:オンライン英会話

料金プラン:選択式(下記に詳細あり)

講師:ネイティブ

無料レッスン:あり

 

後ほど特徴など詳しく説明するので概要はこんなところで次へいきましょう。

オンライン英会話キャンブリーの料金形態

キャンブリーは細かくプランが選択でき、それに応じて料金も異なります。

 

1回あたりのレッスン時間 : 15分・30分・60分・120分

1週間あたりの受講日数 :1回・3回・5回・7回

更新期間 :毎月・3ヶ月・12ヶ月

 

上記がキャンブリーに用意されている形態です。

1回あたりのレッスン時間✖️1週間あたりの受講日数✖️更新期間の3つの掛け合わせで料金が決まります。

 

オンライン英会話キャンブリーで人気のプラン

よく選択されるプランと料金を以下に掲載しておきます。

 

・1日30分/週3回

・1日15分/週3回

 

キャンブリー人気プラン①:1日30分/週3回

キャンブリー人気プラン1

キャンブリーでの人気プラン1つ目は、1日30分/週3回のコースです。

金額は更新する期間によって異なり、1ヶ月単位だと月額14,390円、3ヶ月単位だと月額12,231円となります。

更新期間を長くすればするほど1ヶ月単位の料金が安くなる仕組みです。

これらは一括払いなので、3ヶ月プランを契約した場合、3ヶ月分の約36,000円の支払いが必要になります。

 

キャンブリー人気プラン②:1日15分/週3回

キャンブリー人気プラン2

キャンブリーでの人気プラン2つ目は、1日15分/週3回のコースです。

ちなみに僕はこのコースを選択しており、契約は1ヶ月ごとの更新にしています。

そのため、画像を見てもらうとわかりますが月々8,790円を支払っていることになります。

継続癖がついてきたのでそろそろ割引の効いている3ヶ月プランにしようか悩んでいます。

決済方法はカードのみになります。

 

オンライン英会話キャンブリーのプラン選択のポイント

キャンブリーのプラン選択で覚えてほしいことをまとめました。

 

・週1回のプランはやめよう

・はじめから長期の契約は避けよう

 

ポイント1:週1回のプランはやめよう

週1回のプランでオンライン英会話をするならやらない方がマシかもしれません。

英語がすでに達者で感覚を忘れないようにとりあえずレッスンをする人なら別ですが、英語がまだ話せない人が週1回mのレッスンを受けても全く英語能力は上達しません。

ただ、そのような人がいきなり毎日のレッスンをするのも大きな負担になってしまうと感じるので、僕も選択している週3をおすすめします。

 

ポイント2:はじめから長期の契約は避けよう

初めから半年の契約プランにしてしまう人がいますが、おすすめしません。

オンライン英会話の現実は50%程度、最初の1ヶ月〜2ヶ月で離脱してしまいます、、、。

そのため、もし受講期間を長くしたければ後ほど慣れてからで良いと感じます。

2ヶ月程度続けてみてこれは問題なく続けれそうな段階にきたら長期契約すればいいのです。

短期契約だと長期契約より少し割高になってしまいますが、それでも最初は短期契約をオススメします。

まずは自分の生活の中に自然にキャンブリーのレッスンが入るように癖つけましょう。

 

 

 

オンライン英会話キャンブリーをオススメする理由(メリット)

僕がキャンブリーをおすすめする理由を紹介します。

 

・ネット環境さえあれば英会話できる

・自分で講師を選択できる

・講師検索機能が細かい

・レッスンを後から見返すことができる

・レッスン内容が豊富

・講師はネイティブのみ

 

順にみていきましょう。

 

キャンブリーのメリット1:ネット環境さえあれば英会話できる

実際の英会話シーン

上記の画像は実際にキャンブリーで実際にオンライン英会話をしている様子です。

キャンブリーはネット環境さえあれば、その場でオンライン英会話ができます。

skypeなどのオンライン通話ツールすら不要です。

キャンブリーのサイトには、すでに通話ツールが導入されているので外部のオンライン通話ツールを利用しなくてよいのです。

キャンブリーのサイトにいき、講師を選択し、「通話する」ボタンを押すだけです。

本当にシンプルです。

他のオンライン英会話を受講していた時、毎回skypeにログインしてレッスンを受けなければならないことがあり、非常に手間だったので、この機能は手軽で、かなり気に入っています。

 

キャンブリーのメリット2:自分で講師を選択できる

キャンブリー講師選択画面

 

キャンブリーは自分で好きな講師をレッスンごとに選択することができます。

講師の選択画面には、現在オンライン中の講師一覧が表示され、「ニックネーム」「講師の画像」「生徒からの評価(☆5段階)」「出身国」「資格」「通話可能時間」「自己紹介文」が書かれています。

これらを見て自分に合いそうな講師を選択します。

さらに講師の雰囲気を確認したければ、上記画像のプロフィールボタンを押すと、講師が自己紹介している動画を見ることができます。

この動画で講師がどのようなトーンやスピードで英語を話すのか把握することもできます。

気をつけなければならない点として、通話可能時間の表示が「5分」など短い時間になっている人は大抵の場合、5分後に予約が入っている講師なので本当に5分しか通話できません。

僕の場合は1回15分コースなので、通話可能時間が15分以上か通話時間が何も書かれていない講師を選択するようにしています。

もし、レッスンをして気に入った講師がいれば、その講師がスケジュールを送ってくれるのでそのスケジュールを確認してレッスンを予約することも可能です。

ちなみに僕は日時に縛られず、自分がしたいタイミングでレッスンしたいので、レッスン予約をしたことはありません。

たまにレッスンしていると、講師が「レッスン予約入ってたのにすっぽかされたよ、、、」と嘆いているので、レッスンを予約した際は、忘れずに行うようにしてくださいね。

もし、難しい場合は、事前にチャットなどで講師に伝えるようにしましょう。

 

キャンブリーのメリット3:講師検索機能が細かい

キャンブリー詳細検索

 

講師の選択をもっと詳細に行いたい!と感じる人もいるでしょう。

その際、画像にある項目で講師を絞り込むことができます。

それぞれの中にある選択肢を紹介します。

 

レッスンの種類

会話練習、アクセント指導、文法レッスン、ビジネス英語、テスト対策(IELTS、TOEFL、TOEICなど)、現地の文化/マナー/習慣、地域的な慣用句やスラング

 

学習レベル

初心者、中級、上級

 

講師のアクセント

北米アクセント、英国アクセント、オーストラリアアクセント、その他のアクセント

 

講師の人柄

親切で我慢強い、楽しくて社交的、学問的で知識豊富

 

予約可能

講師は予め自分が教えることのできる時間帯をスケジュールに登録しており、お気に入りの講師がいれば予約してレッスンを受けることもできます。

この予約可能の項目では、カレンダーが表示され、日時選択をすると、その日時にレッスン可能な先生一覧が表示されます。

 

これらを組み合わせて講師を検索することが可能です。

僕もキャンブリーを始めた当初は自分の英語スキルに自信がなかったので、学習レベルの「初心者」を選択して、表示される講師のレッスンを受けていましたが、今は慣れてきたので、これらを使わず、適当に講師を選択しています。

 

キャンブリーのメリット4:レッスンを後ほど見返すことができる

キャンブリー履歴

 

キャンブリーのオンラインレッスンは自動的に録画され、「履歴」のメニューに保存されます。

そして、上記画像のようにいつでも自分が受けたオンラインレッスンを見返すことができます。

オンラインレッスン中では聞き取ることのできなかった部分を後から見返すことで復習が可能です。

youtubeなどにこのレッスンをUP(自分しか見れないよう非公開にする)すれば、英語字幕も自動で表示されるのですごく便利です。

 

キャンブリーのメリット5:レッスン内容が豊富

実際にキャンブリーでオンライン英会話をはじめたとして、いざ通話が開始したら、何を話していいのか困るかも・・・。と不安になる方もいるかと思います。

キャンブリーにはそのような不安を取り除く豊富なレッスンが用意されています。

メニュー内のカリキュラムにいくと、

・面接
・TOEFLSpeaking
・IELTSSpeaking
・中級の会話
・毎日の会話
・ハッキング英語-レベル2
・ディスカッションのトピック
・会話トピック
・TOEICSpeaking
・ハッキング英語-レベル1
・基本会話

から選択することができます。

各コンテンツの中にさらにいくつも選択できる項目があり、授業開始時にその項目のリンクをチャットで先生に共有すれば先生もそのページを開くことができ、それをお互いにみながら授業を進めてもらうことができます。

それぞれのコンテンツは1回のみではなく、5~6章程度あるので、1回のレッスンでは終わらないかもしれません。

ただ、それは講師側をわかっているので、レッスン時間に合わせてコンテンツを進めてくれます。

もちろん、これらのコンテンツを使わず、フリートークをしても全然大丈夫です。

僕は3回に1回程度、これらのコンテンツを利用して会話をしています。

 

キャンブリーのメリット6:講師はネイティブのみ

キャンブリーの講師はネイティブのみです。

フィリピンやその他東南アジア出身の非ネイティブの講師はいません。

アメリカ、イギリス、オーストラリアが大半です。

講師にフィリピン人やアジア圏の人が多いオンライン英会話スクールもあるので、完全にネイティブだけを揃えているのは個人的にはポイント高いです。

 

オンライン英会話キャンブリーのデメリット

次にキャンブリーのデメリットを紹介します。

 

・国によって通信速度が遅い

・若干値段が高め

 

キャンブリーのデメリット1:国によって通信速度が遅い

これはどこのオンライン英会話を利用しても同じなのですが、講師の居住している国によって回線の速度はかなり変わります。

回線の速度とは、ネットの安定度という意味です。

アフリカや南米、東南アジアなどに住んでいる講師の場合は、あまり安定しません。

講師は先ほど説明したように皆ネイティブなのですが、英語を教えるために上記の国に移り住んでる人もいます。

声が完全が聞こえなくなることはないですが、たまに講師の顔が映らなくなることがあります。

難しいのが、講師のプロフィールにどこ出身かは書いてあるのですが、どこに住んでいるのかはわからないのでこればっかりは運勝負です。

デメリットに感じる部分はこの点のみです。

もし、映像や声が乱れた場合は、その時点で通話を切れば、その時点での経過時間のみがカウントされるだけで残り時間はそのままストックされるので、時間が無駄に消費されるようなことはありません。

 

キャンブリーのデメリット2:若干値段が高め

他のオンライン英会話と比べると、若干値段設定が高めです。

例えば、僕が今選択している【15分/1レッスン✖️週3回】は、他のオンライン英会話だと5,000~6,000円ではないかと算出できます。

キャンブリーはネイティブの講師だけに限定していることが少し値段設定が高めな理由ではないか、と感じます。

 

オンライン英会話キャンブリーの評判は?

ここまでは僕の個人評価でしたので、他の利用者の声もみていきましょう。

どのような評価がされているのでしょうか。

 

オンライン英会話キャンブリーの良い評判

まずはキャンブリーの良い評判です。

 

・講師が優しい

・講師が全員ネイティブ

・講師レベルがわかる

 

順にみていきましょう。

 

キャンブリーの良い評判1:講師が優しい

女性アイコン1

30代女性

キャンブリーのお試ししたときの録画を初めて見たら、なんかもうひどくてVomitしそうに先生達、仕事とはいえよくこんなひどい英語に付き合ってくれているなあ。もう感謝するしかありません

 

基本的には親切で優しい講師が多いです。

僕も利用初期は全然英語が話せませんでしたが、僕のレベルに合わせてゆっくり話してくれたり、チャットで聞き取れない箇所をフォローしてくれたりと、対応に感動していました。

 

キャンブリーの良い評判2:講師が全員ネイティブ

男性アイコン1

20代男性

キャンブリーの良い所は、講師が全員ネイティブ。日本語話せる講師も結構いる(追加料金なし)。レッスン内容が録画されるので復習が楽。

 

ネイティブと話せることを魅力と感じている人は多いようですね。

僕も日本語が少し話せる講師と数回レッスンしたことはあります。

録画機能も本当に有能です。

 

キャンブリーの良い評判3:講師レベルがわかる

男性アイコン1

20代男性

Camblyには評価のレーティングが4.9以上のスーパー講師と呼ばれる人がちょこちょこいるけど、その一人を受講。話す内容のフレーミングからの説明で、やっぱ上手だなぁという印象。

 

キャンブリー では講師選択時にレビューや評価が見れるのでそこを参考に講師を選ぶ人も多いでしょう。

やはり高評価の講師のレッスンは相手のレベルに合わせたり、相手を汲み取る能力が高いなと感じます。

ちなみに5段階中4以下の講師はほとんど見たことはありません。

 

オンライン英会話キャンブリーの悪い評判

次にキャンブリーの悪い評判です。

 

・人気講師のレッスンはすぐ埋まる

・1日受けられるレッスンは1回のみ

・連絡なしキャンセルがある

 

順にみていきましょう。

 

キャンブリーの悪い評判1:人気講師のレッスンはすぐ埋まる

女性アイコン1

30代女性

さぁ、これからレッスン!と張り切ってPCの前に座ったら 20分くらい前にキャンセルされてた。。 ここ1週間、新規で予約した先生3人に立て続けにフラれています。

 

僕はレッスン予約をしたことがないので知りませんでしたが、人気講師は予約してもキャンセルになってしまうこともあるようです。

講師数はかなり多いですが、それでも人気講師に予約は殺到するんですね。

 

キャンブリーの悪い評判2:1日受けられるレッスンは1回のみ

男性アイコン1

20代男性

さすがに一日何回もレッスン受けられないのか。
free minutesの余ってた8分だけ会話しました。楽しい!

 

キャンブリーは1日1レッスンしかできません。

僕は1日1レッスンでちょうど良いと感じているので不満に感じませんが、1日に何度も受けたい人もいるのかもしれませんね。

1日に何度も受けるのは無理なので、1回のレッスン時間を延ばすなどして対応しましょう。

 

キャンブリーの悪い評判3:連絡なしキャンセルがある

男性アイコン1

20代男性

Camblyをはじめてもうすぐ1年になりますが、初めてのすっぽかしにあいました

 

キャンブリー講師の採用基準は非常に高く、連絡なしキャンセルは基本的にはないと思います。

ただ、中にはそういった講師もいるのかもしれませんし、どうしても外せない用事が急にできたのかもしれません。

これを防ぐためには関係性が構築できている講師のレッスンを毎回受けるか、僕のように毎回ランダムでレッスンするかのどちらかがよいでしょう。

 

【キャンブリーの評判】からわかる利用におすすめな人

ここまでキャンブリーの特徴や評判を紹介してきました。

それを踏まえてキャンブリーに向いている人を挙げます。

 

・ネイティブと話したい

・英語の基礎教養がある

・時間がない

 

キャンブリーに向いている人1:ネイティブと話したい

ネイティブと話したい!と強く思う方にキャンブリーはオススメです。

他のオンライン英会話で講師がネイティブのみで構成されている処はおそらくないです。

たまに起こりがちなこととして、非ネイティブの英語に慣れすぎて、ネイティブと話した時に全然聞き取れないないことがあります。

このような変な癖をつけたくない方はネイティブ講師を揃えているキャンブリーがいいでしょう。

 

キャンブリーに向いている人2:英語の基礎教養がある

英語の基礎教養の定義ですが、簡単な日常会話が英語できる程度であれば大丈夫です。

・自己紹介

・趣味

・職業や学業についての説明

この程度が英語で説明できれば問題ないでしょう。

大学受験で英語を勉強してきた人であれば、充分です。

逆に、簡単な基礎英語もできない状態でキャンブリーのレッスンを受けるとしんどいかもしれません。

ほとんどの講師が日本語を喋れないので、沈黙の時間が続いてしまう可能性も否定できません。

 

キャンブリーに向いている人3:時間がない

キャンブリーを選んでいる理由の1つに短時間プランが用意されていることがあります。

他のオンライン英会話をみても、1レッスン15分というのは見ませんし、週に数回などのプランはなく、毎日レッスンであることが多いです。

正直、毎日レッスンする余裕はなく、途中で挫折してしまいそうなので、今選択している週3回のプランが僕の生活リズムにはすごくマッチしていて、苦痛を感じず、英語学習を進めることができています。

忙しい人にもぴったりのプランがキャンブリーにはありますよ。

 

キャンブリー以外に検討すべきオンライン英会話サイト

キャンブリー以外のオンライン英会話も見てから決めたい!という方は、以下の2つをオススメしますので、比較してみてください。

 

オンライン英会話サイト1:DMM英会話

DMM英会話

1つ目のおすすめのオンライン英会話サイトは、DMM英会話です。

入会前に2回の無料レッスンが体験できます。

おぎやはぎの矢作さんとアイクぬあらさんがユニークなCMをしていることでも有名なDMMが運営しており、オンライン英会話サイトの中では非常に知名度が高く、評価もされています。

DMM英会話の講師は、80項目に及ぶ最終評価をクリアしなければならず、合格率はわずか5%です。

講師は、アジア、ヨーロッパ、中南米の出身者が中心で、他にもアメリカ、イギリス、カナダといったネイティブ講師まで、世界各国の講師陣が日々レッスンを提供しています。

旅行と文化、ビジネス、デイリーニュース、健康とライフスタイル、発音、ディスカッションなど様々なオンライン教材が用意されており、どれでも無料で自由に利用してレッスンをすることができます。

skypeなどの起動は必要なくDMMサイト内にテレビ通話機能がついています。

 

DMM英会話の料金

DMM英会話の料金プランは大きく3つに分かれています。

 

毎日1レッスン:6,480円(税込)/月額 1回25分

毎日2レッスン:10,780円(税込)/月額 1回25分

毎日3レッスン:15,180円(税込)/月額 1回25分

 

毎日25分のレッスンをこなせる人は料金も他のオンライン英会話スクールより安いのでDMM英会話はおすすめです。

ただ、やってみるとわかりますが忙しい社会人が毎日25分レッスンするのは結構ハードなので、その辺りも考慮に入れてください。

僕は毎日は厳しいのでcamblyにしています。

 

 

 

 

オンライン英会話サイト2:レアジョブ

レアジョブ

2つ目のおすすめのオンライン英会話サイトは、レアジョブです。

入会前に2回の無料レッスンが体験できます。

レアジョブは個人向けだけでなく、企業や教育機関に向けての英語向上プログラムも行っていて、企業や国に受け入れられるほど洗練されたプログラムだと言えますね。

講師は英語に堪能なフィリピン人になります。

キャンブリーやDMM英会話と同様、skypeなどは不要で、レアジョブ独自のレッスンルームを利用して、すぐにレッスンを開始することができます。

レアジョブでは、レッスン講師とは別に日本人カウンセラーが在籍しており、英語学習を継続的に進めるためにサポートをしてくれます。

日本人カウンセラーの多くは、自身も英語学習に取組み、英語が話せるようになった方々ばかりです。

そういった立場の人間だからこそ英語学習者の気持ちを汲み取ったサポートが可能です。

 

レアジョブの料金

月8回レッスン:4,200円/月額 1回25分

毎日レッスン:5,800円/月額 1回25分

 

レアジョブも料金は安いです。

講師はフィリピン人なので、完全なネイティブではないですが、難関な試験を突破している方々なので、実力は保証されています。

料金の安さでみるなら、DMM英会話か、このレアジョブですかね。

 

 

 

 

まとめ:個人的にはオンライン英会話キャンブリーを本当にオススメします

今回はキャンブリーの特徴と僕の使っている感想、利用者の評判を解説してきました。

僕はキャンブリーを利用しはじめて、半年経過しますが、1度も自分と話した講師が嫌だなと感じたことはありません。

キャンブリーの講師の基準は分かりませんが、非常に質の高い講師が揃っていると感じます。

ただ、レッスン予約をする人からすると、予約のキャンセルであったり、人気講師のレッスンがすぐ埋まるなど不満に繋がる部分もあるようです。

ただ、僕個人は自信を持ってキャンブリーをおすすめします。

もしキャンブリーの雰囲気を味わいたいという人は無料レッスンを受けることもできるので、是非、1度体験してみて、その後にキャンブリーに入会するか決めるのもよいでしょう。

 

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-英語, その他

Copyright© キャリア見聞録 , 2021 All Rights Reserved.