就職

就活セクハラの実情。学生団体が訴え。

この記事はこんな人におすす

  • 就活を控えている人
  • 就活でセクハラを受けた人
  • 女子就活生全員!!!

本日は、就活セクハラについての記事が出ていたので概要のまとめと自論も交えてご紹介していきます。

就活セクハラに現役女子大生が対策を訴え

www.businessinsider.jp

女子大生らの団体が記者会見を開き、国や企業が就活セクハラに対して無関心、無責任だと主張しました。インターンシップやOB訪問の際に彼氏や結婚に対する質問を何度もされ、それらは就活セクハラだと訴えました。それら質問に対し、本気で反論しようものなら空気が読めない奴だと烙印を押されて選考の合否に影響しかねないため、その就活セクハラな質問を笑って誤魔化すことしかできなかったといいます。ひどい就活セクハラの場合には体を触れることもあったとのことです。他にも就活セクハラ発言として「美人ではないけど、面接通るくらいの容姿」(これは駄目でしょ)「ウチの会社は独身多いから選び放題」などがあったという。これらの就活セクハラを大学に相談したが、前例がないので分からないと一蹴されたらしいです。

www.tokyo-np.co.jp

このニュースも上記の就活セクハラニュースとほぼ同じ内容でした。書き方が少し異なるだけですね。

就活セクハラは水面下で行われている

僕が男なので就活セクハラに関しては知識や体験が薄いのですが、女子大生でわざわざ会見を開いて訴えるということは実際に多く行われていることの象徴でしょう。僕も人事が入社前の内定者やインターンの子と親密にしている場面には何度か出くわしたことがありますし、就活セクハラの究極形である体の関係をもってしまい、人事がクビになった事例も知っています。

就活セクハラの定義が不明瞭

就活セクハラの定義って決まっているのでしょうか。もし国が定めている就活セクハラの定義があるのならば、僕の勉強不足です。申し訳ございません。今のところ、就活セクハラの定義として「女性が不快に感じたら」的なとこで落ち着いているような気がします。これが非常に難しい。個人によって差がありますし、その女性との関係の深さにもよりますし、、、。上記の就活セクハラの記事見ていて、「メガネ外した方が可愛い」という発言が就活セクハラと捉えられていました。言い方がもう少し柔らかいですが、対面が2~3回目の女の子に言ったことがあるような気がします。「メガネ外してみたら?」的な言い方だったかと。これも就活セクハラと言われれば、う〜んとなってしまいますね、、、。

会社側で就活セクハラの定義を設定する

上記で就活セクハラの定義の不明瞭さについて書きましたが、国に就活セクハラとは何かを定義してくれ!と懇願しても国も「いや〜就活セクハラの定義は難しいよ〜」と言ってきそうなので、もう会社単位で就活セクハラを定義するしかないのかなと感じます。僕が社長だったら、、、そうですね、、、。
・身体的な質問はしない
・体には触れない
・会社から許可された飲み会以外では飲みに行かない
を就活セクハラの定義にします、、、厳しい?甘い?

就活セクハラ対策:女性には女性をつける

これは実現可能性が極めて低いかと思いますが、就活セクハラ対策として、女性の就活生には女性社員を面接官なり選考官にしたらどうでしょうか?人事部には割と女性もいるだろうし、この制度が施行されたら女性の社会進出にも一役担えるのではないでしょうか。
自分が男性であることもあり、就活セクハラを他人事のように感じてしまうのですが、それじゃいけませんね!もし「自分が女性だったら」という意識を持ち、考える必要があります。娘ができて、就活セクハラされたらブチギレますもん。

-就職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.