栃木で働きたい!おすすめの転職サイト・転職エージェント徹底比較

栃木で働きたい!おすすめの転職サイト・転職エージェント徹底比較

この記事はこんな人におすすめ

  • 栃木での転職を検討している人
  • 栃木でのおすすめの転職サービスを知りたい人
  • 栃木で働きたい人

この記事にたどり着いたあなたは栃木での転職に興味がおありなのではないでしょうか。

今回は、

・栃木の転職サービス選びのポイント

・栃木の転職におすすめの転職サイト

・栃木の転職におすすめの転職エージェント

を中心に紹介していきます。

是非、参考にして転職活動を進めてください。

 

目次

栃木のお仕事事情

先に簡単に、栃木のお仕事事情を確認しておきましょう。

栃木の有効求人倍率:1.10倍

栃木の平均年収:340万円

引用:厚生労働省
※上記の数値は計測時期によって変動します。

[補足]有効求人倍率とは、求職者1人に対する求人数の割合を示したモノです。
極論にはなりますが、1倍を超えていれば、職を全く選ばなければ、1人に1つ以上は仕事があることになります。

 

栃木の転職サイト・転職エージェント選びのポイント

栃木の転職サイト・転職エージェント選びのポイント

全国的に見ると栃木は田舎と都会のちょうど間の部類に入るでしょうか。

あまりに小さい転職サービスを利用してもヒットする求人数は少ないかもしれません。

なので、大手の転職サービス、もしくは栃木特化、北関東特化の転職サービスを利用する必要があるでしょう。

また、よく転職サイト、転職エージェントどちらを利用したほうが良いか、と聞かれますが、完全に個々人によりますし、栃木だからといって、どっちが良いこともないです。

それぞれのサービス業態を把握している人は好きな方が利用すればいいですし、もしよくわからない場合は、転職サイト、転職エージェント共に登録してみて、自分に合う方を選択するのもいいのではないでしょうか。

[補足]

転職サイト
→自分で求人を探し、応募する

転職エージェント
→コンサルタントと面談し、おすすめの求人を紹介してもらい、応募する

 

栃木おすすめ転職サイト

まずは、栃木のおすすめ転職サイトから紹介します。

転職エージェントは次章で紹介します。

転職サイトリクナビNEXT  

リクナビ NEXT
(栃木求人数:1195件)

おすすめ度

 

doda転職
(栃木求人数:2756件)

おすすめ度

 

シゴトサガス栃木
(栃木求人数:140件)

おすすめ度

 

WORKWORKとちぎ
(栃木求人数:500件)

おすすめ度

 

栃木おすすめ転職サイト1:リクナビNEXT

栃木おすすめ転職サイト1:リクナビNEXT

1つ目はリクナビNEXTです。

テレビや電車などでも大々的にCM・宣伝をしているので知っている人も多いでしょう。

超大手転職サイトということもあり、栃木でもかなり求人数があります。

求人数だけで見るなら間違くリクナビNEXTは利用候補に入ってきます。

リクナビNEXT利用者の声

女性アイコン1

30代女性

リクナビNEXTは他社には掲載されていない求人があり、情報もいっぱいみれます。ここだけの会社が多くあったと思います。

 

男性アイコン1

20代男性

求人数はかなりあります。希望する細かい検索条件も指定でき、検索できます。

 

 

 

栃木おすすめ転職サイト2:doda転職

栃木おすすめ転職サイト2:doda転職

2つ目はdoda転職です。

転職サイトと転職エージェントが一体化になっているので求人数が非常に多くなっています。

どちらも使えるので、1つで2度美味しい感がありますし、大手なので利用の安心感もあります。

doda利用者の声

女性アイコン1

30代女性

転職サイトと転職エージェントが一体化しているからなのもあるけど、求人数がめちゃくちゃ多い

 

男性アイコン1

30代男性

名の知れた大手なので利用する際に安心感があるのは事実です。

 

 

 

栃木おすすめ転職サイト3:シゴトサガス栃木

栃木おすすめ転職サイト3:シゴトサガス栃木

3つ目はシゴトサガス栃木です。

シゴトサガス栃木は、サービスからわかるように、栃木に特化した求人サイトです。

大手転職サイトと比べると求人数は少し少なく感じますが、栃木思いの地元企業など大手には掲載していない優良求人を見つけることができます。

シゴトサガス栃木利用者の声

女性アイコン1

20代女性

栃木にそろそろ戻って仕事をしたいと思った時に、見つけた。栃木にある隠れた良い企業もいくつか掲載されていて応募した。

 

男性アイコン1

30代男性

求人数が多くはないですが、いろんな業種・職種の地元木企業を検索することができた。

 

 

栃木おすすめ転職サイト4:WORKWORKとちぎ

栃木おすすめ転職サイト4:WORKWORKとちぎ

4つ目はWORKWORKとちぎです。

WORKWORKとちぎは、栃木県が運営する栃木特化の転職サイトです。

栃木県の運営なのでかなり安心できるのと、栃木県のお仕事事情についてはどこより詳しいので、栃木で働きたい人は一度覗いてみてください。

WORKWORKとちぎ利用者の声

女性アイコン1

20代女性

栃木県が運営していると聞いて、使ってみました。求人が年代ごとに分かれていたり、かなり検索しやすかった。

 

男性アイコン1

30代男性

求人を検索して応募できるだけではなく、希望があれば栃木県のスタッフさんと就職・転職相談ができる点がかなり良かった。

 

 

栃木おすすめ転職エージェント

次に栃木のおすすめ転職エージェントを紹介していきます。

おすすめ転職エージェントリクルートエージェント  

リクルートエージェント
(栃木求人数:1506件)

おすすめ度

おすすめ転職エージェントパソナキャリア転職エージェント  

パソナキャリア
(栃木求人数:537件)

おすすめ度

 

キープキャリエール
(栃木求人数:1700件)

おすすめ度

 

リージョナルキャリア栃木
(栃木求人数:548件)

おすすめ度

 

栃木おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント

栃木おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント

1つ目はリクルートエージェントです。

転職サイト同様、転職エージェントもリクルート社は外せないでしょう。

取り扱い求人数がとにかく多すぎるんです!

経験豊富な優秀なアドバイザーも多いので、安心感を持ちながら転職を進めていけるのではないでしょうか。

リクルートエージェント利用者の声

女性アイコン1

30代女性

リクルートエージェントすごい評価悪くて不安だったけど、担当の方すごく良い方で自分のこと見つめ直せたし、気付かなかったところに気付かせて貰えたから自分的大満足!転職がんばるぞ

 

男性アイコン1

30代男性

なお、今の職場でも他の転職支援サービスと比べてもリクルートエージェントがダントツで良かったっていってる人が居る!

 

 

 

栃木おすすめ転職エージェント2:パソナキャリア

栃木おすすめ転職エージェント2:パソナキャリア

2つ目はパソナキャリアです。

パソナキャリアはアドバイザーの質、また紹介される求人の質の高さに評価がある転職エージェントです。

求人数は超大手転職エージェントと比較すると少し劣る部分がありますが、1人1人に寄り添った丁寧なカウンセリングをしてくれます。

パソナキャリア利用者の声

女性アイコン1

30代女性

仕事が忙しすぎく中々、転職活動に力が入れられない時でも定期的に連絡をくれたり、何かコチラから質問した際にはすぐに連絡をくれました。

 

男性アイコン1

20代男性

初めての転職で不安でしたが、経験豊富なカウンセラーが多く、サポートしてもらました。良い求人も紹介してもらい、現在大手企業で働くことができています。

 

 

 

栃木おすすめ転職エージェント3:キープキャリエール

栃木おすすめ転職エージェント3:キープキャリエール

3つ目はキープキャリエールです。

キープキャリエールは栃木に本社を構える栃木特化の転職エージェントになります。

大手転職エージェントでは紹介されていないようなに根付いた優良企業求人なども扱っています。

キープキャリエール利用者の声

女性アイコン1

30代女性

面談をさせていただいた際に、栃木の転職事情について丁寧に教えてくれました。面談してもらってよかったです。

 

男性アイコン1

30代男性

大手の転職エージェント以外にも利用してみようと考え、使ってみることに。かなり多くに栃木求人を扱っていて驚いた!

 

 

栃木おすすめ転職エージェント4:リージョナルキャリア栃木

栃木おすすめ転職エージェント4:リージョナルキャリア栃木

4つ目はリージョナルキャリア栃木です。

リージョナルキャリア栃木は栃木県で働きたい人向けの完全地元密着型転職エージェントになります。

サイト上でメインターゲットは30代となっていますが、20代や40代の方などの利用も可能です。

栃木に完全特化しているため、紹介される企業の中には大手転職エージェントでは紹介されないような栃木本社の会社も多くあります。

リージョナルキャリア栃木利用者の声

女性アイコン1

30代女性

栃木に特化した転職エージェントで、栃木の求人もかなり抱えていたので利用してみた。丁寧に話を聞いてくれて親切でした。

 

男性アイコン1

30代男性

栃木で働こうと考えたときに見つけたのがこの転職エージェントでした。

 

 

栃木に転職した人の声

実際に栃木に転職された方の声を載せます。

参考にしてください。

栃木に転職した人の声1:男性/30代

東京都の鉄道関連会社で勤務をしていましたが、休日や休憩時間が極端に少なく、日々の睡眠時間の確保に職場の最寄りのビジネスホテルを利用するなど身体的・精神的にも追い詰められていることが自覚出来たからです。

栃木県を選んだ理由は生まれ育った土地であり、その当時は父親の体の具合が思わしくないことも重なり、転職で地元に帰ることを決めました。

転職にはハローワークを利用しました。

ハローワークは地元に特化した求人が多く、休日日数・給金・その他細かい条件がPC端末で検索出来た為、受けたい会社を調べるやすいと感じました。

しかし一方で、運転免許が無い=就職先を紹介するレベルに至っていないという扱いを受けたことは悪印象として残っています。

もちろん運転免許が無いと就職活動が難しいことは理解していましたが、良い求人の紹介だけでもしてほしいと思いました。

転職結果としては紹介してもらった会社に採用いただき、給料は都内で働いていた時と比べ格段に減りましたが、休日・勤務時間共に満足いく内容です。

転職先であり地元の栃木県は日光東照宮のある日光や御用邸のある那須などの観光地、餃子で有名な宇都宮の県北・県央が一般的に認知されていると思います。

ですが最近は佐野プレミアムアウトレットや、藤棚と冬季のイルミネーションで有名な足利フラワーパークなどのある県南も観光客が増えており、栄えています。

また、新宿駅・東京駅・池袋駅・王子駅に直接アクセスできるバスが1時間に1本運行しており、都心へのアクセスも便利です。

イオン・大型スーパーや大型ドラッグストア・個人医院も含め生活環境としては充実しています。

しかし山間の集落などでは高齢化が進み、乗り合いバスが出ていますがそれも充分ではないので、車を使用することは不可欠な部分がデメリットになります。

車の運転に不自由を感じない方であればメリットの方が多いと思います。

 

栃木に転職した人の声2:男性/30代

私は2022年5月に群馬から栃木へ転職活動を行いました。

なぜ栃木なのかと聞かれれば、私の場合には「たまたま会社が栃木にあったから」でした。

転職のきっかけは、勤務していた会社への不満と賃貸アパートの契約更新期間が迫ってきたことが重なったためでした。

「ここでアパートの契約を更新してしまったら、また数年間この会社で働かなければならないのか」と考えると、「転職したい」という気持ちの方が強かったのです。

私はIndeedと言う転職アプリを利用して転職をしました。

このアプリは、待遇やフリーワードでの検索ができ、検索傾向から学習したおすすめ求人も、私の好みをわかっているようでした。

また、転職アプリと言うだけあって、採用活動に力を入れているところが掲載されているため、どの求人内容も魅力的に見えるほど好条件が多いように感じました。

その反面、アプリ内で作った履歴書等とは別に、自作した履歴書や職務経歴書が要求されることも多く、アプリ機能を活用しきれていないと感じました。

転職した結果は、仕事面では成功、生活面では若干不安が残りました。

と言いますのも、転居して初めて気づいたのですが、最低限の店はあるのですが、娯楽に乏しいというのがこの地域の特徴でした。

「休日にやることがない」と言うのは当初は気にしていなかったのですが、日を重ねるごとに休日の使い方に消化不良感を抱くようになりました。

また栃木の(居住エリア付近だけかもしれませんが)人柄や関わり方がとてもフランクで、私は少々苦手意識があります。

良く言えば、気さくでこちらが同じ対応しても喜ばれるわけですが、一方でぶっきらぼうな一面があり、怒られているような気持ちになります。

総じて、私の転職活動はうまくいった方だと思います。

期待通りの業務と待遇をいただき、プライベート面もそれなりに充実していると感じます。

ただ、1つ不安があるとすれば、転職活動にそれなりに成功したからこそ、「転職癖」がつかないかという心配があります。

文字通り天職にありつければ良いですが、そうでなければ「また転職すればいいや」というある種の甘えを覚えてしまわないかという危機感もないとは言い切れません。

特に地方においては、都心と比べ業種や企業の数、待遇面といった点で劣っている部分もあると考えています。

だからこそ地方での転職活動は、ある種の妥協点を定め理想の職場環境は自分達で形成していく覚悟が必要と感じます。

 

栃木に転職した人の声3:女性/30代

栃木県宇都宮市に在住しています。

まず私が転職に踏み切った理由ですが、ワークライフバランスを取るためでした。

前職は24時間営業・年中無休のサービス業で、夜勤もあるシフト勤務でした。

毎日起きる時間・寝る時間・勤務時間が異なるのでかなり不規則な生活を送っており、プライベートな時間はほとんど取れません。

また、体のことも考え昼間の仕事に就こうと決意しました。

転職活動についてですが、私の場合はネットで求人を探しました。

その時に利用した求人サイトはマイナビ転職・リクナビNext・タウンワークです。

それぞれを使ってみた感想ですが、

・マイナビ転職・リクナビNext…地元の求人が少ない。アウトソーシングの求人が多い

・タウンワーク…地元の求人は多い。正社員の求人は少ない。

といった印象です。

私の場合はマイナビ転職でタイミングよく地元企業の求人を見つけ、そこで採用をいただきました。

転職先はインテリアメーカーで、職種は営業事務です。

朝9時~17時の勤務だったので、良かった点としてはまず規則正しい生活が送れるようになったことです。

完全週休二日制・夏季・年末休暇など休日が多く、勤務時間が固定であることや休日が増えたことでプライベートな時間が増えました。

また働き方改革にも力を入れており、残業も少なく有給も取りやすい環境でした。

仕事内容は主に販売店や代理店から入った注文の受発注業務や、電話対応・伝票処理です。

取り扱っている商品が多いため商品について覚えること・調べることが多く、常にカタログを片手に仕事していました。

発注は生産工場の締切時間が午前中と午後の2回に分かれているので、その締切時間に間に合わせる必要がありました。

特に月曜日は土日分の受注分もまとめて処理しなければならず、締切時間に間に合わせるため忙しかったです。

始業時間の30分前に出社したり昼食もままならないこともしばしばありました。

給与についてですが夜勤ではなくなった分、一気に下がりました。

一人暮らしだったので、生活に少し余裕がなくなりました。

比較すると、

前職…給与は良いけれど、不規則な勤務のためプライベートの時間が取れない。

転職先…給与は低いけれど、働きやすい環境でプライベートの時間も多い。

といったところでしょうか。

しかしこの転職先は約1年で退職しています。

退職した理由は主に人間関係です。

一緒に働いていた先輩と相性が合わず、次第に仕事に行きたくないという気持ちが強くなっていきました。

そしてある時急に「あ、もう無理」となってしまい、とうとう仕事に行けなくなってしまいました。

あとから上司から聞いた話では、私が入社する前に辞めた方もその先輩との相性が合わず表向きは「家庭の事情」で退職されていたようでした。

そのため、そういった事がないように上司達は周りの営業さんは気にかけてくれていたようですので、その点は感謝していますし申し訳なく思っています。

その時に痛感したのが、一緒に働く人との相性って大事だなということです。

仕事は大変でも、一緒に働く人が良い人だと相談もしやすいですし頑張れますね。

その後は再び元の職場に戻りました。前と変わらす夜勤もありますが、コロナの影響もあって以前ほどの忙しさはなくなり、シフトも昼のみ・夜のみといったようにある程度勤務時間が固定されているのでプライベートの時間も多少は取れるようになり体も楽になりました。

そんな私が住む栃木県ですが、自然がとても豊かで東京へのアクセスも良いです。

また栃木県の有名な観光地と言えば日光や那須が挙がることが多いですが、宇都宮では大谷資料館という採掘場跡地をオススメします。

地下には巨大な空間が広がっており、幻想的な雰囲気になっています。

ドラマや映画、PV撮影のロケなどにもよく使われており、最近は周辺にカフェなどの飲食店が増え、県外からの観光客も増えています。

ただ県内は公共交通機関が発達しておらず、車の所有は一人一台が当たり前です。

車が多いからか運転マナーの悪さが目立つのが欠点でしょうか…。

幹線道路では法定速度を大幅に超えるスピードで走る車が多いですし、ウインカーを出さずに進路変更をする車も良くみかけますので時々「危ない」と思うこともしばしばあります。

 

 

栃木転職サイトの使い方

転職サイトの使い方も解説しておきます。

どの転職サイトも似たような流れなので覚えておいてください。

1.転職サイトに会員登録

2.WEB履歴書の完成

3.求人検索

4.求人情報の確認

5.求人への応募

 

栃木転職サイト手順1:転職サイトに会員登録

求人に応募するには、会員登録が必要です。

必要事項を記入して、ログイン時に利用するIDPWを設定します。

会員登録情報は、後ほど変更もできるので、とりあえず登録だけしたい場合は、そんなに丁寧に記入する必要はないです。

ただ、本格的に求人に応募する際は、再度記入し直しましょう。

栃木転職サイト手順2:WEB履歴書の完成

どの転職サイトにも、転職サイト内で作成できるWEB履歴書があります。

そのWEB履歴書に書かれた内容があなたの応募した企業に届きます。

そのWEB履歴書で書類選考されますので、WEB履歴書は適当に書くのではなく、全項目漏れなく全力で記入する必要があります。

手書きではなく、WEB入力のため何度でも書き直しがきくので、定期的に更新するようにしましょう。

栃木転職サイト手順3:求人検索

会員登録とWEB履歴書が完成した後、求人応募に進みます。

様々な検索軸で自分に合う求人を探してください。

栃木転職サイト手順4:求人情報の確認

様々な検索軸で求人を探したら、それぞれの求人情報を細かくチェックしましょう。

・仕事内容

・勤務時間

・給与

・福利厚生

などは最低限の確認項目になります。

栃木転職サイト手順5:求人への応募

求人への応募は、求人の真下に「応募ボタン」や「応募する」などのボタンがあるのでそこから行います。

もし、まだ応募はしないけど、気になる求人なので、すぐまた求人を閲覧できるようにしておきたい場合は、「お気に入り登録」をしておきましょう。

応募して、約1週間以内には先方があなたの履歴書を見て、合否を出し、メールでその結果が来ます。

それまでは待ちなのですが、もちろんただ待つのではなく、他の企業も並行して受けてくださいね!

 

栃木転職エージェントの利用の流れ

転職エージェントの利用の流れを説明します。

どの転職エージェントも同様の流れなので、把握しておいてください。

・無料登録

・面談の設定

・キャリアドバイザーとの面談

・求人紹介

・選考

・内定

 

順に解説していきます。

栃木転職エージェント手順1:無料登録

まずは、転職エージェントのサービスサイトで無料登録を行ってください。

名前や生年月日、住所、電話番号などの基本情報を入力します。

栃木転職エージェント手順2:面談の設定

面談予約フォームで空きのある日時に面談を予約します。

または担当者から電話がくるので、そこで面談の日程を決めます。

栃木転職エージェント手順3:キャリアドバイザーとの面談

面談は、対面とリモートのどちらかになります。

面談場所が近い場合は直接、遠方の場合はリモートになることがほとんどです。

栃木転職エージェント手順4:求人紹介

面談を通じて、キャリアアドバイザーがおすすめの企業をいくつか紹介してくれます。

それらをみて、自分が受けたい企業があれば、キャリアアドバイザーに伝えます。

もし、どの企業も微妙、、、であれば、再度出し直してもらうことも可能です。

出してもらった企業に不明点があれば、キャリアアドバイザーに聞くようにしましょう。

栃木転職エージェント手順5:選考

受けたい企業が決まったら、キャリアアドバイザーの指示に従って、その企業の選考に進んでいきます。

基本的には、キャリアアドバイザーが履歴書などを企業側に送り、書類審査になります。

書類が通れば、面接です。

日程調整などはキャリアアドバイザーが転職者と企業の間に入り、行ってくれるので、決まった日時にその企業へ出向く形になります。

希望すれば、書類添削や面接対策なども行ってくれるので不安な場合は相談しましょう。

栃木転職エージェント手順6:内定

面接の結果、内定が獲得できれば、入社までの流れを簡単に説明され、必要書類を入力しておしまいです。

もし、残念ながら不合格になった場合は、またキャリアアドバイザーにおすすめの求人を出してもらい、選考に進む流れです。

受けた企業にもよりますが、キャリアアドバイザー経由で不合格の理由を聞くことができるかもしれません。

気になれば、キャリアアドバイザーに1度聞いてみるもアリです。

 

栃木おすすめの転職サイト・転職エージェントを並行利用しよう!

ここまで、栃木のおすすめ転職サイト・転職エージェントについて紹介してきました。

<転職サイト>

リクナビ NEXT

doda転職

シゴトサガス栃木

WORKWORKとちぎ

<転職エージェント>

リクルートエージェント

パソナキャリア

キープキャリエール

リージョナルキャリア栃木

自分に合った転職サービスを利用してより良い転職活動ができることを願っております。

-都道府県

Copyright© キャリア図鑑 | あなたの転職・就職・副業のそばに , 2022 All Rights Reserved.