転職 転職エージェント

リクルートエージェントの評判は?業界TOPの転職エージェントを徹底解説!

この記事はこんな人におすす

  • 転職エージェントの利用を考えている人
  • リクルートエージェントの利用を考えている人
  • 転職を考えている人

転職界のTOPリクルート

テレビCMもバンバンうっているので皆さん、1度くらいは、リクルートの名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

アルバイト情報サイトのタウンワークが世間的には1番有名かもしれません。

今回は人材業界を牽引するリクルートの数あるサービスの中からリクルートの転職エージェント「リクルートエージェント」をご紹介していきます。

転職エージェントって何?

まず、「転職エージェント」がよくわからないという方は、転職手段を説明した記事があるので、そちらをご覧になってからこの記事を読み進めた方が理解が早いかと思います。

おすすめの転職方法を教えますby元人材会社マン

リクルートエージェントとリクナビNEXT

リクルートの話をすると、リクルートエージェントとリクナビNEXTが混同している人がいるので、まずこの2つの違いを説明します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートが運営する転職エージェントです。

転職希望者はリクルートエージェントのサイトから登録をして、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーと面接をし、自分に合った企業をいくつか紹介してもらいます。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、リクルートが運営する総合転職求人サイトです。

転職希望者は、リクナビNEXTのサイトで会員登録をして、リクナビNEXTに掲載されている企業求人を閲覧し、気に入った求人があればサイト上で応募します。

リクルートエージェントの評判

実際にリクルートエージェントの評判をネットで探しました。

リクルートエージェントの良い評判

リクルートエージェントの悪い評判

リクルートエージェントの評判総括

・担当のキャリアアドバイザーの当たり外れがある
・転職希望者のスペックによって選考具合が全然違う
・メールが頻繁にくる
・転職成功できているも多い
・良い面談をしてくれる担当者もいる
・全然良い求人を紹介してくれない場合もある

かなり意見にばらつきがある結果となりました。

リクルートエージェントの利用手順

この利用手順は他の転職エージェントもほとんど同様です。

リクルートエージェント手順1:サイトで会員登録

リクルートエージェント会員登録

まずはリクルートエージェントのサイトへ飛び、会員登録を済ませましょう。

画像にあるように転職時期や希望の勤務地や職種、年収などが必須項目になっています。

リクルートエージェント手順2:キャリアアドバイザーとの面談

会員登録にメールや電話でキャリアアドバイザーと連絡をとり、面談日時を決めます。

地方在住や超絶忙しい人は対面の面談ではなく、オンライン面談も可能です。

リクルートエージェント手順3:求人の紹介

キャリアアドバイザーとの面談終了して数日後におすすめの企業求人を紹介されます。

もし、その求人の中で気になる企業があれば、キャリアアドバイザーが企業に転職者の求人を共有してくれるので、企業側も面談したいという意思があれば、企業との面接になります。

紹介される企業数などは人によってバラつきがありますので、最低いくつ以上もらえるなどの保証はありません。

リクルートエージェント手順4:求人の紹介企業選考

転職社と企業の両者同意のもと、企業選考が行われます。

書類選考や面接などその企業の選考フローに従って進めていきます。

リクルートエージェント手順5:求人の紹介条件交渉・内定・入社

選考が進み、無事内定が決まったら、入社の契約書を書いて終わりです。

この時、条件面などの交渉もあるので、疑問点や不満がある際はここでしっかりとすり合わせをしておきましょう。

その後は入社日時が決まり、晴れて入社です!

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェント特徴1:豊富な紹介企業数

抱えている企業数は転職エージェントの中でもトップクラスでしょう。

アルバイト、派遣、正社員とどの領域においてもサービスを展開しているのでそれらを合計するととてつもない数の企業とのお取引があります。

各サービスで転職エージェントのニーズが出てくればすぐに連携するので、どんどん利用企業は増えていきます。

リクルートエージェント特徴2:非公開求人多数

非公開求人は、一般の転職サイトなど、ネット上に公開されていない求人のことを指します。

・新規事業のポジションや役員クラスの採用の場合、企業は公に採用活動をしたくない
・雑多な応募は時間と手間がかかるので応募を厳選して採用活動を効率的に進めたい

などの理由から非公開求人にする企業があります。

リクルートエージェントはそのような非公開求人も多く抱えています。

リクルートエージェントの利用で気をつけること

リクルートエージェント注意点1:期待をしすぎない

たまにリクルートエージェントを含む転職エージェントに行けば、多くの優良企業を紹介してもらえると勘違いしている転職者がいますが、決してそんな甘くはありません。

企業側にも求める人物像があるので、それに合致していなければ、もちろん紹介なんてしてもらえません。

リクルートエージェント注意点2:悪いキャリアアドバイザーも存在する

悪いキャリアアドバイザーにあたることもあります。

元人材会社の人間として、悪いキャリアアドバイザーには2パターンいることを主張しておきます。

やる気のないキャリアアドバイザー

基本的に人材会社に入社する人の大半の志望動機が「私が関わることによってその人の人生を変えたいです」的なニュアンスなので、性格の悪い人は少ないです。

ただ稀に、「そんなん知らねーよ。仕事なんて適当にやって、転職先の紹介も適度にやって帰って寝る」みたいな人もいます。

売り上げに左右され性格が変わるキャリアアドバイザー

本当はいい人なのに悪い転職エージェントになってしまうケースです。

結局、「転職者により良い仕事を紹介する」ったってその転職紹介によって転職エージェントだって会社に雇用されてて、給料をもらってるわけなので、転職者を企業に入社させて売り上げをあげないといけないわけです。

詳しくはこの後に出てくる「転職エージェントの仕組み」の項で説明しますが、売り上げのために悪い方へと転職者を誘ってしまうこともあります。

リクルートエージェントの仕組み

リクルートエージェントを含む転職エージェントの売り上げの仕組みは、転職者をとある企業に紹介し、無事入社すれば、その転職者の想定年収の約20~30%が転職エージェント側に入るといった感じです。

各キャリアアドバイザー個人には当然ながら売り上げノルマがあり、それを達成しなければ、上司からガミガミ言われるわけです。

例えば、とある転職エージェントの月内の売り上げ目標までがあと100万だとして、転職者をA社に入社させると、50万の売り上げ。B社に入社させたら、100万の売り上げだとしましょう。

今回の場合その転職者はA社の方がマッチング度が高いとします。

これがまだ営業締め日まで日数があれば、優しきキャリアアドバイザーならその転職者にA社を紹介するでしょう。

しかし、営業締め日まであと1日!これを達成すればインセンティブがもらえ、仲間からも祝福され、達成後に飲む酒も旨くなる!なんて考えが出てくると、心では「A社!」と思っていても、悪い自分に負けてしまい、「B社」を紹介してしまうなんてこともあるんですよ。

だから、先ほど紹介した悪いキャリアアドバイザーが生まれてしまうかもしれないんです。

まとめ:リクルートエージェントをまずは1度利用してみよう

ここまでリクルートエージェントについてご紹介してきました。

リクルートエージェントの評判を見ると、リクルートエージェントの良し悪しは担当してくれるキャリアアドバイザーの良し悪しで決まるといっても過言ではありません。

キャリアアドバイザーを見極め、この人なら信用できると感じたら親身に転職について相談をしましょう。

キャリアアドバイザーが微妙だった場合は、リクルートエージェントの利用が諦め、別の転職エージェントを利用してださい。

リクルートエージェントの利用料は無料なので、是非1度登録してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職, 転職エージェント

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.