doda転職サイトの評判や口コミは?利用者の声からdodaの特徴を徹底解説!

この記事はこんな人におすすめ

  • 転職サイトの利用を考えている人
  • 転職を控えている人
  • dodaの利用を検討している人

転職活動をするあたって転職サイトを利用するということが一般的になってきました。

しかし、いざ始めようとしても転職サイトの数が多すぎて、どのサイトを利用すれば良いのかよくわからない、どれが自分に合ったサイトなんだろうか。と悩まれる方もいらっしゃると思います。

各転職サイトにはそれぞれ強み・弱みがあり、そこを理解することでより自分に合った転職活動となることでしょう。

そこで今回は、転職サイトの中で求人数が多く、エージェントと一体化になったサービスが受けられるというdodaについてご紹介していきます。

 

doda転職とは

doda転職

まずは、doda転職の簡単な概要を説明します。

サービス名:doda(転職)

形態:転職サイト

運営会社:パーソルキャリア

利用料金:無料

求人数:56,000件(2020年8月時点)

パーソルキャリアは様々な人材ビジネスを展開していますが、軸となるのは

転職サイト:doda転職

転職エージェント:dodaエージェント

の2つです。

これらを合わせてdodaというサービスとして提供しています。

今回、主にご紹介するのは前者のdoda転職です。

ただ、dodaエージェントについての評判や口コミも所々出てきます。

もし、dodaエージェントの評判や口コミについて詳しく知りたい人は、dodaの転職エージェントを徹底解説!利用者の口コミや評判は・・?をご覧ください。

dodaは、リクルートやマイナビに続き、人材業界では3~4番手に位置し、知名度も高いです。

次項では、doda転職を利用したことのある方の良い点・悪かった点の双方ついての声をまとめてみました。

様々な方の感想をもとに、dodaのメリット・デメリットを明らかにし、よりご自身に合う活用法がみつけられたらと思います。

doda転職の良い評判

では、doda転職の良い評判についてみていきましょう。

doda転職の良い評判1:圧倒的求人数の多さ

Dodaを利用したことがある方々で、特に多いコメントは「求人情報が多い」でした。

その理由としては、 転職エージェントによる人材紹介での求人も、dodaの転職サイトに掲載されているのです。また、dodaでしか取り扱っていない非公開の求人も数多くあるため他社の転職サイトと比較し豊富な求人数があるのです。

それにより、自身で探す際に求人検索の結果がマッチしやすくなっており、多くの求人情報から自分に合う求人を比較し探したいという方にとっては良い条件となってます。

doda転職の良い評判2:転職エージェントと並行して使える

dodaの転職サイトにはほかのサイトにない特徴として、転職サイトと転職エージェントが一体型になっていることが挙げられます。

この利点として、dodaの転職サイトで求人情報を探すことができるだけでなく、希望の求人を見つけた場合、転職エージェントを利用し、そのままキャリアアドバイザーに求人を紹介してもらうこともできます。

このようにエージェントが一体化したサービスによりスムーズ転職活動が実現できます。

 

doda転職の悪い評判

次にdoda転職の悪い評判についてみていきましょう。

doda転職の悪い評判1:メールの多さ

doda転職では新しい求人情報や企業からのスカウトメール、エージェントからの連絡が自動的に登録したメールアドレスに送られてくるようになっています。

自身で探しきれない情報が手に入る反面、自身の希望に反する求人情報も多く送られてきます。

この探している求人情報に反したメールが多数送られてきて、メールボックスをうめつくしていまうことに不満を感じる方が多くいらっしゃるのも事実です。

自身のやりたいビジョンが明確で、ピンポイントに探していきたい方にはやや煩わしい機能となってしまうでしょう。

doda転職の悪い評判2:求人情報の質

先ほどもお伝えしたように、dodaでは求人情報が多い点が強みです。

しかし、数多く求人情報中には理想の求人とは違うものが紹介されたりと、やや質の悪い求人もあるようです。

担当者としっかり話し合ったり、複数の転職エージェントを利用したりして、対策するようにし検討していく必要があるでしょう。

doda転職の悪い評判3:キャリアアドバイザーの当たり外れがある

これはどの転職エージェントにも共通していえることかと思います。

担当してくれるキャリアアドバイザーの良し悪しであなたの転職の良し悪しが左右されるといっても過言ではありません。

もし、このキャリアアドバイザーはハズレだと感じたら、すぐに身を引き、他の転職サイトやエージェントを利用しましょう。

そのためにも、複数のエージェントを併用していくのもいいかもしれませんね。

doda転職の悪い評判4:第2新卒、未経験の求人が少ない

doda転職は、第2新卒・業種未経験向けの求人が弱く、比較的求人が見つかいにくい傾向にあるようです。

それでも、自分なりたいイメージ像を明確にし、ビジョンをきちんとエージェントに伝えアクションを起こすことができれば、応募可能な求人もみえてくることもあるでしょう。

第2新卒や未経験の転職については、20代の転職におすすめのサイトまとめ【2020年最新版】をご覧ください。

 

どういう人にdoda転職はおすすめ?

ここまでdoda転職の評判をいろいろと紹介してきました。

では実際にどういう人がdodaを利用したらいのでしょうか。

求人数が豊富でエージェントが併用できるdoda転職をお勧めしたい方について詳しく話したいと思います。

doda転職がおすすめの人1:転職にスピード感を求める方

転職時期を3~6か月以内で考えている方にお勧めです。

先ほどお話した通り、dodaは転職サイトとエージェントが一体化されています。

そのため、自力ではなくエージェントのサポートを受けることでスムーズに求人を紹介してもらえたり、エージェントとも蜜あ連絡により専門的な意見を加えながら一緒に求人情報を吟味することが可能です。求人情報の検索から、企業へのエントリーまでスピーディーに転職活動を進めていくことが可能です。

doda転職がおすすめの人2:受動的に情報が欲しい方

doda転職の強みは圧倒的な求人数です。

マッチする求人を検索で探すことに加えて、転職サイトに登録するとスカウトメールなど受動的に情報を得ることができます。

自分では探しきれない求人や、企業からのスカウトメールで反応を見ながら自分の適性・市場価格を吟味したい方にはおすすめと言えます。

 

まとめ:doda転職の特徴を理解して利用しよう

Dodaの転職サイトの評価は様々なものが挙げられました。

総評として、圧倒的な求人情報数・エージェントと一体化したサポートがありスムーズに転職活動が可能な反面、メールの多さや求人情報・エージェントの質のばらつきといった弱みもあげられました。

転職サイトにはさまざまな人が登録しているからこそ、賛否が分かれる評判がつけられていますね。

キャリアアドバイザーやエージェントも活用しつつ、自分にあった求人と出会えるようにそれぞれの転職サイトの強み・弱みを理解し利用することが大切ですね。

転職活動をこれから始めようと考えている方は、doda転職の利用も考えてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職を知る, 転職サイト

Copyright© トクナガのキャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.