主婦の転職におすすめ転職サイトはどこ?転職のコツ、注意点などもご紹介!

主婦の転職不安

 

この記事はこんな人におすすめ

  • 主婦の人
  • 転職を考えている主婦
  • 主婦の転職について情報収集したい人

 

目次

主婦の皆さん、転職に不安はありますか?

主婦でも転職ってできるんだろうか?

実績やスキルもないけれど転職はできるんだろうか?

など転職に不安を抱える主婦の皆さんは多いのではないでしょうか。

今の職場に満足できなくても仕事場を変える勇気はなかなか得られにくいですよね。

今回はそんなあなたに具体的な悩みとその解決方法、具体的な転職のやり方までお伝えします。

 

シングルマザーも増えている

日本の母子世帯は、10年前と比べ増えています。

厚生労働省が出した数では、平成28年シングルマザーの子供の数は平均1.52人です。

シングルマザーでも、お子様の手が掛からない年齢ならば、就職の条件を広げることができますが、お子様がまだ小さいとそうも言っていられませんよね。

就職の面接時に、お子様が小さいと、「早退や休みが多くなりそう」と感じる会社もまだ多く、不利になってしまいます。

そんな風に感じる会社が少なくなることを切に願いますが、まだまだなくなる流れは来ていないように思います。

ちなみに、厚生労働省によると、シングルマザーの就業状況は80.6%、平均就労収入は、181万円になっています。

その内訳は、

雇用形態 就業率 平均就労所得
正規雇用(正社員) 43% 270万円
非正規雇用(パート派遣社員、契約社員、アルバイト) 57% 125万円

となっています。

また、一般世帯女性の就業率は64.4%(正規雇用:45.6%、非正規雇用:54.4%)で平均就労所得は、269万円です。

このことから一般世帯と比べシングルマザーは、就業率が高いが、平均就労収入が低いということがわかります。

シングルマザーは、働かざるをえないことが多いです。

ですが、一般世帯と比べ、仕事の選択の幅が狭くなるのが現状です。

 

国のシングルマザー就職支援制度

シングルマザーには、国からの支援もありますので、こちらも是非ご活用ください。

シングルマザー就職制度1:自立支援教育訓練給付金

こちらは、ひとり親家庭ための給付金で、就職に有利になる資格を取得するための講座受講料(上限10万円)が給付されます。

講座は対象の口座でないと給付金がもらえないため、確認が必要です。

各地域によって金額に多少変動があったり、内容が異なる場合がありますので、詳しくは住んでいる地域のHPで確認してください。

パソコン検定や医療事務などが人気です。

詳しくは厚生労働省のページをご覧ください。

シングルマザー就職支援2:高等職業訓練促進給付金等事業

こちらは、資格所得のため一定期間修学が必要の場合、期間中の生活費を支援してくれます。

看護師や介護福祉士がこの制度を使えます。

上限は2年、支給額月額10万円か月額7万500円となっています。

就業終了後、5万円か2万5千円が支給されるのでぜひ利用したい制度です。

詳しくは厚生労働省のページをご覧ください。

 

主婦の転職で不安に感じる5つのこと

主婦の皆さんが転職する際に主に不安に感じることを挙げました。

・長時間労働に耐えられるのかな?

・子供の体調が悪くなったらどうしよう?

・ブランクが長いけど大丈夫かな?

・転職のタイミングはいつ?

・家計が苦しいけど、転職してもいいの?

 

順に解説していきます。

主婦転職の不安1:長時間労働に耐えられるのか?

子供が小さいときは、専業主婦をやっていたり短時間労働をしていたりと長時間の労働はほとんどしていないのではないでしょうか。

たとえば、普段4時間程度しか働かない人がいきなり8時間の労働をするとなれば、精神的、体力的に厳しいと言わざるを得ないでしょう。

ましてや家事だけの生活から平日フルに出社に加えて家事もするとなれば体を休める時間も無くなりますね。

自分がしんどいと感じるだけならまだしも、さらに子供のお世話もあると考えれば負担が大きいことは明白です。

体力を考慮した仕事選びが大事になってくるでしょう。

主婦転職の不安2:子供が体調不良になったらどうしよう?

働く時間が長くなるだけならなんとかなるかもしれませんが、子供が急に体調不良になったら仕事を休んで駆けつけなければなりません。

そんな時にすぐに駆けつけられる企業に勤めたいですね。

主婦転職の不安3:ブランクが長いけれども大丈夫かな?

結婚前まではバリバリのキャリアウーマンで働いていたけど、今は専業主婦という方もいらっしゃいますよね。

やはり、第一線から一度遠ざかると現場の感覚に慣れるまで時間が掛かります。

子供が大きくなってから働こうと考える方にとってはこのブランクは長くなりがちですので、ブランクが長ければ長いほど不安は大きくなります。

主婦転職の不安4:転職のタイミングはいつ?

そもそも、転職を今すべきか?という疑問を抱くことがあります。

その理由は、子供が小さい時に転職を考えるからのようです。

小学生になる前の子供にたっぷりと愛情を注ぎたい。

でも、「今働きたい」または「生活のために働かなきゃ」と考える人も多いでしょう。

主婦転職の不安5:家計が苦しいけど、転職してもいいの?

他とは毛色が異なりますが、旦那の給料が低く、子供の養育費・教育費を払うことが難しいという主婦に多い悩みです。

これは不安というよりも現実的な課題と呼ぶ方が良いかもしれません。

これが原因で転職を考える人も実際、多くいらっしゃいます。

 

主婦転職の不安を解決するために

さて、主婦転職に関する5つの不安を見てきましたが、あなたに当てはまるものはありましたか。

転職の不安を解消ための注意点を紹介しますので、参考にしてください。

・雇用形態選択は慎重に

・福利厚生を確認

・職種選択は慎重に

・仕事は誠心誠意やることを伝える

・手に職をもつ

・希望条件を明確にする

 

主婦転職の注意点1:雇用形態選択は慎重に

雇用形態の選択は、ライフワークバランスにかなり影響を与えますので、慎重に行いましょう。

各雇用形態についてまとめたので、自分に合ったものを選んでください。

 

雇用形態1:アルバイト・パート

1つ目は、アルバイト・パートです。

基本的には、時給での契約になります。

働く時間も割と自由に決めることができますし、事前にシフトを出しておけば、休みも問題なくとれるでしょう。

アルバイトで6時間を超える勤務をする場合には、1時間の休憩(時給発生しない)が必要になりますので、シフトを提出する際は、この休憩時間も考慮に入れましょう。

求められるスキルレベルも低いため、責任のあるポジションに就くこともありません。

急遽休むことになっても誰かが代わりを務めてくれるので、子供の突然の体調不良に対しても快く対応してもらえるでしょう。

雇用保険や、社会保険は基本的にはありませんので、保証が薄いのが難点です。

旦那さんの稼ぎがある場合は、このアルバイト・パートで十分でしょう。

 

雇用形態2:派遣社員

派遣社員は派遣先で働くことを除けば普通の会社員です。

東京であれば、派遣社員でも時給が1500円以上なのが当たり前になってきました。

保険に関しては、労働時間によって保証される範囲が変動しますので、契約時に確認してください。

基本的は、契約時に、出勤する曜日と時間を明確に決めるので、急遽の休みへの考慮はあまりないかもしれません。

派遣社員は、ある程度の時給を確保することはできますが、経営不況時や契約満了時に継続してもらえないことも多々あり、契約更新の時期に少し、不安になることが難点です。

逆に良いパフォーマンスを出せば、派遣契約から正社員契約にしてもらえる可能性もあります。

 

雇用形態3:正社員

正社員は、給料も安定しており、社会保険もあるのが魅力的です。

優良な企業であれば、時短や産・育休などもとることができます。

正社員で働きたい、かつ時間や場所も融通が効くような会社選びが大事なるでしょう。

 

雇用形態4:契約社員

契約社員は企業によって契約内容が異なり、かなり幅広いです。

そのため契約内容を必ず事細かに確認することが大事です。

 

・固定給か時給か

・残業はあるのか

・健康保険や厚生年金はあるのか

 

などの項目は確認必須です。

主婦転職の注意点2:福利厚生を確認

転職を考える際に、各企業の福利厚生を確認しておきましょう。

 

・時短の可否

・産・育休の可否

・リモートワークの可否

・職種転換の可否

・残業の有無

・有給取得率

 

などが主婦の転職において重要項目になりうるので、上記のチェックは必須です。

確認を行わずに入社すると、あなたにとっても企業にとっても「話と違う!」となり、揉める可能性が高いです。

主婦転職の注意点3:職種選択は慎重に

主婦の転職では、職種の選択にもお気をつけください。

大きなポイントとしては、保育園への送り迎えがあるため、勤務時間を延ばすなどは基本的にはできません。

そのため、クライアント都合やその他、相手に合わせなければならない職種はあまりおすすめしません。

いくつか主婦の転職に人気な職種をピックアップしておきます。

 

主婦に人気な職種1:事務

社内の情報をとりまとめたり他の社員の補佐をする業務が多いです。

月末は請求書の処理や給与処理が多くなりますので、誰かに仕事を振るなどして、調整するようにしてください。

月末以外は、即日対応のものは少ないので、比較的自分のペースで働けるのではないでしょうか。

 

主婦に人気な職種2:接客スタッフ

接客スタッフの場合は、シフト制を採用していることが多いので、基本的に残業することは無いでしょう。

実際に、アルバイトやパートで働いている主婦も多い印象です。

 

主婦に人気な職種3:コールセンター

コールセンターも接客スタッフ同様、シフト制を採用しており、残業は無いでしょう。

通話の内容も録音されていることが多いので、他の人に引き継ぎ易いので、代わりの人がいる職業と言えるでしょう。

 

主婦に人気な職種4:受付

受付も主婦に人気の職種です。

シフト制ですし、特に専門的なスキルがなくても行うことができます。

有名企業に勤めることができれば、綺麗な大きいビルでの勤務も期待できますよ。

主婦転職の注意点4:仕事は誠心誠意やることを伝える

子育ては、子育て。

仕事は、仕事。

と区別して、仕事の時間は、一生懸命働くことを選考では伝えてください。

「なんとなく仕事をして、稼ぐ」という考えが選考時に感じられてしまうと、不合格になる可能性が高いです。

仕事時間は、完全に仕事モードになれる姿を想像させましょう。

実際に、主婦の方で活躍している女性は、多くいます。

主婦転職の注意点5:手に職をつける

専門資格や専門スキルを持っていると次の就職先が見つかりやすいです。

専門資格:看護師や介護士、薬剤師

専門スキル:WEBデザイン、イラストレーター、プログラミング、動画編集

上記は一例ですが、これらが該当します。

秘訣の3で[在宅]を推奨していますが、手に職系の資格やスキルを持っていると在宅できる可能性もかなり広がります。

 

主婦転職の注意点6:希望条件を明確にする

希望条件を明確にすることが重要です。

シングルマザーの方は、それぞれ事情が違います。

周りにお子様の面倒を見てくれる方がいるシングルマザーと、面倒を見てくれる方がいないシングルマザーでは、働ける時間帯や、預け先の確認など、いろいろなことが変わってきます。

明確にすることは、

・雇用形態

・収入額

・勤務可能な時間帯

・通勤時間

・残業時間

・休日、休暇

など主になります。

これらについて明確にしないままだと、いざ就職先を探そうとしたときに時間と労力が無駄にかかってしまいます。

いきあたりばったりではなく、初めに希望条件をしっかり考えて、企業に伝えておくことがお互いにとっても後々気持ちよく働けることにつながります。

ですが、あまりに条件を出しすぎてしまうと就職に不利になるので、譲れない条件を明確にするのがよいです。

また、先ほど挙げた条件は、会社に出勤することが前提です。

最近はコロナの影響もあり、在宅勤務の企業も非常に増えているので、そのような企業を探すのも手です。

在宅勤務であれば、先ほどの挙げた希望条件のほとんどをカバーできますし、勤務時間の制限も出社するのと比べると数時間増やすことができます。

 

主婦の転職は「転職サイト」がおすすめ

主婦の転職におすすめのサイトを紹介します。

数ある転職手段の中で主婦の転職には転職サイトが1番好ましいと考えます。

 

転職エージェント:企業側が主婦の採用に100万近くの採用コストを支払う可能性は低い。(能力やスキルがあれば可能な場合アリ)

ヘッドハンティング:転職エージェントと同様の理由

ハローワーク:論外。詳しくは、ハローワークは転職・就職で絶対使ってはいけない理由とは

 

転職エージェント経由で内定が決まった場合、採用企業は内定者の年収の1/3を転職エージェントに支払う必要があります。

その平均の支払額が約100万円といわれています。

転職サイトは、

・採用コストが比較的安い(掲載料30~50万程度/1ヶ月)

・主婦をターゲットにした求人も存在する

上記の理由から主婦の転職に適していると考えます。

 

主婦の転職におすすめのサイト

では、早速、主婦の転職におすすめのサイトをご紹介していきます。

ここで紹介するサイトは全て利用料無料です。

とらばーゆ とらばーゆ
東京おしごとセンター 東京しごとセンター
女の転職type 女の転職type
ママワークス ママワークス
リブズキャリア リブズキャリア

 

主婦転職におすすめのサイト1:とらばーゆ

とらばーゆ

1つ目の主婦転職におすすめのサイトは、とらばーゆです。

とらばーゆの特徴

元祖女性転職サイト

日本で1番最初にリリースされた女性に特化した転職サイトが、とらばーゆです。

とらばーゆがリリースされて数年後に女性の転職ニーズがかなり増加してきたので、他の人材会社も女性特化サービスを後追いで開始しました。

元祖なので、かなり女性転職のノウハウが溜まっていることは間違いないです。

 

パートから正社員まで幅広い求人

とらばーゆに掲載されている求人の雇用形態は幅広いです。

どちらかと言うと、若干アルバイトやパート寄りの求人が多いですが、正社員求人も多数掲載されています。

自分の働き方に合わせた求人がきっと見つかります。

 

リクルートが運営

とらばーゆはリクルートが運営しています。

どこか運営しているのか分からない人材サービスも中にはあります。

そんな中、人材業界TOPのリクルートが運営しているのは安心ですね。

 

 

 

主婦転職におすすめのサイト2:女性しごと応援テラス・東京しごとセンター

東京おしごとセンター

2つ目の主婦転職におすすめのサイトは、女性しごと応援テラス・東京しごとセンターです。

ここは民間企業ではなく国から支援を受けて行っているサービスです。

託児所もあるので子供を預けて受講することが可能です。

求人などは扱っていないため、このサイトを利用して求人への応募などはできないです。

就職するためのスキル支援が目的になります。

女性しごと応援テラス・東京しごとセンターの特徴

主婦が利用者ターゲット

結婚・出産・育児・介護などの理由で離職し、 再就職を希望する女性を対象としたサービスです。

ここまで振り切って主婦にターゲットを合わせている転職サイトは少ないです。

 

転職支援以外も充実したサポート

・職種別の専門知識の講座

・就職活動の進め方

・パソコン実習

・再就職経験者や人事担当者との交流会

・職場体験

など盛り沢山なコンテンツを無料で5~12日間受けることができます。

子育て真っ只中の方はもちろん職歴ブランクが 20年以上の方も数多く参加し、多くの方が再就職を実現されています。

 

事務系のスキルUPに強い

事務職へのスキル支援に特に力を入れており、

・事務基本コース

・経理基本コース

・人事・給与計算コース

・医療事務コース

など各種コースに分かれ、気になるモノを選択できます。

事務職志望の方には嬉しいですね。

 

 

主婦転職におすすめのサイト3:女の転職type

女の転職type

3つ目の主婦転職におすすめのサイトは、女の転職typeです。

女の転職typeの特徴

正社員求人8割

女の転職typeに掲載されている求人のほとんどが、正社員です。

女性向けの求人は、アルバイトやパート、よくても契約社員向けだと思っている人いませんか。

女性が社会進出するのが当たり前の時代で、女性を求めている企業も非常に増えている証拠です。

 

ママ案件も多い

サイト内でママ特集が組まれており、働くママのための求人を閲覧することができます。

検索条件には

・育児と両立OK

・残業少なめ

・時短勤務あり

・産育休活用あり

など働くママ向けも揃っています。

 

転職イベントあり

年に4回ほど渋谷ヒカリエで求人掲載企業と直接出会うことのできるイベントを開催しています。

約50~70社ほど参加し、企業ブース以外にも転職アドバイザーによる相談会や就職・転職セミナーが開催されています。

転職イベントに興味のある方は、転職フェアって何?元人材会社マンが徹底解説しますもご覧ください。

 

 

主婦転職におすすめのサイト4:ママワークス

ママワークス

4つ目の主婦転職におすすめのサイトは、ママワークスです。

ママワークスの特徴

ママに特化した転職サイト

女性に特化した転職サイトは多くあるのですが、ママに特化したサイトはほとんどありません。

そんな中ママワークスは働くママのために作られた希少な転職サイトです。

サイトの構成も求人もママ向けなのでママにとってはかなり使いやすくなっています。

 

在宅求人が多い

働くママにとって嬉しい働き方の1つが「在宅」ではないでしょうか。

ママワークスでは在宅の求人を多く取り扱っており、その求人数は約900件です。

転職サイトの中でも在宅求人数はかなり多いです。

求人検索の際、「在宅」の項目があり、すぐに絞り込むことができます。

 

オンライン講座が受けられる

無料会員登録をすると、約60種類のオンライン講座を受けることができます。

 

・ライティング

・インサイドセールス

・Webマーケティング

・テレマーケティング

 

の4分野に分かれており、各分野の専門的な知識やスキルを身につけることが可能です。

もし興味のある講座があれば無料なので受講してみましょう。

 

 

 

主婦転職におすすめのサイト5:リブズキャリア

リブズキャリア

5つ目の主婦転職におすすめのサイトは、リブズキャリアです。

リブズキャリアの特徴

企業からの直接オファー

リブズキャリアは企業からのオファー機能に非常に力を入れています。

オファーの中には、面接確約や好条件のオファーもありますので、見逃さないようにしましょう。

オファーが届き、そのオファーに同意すると企業と直接メッセージのやりとりをすることができます。

 

チャット感覚でやり取り

大手総合サイトは、サイト内のメールでやり取りすることが多いです。

リブズキャリアはメール形式ではなく、スマホ1つでやり取りできるチャット形式で、LINEの感覚に近いです。

手軽に企業と直接やり取りすることができるので、1つ1つのメッセージが簡単で、転職活動の負荷を減らしてくれます。

 

転職相談もできる

リブズキャリアは、基本的には転職サイトなので、転職サポートはありませんん。

ただ、希望すれば転職相談も可能ですので、渋谷にあるリブズキャリアの本社に直接訪問して相談、遠方の方は電話相談も可能です。

女性コンサルタントに多いですし、寄り添ったアドバイスをしてくれます。

 

 

 

主婦の就職におすすめの仕事

どのような仕事が主婦の就職におすすめなのでしょうか。

主婦におすすめの仕事は、

・IT専門職

・事務職

・受付職

 

があります。

主婦の就職におすすめの仕事1:IT専門職

1つ目は、IT専門職です。

この理由として1番大きいのが、在宅でも可能な求人が多いからです。

PCがあればどこでもできるので、出社する必要がほとんどないです。

ただ、プログラミングスキルなどを身につけるまでに非常にに時間がかかるため、ある程度PCスキルがあったり、IT系の職種経験がないと厳しいかもしれません。

20代前半の主婦であれば、未経験で採用してくれる企業もあるので、年齢が若い場合は求人探しの際に閲覧してみてください。

主婦の就職におすすめの仕事2:事務職

2つ目は、事務職です。

女性に人気の事務の仕事は、主婦の就職にもおすすめです。

外部にクライアントを持たず、比較的休みや急な用事に対応しやすいので、主婦にはうれしいポイントです。

簿記や、パソコンの資格を持っていると給料も変わってきます。

事務の派遣でも東京であれば、時給1600円程度はもらえるので正社員だけではなく、派遣などの雇用形態も検討してみてください。

主婦の就職におすすめの仕事3:受付職

3つ目は、受付職です。

受付は、シフト制ですし、建物の営業時間や来客可能時間が決まっているので残業の可能性はほぼ0に近いです。

未経験でも問題なく就くことができますので、勤務時間を気にする主婦にはマッチする職種ではないでしょうか。

 

まとめ:主婦の転職におすすめのサイトを利用すべし!

ここまで、主婦の転職への悩みとその解決方法、おすすめサイトについて紹介しました。

まず、転職への不安と解決策を整理し、主婦の転職市場について把握してください。

その後、自分に合った転職方法で転職を考えるのが良い流れではないか、と考えます。

記事でも紹介しましたが個人的には女性や主婦向けの転職サイトをおすすめしています。

皆様のより良い転職への助けとなれれば幸いです。

 

 

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。LINEでキャリア相談を行っています。

-女性の転職, 転職を知る

Copyright© キャリア図鑑 | あなたの転職・就職・副業のそばに , 2021 All Rights Reserved.