【コードキャンプの評判】本当にプログラミングスキルは身につくの?講師の質は?利用者の口コミで判断!

この記事はこんな人におすすめ

  • プログラミングスクールについて知りたい人
  • 未経験からエンジニアに転職したい人
  • コードキャンプを検討している人

 

AIの発展にともない、ますます注目が集まっているプログラミングスキル。プログラミング未経験者からスキルを身につけるために、プログラミングスクールに通う方も増えています。

ただ、プログラミングスクールの数が多すぎて、どれを選べば良いか迷ってる方も多いはず。

プログラミングスクールを選び間違えると、多額のお金だけ無駄にしてしまいます。

後悔しない選択をするためにも、事前に評判を確認することが大切です。

今回は数あるプログラミングスクールの中で、「コードキャンプ」に焦点を当てていきます。

コードキャンプの評判を確認して、利用するべきか検討していきましょう。

 

目次

コードキャンプとは?

コードキャンプ

 

簡単にコードキャンプについて説明します。

サービス名:コードキャンプ

運営会社:コードキャンプ株式会社

形式:オンライン

入会前に体験レッスンを受けることができます。

コードキャンプとは別にコードキャンプGATEという転職サポートが付帯したサービスも運営しています。

このサービスは、4ヶ月の学習/約50万で受講することができます。

後ほど、コードキャンプの料金も共有しますが、転職サポートがつくと料金は少し高めになってしまいます。

 

コードキャンプのコース

気になるコードキャンプの料金・コースについて説明します。

コードキャンプコース

上記がコードキャンプのコース表になります。

全6コースあり、プレミアムコースを選択すると全ての言語が学べますし、それ以外はなりたい職種ごとに学ぶ言語が切り分けられています。

 

コードキャンプの料金

次にコードキャンプの料金についてです。

コードキャンプ料金

料金は2ヶ月、4ヶ月、6ヶ月で分けられており、入学金も含めると、30万〜50万になります。

他社の料金と比べると安くもなく、高くもなくといったところでしょうか。

分割払いも最大36回まで対応しています。

個人的にはプレミアムコースを2ヶ月でこなすのはほぼ不可能、もしくは全ての言語を初級レベルまでにしかできない気がするので、選択するコースと期間は考えて、選んだ方が自分のためにあります。

 

 

 

コードキャンプの特徴

コードキャンプの特徴にはどのようなものがあるでしょうか。

 

・講師陣は現役のエンジニア

・大手企業にも導入するカリキュラム

・コースが豊富

・マンツーマンレッスン

・レッスン満足度96%

 

コードキャンプの特徴1:講師陣は現役のエンジニア

コードキャンプの講師陣は大手IT勤務、ベンチャー勤務、起業・独立経験者などの現役エンジニアです。

さらに、通過率10%の厳しい採用試験を通過する必要があり、TOPクラスのエンジニアが揃っていることは間違いないです。

 

コードキャンプの特徴2:大手企業にも導入するカリキュラム

コードキャンプは対個人だけでなく、対企業にもプログラミングカリキュラムを提供しています。

LINE、ガンホー、レコチョク、ニトリ、mixi、USEN、オリックスグループなど名だたる企業にも導入しており、かなり洗練させたカリキュラムだとわかります。

 

コードキャンプの特徴3:コースが豊富

先ほど説明したようにコードキャンプは学びたいことに分けてコースを細分化しています。

自分が学びたい言語が決まっている場合はそのコースを選択できますし、もし決まっていなければ料金は少し上がってしまいますが、全言語を満遍なく学ぶことも可能です。

 

コードキャンプの特徴4:マンツーマンレッスン

オンライン教材を自習のような形で進めるオンラインプログラミングスクールも多いですが、コードキャンプは異なります。

マイレッスン、講師とビデオチャットを繋ぎながら、オンライン教材を進めていきます。

もしわからないことがあれば質問できますし、実際に講師が学習過程をみているので、どの生徒がどの程度理解しているのかの成熟度を把握しながら進められます。

 

コードキャンプの特徴5:レッスン満足度96%

コードキャンプの利用者にアンケートを集計したところ、レッスン満足度は96%でした。

TOPクラスの現役エンジニアによる講師陣と洗練されたカリキュラムが生み出した結果ですね。

 

コードキャンプの評判は?

コードキャンプはどのような評価を受けているのでしょうか。

実際の利用者の口コミからみていきましょう。

良い評判、悪い評判両方みていきます。

 

コードキャンプの良い評判

まずはコードキャンプの良い評判からです。

 

・質問できる環境がある

・オンラインレッスンが良い

・仕事と両立できる

・講師の質がいい

・学習スケジュールが柔軟

 

 

コードキャンプの良い評判1:質問できる環境がある

男性アイコン1

男性

直接質問できる環境で素晴らしかった。進めるスピードも理解度に合わせてくれる。

 

 

コードキャンプの良い評判2:オンラインレッスンが良い

男性アイコン1

男性

オンラインの画面共有で講師の人とマンツーマンで進める形式がとてもやりやすかった。成果物の作成を手助けしてくれる点、特に良く感じた。

 

 

コードキャンプの良い評判3:仕事と両立できる

男性アイコン1

男性

レッスンの時間や内容に関して、こちらの自由をきかせることができる。仕事をしながらプログラミングの勉強をしたい人にはピッタリだと感じた。

 

 

コードキャンプの良い評判4:講師の質がいい

男性アイコン1

男性

プログラミングスクールの中には、自分で検索して調べるよう指示を出す講師もいるようだが、コードキャンプではそのような講師はいなかった。こちらの初歩的な質問にも丁寧に対応してくれた。

 

 

コードキャンプの良い評判5:学習スケジュールが柔軟

女性アイコン1

女性

特定の時間に固定せず、スケジュール調整できる点が非常に良かった。仕事や家族の時間で特定の時間帯で勉強するのが難しかったので、コードキャンプの柔軟さに助けられた。

 

良い評判の中で多かった点が「自由に学習スケジュールが組める点」と「講師にオンラインで直接質問できる点」です。

プログラミングスクールの中には、レッスンを受ける時間帯が固定されていたり、チャットなど文面上での質問のみに限定されているケースがあります。

せっかく授業料を支払って利用するのですから、こちらの要望やスケジュールには合わせて欲しいですよね。

コードキャンプであれば、受講者のスケジュールに合わせてくれて、質問にもオンラインで直接答えてくれます。

プログラミングの初歩的な質問にもちゃんと対応してくれるとの評判が多く、初心者の方でも安心して利用できそうです。

 

 

コードキャンプの悪い評判

次にコードキャンプの悪い評判です。

 

・物足りない

・強制力は弱い

・目的がないと意味をなさない

・良くもなく悪くもない

・質問が予約制

 

コードキャンプの悪い評判1:物足りない

男性アイコン1

男性

コードキャンプは、教科書に沿って授業を受ける形式。基本的に受け身の状態なので、自習することに慣れている場合は物足りないかもしれない。

 

 

コードキャンプの悪い評判2:強制力は弱い

女性アイコン1

女性

良くも悪くも、受講者のペースに合わせてくれるから、自分で追い込める人でないといつまでもスキルが高まらない。サボり癖のある人は、強制力のあるプログラミングスクールを利用した方が良いかもしれない。

 

 

コードキャンプの悪い評判3:目的がないと意味をなさない

男性アイコン1

男性

オンライン授業の質は非常に高く、プログラミング初心者でも無理なく継続できる。ただ、サービスとして完成されてる分、自分で何を作りたいか明確でないと、授業を受けるだけで終わる可能性がある。

 

 

コードキャンプの悪い評判4:良くもなく悪くもない

男性アイコン1

男性

授業自体、悪いとは言えないが良いとも言えない。平均的な感じで、お金を支払ってまで継続したいとは思えなかった。

 

 

コードキャンプの悪い評判5:質問が予約制

男性アイコン1

男性

質問が予約制で、混んでいるときは対応まで時間がかかるときがある。講師の質問対応には特に問題ないが、もう少し質問しやすいシステムを作ってくれると有難い

 

 

コードキャンプの悪い評判で多かったのが、「授業が平均的で物足りない」「自主性がないと受け身のままで終わってしまう」といった内容でした。

コードキャンプは自習型でなく授業形式で学習が進みます。

講師がプログラミングを噛み砕いて教えてくれるため、理解はしやすいのですが、授業を受けて終わりという形になってしまうことも多い様です。

授業で学習した内容を踏まえて、自主的に制作を進めていく姿勢が求められます。

コードキャンプは受講者側の学習ペースに合わせてくれるため、自習などは個人に判断に任せられることになります。

授業以外の時間も意欲的に勉強して、どんどんと力をつけていくことが大切ですね。

 

 

特徴や評判から読み解くコードキャンプに向いている人

ここまでコードキャンプの特徴や評判をみてきました。

それを踏まえて、コードキャンプにはどのような人が向いているのでしょうか。

 

・質問しながら進めたい

・プログラミング初心者

・挫折したくない

 

コードキャンプに向いている人1:質問しながら進めたい

コードキャンプはテレビ通話によるマンツーマンレッスンなので、いつでも先生に質問することができます。

自分で進めて、わからない点が出てきたり、この進め方で本当に合っているんだろうか、、、と不安になる方には向いています。

 

コードキャンプに向いている人2:プログラミング初心者

プログラミングが全く未経験の場合、自分1人で進めることがかなり困難を極め、途中で挫折する人も実際にいます。

コードキャンプでは、常に先生がついているので、そのような状態になる前に、生徒に丁寧にアドバイスをし、解決しながら進めることができるので、完全に挫折して、辞めてしまうを防ぐことができます。

このような取組みが利用者満足度96%に繋がっているのでしょう。

 

コードキャンプに向いている人3:挫折したくない

講師がつかない完全自習型のオンラインレッスンの場合、わからないところが出てきて、解決できないと挫折に繋がる可能性は高いです。

実際、プログラミングスクールに入らず、独学で勉強する人の多くが挫折をし、結局プログラミングスクールに入るケースも多いのが事実になります。

さらに未経験だと本当にハードルが高いので、挫折の可能性を極限まで減らすためにもマンツーマンレッスンのコードキャンプを選択するのはアリです。

 

 

コードキャンプ以外のおすすめプログラミングスクール

コードキャンプ以外にもプログラミングスクールを検討したい方もいるでしょう。

そんな方におすすめのプログラミングスクールをいくつか紹介します。

 

おすすめプログラミングスクール1:テックアカデミー

テックアカデミー

1つ目はテックアカデミーです。

テックキャンプとテックアカデミーが混合してしまう方をたまに見かけますが、完全に別のプログラミングスクールなので間違えないようにしましょう。

厚切りジェイソンさんがアンバサダーを務めており、WEB広告でみたことのある方も多いのではないでしょうか。

学習期間は4週間、8週間、12週間、16週間に分かれており、料金幅は20万〜32万になります。

プログラミングスクールには珍しく、入学金が0円なのがお得です。

転職保証プランという全く別のサービスも用意されており、12週間の学習と転職サポートを約30万で受講することもできます。

 

 

 

おすすめプログラミングスクール2:テックキャンプ

テックキャンプ

2つ目はテックキャンプです。

テックキャンプの運営会社の社長は、ビジネス系人気YouTuberでもある「マコなり社長」です。

転職サポートナシの場合、約20万〜30万でプログラミング学習を学ぶことができます。

この転職サポートナシのプラン(プログラミング教養)の場合、

・学習期間12週間:237,600円

転職サポートアリ(エンジニア転職)の場合、

・学習期間10週間:648,000円

・学習期間24週間:848,000円

になります。

他のプログラミングスクールと比べると少し高めの値段設定です。

 

 

 

 

まとめ:コードキャンプは講師の質が高く、初心者向け

ここまでコードキャンプの特徴や評判をみてきました。

簡単にポイントをおさらいすると、

・講師の質が高い

・マンツーマンレッスンなので挫折しにくい

・授業が丁寧なので初心者にもおすすめ

・自分で学習時間も別途確保すべき

・料金は他のプログラミングスクールと大差ナシ

コードキャンプが自分に合っているか、現状で分からない場合は、無料体験レッスンを受けてみましょう。

 

 

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-その他

Copyright© キャリア見聞録 , 2021 All Rights Reserved.