【エンジニア未経験者向け】エンジニアになるためにおすすめの転職サイトと知っておくべきこととは?

この記事はこんな人におすすめ

  • エンジニア転職を考えている人
  • IT業界未経験の人
  • エンジニア転職について知りたい人

 

目次

IT業界はどんどん盛り上がっている

コロナウイルスによって世界経済が大打撃を受けている中、影響度合いが低い、もしくは需要が伸びている業界があります。

その中の1つがIT業界です。

テレワークの導入やICT活用による業務改善など、IT戦略・投資が加速すると見込まれている中、IT業界への期待が高まっています。

そのため、IT業界に転職したいと考えられている方もいらっしゃると思います。

ここでは、エンジニア未経験者がIT業界に転職するために知っておくべきことをお伝えしていきます。

 

IT業界とエンジニアの現状

内閣府がSociety5.0の方針を打ち出したこと、経済産業省がデジタルトランスフォーメーション(DX)のガイドラインを作成したことから分かるように、国としてIT領域に力を入れていくことが明確になっています。

ビッグデータ活用による企業成長や、5G通信による新規ビジネス開拓などが期待されています。

さらに前述の通りコロナ禍において、IT戦略が想定以上に加速すると予想されており、IT業界への期待は非常に高いです。

このように、国がIT領域に力を入れたことでIT業界の市場規模は大きくなりましたが、その成長にIT業界では人材確保が追いついておらず、企業は人材不足が続いている状態です。

また、社会的問題である、少子高齢化・人口減少も人材不足に拍車をかけています。

IT業界に対して社会的ニーズは高まっており、エンジニアを確保したいと考えている企業は多いため、未経験エンジニアを受け入れることは多いと考えられます。

 

エンジニアの種類

エンジニアへ転職する上でエンジニアの種類を把握しておきましょう。

すごく細かく分けるととてつもない量になるのでざっくり紹介します。

 

・WEBエンジニア

・システムエンジニア(SE)

・インフラエンジニア

 

エンジニアの種類1:WEBエンジニア

WEBエンジニアは、もっとも知られているモノで言えば、ホームページの作成です。

デザインはWEBデザイナーに任せることもあれば、自分でデザインから行う場合もあるのですが、出来上がったデザインを実際にコーディングしてWEB上で見られる状態に持っていきます。

ホームページでなく、WEB上のサービス開発もWEBエンジニアの仕事です。

WEBアプリやページにどのような機能を持たせるかを考え、コーディングを行い実装します。

WEB開発エンジニアと呼ぶ人もいるかもしれません。

 

エンジニアの種類2:システムエンジニア(SE)

システムエンジニアは、開発部隊の花形と言っても過言ではない職種です。

システム開発の流れは、要件定義、概要設計、詳細設計、テスト、運用・保守という流れで進んでいくのですが、システムエンジニアは全ての工程で活躍する職種です。

IT業界の中でも需要の高い職種となっており、年収も高めになっています。

大きな役割として、お客様のシステムに対するニーズを明確に把握すること、システムの構成を作り上げプログラマーに明確な指示を出すことになります。

コミュニケーション能力、マネジメント力、設計技術が求められる職種となります。

 

エンジニアの種類3:インフラエンジニア

インフラエンジニアは、ネットワークやサーバーなど何かを利用する上での基盤づくりをします。

これらの基盤が整っていないとどれだけいいモノを作っても意味をなしません。

快適にサービスを利用してもらうために欠かすことのできない役割です。

 

エンジニア未経験者のエンジニア転職は可能か

では今回の本題でのあるエンジニア未経験のエンジニアへの転職について述べます。

結論から言うと、若ければ可能です。

できれば、20代前半、遅くても20代後半までが「若い」の定義です。

実際に未経験OKな求人を閲覧すると、「20代」に限定しているモノが目立ちます。

さらに20代でも20代前半であればかなりの確率で歓迎されます。

知識0の状態からの育成は大変ですが、それを許容するほどにIT業界が人手不足なのがわかりますね。

 

完全未経験が不安ならプログラミングスクールに通うべし

未経験歓迎と言われても正直不安、、、。と感じる人もいるでしょう。

自分で独学で学ぶのは構いませんがほぼ100%で挫折する可能性が高いので、プログラミングスクールに通うのはいかがでしょうか。

入社前に少しでも知識やスキルをつけておくことは自分にとっても安心材料になりますし、会社にとっても0から教える必要がないのでとても楽です。

少し金額は高くなってしまいますが、プログラミングスクールでの経験は確実に入社後に活きてきますし、採用面接の際にプラスに働くことも多いです。

 

 

エンジニア未経験の転職に有利な資格

エンジニア未経験から少し進んだ話になりますが、ゆくゆくはエンジニア系の資格の取得も考えてみてはいかがでしょうか。

どの業界に転職するにしてもそうですが、資格を持っていれば、企業に対してアピールすることができるので、資格は取得するべきです。

ここでは、IT業界に転職する際に役に立つ資格についてお伝えしていきます。

 

・ITパスポート

・基本情報処理技術者

・情報セキュリティマネジメント

 

エンジニア業界未経験の転職に有利な資格1:ITパスポート

エンジニアに関する基礎知識を問われる試験となります。

現代では、どの業界でもITとは切っても切り離せない時代になっているため、IT業界以外の社会人でもITパスポートの資格を取得される方が多くなっています。

ストラテジ系(経営全般)、マネジメント系(IT管理)、テクノロジ系(IT技術)を試験では問われます。

合格率は50%前後となっており、他の国家試験と比較すると、難易度が低い試験と言えます。

 

 

エンジニア未経験の転職に有利な資格2:基本情報処理技術者

エンジニアとしての基礎知識を問われる試験となります。

エンジニアの人気が高くなったことで、受験者も増加傾向にあります。

ITパスポートと同様、ストラテジ系(経営全般)、マネジメント系(IT管理)、テクノロジ系(IT技術)を試験では問われますITパスポートと比較すると難易度は高くなり、合格率は25%前後となっています。

他の国家試験と同等の難易度と言えます。

 

 

エンジニア未経験の転職に有利な資格3:情報セキュリティマネジメント

セキュリティ人材の教育を目的とし、2016年に始まった比較的新しい資格になります。

試験初年度は合格率88.0%と非常に高い合格率ですが、試験内容の見直しもされており、近年では50%前後となっております。

それでも、ITパスポート同様、他の国家試験と比較すると、難易度が低い試験と言えます。

まだ歴史の浅い資格ではありますが、情報セキュリティの重要性も問われている時代なので、重宝される資格になる可能性があります。

 

 

エンジニア未経験転職のコツ

エンジニア未経験転職で抑えておきたいコツをいくつかまとめました。

 

・適切な転職サイト選び

・何かしら自分でも学習しておく

・エンジニアについて理解する

 

エンジニア未経験転職のコツ1:適切な転職サイト選び

後ほど具体的な転職サイトについて紹介しますが、適切なサイト選びが非常に重要になります。

エンジニア求人が少ない転職サイトやエンジニア求人が多くても経験者の採用メインの求人を扱っているサイトを利用しても内定がもらえる可能性は極めて低いです。

未経験でもエンジニアとして採用してくれる転職サイトを選びましょう。

 

エンジニア未経験転職のコツ2:何かしら自分でも学習しておく

未経験は未経験でも少しプログラミング学習に触れているだけで、差はつきますし、採用面接の合否にも多少なりとも影響はでます。

お金に余裕がある方はプログラミングスクールに通うのもいいですし、もしお金が厳しい方は、Udemyなどのオンライン教材を利用して勉強するのも1つの手ではないでしょうか。

自分にも自信がつきますし、転職後の学習スピードを上がるはずです。

 

エンジニア未経験転職のコツ3:エンジニアについて理解する

先ほど、エンジニアの種類について説明しましたが、自分でもネットなどを利用してエンジニア、IT業界について理解することが大事です。

例えば、転職する上で自社開発企業なのかSES(派遣)メインの企業なのかによって転職の意欲は変わるかもしれません。

そもそもこれらを理解していないと入社後に「あれ?思ってたのと違う・・」なんてことにもつながります。

ちなみに、少し説明しておきます。

 

自社開発:自社でサービスを持っていて、そのサービス開発になりますので、勤務先も基本的には自社。

SES:どこかの会社のサービスの開発。勤務先はその会社。

受託:どこかの会社のサービスの開発。勤務先は常駐ではなく、自社のことが多い。
※勤務先は受託の仕方にもよるのでケースバイケース

 

上記は覚えておきましょう。

 

エンジニア未経験の転職におすすめのサイト

ここからはエンジニア未経験の方のためにおすすめのサイトをいくつか紹介します。

是非、活用してみてください。

基本的にはエンジニア未経験の場合、転職サイトの利用をおすすめしています。

その理由として、1人あたりの採用費が転職エージェントだと転職サイトの倍以上します。

高額を払ってまで転職エージェントを利用して未経験のエンジニアを採用することは滅多にありません。

ただ、学歴や職歴不問の転職エージェントの場合は、通常の転職エージェントの採用費より安く設定されているので、利用しても大丈夫でしょう。

本来であれば、学歴や職歴不問の方向けにも転職サイトを紹介したいのですが、ほとんどの転職サイトの利用者ターゲットが大学卒業以上のため、中々、中卒や高卒におすすめできる転職サイトがありません。

そのため、中卒や高卒の方には学歴や職歴不問の転職エージェントがいくつかあるので、そちら紹介します。

 

・リクナビNEXT

・doda転職

・Green(グリーン)

・マイナビジョブ20's

・キャリトレ

・就職shop

・DYM就職

 

 

エンジニア未経験の転職におすすめのサイト1:リクナビNEXT

リクナビNEXT

1つ目はリクナビNEXTです。

大卒以上の20代の方におすすめです。

とりあえず、No.1転職サイトの呼び声高いリクナビNEXTは登録しておいて損はないでしょう。

未経験歓迎のエンジニア求人も530件あるので、かなり選択肢は多いです。

リクナビNEXTであれば、大手から中小企業までかなり幅広く掲載があるので、吟味して選んでください。

 

 

 

エンジニア未経験の転職におすすめのサイト2:doda転職

doda

2つ目はdoda転職です。

このサイトも大卒以上の20代の方におすすめです。

doda転職もリクナビNEXTと同様に大手総合転職サイトの部類に入るのですが、求人数が非常に多いです。

ちなみに未経験OKのエンジニア求人は、約200件です。

doda転職に登録すればdodaエージェントにも同時登録になり、利用できるので、転職サイトと転職エージェントを併用したい方にはおすすめです。

 

 

 

エンジニア未経験の転職におすすめのサイト3:Green(グリーン)

Green

3つ目はグリーンです。

このサイトも大卒以上の20代の方におすすめです。

グリーンは掲載求人が全てIT/WEB系になっている日本最大級のIT専門転職サイトです。

未経験OKの求人は500件程度になります。

 

 

エンジニア未経験の転職におすすめのサイト4:マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20's

4つ目はマイナビジョブ20'sです。

マイナビジョブ20'sはマイナビが運営する20代向けの転職エージェントになります。

20代に限定しているので、育成枠として未経験でもエンジニアとして採用する企業が多くあります。

基本的には未経験からのエンジニア転職は転職サイトを利用すべきなのですが、マイナビジョブ20'sのような20代向けの転職エージェントなら、未経験向けのエンジニア求人も多数抱えています。

 

 

 

 

エンジニア未経験の転職におすすめのサイト5:キャリトレ

キャリトレ

5つ目はキャリトレです。

キャリトレは、ビズリーチが運営する20代向けの転職サイトです。

このキャリトレは普通の転職サイトとは少し異なっており、PCでは利用できず、スマホのみの利用になります。

アプリ内で自分で求人を検索することもできますし、AIがアプリ内の行動を分析して、おすすめの求人を毎日数件表示してくれるのでその求人を閲覧するのもアリです。

このキャリトレもそうですが、ここまで紹介してきた5つは大卒以上向けのサービスになるので、該当しない方は、ここから紹介する2つのサービスをご利用ください。

 

 

 

 

エンジニア未経験の転職におすすめのサイト6:就職shop

就職shop

6つ目は就職shopです。

このサイトは大卒以上!ではなく、学歴や職歴不問でサービスを利用することができる転職エージェントです。

運営はリクルートがしており、安心感もバッチリ、紹介企業数は8,500社を超えています。

また、学歴や職歴に不安があると難関になる書類選考が完全カットなので、全ての選考が面接からスタートになります。

 

 

 

エンジニア未経験の転職におすすめのサイト7:DYM就職

高卒転職成功DYM就職

7つ目は、DYM就職です。

DYM就職は、中卒や高卒、フリーターなど学歴や職歴に不安がある方向けの転職エージェントです。

約2000社から希望に沿った企業を紹介してくれます。

利用者の就職率は9割以上で、ほとんどの方が最低1社以上から内定を獲得しています。

 

 

 

 

まとめ:エンジニア未経験は適切な転職サイト利用すべし!

ここまでエンジニア未経験のエンジニア転職についてまとめてきました。

未経験でエンジニア転職を検討している方は、できるだけ早く決断し、転職するようにしましょう。

プログラミングを未経験から身に付けるのは時間がかかりますし、教育も大変です。

そのため、本当に年齢で足切り食いますので、待ったなし状態です。

今回紹介したような転職サイトを利用して、是非エンジニア転職に踏み出してください。

 

サンプル
  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。LINEでキャリア相談を行っています。

-転職を知る, 転職エージェント, 転職サイト

Copyright© キャリア図鑑 , 2021 All Rights Reserved.