サラリーマンにおすすめの副業とは?本業しながら副業で稼ぐ時代到来!

この記事はこんな人におすすめ

  • サラリーマンの人
  • サラリーマンを続けながら副業したい人
  • 副業に興味がある人

 

目次

副業ブーム!サラリーマンだけでは厳しい時代に・・・

2020年現在、日本では副業ブームがきているように感じます。

コロナウイルスの影響もあり、サラリーマンで会社に雇用されているだけではいつ会社の業績が悪くなり、クビを切られてもおかしくない状況が続いています。

そんな状況の中で今後のために「副業もした方が良いのではないか」という声が非常に強くなっています。

今回、注目度の高まっているサラリーマンの副業について僕の実体験も交えながらお話ししていきます。

 

副業解禁の企業が増えている

実際に、副業ブームの煽りを受けて副業を解禁する企業が続々と出てきています。

ただ、実情はとりあえず見栄えがいいように副業解禁したと言っているものの中身は全く整っておらず、副業できる条件もものすごく厳しく実際に副業するのは相当難しい企業も多いようです。

ただ、少しずつサラリーマンの中でも副業が話題になっているのは間違いないでしょう。

 

実際に副業を解禁した有名企業

・ソフトバンク

・yahoo

・DNA

・サイバーエージェント

・リクルート

・丸紅

・パナソニック

・花王

・サントリー

・アサヒ

など上記以外にも多数の企業が副業を解禁しています。

 

サラリーマンで副業するのに向いている人

どのようなサラリーマンが副業に向いているのでしょうか。

 

1.お金がある人

元金となるお金がある人は投資系の副業が可能です。

 

2.本業の収入だけでは満足できない人

本業の仕事内容には満足しているので転職するまででもないがお金はもう少し欲しいサラリーマンを指しています。

収入を増やしたい!という思いは、副業の活力につながります。

 

3.時間が余っている人

本業が割と定時に上がれたりする人は1日の中で少し時間が余ると思います。

その余った時間の使い方がいまいちわからないサラリーマンはその隙間時間を副業に回せます。

 

4.趣味がない人

土日休みに何もすることがない人で趣味を探している人も多いでしょう。

どうせ趣味を見つけるなら副業のようにお金に変わる趣味の方が嬉しいのでは?

 

サラリーマンで副業をするメリット

サラリーマンの副業はどのようなメリットがあるのでしょうか?

・本業とは異なる経験や知識つけることができる
・収入が増える
・税金が抑えられる(かも)
・フリーランスへの転向も可能になる(かも)

正直サラリーマンの副業はメリットだらけです。

 

サラリーマンで副業をするデメリット

サラリーマンの副業はどのようなデメリットがあるのでしょうか?

・趣味や遊びの時間が少なくなる
・友達や同僚に話すと煙たがる人もいる
・本業に集中できない

デメリットとしては、自由な時間が減るのと本業への影響が少しあるかもしれません。

本業に収入も仕事内容も環境も満足している人は特に副業をする必要はないでしょう。

上記のデメリット程度は我慢できないと副業で稼ぐことは難しいのでデメリットにはならないです。

 

サラリーマンにおすすめの副業

早速サラリーマンにおすすめの副業をご紹介していきます。

 

サラリーマンにおすすめの副業1:投資

1つ目のサラリーマンにおすすめの副業は投資です。

これはお金に余裕があるサラリーマン限定です。

自分で投資をしてもいいですし、自分のお金を信頼のある人や証券に運用してもらうもよしです。

投資にも種類があり、

・不動産投資
・株
・FX

など様々です。

ただ、不動産投資は相当お金を持っていないと厳しいので現実的には、株やFXかと思います。

株は最低3万程度、FXは最低1万円程度から始めることができます。

知識もないし投資すると確実に負けますので、参考書やyoutubeを見て勉強しましょう。

自分で投資をせず、運用を任せる場合でもある程度の知識を身につけておくのがベストです。

お金をかけて講座などに通うのもいいですが、胡散臭いものも多いのですぐに飛びつかないようにした方が賢明ですし、実際に多くの人が胡散臭い講座にお金を騙しとられています。

最後にWEBの広告などで「FXは簡単に稼げる」のようなキャッチコピーが出回っていますが、全く簡単ではありません。

もし試したい人は僕も利用していたDMMFXで無料のデモ取引ができるのでチャレンジしてみてください!

 

 

サラリーマンにおすすめの副業2:知り合いの会社を手伝う

2つ目のサラリーマンにおすすめの副業は知り合いの会社を手伝うことです。

副業と言うと、何か自分で全てやらなければならない気がしてしまいますが、それ以外の副業もあります。

僕も現在行っていますが、知り合いの会社を完全リモートで週に数十時間手伝っています。

完全リモートでもできる仕事を捻出できれば手伝うことは可能です。

実際、僕は約5年ほど継続して手伝っています。

 

サラリーマンにおすすめの副業3:得意分野の案件受注をする

3つ目のサラリーマンにおすすめの副業は、得意分野の案件を行うことです。

よく見るのはWEBマーケティング、動画編集、ライティング、イラストやロゴ作成です。

これらを本業でやっていれば、副業でも十分案件を受注できます。

知り合いや周りにあまり繋がりがない場合は、フリーランスや副業のためのサイトがいくつかあるのでそれらを利用しましょう。

 

おすすめのフリーランスや副業のためのサイト

 

1.クラウドワークス

クラウドワークス

1つ目はクラウドワークスです。

CMも大々的に行っており、フリーランス系のサイトでは1番知名度が高いのではないでしょうか。

ライターからエンジニアまで幅広い仕事が掲載されています。

実際、僕もクラウドワークスを利用して、仕事を発注することもあれば、受注することもあります。

 

 

 

 

2.ランサーズ

ランサーズ

2つ目はランサーズです。

かなり幅広い職種や業種の募集があり、CMでの広告宣伝もあり、利用者がグングン伸びています。

 

 

3.ココナラ

ココナラ

3つ目はココナラです。

自分のスキルを時間と値段を設定してココナラ上で売ることができます。

もちろん、依頼側が依頼内容を掲載することも可能です。

 

 

サラリーマンにおすすめの副業4:ブログ

4つ目のサラリーマンにおすすめの副業はブログです。

ブログは初期費用も1万円あれば十分始めることができる非常に手軽な副業です。

サラリーマンとして何か専門の知識やスキルを持っている人はその分野に特化したブログを書けば、他人との差別化にもなり、オリジナル性の高いブログになります。

誰でも始められる、簡単と言う点から多くの人が副業としてブログに手を出しますが、他の副業同様、大抵の人は小額を稼ぐのに1年近くかかります。

さらにほとんどはそもそも1年以内にブログを辞めてしまう現実があります。

根気よく長期的に物事を捉えることのできるサラリーマンの人にはブログは副業として向いているのかもしれません。

ブログで稼ぐには大きく2種類の稼ぐ方法が存在します。

 

1.グーグルアドセンス

グーグル社から自動的にブログに広告を出してくれます。

この広告をクリックしたり、クリックした広告からサービスの利用などが決まるとさらに報酬がもらえます。

申請や詳細は、「グーグルアドセンス」で検索してください。

 

2.アフィリエイト

アフィリエイトと言う言葉は1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

基本的にはASPと呼ばれるサイトがあり、自分たちのサービスを拡散してもらいたい企業と拡散できるサービス(ブログやWEBメディア、SNSなど)を保有している人を繋げます。

ブロガーを例にとると、自分のブログにASPから良さそうなサービスを見つけて、その広告を自分のブログに貼ります。

その広告をクリックしたり、クリック後にサービスが利用されるとそのブログの保有者に報酬が入ります。

 

有名なASP(アフィリエイトサイト)

 

バリューコマース 

バリューコマース

 

 

A8ネット

A8ネット

 

 

サラリーマンが副業する上で意識して欲しいこと

僕自身、様々な副業をしてきて学んだことをシェアさせていただきます。

 

サラリーマン副業で意識すること1:稼ぐまでに時間がかかる

1つ目は、稼ぐまでに時間がかかるです。

副業は簡単には稼げません。

半年で結果が出たらかなり良い方で1年経過しても結果が出ない人がほとんどです。

この事実を認識していないと副業を始めても「あれ?思ったように稼げない・・・」となってしまい、すぐに挫折する原因になります。

 

サラリーマン副業で意識すること2:最初にエンジンをかけすぎない

2つ目は、最初にエンジンをかけすぎないです。

副業を始めたてに全エネルギーを使わないようにして欲しいです。

サラリーマンで副業を始める人にありがちなのが、ものすごい厳しい目標を細かく立てて、副業をスタートさせるも自分で立てた目標が全然達成できず、そのままやる気がなくなり、フェードアウトしてしまうことがあります。

長くコツコツ続けることを意識してください。・

副業に慣れてきたら目標を上げてください、最初から高すぎると自滅します(笑)

 

サラリーマン副業で意識すること3:遊びの時間を削る

3つ目は、遊びの時間を削るです。

忙しいサラリーマンが副業の時間を創出するためには何かを時間を削って副業の時間にあてる必要があります。

本業の時間を削るのはほぼ不可能ですし、睡眠の時間を削るのも好ましくありません。

となると遊びの時間を削る必要があります。

飲みにいく時間やテレビを見る時間などを副業にあてましょう。

 

サラリーマン副業で意識すること4:習慣化する

4つ目は、習慣化です。

1日に少しの時間でもいいので副業の時間をつくりましょう。

それをずっと繰り返せばそのまま習慣化になっていきます。

習慣化すれば副業が毎日の日課になり、副業するのが普通になっていき、そのうち、副業しないと逆に気持ち悪くなっていきます。

 

サラリーマン時代の副業スケジュール

僕は現在フリーランスに近い働き方をしていますが、サラリーマン時代にも副業していました。

その副業スケジュールを参考までに記載しておきますので参考にしてください!

 

サラリーマン時代の副業スケジュール(平日)

まず、平日版のサラリーマン時代の副業スケジュールです。

8:00 起床
9:00 出社
19:00 帰宅
19:30 食事・風呂
20:00 仮眠
22:00 起床・副業
25:00 睡眠

上記の通り、夜に3時間副業の時間を確保していました。

本来は本業終わりで仮眠をとらずに副業するのが好ましいのかもしれませんが、僕の場合は仮眠がないとどうしても副業に力が入らなかったため仮眠は必須でした。

本業は残業しないように確実に18:30には終わらせるようにして帰宅することにより仮眠ありきでも3時間の副業時間を確保することができました。

 

サラリーマン時代の副業スケジュール(休日)

次、休日版のサラリーマン時代の副業スケジュールです。

10:00 起床
10:30 副業
13:00 昼飯
13:30 副業
17:00 休憩
20:00 副業
23:00 休憩
24:00 副業
26:00 睡眠

寝て、飯食って、副業して、休憩して、副業して、寝るの繰り返しですね(笑)

飲みに行ったり、遊びにはほぼ行ってません。

1ヶ月に1回あるかないかです。

つまんない休日と言われればそれは否定できません(笑)

 

まとめ:サラリーマンでも副業は全然可能

ここまでサラリーマンの副業事情とおすすめの副業についてご紹介してきました。

サラリーマンの方に絶対に副業しろ!訴えているわけではありません。

ただ、サラリーマンとして何か不満がある方は副業にチャレンジすれば、生き方が変わる可能性も秘めています。

今の環境に不満があるなら、副業をするのではなく、転職するのも1つの手です。

1つの選択肢として副業も頭に入れておいていただければ非常に嬉しいです!

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-副業を知る

Copyright© トクナガのキャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.