転職

高卒で転職成功するためにはどうすべきか真剣に考えてみた

この記事はこんな人におすす

  • 高卒で転職を考えている人
  • 高卒の有効な転職手段を知りたい人
  • 他の高卒の方々の転職状況を知りたい人

高卒の転職についての知見を深める

今回は高卒で転職成功するためにはどうするかを真剣に考えます。

この執筆に至った経緯として、高卒の最も良いキャリアの積み方や転職の成功についてあまり詳しくないな、と感じたことが大きいです。

下記の記事に出てくる高卒元ヤンキー女には、「ホワイト企業に派遣で転職し、数年後の正社員登用を目指すべき」と回答して締め括りました。

この回答も間違いではないと感じるものの他の手段もあるだろうと感じたため、他の高卒転職成功者の例などを調査しながら「高卒転職」についていくつかの良質な転職手段を導き出したい次第であります。

高卒転職の成功事例を調査

まずは世の高卒の方々の転職事情について調べます。

「高卒 転職 事例」で誰かの高卒転職談を見たかったのですが、全く出てきませんね・・・。

人材会社の広告で埋め尽くされています。もうちょい潜ります!ブクブクブク〜。

高卒転職2

おっ、高卒の転職成功の事例を10つまとめたサイトを見つけました!

参考になりそうな高卒転職成功事例を2つほどピックアップします。

高卒転職成功事例1:30代女性の猛勉強ゆえの転職成功

  1. 高校卒業後に入社した会社:官公庁 事務
  2. 転職後のお仕事:特許事務所 事務
  3. 転職活動に利用した媒体:転職サイト
  4. 応募した企業数:1社のみ

転職しよう!と決めたきっかけは、とても働きやすい環境でしたが、雇用形態がアルバイトだったので正社員になりたくて転職を決意いたしました。

周囲はいわゆるキャリア官僚。正規の職員として働くには大学院卒業程度の頭脳を持ち合わせ、公務員試験をパスする必要があり、4年働いた後、正社員になれる仕事に就きたくて退職しました。

高卒で気軽にはじめたアルバイトが特許庁での事務仕事でしたが、当時はそれがまさかその後の自分のキャリアに直結するとは思ってもみませんでした。

私は高卒としては恵まれたほうです。

最終的に年収は450万を超え、同年代の大卒の方の平均年収よりも高くなりました。

しかし、やはりそこまでたどり着くには相当な努力と時間を要しました。

大卒の人には負けない何かを見つけないとならないと思い、20代の頃にはPCスキルを磨くために、仕事以外の時間も自宅で勉強ばかりしていました。

目から血が出そうなくらい専門書を読んでは実践し、それを業務に活かすような地道な努力を毎日続けていました。

転職したことに、後悔はしていますか?いいえ、後悔していません。

正社員に高卒でもなることができたことが一番うれしかったですし、今でも非正規社員の方が年齢を経て苦労しているのを目の当たりにすると、あのとき居心地だけは抜群に良かった職場から、チャレンジして転職してよかったと思います。

同じ状況に陥っている方へのアドバイス高卒だから目立てたり、大卒にはない個性があると思うので、学歴コンプレックスに負けずにチャレンジしてほしいです。

有名大学卒業だと、最初の期待値が高い分、仕事ができないと減点方式となりますが、高卒は最初から期待されていないので、がんばればがんばるほど、過剰に評価され加点されるので、どんどん給料も上がります。

そのために他を圧倒するようなすばらしいスキルを何か一つ身に着けることがいいと思います。

大学入試と同じくらい頑張った努力はきちんと認められますよ。

キャリアチェンジをして年収450万にした高卒30代女性の話です。

この人の素晴らしい点として、自分が高卒で学歴がコンプレックスであると自覚しており、それに抵抗するために仕事以外の時間もキャリアアップのために猛勉強したことではないでしょうか。

学歴コンプレックスを抱えていても結局どうにもならないと投げ出してしまう人が多い中、自分にムチを打ち、継続したことが正社員雇用や高年収に繋がっていますね。

本当はどの転職サイトを利用して転職成功したかまで記載が欲しかったです!(悔)

高卒転職成功事例2:50代男性の営業職への転職

  1. 高校卒業後に入社した会社:食品 製造
  2. 転職後のお仕事:書籍のルート営業
  3. 転職活動に利用した媒体:求人情報誌・新聞広告など
  4. 応募した企業数:1-4社

転職しよう!と決めたきっかけは、初年度給料手取り8万7千円、月残業100時間しても16万円、4年勤めても手取り9万1千円の状態の所に、彼女が妊娠し、今の給料では結婚や生活が出来ないと言われ決心しました。

応募できる業種が、製造業/販売/飲食/運送などの業種に偏っていましたが、面接時、高卒の為社会人としての一般常識にかけると思い恥ずかしい思いをしました。

ただ当時は人が企業や仕事を選べる時代だったので入社できたが、給料だけで選び未経験の職種だった為に成績も上がらす解雇されそうになったが、子供が生まれ親としての責任感が出て必死に食らい付き頑張った事で無事子供を育て上げれたとおもいます。

転職したことに、後悔はしていますか?いいえ、後悔していません。自分が転職しようとした条件給料が多くもらえると会社に入社し、給料高い分仕事はきつかったが、明確な目的が有ったためにやりきれた。

転職する事で自分の人間性、社会人としての常識や社会に対応出来る様になれたと思います。

同じ状況に陥っている方へのアドバイス自分の場合不安が先にたって転職出来ないのは、データ不足でした。

まず転職する目的をハッキリさせることが大切です。

(例)子供の為、家のローン、結婚資金、など、なんとなくでは失敗する。

次に辞める理由をハッキリさせます。

(例)給料少ない。

体力的にきついなど、その転職する目的と辞める理由がハッキリすればどの仕事にするか見えてきます。

そしてその会社をチェックし、自分が求めているのもが不安より多ければ転職は成功すると感じます。

この人はメンタルが強いですね。

家族や家庭のためにどんなに辛くても働き抜くという強い信念が感じられます。

お金のために働き、うつ病になってしまった人を何人も見てきているので「お金」のために働きましょう!と声高らかに言うことはできませんが、ここまで目的が明確であれば多少の困難もなんてことないのでしょう。

にしても転職前の「初年度給料手取り8万7千円、月残業100時間しても16万円、4年勤めても手取り9万1千円の状態」は安すぎます。

そんな会社、速攻退職でOKです(笑)

東京のチェーン店のアルバイトよりも安いです。

高卒転職成功事例3:高卒エンジニア転職成功ブログ

高卒エンジニアの男性で転職成功したブログを発見したのでこちらも見ていきましょう。

このような個人ブログを待っていました!

28歳エンジニアの高卒男性で1回目の転職は失敗、2回目の転職でホワイト企業に転職成功した高卒転職エピソードが綴られています。

2回目の転職では、人材紹介(リクルートエージェント、type)を利用しています。

2社目では、システムの監視オペレーターをされていて、シフト制で夜勤もあり、結構な時間働いていたと書かれています。

24時間365日誰かが監視していなければならないので必然的に激務になりますよね、、、。

転職成功した3社目では客先常駐のサーバー構築をされており、本当は自社で構築したかったと書かれていましたが、客先が良い企業だったこともあり、十分に満足しているのとことです。

ブログはコチラ

高卒転職成功事例4:20代高卒女性の転職成功ブログ

転職先の職種は事務職!と心に決め、迷うことなく転職活動をし、2ヶ月で転職活動を終了した20代の高卒女性の高卒転職エピソードです。

仕事内容にやりがいを感じてはいなかったが以前の職場は人間関係も良好だったので全然苦痛ではなかったといいます。

ただ、尊敬していた先輩が会社を辞め、その人がいなくなると自分はこの人と働くのが好きなだけでこの仕事が好きなわけでは無いと強く感じ、転職を決意したそうです。

転職手段としては転職サイトを利用していたましたが、PCなどで転職サイトを見るのではなく、スマホのアプリで求人を閲覧していたとのことです。

アドバイスとして、転職に迷ったら、本当にやりたいことを紙に書き出して頭を整理することと記事が締めくくられています。

このブログは、すでに消されており、今は見ることができません、、、。

高卒転職調査で感じたこと

1.高卒転職成功事例があまりにも少ない

今回、高卒の転職成功事例について調べましたが、あまりにも成功失敗問わず、高卒の転職事例数が少ないのが気になりました。

大卒の転職成功エントリーなんて腐る程出て来るのに高卒の転職になるとこうも少なくなるのかと、、、。理由として考えられるのは、

・高卒の方は転職してもPCなどで文章を書く習慣がない
・本当に高卒の転職成功事例がない
・多くの人が転職失敗しているので公にしたくない

このあたりでしょうか。

転職する際に同じ境遇の人の転職情報があると有利になるケースも多いのでもう少しネット上に転がっていて欲しいものです。

2.高卒だと多少なりとも転職成功に苦労している

数名の高卒転職成功事例を拝見しましたが総合的に見ると転職成功に苦労されていますね

苦労の全ての要因が高卒であることとは言えませんが、確実に無関係ではないでしょう。

たまにネットの記事で「高卒?転職の成功に学歴は関係ねぇ!」と書かれている記事を拝見しますが、元人材会社の人間からするとそうは思いません。

高卒なのか大卒なのかで転職できる企業や合否は左右されます。

ただ、「高卒?転職の成功に学歴は関係ねぇ!」は賛同できかねますが、「大卒>高卒」の考え方には否定です。

すでに高校生で稼ぐ力のある人間は大学に行かなくても良いと感じますし、どこかの企業に雇われる必要も無いので、余裕で学歴の範疇を超えます。

3.高卒の転職手段はバラバラ

今回、高卒転職を調査してみて、使用している転職手段が人材紹介や転職サイトの方もいましたが、半数は求人情報誌やハローワークなどマイナー転職手段でした。

ハローワーク経由で転職されている方もいましたが、転職したものの4ヶ月以上続いている社員を見たことがないので不安しかにと書かれていました。

そりゃ、不安になりますよ(笑)。

ハローワークの全ての求人が悪とは言えませんが、僕は断じてハローワーク反対派の人間なので、ハローワークでの転職はおすすめしません。

人材紹介を利用するのはなんだか気が引けるなぁ」と感じる高卒の方もおられるかもしれません。

確かに紹介される求人などは少ないかもしれませんがゼロではありませんし、もし何か圧倒的なスキルをお持ちであれば、全然紹介してもらえます。

もし、気が引けるようであれば専門的なスキルや資格を取得して臨むのも良いかもしれません。

4.高卒でも専門スキルがあれば転職成功しやすい

前述した内容と少し重複しますが、ご紹介した28歳のエンジニアの男性は、「エンジニアなので転職成功した」可能性も大いにあります。

大半の大卒の人間が文系卒で営業職や企画職などに就くので、大卒エンジニアってそんなに数がいないんですよね。

それに対してエンジニアのニーズは増え続けますので、エンジニア不足は大きな問題になっています。

そのため、エンジニアなどの専門職の場合、高卒だろうが大卒だろうが技術勝負なので学歴が非常に影響しにくいと考えます。

もし、家庭の金銭面やその他どうしようもない理由などで大学に進学できない人がいるのであれば、専門スキルを持つことで一発逆転できる可能性は非常に高いです。

5.高卒の方は転職成功して正社員になりたい?

僕は個人的には派遣や業務委託でも全然気にならない人間なのですが、多くの高卒の人は転職成功して、正社員を目指しているのかもしれないと調査していて思いました。

特に女性だと不安定な派遣よりも安定している正社員を望むのかもしれません。

ただ、正社員を優先させるがあまりブラックな企業に入ってすぐ辞めることになったり、体壊してうつ病になったりすることもあるのでご注意ください。

高卒向け就職・転職支援サービス

世の中には高卒に特化した就職・転職支援サービスもあるのでもし良ければご利用してみてください。

ジェイック

高卒就職成功ジェイック

1つ目の高卒向け転職サービスはジェイックです。

・サービス利用料はもちろん全て無料
・転職支援は34歳まで
・未経験・フリーター・第二新卒 ・高卒、大学中退者の就職支援に強み
・全て求人が正社員雇用
・書類選考は基本なし
・学歴ではなく人物重視の企業と面接
・厚生労働省委託「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者として認定
※全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない

DYM就職

高卒転職成功DYM就職

2つ目の高卒向け転職サービスはDYM就職です。

全国32箇所(東京、札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、神戸、京都、広島、香川、福岡等)にサービスを展開しています。

・既卒、第二新卒の方、フリーター、派遣、ニートの方にも優良求人のご紹介
・約2000社から希望に沿った企業をご紹介
・全国で行っているイベント来場者の就職率はなんと96%
・たった60秒のマッチングサービス有り

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

3つ目の高卒向け転職サービスは第2新卒エージェントneoです。

・1人1人に対しての手厚いサポート
・希望企業の担当メンターとの面談対策
・内定後・入社後もサポート体制有
・ブラック企業を除外し、優良企業のみご紹介
・不採用の場合、理由を共有し改善が可能

まとめ:高卒でも努力次第で転職成功できる

ここまで、高卒の転職成功についてまとめてきました。

大卒と比べると多少、高卒が転職に不利であることは事実としてあるのかもしれません。

ただ、転職成功できる、活躍できる人は、大卒だろうが高卒だろうが血の滲むような努力をしていることは間違いありません。

是非、努力で転職成功を掴んでください。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.