転職

フリーターの正社員転職におすすめのサイトと転職時に気をつけること

この記事はこんな人におすすめ

  • フリーターの人
  • 正社員を目指している人
  • 就職や転職を考えている人

フリーターなどの非正規雇用の増加

現在、日本ではフリーターなどの非正規雇用が増加していることが問題となっています。

個人的には正規だろうがフリーターだろうが自分が納得してれば関係ないと感じていますが、世の中にはフリーターになりたくてフリーターになっているわけではない人もいるわけで、その場合は、環境を変えるなり、正規雇用を目指すべきなのかもしれません。

今回はフリーターの方々が転職する上で気をつけた方が良いことやおすすめの転職サイトについてご紹介していきます。

ここでのフリーターの定義

正直、フリーターの定義はとても曖昧です。

例えば、株やFXで生計を立てている投資家もフリーターですし、正社員雇用ではなく、フリーランスとして仕事をしている人もフリーターですし、高校を卒業して定職に就かずにフラフラしている人もフリーターです。

フリーターは悪い意味で使われることの多い言葉ですが、実際はエリートなフリーターもいます。

今回の記事では、「今、フラフラしているけど一念発起して正社員転職に成功したい人」を対象として書いていきます。

フリーターの正社員転職で気をつけるべきこと

フリーター正社員転職で気をつけること①:ハローワークは使うな

1つ目はフリーターの正社員転職では、ハローワークの利用を避けることです。

フリーターの方や地方に住んでいる方に多いのが転職の際にハローワークを利用することです。

僕自身も田舎出身なのですが、地元に帰ると仕事の話になります。

その際に「転職したいから、そろそろハローワーク行こっかな〜」とその友達が言ったことに驚きました。

人材会社出身の僕からすると無料で利用できる人材会社のサービスを使わず、ハローワークを利用することは考えられないのです。

ハローワークには正直、良質な求人はほぼないと断言してもいいです。

ハローワークについては別記事でもっと詳細に記述していますので興味のある方は下記もご覧ください。
https://jobchangegogo.com/hellowork-black/

フリーター正社員転職で気をつけること②:厳しい現実を知る

2つ目はフリーターの正社員転職は厳しいことを知ってください。

人材会社で働いていたのでわかるのですが、多くの求人には応募の必須要項として「大学卒業」が書かれています。

大学卒でフリーターの方ならまだ救いはありますが、高卒の場合、どんなに優秀でもその企業を受けることすらできません。

日本の就職や転職は意外と学歴主義なのです。

フリーター正社員転職で気をつけること③:経験やスキルがないなら早めに転職すべき

3つ目はフリーターの正社員転職は早めに動いてほしいことです。

これはフリーター転職以外にも該当しますが、経験やスキルがあれば年齢を重ねても良い転職は可能ですが、年齢を重ねれば重ねるほど良い転職は困難になります。

年齢を重ねればそれ相応の経験やスキルが求められます。

もし自分が経験やスキルがないのであれば、できれば20代前半に転職に踏み切ってほしいです。

30代になるとかなり厳しくなります。

フリーター正社員転職で気をつけること④:利用するサイトを選ぶ

4つ目はフリーターの正社員転職は利用するサイトをしっかり選択してほしいです。

利用するサイトを間違えると、

・一定の学歴や職歴がないと相手にしてもらえない
・適当に面談される
・良い企業を紹介してもらえない

などが起こりえます。

利用しようとしているサービスがどのような人達の転職実績を持っているのか吟味することが必要です。

フリーター→派遣→正社員雇用もアリ

次のパートでご紹介するサイトは全てフリーターから正社員を目指すことに重きをおいたサイトです。

基本的にはそのようなサイトを利用してフリーターから正社員を目指すことが良いのですが、別の方法として一旦派遣で雇用されて、そこで実績を積み、派遣雇用ではなく、正社員雇用に切り替えてもらうのも1つの手としてあることを覚えておいてください。

いきなり正社員は無理だけど、派遣ならいいよ!なんて大企業もあるのでその様な企業で正社員雇用を狙うのであれば、まずは派遣から攻めるのもアリです。

フリーターの正社員転職におすすめのサイト

フリーター正社員転職に強いサイト1:かつやくカレッジ

かつやくカレッジ

1つ目のフリーターの正社員転職におすすめのサイトはかつやくカレッジです。

利用料は完全無料です。

かつやくカレッジの特徴

約10日の就職・転職合宿

かつやくカレッジの大きな特徴としては約10日の合宿のような研修を終えた後に求人紹介を受けます。

この合宿は完全に無料かつ、かつやくカレッジ代表から特別授業を受けることができます。

特別授業以外にも、ビジネスマナー研修・就職支援研修・オフィスソフト研修も無料で受講できます。

場所は千葉県です。

※2020年5月現在、コロナウイルスの影響もあり、WEBでの受講も可能です。

就職後もサポートあり

多くの人材サービスは就職するまでのサポートがほとんどで、就職後のサポートはしていません。

基本的には就職させた段階で人材会社に企業からお金が入るのでそこまでのサポートで当たり前なのです。

しかし、それ以降もサポートしているのはこのかつやくカレッジ以外聞いたことがないです。

高卒や大学中退者の転職に強い

サイトを見てもらえるとわかりますが、至る所に「高卒」「フリーター」などの文言が見られます。

それほどフリーターの転職に自信がある証拠です。

ちなみに

・年齢は35歳OK
・フリーターが落とされがちな書類選考なし
・ブラック企業は徹底排除
・学歴ではなく人重視の企業と面談できる

などフリーターが転職成功できるような体制を整えています。

フリーター正社員転職に強いサイト2:第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

2つ目のフリーターの正社員転職におすすめのサイトは第2新卒エージェントneoです。

第2新卒エージェントの特徴

・1人1人に対しての手厚いサポート
・希望企業の担当メンターとの面談対策
・内定後・入社後もサポート体制有
・ブラック企業を除外し、優良企業のみご紹介
・不採用の場合、理由を共有し改善が可能

フリーター転職に強いサイト3:就職ショップ

就職shop

3つ目のフリーターの正社員転職におすすめのサイトは就職ショップです。

利用料は完全無料です。

就職ショップの特徴

未経験歓迎の紹介先会社8500社以上

就職ショップには8500社を超える未経験歓迎の紹介先企業があります。

同業種・職種ではなく、完全に別の仕事にチャレンジしたい!と感じているフリーターの方も多いと思いますので、これはそのような方々の強い後押しになるのではないでしょうか。

運営は業界TOPのリクルート

就職ショップは人材業界TOPのリクルートが運営しています。

中途採用領域では、リクナビNEXTやリクルートエージェント。

新卒採用領域では、リクナビ。

アルバイト領域では、タウンワーク。

など業界随一の経験を誇る盤石な運営があなたの転職をフルサポートしてくれます。

紹介企業は全て訪問取材済

就職ショップで紹介される企業は運営スタッフが直接訪問し、詳細まで念入りにチェックしています。

この詳細な取材により、ブラック企業を徹底的に排除したり、本当に就職・転職希望者に合った企業を紹介することにつながります。

まとめ:フリーターの正社員転職に強いサイトを利用しよう!

ここまでフリーターの正社員転職に強いサイトと転職時に気をつけることについてご説明してきました。

就職や転職はあなたと企業の相性なので運ゲーと言われるのも少しわかります。

しかし、その運ゲーの運要素をかなり下げることは可能です。

運ゲーなので何もしなくて適当に転職活動すればいいのではなく、どのような手段をとれば、より良い転職ができるのかを考えてください。

フリーターだから、、、と諦めるのではなく、フリーターでも真剣に転職活動をすれば必ず現在より良い環境に身を置けると僕は信じています。

是非、今回おすすめしたフリーター転職に強いサイトも使ってみてください。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職

Copyright© トクナガの就職・転職のハナシ , 2020 All Rights Reserved.