【ウズキャリの評判】利用者45名の口コミから読み解くメリット・デメリット、特徴まで徹底解説します!

ウズキャリ

この記事はこんな人におすすめ

  • ウズキャリについて知りたい人
  • 20代のうちに転職したい人
  • ウズキャリの評判が知りたい人

転職系のサービスを利用する際、

「求人案件が少ないのでは?」「ニートでも利用できるの?」「自分に合った仕事は見つかる?」「キャリアアドバイザーの質は?」など不安は尽きませんよね。

今回は転職サービスの1つ、「ウズキャリ 」についてウズキャリの利用経験者の口コミをもとに、メリット・デメリットをまとめてみたので、紹介していきます。

メリット・デメリットを理解した上でウズキャリを利用すれば、賢く利用することが出来きるので、ぜひ最後までご覧ください。

 

目次

ウズキャリとは?

ウズキャリ

ウズキャリとは「株式会社UZUZ」が運営する転職エージェントサービスです。

転職エージェントになりますのでキャリアアドバイザーと相談して転職先を紹介してもらう形になります。

転職エージェントについてわからない人はおすすめの転職方法とは?転職方法を徹底解説!あなたのベストを見つけようをご覧ください。

 

ウズキャリの求人について

ウズキャリは、紹介先の求人を一切公開していません。

そのためウズキャリが抱えている求人数は確認することができませんが、HP上では約1,500件と記載があります。

ウズキャリ求人データ

職種や業種、規模については上記のようになっており、圧倒的にIT系に割合がよっていることがわかります。

規模に関してはベンチャーから大手企業(超大手ではない)までがメインの紹介求人になっています。

 

ウズキャリの特徴

ウズキャリにはどんな特徴があるのでしょうか。

・学歴不問の20代向けの転職エージェント

・内定率と定着率が高い

・手厚いサポートを受けることができる

・気持ちを理解してくれるキャリアアドバイザーが在籍

・訓練スクールが無料利用できる

 

ウズキャリの特徴1:学歴不問の20代向けの転職エージェント

ウズキャリは20向けの転職エージェントで、フリーターや既卒などブランクがある方までサポートしています。

転職エージェントの中には職歴で転職希望者を仕分けする処も非常に多いのでその点ウズキャリはサポート範囲が広いと言えます。

ウズキャリのサイト内、またその他転職サイトにも「第2新卒」という書き方がされていますがそんなに気にしなくていいです。

「20代」という認識で大丈夫です。

フリーターや既卒向けの定義ですが、私の解釈も入ってしまいますが、「大学卒業に就職せずにフリーターになったり、入社した会社をすぐ辞めた」人のことを指します。

基本的には大卒以上のサポートがメインですが、高卒以上もサポート可能とのことなので、最終学歴が高卒以上であれば利用の対象に入ります。

ウズキャリの特徴2:内定率と定着率が高い

ウズキャリで面談を行い、企業を紹介してもらうのですがその内定率は8割を超えております。

また入社後の定着率も9割を超えており、内定率・定着率ともに非常に高い数字です。

ウズキャリの特徴3:手厚いサポートを受けることができる

大手の転職エージェントの場合は面談にくる転職希望者も非常に多いため、面談自体がかなり質素になったり、担当するキャリアアドバイザーがコロコロ変わったりすることがあります。

それに対してウズキャリは少数精鋭で行っているので教育もサポートのノウハウが各キャリアアドバイザーに行き届いている可能性が高く、また転職希望者1人1人に対するサポートも大手と比べると手厚くなります。

ウズキャリの特徴4:気持ちを理解してくれるキャリアアドバイザーが在籍

ウズキャリのキャリアアドバイザーは転職の経験があったり、大学卒業後にどこかに入社せず数年後に入社したり、大学を出ず就職したりと転職希望者に近い経歴を踏んできた方が多いです。

そのため少しでも転職希望者に寄り添った面談をすることが可能です。

ウズキャリの特徴5:訓練スクールが無料利用できる

ウズキャリの他にウズウズカレッジという無料で利用できる訓練スクールのようなものを運営しております。

・希望職種の専門教育

・面接対策

・キャリアカウンセリング

・社会人基礎スキル教育

などを行っており、万全の体制で転職活動に臨めるようになっております。

 

 

ウズキャリの評判ってどうなの?口コミを徹底調査

数ある就職・転職エージェントの中でも、内定率や定着率が非常に高いウズキャリですが、評判はどうなのでしょう。

いざ利用するとなると、不安になりますよね。

そこで、ウズキャリ利用経験者の口コミを集めてみました。

 

ウズキャリの良い評判

まずは、ウズキャリの良い評判から見ていきましょう。

・仕事を紹介してもらえた

・面接の練習ができる

・キャリアドバイザーの境遇が親近感に繋がる

・ニートからでも就職できる

・内定が取りやすい

 

ウズキャリの良い評判1:仕事を紹介してもらえた

女性アイコン1

20代女性

ウズキャリに登録をして仕事を紹介してもらいました。面接の練習などもしてくれるのでお勧めします。

文句なしの意見ですね。

サポートも手厚く、良い求人も紹介してもらっているので何も言うことはありませんね。

ウズキャリの良い評判2:面接の練習ができる

男性アイコン1

20代男性

全国どこにいても無料で面接の練習を行なってくれます。面接のフィードバックも行い、トータル1時間ぐらいの面接対策をしてくれるので、自分の苦手なところを潰すことが出来るよー。実体験から、やってもらってよかったなって思いました。

全国どこにいてもオンラインで面接の練習を行ってくれます。

1人の面接練習に1時間も割いてくれるのは手厚いサポートの証拠ですね。

ウズキャリの良い評判3:キャリアドバイザーの境遇が親近感に繋がる

男性アイコン1

20代男性

ウズキャリを使って、1番良かった点はキャリアアドバイザーの方が同じような境遇を経ていて、親身に相談にのってくれた点かな。

ウズキャリのキャリアアドバイザーは高校卒業または大学卒業後にフリーターをしたり、就職していてもすぐに辞めていたりと、綺麗なキャリアを描いていない方ばかりです。

そのような経験をしてきた人にだからこそできる相談も多くあるのではないでしょうか。

ウズキャリの良い評判4:ニートからでも就職できる

男性アイコン1

20代男性

ニート脱出して就職したいならウズキャリが一番オススメかも。カウンセラーが元ニートやフリーターだったりするから気持ちもわかってくれるし、ブラック企業徹底排除の姿勢もいいよね。

この書き方だと、この方も元々ニートでウズキャリを通して転職成功されたようですね。

先ほどの説明したキャリアアドバイザーが似たような境遇を経験していることも高評価に繋がっていますね。

ウズキャリの良い評判5:内定が取りやすい

女性アイコン1

20代女性

ウズキャリは悪評もあるけど、なんだかんだで内定が取れると思います。キャリアアドバイザーの方も元既卒や第二新卒で求職者のことをよく理解してくれてました。

やはりこの方もキャリアアドバイザーの質の高さを挙げています。

さらに内定も取れている点が高評価となっていますね。

 

ウズキャリの悪い評判

続いてウズキャリの悪い評判をみていきましょう。

・30歳以上の利用は難しい

・IT系企業の紹介が多い

・担当者によって圧迫面談がある

・希望と異なる職種の紹介

・地方求人が少ない

 

ウズキャリの悪い評判1:30歳以上の利用は難しい

男性アイコン1

20代男性

ハタラクティブとウズキャリに行ったら30歳だと紹介できる求人は殆どありませんって言われてしまった。

はい、この方の意見はまさにそうで、基本的には20代のサポートになりますので、30歳以上の方の利用は難しいです。

利用してもあまり意味がないので、別のサービスを利用するようにしましょう。

ウズキャリの悪い評判2:IT系企業の紹介が多い

男性アイコン1

20代男性

ウズキャリ俺も2週間くらい前に行ったけどこっちの有無を言わさず人売りITしかないって言われたよIT企業って今人採ると国から金貰えるからそれがエージェントにも流れてくるんだろうね。ウズキャリなんてIT系の教室みたいなのも開いててIT奴隷養成所じゃんあれ

正直、現在IT人材が不足していることもあり、若ければ未経験でもITエンジニアになることができるので、IT系企業への紹介が多いのでしょう。

正直、ITスキルはこれからも確実に需要があるので身につければ一生食いっぱくれることはないと感じます。

個人的にはブラック企業かどうかを慎重に見極める必要亜はありますが、IT企業への未経験転職は良いと思っています。

ただ、IT系が絶対嫌だ!という方にとっては、紹介されても「うーん」となってしまいますよね。

ウズキャリの悪い評判3:担当者によって圧迫面談がある

男性アイコン1

20代男性

ウズキャリめちゃくちゃ圧迫して面接してくる人いるから嫌なんだよなぁ…エージェント変えようかな……。

圧迫面接は個人的は好きではありません。

ウズキャリのキャリアドバイザーは求職者の方の気持ちに寄り添って面談を行うことが売りなので、本当に圧迫面接があるのなら、少し残念ですね。

状況はわかりかねますが、圧迫することの意味が私はわかりません。

ウズキャリの悪い評判4:希望と異なる職種の紹介

女性アイコン1

20代女性

ウズキャリは事前に事務職が希望とこっちが言ってるのに、カウンセリングでは事務職をけなしてきて反対にseは良いと言うことを長々と話され、SEの仕事しか紹介してくれなかったな

この意見は転職エージェントの評判で、かなりありがちです。

この場合、

・単にキャリアアドバイザーが悪い(売り上げのためだけに紹介している)

・求職者のスキルや年齢的に異なる職種しか難しい

などいろんな要因が考えられますので、一概に何が悪いのか判断することができません。

ウズキャリの悪い評判5:地方求人が少ない

女性アイコン1

20代女性

私は地方に住んでいるので、求人の数が圧倒的に少なく、なかなか良い求人と出会えなくて大変でした。

この方の言う通り、ウズキャリには地方の紹介求人は少ないでしょう。

もし転職エージェントを利用して地方求人を探したいのであれば、リクルートエージェントや、マイナビエージェントなど全国各地にネットワークがある大手のエージェントを利用しましょう。

 

ウズキャリ評判【利用感想】

ウズキャリの実際の利用者数名の長文での利用感想を共有します。

※あくまで大勢の利用者の中の数名の意見なので、そこを理解した上でお読みください。

ウズキャリの利用感想1:男性/20代前半

3年前にウズキャリを利用しました。

利用したきっかけは、第二新卒の転職に強く、サポートが充実しているというネットの記事を見つけ利用しました。

私は前職の仕事が自分の性格と合っておらず精神的にきついと感じていました。

そのため、どんな仕事が嫌なのかということだけわかっており、どんな仕事がやりたいかということが不透明な状態だったため、まずサポートからお願いしたいと感じ登録しました。

結果としては、他社の転職サイトから見つけた会社に就職しましたが、利用してよかった点や悪かった点について書きたいと思います。

まず、よかった点については、登録してからカウンセリングまでのステップが早く進むことです。

独自の転職サイトを通さずに、LINEを使用し連絡を取るので、使っている側もこまめに連絡をとろうと思えました。

また、サポートが厚いという面が私にとっては一番魅力的な部分と感じました。

サポートの概要としては、第二新卒、フリーターを対象にしているためキャリアプランの相談や面接対策などが充実していました。

私もキャリアプランを相談し、会社に求めることや自分が向いていることなど、一度働いたからこそ変化した価値観を棚卸しすることができ、転職活動全般で役に立ったと感じました。

他にも、他社サービスでは第二新卒のため、厳しいことを言われたり、紹介できる会社がないと言われたりすることもありましたが、ウズキャリの方は親身になって話を聞いてくれる印象でした。

悪かった点についてですが、自分の担当のエージェントが良いと思えなかった点です。

転職サービス全般にいえることですが、エージェントと良い関係を築けないと自分が考えているような業種の会社を紹介されないことが多くあります。

私も希望をしっかりと伝えたつもりですが、なかなか希望通りの求人が紹介されませんでした。

所感としては、希望の業種より私のキャリアから受かりそうな会社を紹介されているような感じがしました。

他にも、20代を中心にした転職サービスのため正社員の求人が少ないと思います。

IT関係は業態が特定派遣の会社は数多くあるためそこまで気になりませんでしたが、他の業種に関しても1/3程度は派遣会社を紹介された印象です。

結果、利用の仕方としては、ウズキャリで自分のやりたい仕事を見つけたい、面接対策をしたいなどのサポートをしてもらい、大手の転職サービスで会社を探すという利用の仕方が良いのではないかと思います。

また、自分がやりたいことが定まっている人や、面接には自信があるといった人には余剰なサービスのためかえって煩わしさを感じてしまうと思いました。

 

ウズキャリの利用感想2:男性/20代前半

まず利用の流れとしては、サイトで会員登録すると面談日程の相談で電話がかかってきます。

その際、学歴や職歴などを聞かれ、さらにエージェントの紹介スタイルに関する希望を問われます。

その後予定の日に電話での面談を行い、紹介された企業へ応募を決めると後日、面接対策の時間が設けられます。

そして本番を迎え、内定をとるまでサポートしてくれます。これが一連のながれになります。

実際に使用してみた感想を端的に述べると「非常に良かった」です。

それでは具体的にウズキャリならではの良さをお伝えしようと思います。

まずはエージェントの方が明るく優しい雰囲気でした。初め緊張の面持ちで私は臨んでしまいましたが、話すうちに経緯や就職の希望条件だけでなく就職への不安も伝えることができ、正直安心しました。

次に企業の提案が早かったです。

一般的には面談して翌日くらいにLINEなどで希望にマッチした企業を紹介されるのですが、ウズキャリでは最初の面談中に1社紹介してくれました。

今回私は希望に完全に一致していたのでその会社にすぐ応募しました。

さらに面接対策のサポートが充実していました。

履歴書・職歴書の添削サポートをLINEで行いつつ、事前に記入した面接対策シートを元に面接練習を電話面談で3回、Skypeの対面で1回行いました。

ポイントを教わりつつ、より良い受け答えができるようになりました。

そして特に良かった点は「親切で丁寧な対応」です。

企業紹介を受けた際、希望する勤務地に就くことが出来るか先方に確認してくれただけでなく、持病とコロナ情勢をふまえて都心部に出向き面接するのが不安だと伝えたらWeb面談で執り行うよう交渉までしてくれました。

また、面接練習をした時に自分で良い受け答えが思いつかず悩んでいたら「~~のような返答はどうでしょう?」と提案してくれて、何度も助けられました。

特に私は経歴にマイナスポイントが多いため、どのように話せば良い印象を与えられるか分からずこれまで悩んでいました。

その悩みを解決することができ、本当に感謝しています。

不満な点は強いて挙げるとしたら電話での対応が多い点ですが、正直に言うと特にありません。

それほどウズキャリのサービスは良いものだったといえます。

結果、紹介してもらった企業に内定をもらうことができ、そこに就職することを決めました。

これまで内定をもらうことができず、果たして就職することができるのだろうかと不安に思っておりましたが、ウズキャリのおかげで無事に就職することが出来ました。

本当にありがとうございました。

 

ウズキャリの評判からみるデメリット【6選】

ウズキャリの悪い評判を参考にデメリットや注意点を6つ挙げさせて頂きました。

・大手と比べて求人が少ない

・求人に偏りがある

・求人が少ない地域がある

・拘束時間が長い

・担当者によっては対応が悪い

・20代までが対象

 

ウズキャリのデメリット1:大手と比べて求人が少ない

極端に少ないわけではないですが、ウズキャリは、既卒や第二新卒の若い世代にターゲットを絞っているため、おのずと求人の数も少なくなってしまいます。

ウズキャリのデメリット2:求人に偏りがある

ウズキャリの求人は、IT・WEB業界に偏っていて、職種も技術職や営業職は多いですが、事務職は少なめとなっています。

そのため、IT・Web業界への就職を希望している方にはおすすめですが、それ以外の方にはおすすめできません。

ウズキャリのデメリット3:求人が少ない地域がある

ウズキャリは全国の求人を扱っていますが、対応地域は東京(首都圏)・神奈川・大阪・名古屋・福岡に限定されているため、その他の地域での求人は少ない傾向にあります。

そのため、その他の地域での求職は難しくなってしまいます。

ウズキャリのデメリット4:拘束時間が長い

サポート合計時間は1人当たり平均20時間と非常に長いです。

そのため、働きながら求職している方や面談を億劫に感じる方にとっては、ストレスに感じてしまうかもしれません。

ウズキャリのデメリット5:担当者によっては対応が悪い

手厚いサポートを売りにしているウズキャリですが、意外にも「対応が悪い」という口コミもありました。

ですがこれは、ウズキャリに限ったことではなく、どこの転職エージェントでもありうることです。

こういう場合は、遠慮せずに担当者をすぐに変更してもらって下さい。

ウズキャリのデメリット6:20代までが対象

ウズキャリは、20代の若者を中心に求職者のサポートを行なっています。

そのため、求人も20代に向けたのものがほとんどなので、30代以上の方の利用はおすすめしません。

 

ウズキャリの評判からみるメリット【5選】

ここからはウズキャリの評判を参考に、メリットやオススメポイントを5つ紹介していきます。

・ブラック企業を徹底排除

・IT・WEB系に強い

・20代の第2新卒・既卒に特化

・丁寧なサポートが受けられる

・面談は電話やSkypeでも対応可能

 

ウズキャリのメリット1:ブラック企業を徹底排除

ウズキャリ は、直接企業に訪問したり、ウズキャリ経由で入社した人からのフィードバックを参考に、独自の厳しい基準でブラック企業を徹底排除しています。

そのため、ウズキャリの入社1年後の定着率は94.7%と非常に高くなっています。

ウズキャリのメリット2:IT・WEB系に強い

ウズキャリはIT・Web業界の求人が非常に多く、経験者はもちろん未経験者向けの求人もたくさんあります。

なので、これからIT・Web業界への進出を考えている方にもおすすめです。

ウズキャリのメリット3:20代の第2新卒・既卒に特化

ウズキャリは20代の第二新卒や既卒向けの求人を多く抱えています。

そのため、職歴に自信のない20代の方にはおすすめです。

またウズキャリのキャリアアドバイザーも元第2新卒・既卒なので、共感性のあるサポートが受けられます。

ウズキャリのメリット4:丁寧なサポートが受けられる

ウズキャリは、1人当たり平均20時間のサポートが受けられ、応募書類の添削や面接対策などのサポートも充実しています。

また、採用されなかった場合も、次に向けた対策をしっかりしてくれるので安心です。

ウズキャリのメリット5:面談は電話やSkypeでも対応可能

ウズキャリのオフィスは東京・横浜・大阪の3か所にしかありません。

ですが電話やSkypeでの面談も対応しているので、その他の地域に住んでいる方や、わざわざ出向くのが面倒な方にとってはありがたいですね。

 

ウズキャリの利用がおすすめな人

ここまでウズキャリについて特徴、評判や口コミをまとめてきました。

それらからわかる利用に向いている人はどんな方でしょうか。

・既卒やフリーター

・20代

・未経験職種にチャレンジしたい

 

ウズキャリにおすすめな人1:既卒やフリーター

何度も記載しているので改めてかく必要はないかもしれませんね。

・高卒

・大学卒業後にフリーター

・卒業後に入社したけど、すぐに辞めた

などの方におすすめです。

ウズキャリにおすすめな人2:20代

大体想像はつくかと思いますが、既卒やフリーターがターゲットということは年代でいくと、20代前半になります。

それ以上の年齢になると紹介される求人数は極端に少なくなってしまうのでご注意ください。

ウズキャリにおすすめな人3:未経験職種にチャレンジしたい

20代前半なので、企業側からすれば育成枠に入ります。

育成枠に入る=未経験でも採用する可能性が高いので、キャリアチェンジが大いに可能な時期です。

逆に20代後半になると未経験で採用されることのハードルはとてつもなく上がってしまうので、チャレンジするなら20代前半がベストタイミングです。

 

ウズキャリの利用の流れ

ウズキャリの利用の流れを説明します。

他の転職エージェントも同様の流れなので、把握しておいてください。

・無料登録

・面談の設定

・キャリアドバイザーとの面談

・求人紹介

・選考

・内定

 

順に解説していきます。

ウズキャリの手順1:無料登録

まずは、ウズキャリのサイトで無料登録を行ってください。

名前や生年月日、住所、電話番号などの基本情報を入力します。

ウズキャリの手順2:面談の設定

面談予約フォームで空きのある日時に面談を予約します。

または担当者から電話がくるので、そこで面談の日程を決めます。

ウズキャリの手順3:キャリアドバイザーとの面談

面談は、対面とリモートのどちらかになります。

面談場所が近い場合は直接、遠方の場合はリモートになることがほとんどです。

ウズキャリの手順4:求人紹介

面談を通じて、キャリアアドバイザーがおすすめの企業をいくつか紹介してくれます。

それらをみて、自分が受けたい企業があれば、キャリアアドバイザーに伝えます。

もし、どの企業も微妙、、、であれば、再度出し直してもらうことも可能です。

出してもらった企業に不明点があれば、キャリアアドバイザーに聞くようにしましょう。

ウズキャリの手順5:選考

受けたい企業が決まったら、キャリアアドバイザーの指示に従って、その企業の選考に進んでいきます。

基本的には、キャリアアドバイザーが履歴書などを企業側に送り、書類審査になります。

書類が通れば、面接です。

日程調整などはキャリアアドバイザーが就活生と企業の間に入り、行ってくれるので、決まった日時にその企業へ出向く形になります。

希望すれば、書類添削や面接対策なども行ってくれるので不安な場合は相談しましょう。

ウズキャリの手順6:内定

面接の結果、内定が獲得できれば、入社までの流れを簡単に説明され、必要書類を入力しておしまいです。

もし、残念ながら不合格になった場合は、またキャリアアドバイザーにおすすめの求人を出してもらい、選考に進む流れです。

受けた企業にもよりますが、キャリアアドバイザー経由で不合格の理由を聞くことができるかもしれません。

気になれば、キャリアアドバイザーに1度聞いてみるもアリです。

 

ウズキャリのよくある質問

ウズキャリに寄せられる質問をいくつかピックアップしました。

ウズキャリのよくある質問1:どんな人がウズウズを利用していますか?

20代の既卒・第二新卒・フリーター・ニートの方を中心にご利用いただいております。

「新卒でやりたいことが見つからず既卒になってしまった」「1社目を短期離職してしまった」「大学卒業後はバンド活動をやっていた」など、経歴は人によって様々です。

20代の方であればどなたでもご登録いただけますので、まずはお気軽にご相談ください。

引用:ウズキャリ

ウズキャリのよくある質問2:どのくらいで内定が取れるのか知りたいです

平均すると1ヶ月程度で内定を獲得する方が多いですが、早い方ですと1週間かからない方もいらっしゃいます。

一方で半年以上時間をかけて就職活動を行う方もいますので、皆さんの状況に合わせた就活スケジュールを組んでいきましょう。

引用:ウズキャリ

ウズキャリのよくある質問3:地方に住んでいてもサポートは受けられますか?

もちろん可能です。

お電話・メール・Skypeなどでもサポートを行っております。

弊社では名古屋/大阪/福岡の求人を多数取り揃えていますが、東京の企業を希望する場合、都内までお越しいただく場合がございます。

事前サポート(スケジューリングや面接対策)は万全に行いますので、ご安心ください。

引用:ウズキャリ

 

ウズキャリ以外のおすすめ転職エージェント

ウズキャリ以外にも検討したい方は、いくつかおすすめの転職エージェントを紹介します。

 

・リクナビエージェント

・DYM就職

・ハタラクティブ

 

おすすめ転職エージェント1:リクナビエージェント

リクルートエージェント

1つ目はリクルートエージェントです。

既卒でも大学を卒業していれば、十分に紹介してもらえる求人はあるでしょう。

ブランクの期間をどのように企業に伝えるかも、経験豊富なキャリアアドバイザーに相談することができます。

 

 

 

おすすめ転職エージェント2:DYM就職

高卒転職成功DYM就職

2つ目は、DYM就職です。

既卒、第二新卒、フリーター、派遣、ニート、高卒の方にも求人紹介可能です。

ウズキャリはフリーターや既卒でも最終学歴は大卒以上は必須な印象なので、大学に行っていない方はDYM就職の方が合うかもしれません。

中小企業を中心に、約2000社の紹介求人があり、利用者の就職率は96%と非常に高い数字です。

 

 

 

おすすめの転職サイト3:ハタラクティブ

ハタラクティブ

3つ目は、ハタラクティブです。

レバレジーズというITメガベンチャー企業が運営する転職サービスです。

IT企業が運営していることもあり、IT系の求人に取り扱いが非常に多いです。

IT系はよくわからないから自分には無理、、、と考えている方もいるかもしれませんが、IT業界は人手不足が進んでいるので、猫の手も借りたい状態です。

もし、あなたが20代であれば、未経験OKでも多いIT求人も多数あるので、是非挑戦してみてください。

専任アドバイザーがつき、履歴書や面接のサポートまでしてくれます。

 

 

 

まとめ:ウズキャリの評判は悪くない!既卒やフリーターは利用してみよう

今回は、ウズキャリの評判を参考にメリット・デメリットを紹介させて頂きました。

ウズキャリの評判と特徴をまとめると、以下の通りになります。

・20代に特化している

・職歴不問

・対応地域は東京・名古屋・大阪・福岡が中心で、その他の地域は求人は少ない

・求人数はやや少なめだが、ブラック企業を排除しているので安心

・求人の種類は、IT・Web系が多い

・サポートやサービスが充実

・担当のキャリアアドバイザーに差がある

 

求職活動は不安だらけだと思いますが、ウズキャリのあらゆるサービスを利用して、少しでも安心して求職活動を進めて下さい。

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

 

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。LINEでキャリア相談を行っています。

-転職を知る, 転職エージェント

Copyright© キャリア図鑑 | あなたの転職・就職・副業のそばに , 2021 All Rights Reserved.