地方転職(UIJターン)は本当にできるの?おすすめサイトと実際の求人を徹底調査してみた

この記事はこんな人におすす

  • Uターン転職に興味がある人
  • Iターン転職に興味がある人
  • 地方で働きたい人

年齢が若い頃は都会の東京や大阪でバリバリ働きたい人も多いでしょう。

しかし年齢を重ねるごとに都会で働き暮らすことに疲れを感じ地方で働いて暮らしたいと感じる人が一気に増えます。

今回はUターン転職やIターン転職の求人の探し方や実際にどんな求人があるのかを徹底調査していきます。

地方転職の用語について

地方転職には大きく分けて3パターンの転職があります。

個人的には地方転職で一括りにしてくれよ、と感じるのですが誰かが用語を作ってしまったので説明することにします。

地方転職1:Uターン転職

まずはUターン転職です。

これは「Uターン」という言葉からも想像できるように元々地方出身の人が都会に働きに出てきてまた地方に戻って転職することを指します。

地方転職2:Iターン転職

次にiターン転職です。

都会出身で都会で働いた人が地方に転職にすることを指します。

地方転職3:Jターン転職

次にJターン転職です。

この用語が1番馴染みが無いかと感じます。

地方出身者が都会で働き、その後故郷とは別の地方に転職することを指します。

「別の地方」ですが完全なる田舎ではなく「地方都市」と呼ばれる程度に移り住むことが多いようです。

地方圏(東京圏、関西圏、名古屋圏の三大都市圏以外の地域)における県庁所在市 や人口が概ね30万人以上の都市である地方中核都市と社会的、経済的に一体性を有する地域を地方都市と呼びます。

引用:国土交通省ページ

地方転職の魅力

地方転職の魅力1:通勤ラッシュがない

地方に転職すれば都会の最大のストレスと言っても過言ではない通勤ラッシュを避けることができます。

僕も実際地方に住んでいたことがあるのですが通勤時間に電車に乗っても都会と比べれば混んでるのレベルが低すぎて今思うと余裕でした。

もはや地方は車移動が主流なので電車にすら乗らないかもしれませんね。

地方転職の魅力2:物価が安い

地方は都会と比べると物価が比較的安いです。

例えば、月々の固定費の大部分を占める家賃ですが、東京の賃貸と同じ額を地方で払えば約1.5倍の広さの賃貸に住むことができます。

僕は現在、東京に住んでおり、弟が名古屋に住んでいるのですが、弟の名古屋の家に遊びに行った際、僕の家より広く綺麗だったので家賃聞いたら僕の賃貸よりも2万ほど安くて引きました(笑)

地方転職の魅力3:心が穏やかになる

前述した通勤ラッシュもそうですが都会に住んでいると何かと余計なストレスが溜まることが多いです。

そのためが時間のスピードが早く感じたりイライラすることも増えます。

地方に転職すれば穏やかな人も多いですし自然も豊かなのでストレスが軽減されるでしょう。

地方転職をする理由

地方転職理由1:地方の魅力に惹かれる

前述したような地方の魅力に惹かれて、地方転職を決める人も多いようです。

都会で消耗するよりも地方でスローライフを送りたい人が増えています。

地方転職理由2:親の介護のため

現在老人ホームも数が少なかったり値段が高かったりと何かと介護問題が物議を醸しています。

老人ホームに通えない場合は親の介護を自分でしなければならないので親の近くに住む必要が出てきます。

地方転職理由3:転勤のため

自分の意向ではなく会社からの命令で地方転勤になるケースもあるでしょう。

企業規模が大きければ大きいほど地方転勤の可能性は高くなります。

地方転職におすすめのサイト

地方転職をしたい!と思い立った場合どのようなサイトを利用すべきかをまとめました。

地方転職サイト1:doda

地方転職doda

1つ目の地方転職サイトは、dodaです。

画像見てもらえば分かりますが、サイト内で地方転職特集が組まれています。

エリアごとで求人検索もできますし、大手人材会社ですので求人数も他の転職サイトより多いです。

地方転職サイト2:マイナビ転職

地方転職マイナビ

2つ目のおすすめ地方転職サイトは、マイナビ転職です。

このマイナビも超大手人材会社であり、地方転職特集ページ内には地方転職についてのノウハウがかなりの量書かれていますので、何もわからない人でもこのページを見れば地方転職について十分理解できるのでは無いでしょうか。

地方転職サイト3:リクルート転職エージェント

地方転職リクルート転職エージェント

3つ目の地方転職エージェントは、リクルート転職エージェントです。

リクルート転職エージェントは、転職サイトではなく、人材紹介なので、キャリアドバイザーに地方求人を紹介してもらう形になります。

地方の求人まで網羅して紹介できる人材紹介は、リクルート転職エージェントくらいでしょう。

地方転職サイト4:四国転職ネット

四国転職ネット

4つ目の地方転職サイトは、四国転職ネットです。

この四国転職ネットは、地方の中でも四国(愛媛・高知・香川・徳島)に特化した転職エージェントです。

これまでに7000人以上の四国転職のサポートをされています。

四国転職ネットは、四国に特化していますが、このように他の地方に特化したサービスもあるので探してみてください。

地方特化転職求人サイトの利用

少し前述しましたが、地方の超有名企業でなくもいいのであれば、地方特化の転職求人サイトの利用をおすすめします。

地方の有名企業であれば採用費も確保できるので、dodaやマイナビにも求人を掲載できますが、そうでない地方企業は競合ひしめく大手求人サイトには掲載せず、地方限定の求人サイトに掲載する可能性が高いです。

「○○(地域名) 転職 サイト」などと検索すればいくつかその地域限定のサイトがひっかかりますのでそこから求人検索してみてください。

実際の地方転職求人を覗こう

実際に転職求人サイトに、掲載されている地方求人をみてみましょう。

地方転職求人1:ジブラルタ生命保険株式会社

1つ目の地方転職求人は、ジブラルタ生命保険です。

全国に拠点を構えていますので、ほとんどの都道府県で求人が出ているのではないでしょうか。

今回はdodaに掲載されている九州求人からこの求人にたどり着きました。

エリア検索で「九州」→「大分県」→「企画・管理職」で絞り込みをし、結果44件ヒットしました。

ちなみに九州全体だと企画・管理職は、445件ヒットしています。

募集要項

勤務地:全国676拠点

給与:月50万以上

仕事内容:営業管理職として人材採用・育成・マネジメントを担当

勤務時間:9:00~17:30

雇用形態:正社員

休暇制度:土曜日・日曜日・国民の祝日、年末年始休暇

保険会社の営業職は、忙しいイメージがあるのですが営業企画職はどうなんでしょうか。

ただ、月50万以上もらえるのでそれなりに激務な気がしています。

それでも土日祝が休めるのはいいですね。

地方転職求人2:アットホーム株式会社

2つ目の地方転職求人は、アットホーム株式会社です。

全国に事業展開している不動産会社です。

先ほどのジブラルタ生命もそうですが大手企業の求人は、地方にも展開されていますね。

今回はマイナビ転職に掲載されている九州求人からこの求人にたどり着きました。

エリア検索で「九州」→「大分県」で絞り込みをし、結果66件ヒットしました。

募集要項

勤務地 :大分営業所

給与:月給279,000円〜318,000円 ※経験・年齢を考慮の上、当社規定により優遇します。

年収:400~500万円

仕事内容 :【顧客は既存メイン】担当エリアの加盟店(不動産会社)を定期訪問。自社メディアやサービスを通じ集客、物件成約率UP、業務効率UPの為の提案を行います。

休日:日曜、祝日、会社指定日(11日)、個別休日(変動:22日)
※2020年の年間休日は、115日

不動産のルート営業求人です。

ここも不動産業界ではかなりの大手です。

給与も地方で27万以上あれば結構裕福な暮らしが可能です。

実際に地方転職求人を閲覧して感じたこと

地方転職求人は、大手企業が多い

掲載されている地方転職求人は、大手企業が多いように感じました。

求人検索した求人媒体が大手媒体なので大手企業の掲載が多いのも影響しているとは思いますが、地方密着の企業の掲載は少ないように感じました。

地方転職求人は、技術職・事務職が多い

地方求人の中で、大手企業以外の求人を閲覧していると施工管理、技術スタッフ、建築、電機技師などの技術職か、事務職が非常に多かったです。

今勢いのあるWEB系の企業があるかな?と思って閲覧していましたが、ほとんどなかったです・・・。

まとめ:地方転職は厳しくはないが、じっくり検討する必要あり

ここまで、地方転職の概要とおすすめサイトをまとめてきました。

地方転職は全然可能だと感じますが、地域によっては求人数や求人の幅が少なく狭い処もあるので自分の希望通りの働き方や仕事内容が困難なケースも可能性としてあります。

ただ、じっくり時間をかけて求人を探せば、自分の希望に近い形の求人が見つかるはずなので妥協せずに地方転職をしましょう。

  • この記事を書いた人

トクナガ

【経歴】 人材会社(1部上場)で働いた後、フリーランスとなり、メディア複数運営。その後、IT系企業数社で業務委託かつ個人で事業。早起きと満員電車が苦手で、動物が大好きです。

-転職を知る, 転職エージェント, 転職サイト

Copyright© トクナガのキャリア見聞録 , 2020 All Rights Reserved.